夏だ!アジゴだ!アジゴ寿司を作ろう! @

 子供達の夏休みが始まる頃から、福岡市内はクマゼミの鳴き声で朝もゆっくり寝ていられない!

「ワシワシワシ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」とまるで、騒音だ!

福岡市内はやたらとクマゼミが多く、ニイニイゼミやアブラゼミよりも圧倒的に多い。

とにかくこいつらが泣き始めると、朝もおちおち寝ていられない。
朝早くから、午前中に鳴いて鳴いて、鳴きまくっている。

こいつらクマゼミ君たちに謹んで申し上げたい!
「鳴いても良いから、昼から鳴いてくれ!」と。
不思議と、昼頃になると鳴くのをやめる。
人の安眠を妨害するためだけに早朝から鳴いているのではないかとすら思うこともある。

話は、クマゼミの話ではない。
夏休みが始まる頃には、博多湾のどこでも、アジゴが釣れるはずだ。
どこでも・・と言うには語弊があるかもしれないが、それなりに水深があって潮が通るところであれば、どこでも釣れるはずだ。

大きさに合わせたサビキ釣りの仕掛けとジャンボアミを買って近場に出かけよう!

ムキになって釣るモノでもないし、このクソ暑い中で釣るので、効率よく、手際よく釣りたいものだ。
2時間も3時間もかけて10匹やそこらのアジゴを釣っていると、暑さとあいまって本当にバカになってしまうおそれがある。

基本的には、早朝か夕方に釣り場に行くのがいい。

朝の10時頃から出発して途中で釣具屋やコンビ二に寄ったりして、お昼ぐらいから竿を出すなんてことは、いかにファミリー・フィッシングと言えども、自然の摂理をわきまえていないアンポンタンのすることだ。しかも、ド干潮だったりしたら最悪だ。
「八甲田山・死の彷徨」ではないが、暑さと釣れないジレンマにさいなまれて発狂するかもしれません。

釣れずに退屈した子供達を父親が、怒鳴って釣らせたりしているが、真昼のド干潮にそんなことをさせられている子供達を見ると、こちらの心が痛む。
きっと、トラウマになって釣りが大嫌いになるのではないだろうか?
釣りは誰もが簡単にできて、楽しいということをわからせてあげないといけないのに・・・!である。

ビギナーの方にアジゴ釣りのポイントを言いますと、
1 人がたくさん集まって釣っているところに行きなさい!と言うこと。
2 人のマネをしなさい!と言うこと。
3 釣具よりも、クーラーの中に大きな氷を入れて水氷を作っておくなど、釣具以外の小物を充実させな     さい!と言うこと。

1は撒餌をたくさんする場所にアジゴは集まります。
 一人離れた場所で釣るのは、勝手ですが、効率が悪いものです。
 他人と接するのが嫌いだ・・と言われる方には、これ以上何も言いません。

2は「たかがサビキ。たかがアジゴ」ですが、上手な方は初心者の数倍釣って、とっとと帰っていきます。
 その手際や仕掛けやどんな竿で釣っているか、その方の釣り座の周りの小物を大いに参考にしましょう。

3は、せっかく釣ったアジゴを鮮度がいい状態で持って帰るためには、どうすればいいか考えることです。アジゴ釣りでは100匹なんぞ、当たり前です。
ですから、氷の上に入れていくと、後から釣れたアジゴは氷にあたらず、煮えたようにもなります。
なので、しっかり海水を汲んで氷と混ぜて「水氷」の中に釣ったアジゴを1度バケツの水で洗ってから入れるようにしましょう。あまり、海水を入れると氷が解けてなくなりますので要注意です。
更に、バケツは最低2つは用意しましょう!
1つは手洗い用。もう1つは釣ったアジゴを入れるためのもので、深いほうがいいです。
アジゴがジャンプして外に飛び出しますから・・・・。
釣れる時に一気に釣って、アジゴをバケツに入れておいて、食いが止まったときにまとめてクーラーに入れると効率がいいものです。

更に、「追い食い」のテクニックをマスターしてください。
コレは、アジゴが1匹かかっても、竿を上げずにそのままにしておくテクニックです。
ハリにかかったアジゴが暴れてくれて、サビキを勝手にゆすってくれるので、他のアジゴが勝手に釣れてきます。
食いが悪いときは、1匹ずつあげないといけないときもありますが、食いがたっているときは、是非とも、追い食いをさせてください。
サビキのハリが8本着いているとすれば、1回竿を上げるたびに1匹と6〜8匹とでは、釣果は全然違ってきます。
一連の動作は全く一緒なののコレだけで釣果は全然違ってきます。

暑い時期の釣りですので、短時間で効率よく釣ることを心がけましょう。

「費用対釣果」 「時間対釣果」を意識して釣ったほうが真夏にはいいものです。
真っ黒に体を焼きたい方は、長時間勝手に釣ってください。
私なんぞが言及することではありません。

それと、アジゴは食べる分だけ釣りましょう!
釣るより捌くほうが大変です。
ムキになって300匹、400匹も釣っても、どうにもなりません。
ご近所に配っても小さなアジゴですと、お礼は言われますが、捨てられることも多いのは事実です。
社交辞令だけで、本当は迷惑がられていることもあるのです。
posted by ジャズフィッシュ at 12:11 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!