これからの時期の防寒対策



 朝夕が急に寒くなりました。

私は、基本的に寒いのが苦手です。
熱さには滅法強いのですが、寒いと体が丸まって、肩が懲ります。

こんな寒い中、釣りの回数は確かに減りますが、
それは寒いからではなく、行っても釣れないことが多いからです。

以前から釣りをしていた方は、ご存知だと思いますが、ひと昔前までは
箱崎埠頭・須崎埠頭でクルマ横付けで、寒い時期はカレイ・アイナメが
狙えていました。
しかも、型も数もそれなりに釣れていましたので、これからの時期は車の中が投げ釣りの道具でイッパイでした。

カレイは、上手い下手というより確率の釣りですから、竿数が多いほど
釣果はいいものです。
何本の竿を手際よく出せるかが、ポイントでした。

寒い時期は竿を並べて、竿先にスズをつけて車の中から竿を眺めていたものでした。

懐かしいな 〜! 

今は、どこも網が張ってあって立ち入り禁止になっています。

しかも、水温の変化や人工島ができてからは、カレイ・アイナメは博多湾の湾奥にはほとんどいなくなりました。
「アイナメ絶滅説」が流れるほど、アイナメを見なくなりました。

これからの時期はとにかく防寒対策が必至です。

体の動くが多少鈍くなったり、着膨れしても構わないというのであれば、新聞紙をお腹と背中に入れておくだけで、随分寒さが違います。
体感温度が違ってきます。
風のある日などにはおススメです。

さらに、私が数年前から愛用しているのが、ネック・ウォーマーです。
ドンキホーテで500円ぐらいで、2つ買いました。
最近は、100円ショップにもあるそうです。

クビが暖かいだけで、全然違います。

さらに、左右のポケットに携帯カイロを入れています。
ポケットの中に手を入れておくだけで、指がいつもどおり動きます。
指先が寒さで動かなくなると、仕掛けを作るのが面倒です。
そうならないために、手を温めておくだけで、機敏な対応ができます。

釣りものが少なく、釣果が望めない時期だけに、細部に注意を払うのも肝心な季節になります。
                                            
posted by ジャズフィッシュ at 08:47 | Comment(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!