ガン玉は重要です!

私がウエストバックに入れるものは、1,5号のハリス、ケミホタルのミクロ、ハリ入れ、オモリ入れ、つり用のハサミである。
オモリ入れのなかには、仁丹サイズのものから1号の中通しまで入っているが、圧倒的に6Bが多い。
私にとってガン玉6Bは絶対の必需品である。なぜ6Bなのか?
底にいるサカナを狙い撃ちするために出来る限り早くエサを底につけるためである。
自作の落としこみ竿で釣る事が多いため、これ以上オモリが重すぎても釣りにくい。
ただし、穴に潜んでいるアラカブ、ソイ、アイナメ、クジメなどを狙う時は6Bを2個つけることもある。
波で、狙った穴に入れにくいからである。
ガン玉の位置はハリの上の1センチから3センチの間であれば、どこでもいい。この程度の差であれば、間違いなくアタリがはっきりとでる。
これは、メイタ〜チヌでもほとんどかわらない。
Bや2Bで、チンタラチンタラと波止の際を落としていくのは、性分に合わないのだ。中層のチヌやメバルの場合は、1ヒロ、2ヒロ、3ヒロと言う感じでスーと落として、止めることにしている。
だから、クロつりでハリスにガン玉を打たない完全フカセが、基本的に好きではないし、全誘導のウキを使った釣りも好きではない。
とにかく、まどろっこしいのだ!
エサをつけてなんらかのアタリがないとイライラするのである。
この性分は恐らく直らないと思う。理屈抜きである。
さて、魚がつれたり、根がかりしたときは、ハリスが伸びるためガン玉がずれることが多い。
このときに、つり用のハサミなどでガン玉をしっかりとはさんでずれないようにするが、この際にハリスに傷がついて、少しの大物でもハリスをとばされて、悔しい思いをすることが多い。
無傷の1,5号のハリスであれば、45センチほどのチヌ、55センチほどのフッコは採れるはずなのに、ハリスがとばされるのは、ハリスについた傷によることがほとんどである。
根ガカリしたり、大物とのやり取りのときに伸びきったハリスは、交換する癖をつけたほうがいい。
当たり前のことだが、これができないと、特に夜釣りなんかでは、大物と出会えなくなる。
ハリスの傷にはくれぐれも注意して、悔しいおもいをせぬように!
posted by ジャズフィッシュ at 17:28 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!