職場の挨拶

 「初釣りに行かれました?」と、言うのが職場の釣り好きの挨拶に、なっています。

まあ、雪が降ったり、正月からはいい天気が少ない中の会話ですから、
こんな状況なのだと、思いますが・・・・。

もうひとつ、この時期の情報は極めて少なく、釣り場探しにほとんどの方が、手を焼いているはずです。

船釣りや瀬渡しなどならまだしも、近場ですと、情報がすべてと言ってもいいほどです。

皆さん探りを入れています。

ですが、この時期は人の情報も完全に、絶対に、アテにしないことです。

「信じるな!」ということではなく、昨日釣れて、今日釣れないことなどザラだからです。

あまり、他人の情報を鵜呑みにしていると、釣れればいいのですが、釣れないと、その方を逆恨みしたりすることになります。

冬場の釣り場は激変します。
水温の急激な変化で、サカナは全くエサを食いません。

海水は透き通って、3メートル底まで見えたりもします。

そんなときに、何を信じるかといいますと、自分のデーターです。
自分の勘です。

これですと、釣れなくても諦めがつきます。
他人を恨むこともありません。

自分の判断ですと、自分の不甲斐なさを思い知れば済むだけのことです。

釣りに関する馬鹿話をしても、状況はめまぐるしく変化しています。

今日と同じ条件など、2度とないかもしれないのです。

そこは、自分でフィルターをかけてください。

自分のためにも、精神衛生上良いことです。

また、初めての釣り場ですと、はなから釣果に関しては望まないほうがいいと思います。

「どこどこで何が釣れている」と情報を入手したところで、それがピンポイントですと、釣れる確率などゼロに近いものです。

何度か、辛酸をなめると底の状況がわかります。

最初の釣行で釣れたら、ラッキーと思ってください。

景気も厳しいですが、冬の釣りも厳しいですバイ!





posted by ジャズフィッシュ at 23:39 | Comment(0) | 福岡市近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!