僕の大好きな仕掛け@ その@

 僕の大好きな仕掛けに「連玉仕掛け」というものがある。

「それなら知ってるよ!サヨリ釣りやウミタナゴを釣るときの仕掛けでしょ?」と、思われるかもしれないが、正解でもあり、不正解でもあり・・・なのです。

私が良く使う「連玉仕掛け」はもっと、大きなシモリを使うのである。

飛ばしウキは釣研の「飛ばしナナメ」を使っていたが、岩や波止のぶつかってオモリが外れることが多く、
穴のあいたスーパー・ボールのようなものが安くて使い易い。
視界は「飛ばしナナメ」が良いのであるが、いかんせん壊れやすい。すぐに、オモリが外れる。

まず、飛ばすためのスーパーボールをゴム管に爪楊枝を刺して、遊動式にしておき、上から順番に大きいものは、ピンポン玉ぐらいから小さいものはパチンコ玉ぐらいのシモリを5個つける。

ほとんど、10センチほどの等間隔で、それぞれに爪楊枝を短く切ったもので、固定する。

これは、言うまでもなくミチイトにである。

重要なことは、そのミチイトの先端にサルカンをつけてはリスを結ぶのであるが、いかなる釣り場においても、磯竿の長さ以上の仕掛けは、釣りづらい。

どんなに深くても、5・5メートルから6メートルが限界である。
だが、この仕掛けは、5・5メートル以内の深さであれば、いかなる釣りにも対応できるのだ。

コレを読んでいる方は、ピンとこないかもしれないが、たいていの魚を釣ることができるのである!

連玉はクロ釣りにも使われるが、用途は実に多いものである。

次回からは、私がこの「連玉仕掛け」で魚を仕留めてきたお話をするので、お楽しみに!
posted by ジャズフィッシュ at 22:50 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!