僕のすきな仕掛けそのA その3   糸島の漁港で試し釣り

 須崎埠頭でひょんなことから始まったチョイ投げ釣りを他のところでも試したくなって、糸島半島の漁港に出かけていきました。
唐泊だったり、西浦だったり、野北だったり。

時期にもよりますが、たいていは、いろいろな魚が釣れます。
天秤仕掛け、ジェット天秤を使った仕掛けよりも釣れるような気がします。

もう1度仕掛けを解説します。
中通しの丸オモリの2号から4号ぐらいをハリスに通して小さなヨリモドシで止める。
ハリスは、0.8号から1・5号ぐらいを70センチほどを基本にする。
ハリは、袖型8号、ヤマメバリ8号、9号を使う。
枝バリは出さないでハリは1本のみ。

エサは青虫。
タックルは1号〜2号のミチイトを50メートルから100メートルほど巻いた小型スピニングリールと2.5メートル以下の感度の良いロック・フィッシュ用のルアーロッド。

コレで、船と船の間をロープの位置を確認しながら、遠近投げていきます。

なかなか、意外なサカナが釣れるものです。

キス、メゴチ、ハゼ、チャリコ、トンマなどは想定内ですが、それ以外も良く釣れます。

アイナメ・クジメ・ベラ・カワハギ・へダイ・メイタ・カレイ・ヒラメ・マゴチ・メバル・アラカブ・タコ・ワタリガニ
ゴンズイ・ホウボウ・グチ・ギンポ・タカバ・セイゴ・・・などなど。

必ず竿を手持ちにしてリールをゆっくり巻きます。
アタリがあると、少し竿を寝かして送り込むのがキモです。

置き竿はいけません。
タックルが軽いので、大きな魚がかかると、竿ごとなくなります。

船の間は、アンダースローで投げるといいでしょう。
それでも、慣れるとかなり飛ぶものです。

キモは足で稼ぐこと。
次から次に船と船の間を探ります。
根掛かりも覚悟の上です。

思ったよりも、意外なサカナが釣れます。

ぜひ、試してみてください。

クーラーは紐で担げることができて重たくないほどの小型を紐で担いで釣ります。
小物はウエスト・バックにいれ、エサはエサ箱をウエストバックにつけます。

どんどん移動できるスタイルで釣るといいと思います。
posted by ジャズフィッシュ at 00:05 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!