腕がいいのか?竿が良いのか?

 2日前に、須崎埠頭に夕方5時頃に着いて、釣りを始めました。
あいにくの強風に白波が立ち、干潮にもかかわらず、波が防波堤に当たって、しぶきが飛んでくる始末。

チヌやスズキが少し波があったほうがいいといっても、いくらなんでも、コレでは、釣りにはなりません。

多少風が強いな〜、とは自宅を出るときには思っていましたが、これほどとは思ってもみませんでした。

いつものところでは釣りにならないので、風裏に向かうことにしました。

長浜の魚市場の対岸に当たる場所です。
ここの、入り口付近での荒津大橋の下で、先日、メイタが3枚釣れましたが、その日はそこすら風が強く
釣りになりそうにもなく、更に50メートルほど奥に向かいました。

バイクに乗った常連らしき方が来られ、昨日は60センチ弱のフッコや30センチほどのセイゴを釣ったそうです。
昨日は、満潮の時間にアタリが集中したそうですが、そのときは、なんと干潮の1時間前。

たいして期待するでもなく、ウキ釣りでセイゴ〜フッコを狙う仕掛けをして、青虫をつけて15メートルほど
投げました。
暫くして、アタリもないのでリールのドラッグをゆるめて、ほったらかしにしました。

退屈しのぎに、モエビをエサに際で落とし込みをすると、すぐに、アタリらしきものがあり、十分食わせてアワせると、ものすごいヒキではありませんか。

直感で、大型のチヌかスズキかと思いましたが、何とも、ヒキが違います。

ハリスは、1・5号で、ハリはヤマメバリの8号です。
走る方向とは反対に、竿を立てて竿のタメでサカナに対抗しました。

やり取りすること、5分ぐらいしてから、サカナが浮き上がってきました。
なんと、「エイ」です。
しかも、アカエイではなくてダイヤモンド型の形をした横幅が60センチ以上もあるやつです。
どうやら貝を食い荒らす「ナルトビエイ」のようです。

一気に、真剣さは失せましたが、大物が釣れたときの練習とばかり、暫くやり取りしましたが、ハリスが飛ばされることもなく、十分遊びました。
タモを組んで、すくってもどうにもならないので、エイが渾身の力で泳ぐ方向に竿を向けてモロにハリスにエイの力がかかるようにすると、すぐに、ハリスが飛びました。

ハリは失いましたが、やり取りは十分楽しめました。
タモを組めば、確実にすくえましたが、「ナルトビエイ」をすくっても、どうにもならないはずです。

話は変わりますが、5年ほど前に私は、博多の沖防の新波止の外向きでカラス貝をエサに、70センチオーバーのスズキを釣ったことがあります。

「カラス貝でスズキ?」などと、信じられないかもしれませんが、コレは事実です。
「はやと丸」の田淵船長が「年に一人ぐらいはそういう人がいる・・・。」なんて言ってましたが、僕がその年の「年に1人ぐらいのマヌケ?な釣り人」でした。

そのときは、ハリスが、1・75号でチヌバリの3号でしたし、何度も、エラ洗いをされましたが、どうにかタモですくえました。

ハリは、「地獄」と言われる、口元の脇にガッチリかかっていましたが、それにしても、よく、ハリスが切れなかったものです。

今回のエイもそのときと同じ竿です。

3キロほどのサカナが暴れても、ハリスが1・5号でも、竿のタメを利かせれば、サカナが取れることを今回再び確信しました。

それから、程なく数名の常連さんらしき方々が次々に来られて、皆さんは、セイゴ〜フッコを狙い始めました。

1投目から、55センチほどのフッコを釣り上げた方もいますが、僕を含めて残りの方には、アタリすらありません。

2〜3時間も辛抱強くそこで、粘る時間もなく、先日メイタが釣れた場所に引き戻りました。
相変わらず風が強く、際で落とし込みをしましたが、アタリもなく、ウキつりの仕掛けで10メートルほど先を青ムシをえさにして底ずらしして狙っていると、ケミをつけたウキが沈んでいきます。

暫くしてアワせると、小さくはないヒキ味です。

慎重に取り込むと、チヌと言っても、キビレの43センチ!

今日は、状況が悪かったのですが、何とか、チヌを1枚ゲット!

時間も9時に近づいていたので底でタイムアウトで納竿!

悪天候での、最悪ボウズ・・・だけは、避けることができました。

本当は、メバルが釣りたかったのですが!
posted by ジャズフィッシュ at 23:10 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!