潮位が低くても、夜になれば、釣れる。

 またまたM漁港に行きました。
今日は、少し時間があったので、青虫のほかに岩がにを10匹だけ買って、途中、荒津のオイルセンターのところでチヌを狙うことにしました。

荒津大橋の下あたりに位置して、オイルセンターの東側のところです。
ここは、車が横付けできて釣れれば、いい場所です。

岩がにをつけて、1時間ほど海の中の構造物周りを狙いましたが、ウンともスンともアタリません。

場所を移動してオイルセンターの中央部分の夜になると、コウイカ掬いの常連さんがいるところへ、向かいました。
ここも、あいにくの下げ潮でアタリはありません。

岩がに10匹を海にもどして、M漁港に向かいました。

今日も、福岡ドームでナイターがあるのでしょうか、たくさんの方がドーム周辺にいました。

夕方の、7時頃にM漁港に着きました。
ほとんど、ド干潮で、深さが、1ヒロほどしかありません。
こんな状態では、釣れるものも釣れませんので、暗くなるまで、M漁港の漁師さんや遊漁船の船長に最近の釣果を聞いたりして、時間をつぶしました。

このM漁港は、漁港にある水銀灯がついてからしか、メバルやチヌは釣れません。
今の時期ですと、およそ、夜の8時ぐらいです。

今日は、ハンドメイドも落とし込みの竿を使うようにしました。
潮位がこれほど、低いときは、ピンポイントで船を繋ぐロープとロープのわずかな隙間を狙っていかないと、いい釣果には恵まれません。

私が、使っているハンドメイドの落としこみの竿は、2メートル80センチぐらいで、竿尻は竹製です。
更に、滑りにくくするために、サラシ生地のスポーツテープを巻いています。
この、ベラベラに軟らかい竿でも、60センチオーバーのスズキを取り込んだことがありますので、
竿に対する信頼度は抜群です。
この竿ですと、2センチほどのクサフグのアタリですら、即座にわかります。
かすかなアタリで何がエサをつついているのかがわかります。

ベラやフグ・カワハギなどの難敵も、ハリを小さくすれば、確実に獲れます。
そのために作ったような竿ですので、信頼度は揺るぎません。

さて、暗くなってからいつものポイントを歩いて廻ると、今日は完全に底付近にメバルがいるようです。
しかも、エサを銜えてすぐに逃げるようなアタリばかりです。
いつもの、1ヒロぐらいの中層に浮いているパターンとは違います。

底に落として、エサを底からスーッと上げるときにアタリがあります。
しかも、アタリは小さいものです。

このような状態のときは、かなり場慣れしていないと釣果には結びつきません。
初めての方や、ビギナーの方ですとボウズかもしれませんが、私はこのM漁港は20年間通っているところです。
ピンポイントを知り尽くしています。

ですが、今日は、いつものところで釣れずに、いつも居ないところで釣れます。
干潮時のパターンです。

1時間半釣り歩いて、
15〜18センチのメバル・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・21匹  
20センチのクロソイ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1匹 
20センチのハゼ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・3匹
やや大きめのワタリガニ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1パイ
手長タコ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1匹

と言った釣果でした。         
posted by ジャズフィッシュ at 09:30 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!