最近の釣りはハズレなし!

 またまた、好調のM漁港に出かけました。
自宅を5時に出て、途中釣具のポイントで青虫を100グラム購入。
大き目の青虫を頼みました。

M漁港には、6時前に到着してM造船の前に突き出た波止で薄暗くなるまで、落とし込みをすることにしました。
風が強くて、博多湾も白波が立っていますが、ここは湾奥ですので、穏やかなものです。

25年前から通っている波止ですので、水銀灯を目安に季節に応じてどこで、何が、どういう仕掛けで、
どれほど釣れるかは、おおよその見当がつきます。

前回、漁港入り口でフッコ級のライズがあったため、ウキで大き目の青虫をつけて、狙おうと思ったのが間違いのモトでした。

基本的には、袖型の8号を使うために、あまりにもエサが大きすぎました。
岩ムシほどもある、青虫です。長さは、20センチにも及びます。

コレでは、落とし込みには、向いていません。

仕方なく細めのもので落とし込みをすると、アタリがあり、20センチほどの型のいいベラが釣れました。
更に、沖目を「前うち」して、手前に寄せてくると、竿を絞り込むアタリがあり、あがってきたのは、この時期にしては珍しい25センチオーバーのハゼです。
丸々と太っています。
刺身にすると、とても旨いのですが、活かして持って帰らなければなりません。
今日は、本命がメバルですので、そんな手間のかかることはいたしません。

更に、25センチオーバーのハゼを3匹追加。

海底は、大型のハゼだらけか・・・・・・・・と、思いましたが、その場所だけでした。

その後は、アタリもないので、先端に行き、ウキ釣りでセイゴ〜スズキを狙いました。
そのために、大き目の青虫を買ってきたのですが、アタリすらありません。

まあ、こんなものです。
狙うと、いません。

先端では、サビキ釣りをした後があり、波止がきれいに洗われています。
恐らく、地元の老人の方でしょう。きれいに洗ってあります。

7時になっても、まだ明るくて水銀灯はつきません。
ウキ釣りの仕掛けをたたんで、いよいよメバルタイムです。

ケミホタルのミニを折って、1ヒロのところの目印とします。

開始してすぐにアタリがあり、メバルではなさそうです。
やたらと良く引くので、なんだろうと思いきや、30センチ弱のタケノコメバル!
道理で、良く引いたのです。
更に、同じようなアタリがあり、アワせると、先ほどとは、違ってそれほど強いヒキではありません。
上がってきたのは、タカバの20センチぐらいのもので、いつもながら、ヌルヌルしています。

暫く、1ヒロラインを攻めましたが、メバルのアタリがないので、いつもの、メバルコースに行きました。

予定どうり1時間で20匹弱のメバルが釣れました。
前回と同じく15センチ〜20センチぐらいのものですが、良く肥えています。
1ヒロを攻めるので、次々に歩き回ります。
釣り逃がしても、気にせずにどんどん歩いて際を探っていきます。

ある程度、時間がたてば、釣り逃がした場所に戻ると、再び食います。
が、しかし、今日は、それをせずに、どんどん歩きました。

で、前回同様メバルがどの辺りにつくのかが、おおよそわかってきました。

次回は、更に更に、短時間で効率よく釣りたいと思います。
と言うのも、タコやカニをタモですくいに来る方がおられて、そんなこと横でされるといい気はしませんが、それはこちらの都合でしかありません。
彼らが、何をしようと文句は言えません。

ですので、彼らが来る前にメバル君たちを仕留めなければならないからです。

自分でも、無駄な動きが多かったような気がします。

次回は、手返しを考えてフル装備で1時間に何匹釣れるのかにチャレンジします。
posted by ジャズフィッシュ at 00:13 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!