いよいよ海釣り公園のメバル釣りが開幕!!

 3月1日から海釣り公園の営業時間が延長になり、夜の8時になりました。

これは重要な意味を持ちます。

メバルファンにとって待ちに待った時間延長なのです。

これを書くと、ファンが押し寄せて海釣り公園が大変なことになってしまうかもしれません。(笑)

「もったいぶらないで、早く教えろ!!」という方のために・・・・・。

今の時期ですと、暗くなって真ん中の管理等に電灯がつく時間になると、メバルがどこからともなく湧いてきます。

それまでは全然釣れなかったのに、入れ食い状態になります。

時間は6時15分ぐらいからがスタートです。ですが、閉園まで1時間45分しかありません。

なので、この時間でいかに効率よく大型のメバルを大漁に釣るのかがポイントになります。

仕掛けは、浮き釣りがよく紹介されていますが、「NO!」です。

あえて言わせていただきます。
浮き釣りは効率がよろしくありません。
私も以前は、浮き釣りでしたが・・・・。

私がここに行くときは、必ず、胴付き仕掛けの三本バリでやります。

仕掛けは、市販の船釣り用の仕掛けは「NO!」です。
イトが絡まってすぐに使えなくなります。

更に、一人3本まで竿が出せますが、2本ぐらいがいいようです。

3本竿を出すと、間に合いません。
2本でも忙しいぐらいです。

仕掛けは自分で作ります。

まず、幹イトを2号にします。
オモリは15号で、底から50センチのところにトリプルサルカンの小さなモノを結びます。
さらに50センチ上にトリプルサルカンをもう一つ、さらに50センチ上にトリプルサルカンをもう一つ。
一番上のトリプルサルカンから50センチ上にサルカンを結んで、ミチイトを結びます。

オモリからミチイトを結ぶサルカンまでの長さは、2メートル。
その間に小さめのトリプルサルカンを3つつけます。
幹イトは2号。

いいでしょうか?

ハリスはそれぞれ1・5号を30センチ結びます。
針は、メバルバリの9号!!

このセットを5組ほど作って、竿を2本で釣ります。

エサは、モエビオンリーです。
1000円分ぐらいあれば十分です。
モエビの大きさは、2・5〜3センチぐらいがベストです。

竿は10号負荷の2・7メートルぐらいの中通しの船竿がベストです。

なければ、キス竿、コンパクトロッドの軟調の物でもOK!です。

エサをつけて水深7〜8メートルの底までオモリを落として余分なイトを巻いて待ちます。

すると、すぐさまアタリがありますから、竿先を送り込んで、食わせます。

メバルが完全に乗ったら、アワセを入れてリールを巻きます。

もう1本の竿にアタリが出たときは、足で竿尻を踏んで、竿が持っていかれないようにします。

とにかく時間との勝負ですので、手返しよく釣る事が数釣りのコツです。

6時ぐらいからエビブクにエアーを入れておいたモエビをバケツに入れてエビをすくう網を入れて準備しておきます。
水は少なめに!

釣れたメバルは海水を汲んだバケツに入れて、すぐにモエビをハリに刺して次を狙います。

必要な道具以外は片付けておきましょう。

2本の竿ですと、2時間弱で40〜50匹釣れます。

中には25センチオーバーのメバルが混じることもあります。

とにかく最初の1匹が釣れてからは、阿修羅のようにタイムリミットまで釣り続けます。

仕掛けがもつれたり、モエビをハリに刺すのが遅いと、それだけ時間のロスです。

有無を言わさず、エンディングテーマの「ホタルの光」がなるまで、集中して釣り続けてください。

中型クーラーが満タンになります。

私も、過去に何度かデジカメで撮影されて海釣り公園の最近の釣果に載ったことがあります。

メバル以外は全く釣れません。

ですが、この釣り方をするためには困難が多々あります。
それは次回にご説明します。

タグ:メバル釣り
posted by ジャズフィッシュ at 23:51 | Comment(0) | 福岡市近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!