ワームでの釣り

 ワームでの釣りが途中でしたから、ワームのことについて少し書かさせていただきます。

ワームでの釣りを始めらのは10年ほど前で、それ以前はシーバスをラパラのカウントダウンで狙っていましたし、メタルジグでカマスなどを狙っていました。

私が好きな野北漁港でメバル、アラカブを釣っていると、ルアーロッドを持った二人組みの釣り人がやってきまして、何やら釣っていました。

私は、その方たちに声をかけていろいろと教わり、次の釣行でワームを使ってやってみました。

結果は、25センチほどのヒラメ!
30センチから50センチほどのエソ10匹弱
15〜20センチほどのアラカブ7匹
20センチほどのタカバ

が釣れました。

私のワーム釣りでのデビューは、予想外に釣れました。
そのとき使ったワームは
エコギアーのグラブ系の蛍光色のもので、ジグヘッドは1号ぐらいのオモリがついたものでした。

そのときに使った竿はなんと、釣具のポイントで買った
「さぐりカサゴ」という2・7メートルの振り出し竿です。
この竿に2号のミチイトを巻いた小型スピニングリールをつけて、
ジグヘッドを結ぶハリスはフロロカーボン系の1・5号を1メートルほど。

なんとも、変てこなタックルですが、これが実にいいのです。

その後メバル専用ロッドやロックフィッシュ専用ロッドも買いましたが、「さぐりカサゴ」がなぜかお気に入りでこれを良く使います。

水深が7〜8メートル以下の防波堤などで、射程距離が20メートルぐらいであれば、今でも私は迷わずこの竿をセットします。

タナ取りがしやすく、アクションがつけやすく、かなりの大物がかかってもタメがききますので、安心です。

また、仕舞寸法が短く60センチ程度ですので、予めセットしておけばどこでもすぐに竿を伸ばして釣ることもできます。

このセットは、カマスを小さなメタルジグで狙うときにもおススメです。

高い竿ではありませんので1本あると重宝します。





タグ:ワーム釣り
posted by ジャズフィッシュ at 10:41 | Comment(0) | 福岡市近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!