何てこったい!

 4時過ぎに自宅を出て、箱崎の船溜りに行きましたが、潮位が低く、
ウンともスンともアタリがありません。

暗くなるまで待ってもこれでは釣果は期待できません。

20分ほど探って、今日は箱崎船溜りを撤収!

途中小雨がぱらぱら降り出しましたので、荒津大橋の下に行くことにしました。
幸い風はないので、この場所ですと雨はあたりません。

薄暗くなってから落とし込みの竿と別に磯竿にピンポンウキをつけて置いていますと、ピンポンウキがついた竿ごと一気にサカナに持っていかれました。

バタバタ、タモを組みましたが時すでに遅し。

竿は沖に引っ張られて行ってしまいました。

基本的にメバル狙いなので、際にウキが来るようにセッティングしていたのに、一体竿ごと持っていったのは何のサカナでしょうか?

エサは底に這っていました。

サカナに持っていかれた竿はダイワの3.3メートル〜4,2メートルのズームの「飛竜」という竿。

10年以上も前に、九十九島の船掛かりに凝っていたときに良く使った想い出の竿でした。

リールはシマノのチヌマックス。

今までに竿を何度か取られたことがありますが、こんな形で魚に取られたのは初めてです。

まあ仕方ありません!!
自分の不注意ですから。


ところで、際を探ると、メバルやソイなどが散発的に釣れました。
型は小さいのですが、贅沢は言っていられません。

何匹かメバルやソイを釣ったところで、一人の青年が現れ、かなり長い時間釣りのお話をしました。

その型は「Rさん」とおっしやる好青年でした。

その方と喋っているうちに、大きなアタリがあり、バラしてしまいました。
ハリを見ると、完全に開いています。

引きからすると、タケノコメバルのかなりの大物ではなかろうかと思います。

私のタケノコメバルの記録は35センチですが、今でも、その引きを覚えいます。
今日のバラシは、それをはるかに凌ぐものでした。

「勘弁してくれよ! 竿は持っていかれるし、大物はバラすし、まさに踏んだりけったり!!」

ですが、こんなこともあるから釣りは辞められないのです。

その後も「Rさん」と釣り談義をしながら、9時前に納竿。

のう胞手術で顔の右側がかなり腫れているのも忘れて、釣りに興じていました。

結果は、
画像 373.jpg

いつものように魚を並べて写真を撮ると、

画像 374.jpg

メバルは型も小さく、数もまだ少ないようです。

近いうちにリベンジをせねば!!













タグ:近場の釣り
posted by ジャズフィッシュ at 23:30 | Comment(1) | 福岡市近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨夜は色々と為に成るお話しを有難う御座いました!!
また、ブログへと登場させて頂き、大変光栄です!有難う御座います。

携帯から書き込みを試みたのですが、デジタル系にはウトイ為、失敗する恐れがある為、会社のパソコンから書き込みをさせて頂きました。
連絡が遅くなり、すみません。

ブログを拝見させて頂きました。大変興味の湧く内容ばかりで、勉強になります。
毎日チェックさせて頂きますので、大変でしょうが頑張ってupしていって下さいね!!楽しみにしています!

また釣り談義ができましたら光栄です。

deer6@i.softbank.jp
宜しければメールをお待ちしております。
鹿谷でした。
Posted by 鹿谷 君彦 at 2010年03月26日 00:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!