僕の大好きな仕掛け@ そのA

 前回は「連玉仕掛け」を紹介しましたが、今回は、ズバリこの仕掛けでセイゴ〜スズキを狙う方法を紹介します。

竿は、飛ばしウキの大きさに合わせて磯竿の1〜2号を使い分けます。
狙う距離が20メートル以上であれば、ゴルフボールぐらいのスーパーボールの飛ばしウキを使うので、2号がお勧めです。竿の長さは、5・4メートルです。(4・5メートルはダメ!)

シモリは、大きいものはピンポン玉くらいから小さいものはパチンコ玉ぐらいを5個用意します。
色は、蛍光色の「黄色」が断然お勧めです。コレなら、逆光でも見えます。

飛ばしウキは、スーパーボールのようなものが良いです。
釣研の飛ばしナナメは使用していると、鉛がなくなります。耐久性において×です。

ハリスは、フロロ・カーボン製のものよりも、ナイロン製のほうがしなやかで使いやすいようです。
わたしは、「銀鱗Z」を使います。
3号を使っていたほうが無難です!セイゴは、ハリスの大きさに関係なく釣れますので、70〜80センチのスズキが掛かっても、3号であれば、とれます!

ハリは軸の太いチヌバリや丸セイゴは向いていません。
私が使った中では、「渓流バリの10号」と、いうのがお勧めですが、このハリを置いているのは、博多区の「宮田釣具」以外ありません。

エサは「モエビ」です。
日中は、青虫ではほとんど釣れません。
しかも、モエビのサイズは3センチから4センチぐらいが理想的です。
夏になると、管理が大変で、しかもあまり需要が無いためか、このサイズのモエビを置いている釣具屋は
ほとんどありません。
たまに置いていても、メバル釣りにも不向きなほど小さなモエビだったりします。
田エビぐらいのモエビでは釣りになりません。

まず、適切なサイズのモエビが手に入ることがこの釣りの1番のポイントです。

次に、「連玉仕掛け」は固定の仕掛けですので、一番下のシモリから5メートルがMAXです。
須崎埠頭や箱崎埠頭の先端部分の大型船舶が停泊するような水深15メートルもあるような場所は不向きです。

ポイントは、5メートル以内の水深の釣り場と考えてください。

探せば、いくらでもあるものです。
セイゴ〜スズキがいそうな河口部分ではたいてい通用します。

とっておきの釣り場を2つ紹介します。
1つは、東浜の船溜まりの先端部分の波止。
ここは、ド干潮からの切り返しの上げ5分ぐらいでよく釣れます。

2つ目は、荒津オイルセンターから突き出た沖防と対を成す白灯台がある波止。
ここは、満潮からの下げ5分ぐらいでよく釣れます。
依然私はここで、40センチぐらいのセイゴから72センチのスズキを30匹以上釣ったことがあります。
しかも、真昼間にです。
ポイントは、先端から10メートルほど手前の東側。つまり、須崎埠頭に向いているほうです。
下げ潮になると、川のように潮が流れます。
BMウキや遠矢ウキを使って、同じモエビをエサに釣っていた方は全然釣れないのに、僕だけが入れ食い状態で「羨望と白眼視」を浴びました。
ここは、現在「立ち入り禁止」ですが、昔も、そうでした。
海上保安庁の船からマイクで注意されることもありました。

以前は何名かの常連の方がいたのですが、最近は誰もいないので、私もここには行かなくなりました。

ここでは波止の反対側の西側、つまり、鵜来島が見えるほうでは、全く釣れません。
不思議なものです。
が、しかし、ここでは、カニをつけての前打ちでチヌが釣れます。
かなりのデカバンが出ます。

次回はこの仕掛けでの釣り方を詳しく説明いたしますので、乞うご期待!
posted by ジャズフィッシュ at 10:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!