僕の好きな仕掛け@ そのB

 くどいような「連玉仕掛け」のお話だ。

この仕掛けのキモは浮力調節とバランスである。
たとえば、水深2ヒロ半(およそ4メートル)の釣り場で釣りをするときに、ハリスに3Bのガン玉を打つとする。この際に、一番下のシモリが水中で見えるかどうかぐらいにシモリをずらしてタナの調整をすることと、6Bのオモリをつけてシモリが3つとも沈むようだとタナがあっていないことになる。

タナを測って、一番下のシモリが海中に見えるくらいが一番良い。

更に、シモリとシモリの間隔は長くても、15センチほどにするほうが、仕掛けが絡まない。
1つ1つの間隔を20センチも30センチもすると、絡んで釣りにならない。

さて、モエビをハリにさして、仕掛けを投げるのであるが、モエビをさす時は、エビの口元から脳をはずすようにハリ先を出す。
尾羽を噛み切って、尻尾からさすなんぞしてはいけません。
だから、ハリの選び方が重要になるのです。前回も申しましたが、渓流バリの10号。

仕掛けを投げて、アワセが利くように余分な糸はリールで巻いていくことは言うまでも無い。

この仕掛けは、潮乗りがいいので、エサの位置とシモリが流れる方向は常に自分でイメージしておかないといけません。

理想的なことは、潮上に飛ばしウキがあり、潮下にエサがある状態。
この状態を仕掛けを投げてから、意図的に仕掛けを操作して作り出すのである。

投げっぱなしでは釣れません。
必ず、この状態に形作ることが重要です。

仕掛けがなじむと、モエビはピンピンと体を動かしているのですらシモリに出ます。

たいていのアタリは、海面に出た下から2個目のシモリがポコポコと妙な揺れ方をして沈んでいきます。
ここでアワセると、100%釣れません!
3個目のシモリが沈んで、ある方向に仕掛けが走り出したら大きくアワセます。
基本的に「遅アワセ」に徹してください。
セイゴ〜スズキはルアーにも飛びつくので、一気に丸呑みするようなイメージがあるかもしれませんがそうではありません。かなり、慎重に捕食します。

大物が掛かったら、ドラッグを緩めながらやり取りするのですが、基本的に時間をかけてはいけません。
海中に沈んでいる障害物の場所をあらかじめ確認しておいて、ソコを回避する場所でやり取りをしないと、障害物にハリスが当たってとばされてしまいます。

タモは、取り込む場所にあらかじめ置いておくことです。

45センチまでなら3号のハリスでは抜き上げることができますが、タモで掬うことが確実です。
タモで掬った途端にハリがはずれたと言う経験は多いものです。

この仕掛けで、底ずらしの状態にすると、いろいろな魚が釣れます。
河口付近ですので、大き目のモエビを使うと、チヌは勿論ですが、マゴチやヒラメも釣れる事があります。ヒラメはせいぜい30センチ止まりですが、ラッキーな外道です。

マゴチやヒラメの幼魚は案外河口付近の障害物周りで、小魚やエビ、カニを捕食していると言うことをこの釣りを通じて知りました。

連玉仕掛けは広範囲を潮に乗せて釣ることができますので、水中ウキを使った移動ウキ仕掛けとは異なる感覚での釣りが楽しめます。

5つのシモリが一瞬で消えるようなアタリもあります。

目で見て楽しい釣りですので、機会があればやってみると、面白いものですよ!

チヌ、マゴチ、ヒラメはセイゴ〜スズキとはアタリが違います。

あえて申しません。やると、そのアタリの違いが、わかります。

posted by ジャズフィッシュ at 11:51 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!