久々の野北釣行。

  久々に野北に行ってきました。
実は、会社の仲間と大口海岸でキス釣りをする予定でして、朝の5時に今宿の「なまりや釣具」に集合の予定だったのですが、2時半に目が覚めて寝付けないので、3時前に自宅を出ることにしました。

なまり屋で青虫を150グラムとジャンボを4分の1角買って、野北に向かいました。

まだ暗いのですが、漁港の水銀灯周りを釣るので、あえて、ケミホタルはつけませんでした。

いつもの場所でメバル・アラカブを狙いまして、なかなかアタリが無い中、何とか最低限をゲット。
15センチ〜20センチアラカブ・・・・・・・・・3枚
12センチほどのメバル・・・・・・・・・・・・・・5匹

夜が明けて辺りが明るくなってきたので、落とし込み釣りはやめました。

すぐに、漁港内の真ん中から突き出ている波止の先端に行き、サビキ釣りと投げ竿の用意をしました。

サビキをするも、全くアタリがありません。
ちょうど満潮の潮止まりぐらいです。

仕方なく、投げ竿に仕掛けをセットして湾内にチョイ投げをすると、20センチほどのキスが1投目からきました。ですが、次がなかなかアタリません。
アタリが小さいので、ハリを小さくすると、ピンギスです。
10センチあるかないかのサイズです。

これでヒラメを狙おうと泳がせ釣りをしましたが、アタリません。

暫くすると、サビキ釣りのウキが沈んだまま、動いています。
予想どうりマダコですが、アミカゴに抱きついているだけですので、水面で逃げていきました。

もったいないことをいたと思いつつ、同じ場所に入れると、もう1度タコが上がってきましたので、
抜き上げようとしましたが、やはり、水面で逃げてしまいました。

なので、メバルバリの8号にハリスを10センチほどつけてアミカゴにつけることにしました。
アミを入れて暫くほったらかしにしておいて上げると、根がかり。
と思いきや、ミチイトを手で引っ張ると、何かがハリについている感じ。引っ張り上げると、
頭が、握り拳ぐらいのなかなかのマダコ。

同じようにして同じポイントに入れると、ウキが沈んで、10センチほどのアジゴ。

先ほどのピンギスをセットしたヒラメ狙いの仕掛けにセットして投げ込んでおいたが、アタリも何も無い。

そうしているうちに置きっぱなしのサビキを上げると、また、重たい感じ。
再び、マダコ。
先ほどより、小さいが、美味しいじ地ダコだ。

投げもアタらず、サビキもアタらず、泳がせもアタらないので、会社の仲間がキスを釣っている大口海岸に行くことにした。
天気が良くて、風が無く釣りやすいのであるが、いかんせん下げ潮でみんな戦意を喪失している。

そいうしているうちにも、潮は下げていき、ますます、釣れなくなった。

こんなときは、釣り場にいるだけ時間の無駄だ。

誰も、やめようとも言わないが、明らかに釣れないムード。

こんなときは、団体行動が嫌になる。

一人であれば、秒殺で納竿なのだが、そうにもいかない。

やはり、釣りは、基本的に一人に限る。
posted by ジャズフィッシュ at 16:11 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!