今年もカナギが禁漁!!

 今日の西日本新聞に今年もカナギが禁漁になったと載っていました。

3年連続ですバイ!
しかも、回復の見通しが立ってないそうです。

私は、春の風物詩としてカナギを食べるのも大好きですが、それ以上にカナギをエサにして釣る釣りが大好きです。

船からの胴付き仕掛けでカナギをエサに下釣りでは、アラカブはもとより、スズキ・ヒラメ・チヌ・アコウ・マダイ・ヤズ・ヒラス・メバルなど多彩な釣りモノが楽しめます。

そういえば、私はカナギが前面禁漁になってから船釣りに行っていません。

カナギの減少の原因のひとつと見られるのは、海水温の上昇。

カナギは冷水性のサカナで博多湾は生息域の南限とされていて、1月=2月に産卵する。
水温が上がる夏場は砂に潜って過ごし、1年で6〜9センチに育つそうである。

40年ほど前には毎年数百トン獲れていたらしいが、
1995年以降は毎年10トン前後、
最近3年は前面禁漁で0!!

多くのサカナのエサにもなるサカナだけに、他のサカナの減少も予想される。

ふんわり軟らかいカナギちりめんも食べられないし、カナギをエサにした釣りも今年もまた断念するしかない。

少し、さびしい気持ちになりますバイ!

posted by ジャズフィッシュ at 10:13 | Comment(0) | 福岡市近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!