久々の暖かい春らしい日に箱崎埠頭へ

 ポイント築港店で店長にメバルスポットを紹介して、青虫を150ラム買って箱崎埠頭に行くことにしました。
100グラムは投げ釣り用の太め。
50グラムはメバル用の普通サイズ。

下げ潮ですが、もしかしたらビックワンのアイナメが釣れるかも・・・などと淡い期待を抱いて釣り場に到着。

すでに小さなお子さんと一緒にサビキでアジを狙っている方がいました。
時期尚早なのか、全く釣れていません。

更にもう二組の親子連れが来て、やはりサビキ釣り・・・!?

2時間ほどで合計6人でサビキをして釣れたアジゴが2匹だったと記憶しています。

いくらなんでも博多湾の湾奥で4月上旬にサビキ釣りはないだろうと、思いながら見ていました。

私は、勿論夕マズメからのメバルがメインなのですが、時間まで退屈なので投げ釣りをしたのです。

画像 399.jpg

40センチほどのセイゴが釣れました。
口をあけたセイゴを上から写真を撮りました。
なんか、マヌケですね!
でも、可愛いと思う私は、やはり変態かも?

更に35センチほどのセイゴを2本と手のひら大の花見ガレイが一枚。
(花見ガレイというにはあまりにお粗末ですね!)

他にハゼも来ましたが、リリース。

更にこんな方もおこしになりました。

画像 398.jpg

岩ガニくんですね!
いやフンドシの形から岩ガニさんでした。
これもリリース。

いよいよ薄暗くなり場所を移動してメバル釣りの開始です。

干潮が夜の8時ですので、ほぼ干潮近辺からの釣りになりました。

潮位が低く、底でアタリますが、用心深くなかなかハリ掛かりしません。

竿先を送り込んで合わせると、なかなかの引きです。

画像 402.jpg

上がって来たのは18センチほどのプリプリしたメバル君です。
メバルさんかもしれません。(笑)

このサイズが30匹ほど釣れると嬉しいのですが、そんなに甘くはありません。

8時半納竿まで合計8匹のメバルが釣れました。

中には20センチほどのメバルもいましたが、数がイマイチ。

画像 406.jpg

明日は勿論仕事ですので、長々と釣りをするわけにもいきません。

8時半に納竿して帰宅したのが15分後ほど。

今日も「安・近・短な釣り」でした。

釣果を含め今日の釣りの自己採点は35点ぐらいかな?



posted by ジャズフィッシュ at 23:26 | Comment(0) | 福岡市近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!