ワームでしか釣れない状況とは?

 2年ほど前に、アオムシを買って野北漁港の私が好きなポイントに行った際のことである。

投げ釣りをすれば、すぐにアタリがあるが・・10センチ以下のチャリコが、すぐさまハリにかかる。

落とし込み釣りをしても、、やはり10センチほどのチャリコや5センチほどのカワハギ、クサフグにエサをとられて釣りにならない状況。

釣り始めて、今日は釣りにならないな〜と思いつつ、車に積んであるルアーロッドやワーム・メタルジグ・ミノーなどをチョイスして釣り場で、独り言をぼやきながらワームで釣ることにした。

アラカブを10匹ほどワームで釣ったポイントで、アラカブを釣る作戦であった。

ほとんど釣れないだろうと思って、そのポイントにワームを投げて、底に着いて2〜3度しゃくると、強烈なアタリ!!

1投目から幸先いいぞ!・・・などと思い、これはもしかしたら30センチオーバーのアラカブかもなどと思いきや釣れたのは、
なんと・・・・・・・・・・・・!

43センチのヒラメ!!

ハリスは1・5号だったが、タモなど用意するはずもなく、イトを持って海面から抜き上げた。

防波堤からアジゴをつけてのエサでヒラメを釣ったことはたくさんあるし、ワームで30センチぐらいのヒラメなら船と船の間などで何度か釣った経験があるが、このときのヒラメには正直驚きました。

その日は、ワームで更にアラカブを3匹釣って、夜釣りでアオムシをエサにアラカブを6枚追加。

ヒラメ1匹と、アラカブ9匹。

このときのヒラメが忘れられず、暫くヒラメの研究をすることになった。

しかしこれは、苦行の始まりであった。

posted by ジャズフィッシュ at 00:10 | Comment(0) | 福岡市近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!