冬の釣り場

 寒さが本格的になると、安・近・短を目指すアーバン・フィッシャーマンの私にとってはつらい時期になります。

5月から12月半ばまでは、エサを入れれば、数や型はともかく何かが釣れるといった時期なのですが、1月から4月の半ばまでは、場所を間違うと「地獄」です。

近場の釣りは金をかけなくても、下手な船釣りよりも良く釣れることさえあります。

しかし、これは、長年のデータが必要ですし、ダメならすぐに他の場所に移動できる知識も必要です。

ここがダメならアソコ、アソコがだめならそっち・・・と言うように幾つかの候補を挙げていかないと地獄を見ます。
待てど暮らせどアタリすらなく、エサがそのままという地獄。
天国と地獄が同居する不思議な世界です。

釣れない釣りほど面白くもないことはありません。

誰が、クソ寒いときに竿を出すだけで良いなどと思いますか?
私なら、刑務所に入れられていてもそうは思いません。

冬の釣りは限りなく100%と言わないまでも、80%前後ほどの確率がないとがないと行くべきではありません。

後悔だけが残ります。
こんなことするくらいなら家でDVDでも見ていたほうがマシだと思うような釣りをするハメになります。

冬の釣りは1にも2にも情報が最優先です。

水深が3メートル前後の近場では、アナハゼやドンコみたいな類しか釣れません。

近場であっても、用意周到に準備して出かけてください。

ガゼネタも多いものです。

ご用心!ご用心!

●●スポーツなどと言う新聞に出る頃には「時すでに遅し!」という感があります。

迂闊に信じると、間違いなく地獄ですばい!



posted by ジャズフィッシュ at 00:46 | Comment(0) | 福岡市近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!