奈多漁港では釣りをせずに箱崎漁港で釣りをした

 

 奈多漁港では結局釣りをしませんでした。

釣り人が多く、アジゴをエサに2〜3号の磯竿を防波堤に立てかけているので、防波堤から落とし込み釣りをして回るようなスペースもありませんでした。

遠投サビキをせわしなく振り込んでいる方もいますし、このような方の近くに行くとサビキ仕掛けが絡まりそうで、怖いぐらいでした。

普段から人気のない釣り場で釣るの身ですので、こんなに人がいるだけで嫌になります。
竿と竿が触れ合うような場所で釣るなんて、まっぴら御免こうむります。

まあ、それぞれが思い思いの釣りをされていて、釣りだけが楽しみではなく仲間との会話を楽しみに来ているような方もいました。

奈多漁港を後にして、箱崎漁港に行くことにしました。
夕方の5時半がド干潮ですので、それからの切り返しをねらうつもりで行ったのですが、さすがに寒いせいもあって、釣り人は誰一人いません。

先ほどの奈多漁港とは大違いです。

誰もいない釣り場。
私は、基本的にこちらのほうが好きです。

アオムシをえさに、一投目から大物のアタリです。
竿先を絞り込んでいきますので、あわせると、グイグイ引きます。

メイタではありません。
セイゴでもなさそうです。

海面に上がってきたのは、丸々としたタケノコメバル。
手で測ると、28センチほど。
横幅があって、ずんぐりとした体型です。

再度アオムシをつけて、底に落とすとアタリはあるもののハリにかかりません。
恐らく、小メバルです。

1メートルほど離れた場所に移動すると、再びガツン!と、アタリがあり、釣れたのは25センチほどのやはり、タケノコメバル!

それからは、中層で8〜10センチほどの小メバルがやたら食ってきます。
10センチほどのタケノコメバルもたくさんいます。

勿論、こんな連中はリリースです。

型のいいキープサイズのメバルはいません。

そうしているうちに、手長ダコが釣れました。

主だったポイントにエサを入れても、小メバルばかりで、ウンザリして、やむなく納竿。

自宅に持って帰ったのは、タケノコメバル2匹と手長ダコ1匹。

翌日食卓に出てこなかったところ、カミサンは知り合いの方にやったようです。

何故か、カミサンはタケノコメバルを嫌います。

サカナの形としては、アラカブやメバルよりもカッコイイと思うのですが・・・・・!
カミサンに言わせると、「サカナにカッコイイサカナなどいない!」と断言します。

そうかな〜?

サカナにも男前のサカナや美人のサカナはいると思いますが。
こんなコト考えるのは、私だけでしょうか?

posted by ジャズフィッシュ at 23:56 | Comment(0) | 福岡市近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!