ワームでの釣り 2

 ワームの用途は以外に多いものです。

たとえば、船からメバル・アラカブを狙う際にワームをつけると、アラカブが釣れます。
単なる、普通の胴付き仕掛けにです。

私は、これで何度もアラカブを釣りました。

しかしながら、エサつきの乗合船であえてハリにワームをつける理由などありません。
船長が用意してあるエサを使えばいいだけのことです。

まあ、単なる好奇心でつけてみただけのことです。

クラブ系のワームをつけると、フグやベラにワームの尻尾の部分をかじられたり、最悪食べられたりします。
こうなると、単なるビニールの塊がハリに付いているだけで、お魚からも馬鹿にされそうです。

さて、ワームに限らずルアー釣りの利点は、

@ 生餌をイチイチ買わなくても良い。
A 釣れなくてもえさ代はかからない。 
B 保存など、全く気にしなくて良い。
C エサ屋に行かなくてもいいので、夜中の1時ごろからでも行ける。
D 極端な小物は釣れない。
E 一発大物が狙える!
F 車の中がエサ釣りのときのように臭くはならない。

ルアー釣りの欠点は、

@ つい最近自分なり知り合いがそこで釣ったという確かな情報がない  と、不信感が募る。
A エサ代がかからないが、高価なルアーを失くすとショックが大!
B エサ釣りの連中が、入れ食いでも、アタリすらない!
C ボウズの可能性大!・・・空しい!!
D 「投げては巻く」という一連の動作で、疲れ果てる。
E 全く釣れないと、自己嫌悪に陥る。

私としては、個人的にはこのようなものか?

なので、メリットのほうが少し上回るぐらいのものだ。

しかしながら釣り場に行くと、これはもうルアーで釣るしかない!という状況もあるのです。

ソレはどのような状況なのか、次回に書きたいと思います。



posted by ジャズフィッシュ at 22:19 | Comment(0) | 福岡市近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!