ハリス,ミチ糸にもこだわるか?

 ハリスにこだわるのには、わけがある。
伸縮性によるアタリの伝わり方、透明度、強度、耐久性などであるが、これは、実際に使わなければ、わからないことが多い。必ずしも、高いものがいいのか?という問いに対しては、わたしは、コメントしがたい。いや、コメントできない。
私自身50メートル7〜800円のハリスを買うことが多く、それ以上高価なハリスを使ったことが無く、だから、釣れなかったという経験がないからである。
ただし、それ以下のハリスも使ったことはあまりない。
船釣りのときも100メートル1200〜1500円のフロロカーボンのハリスを使うが、それ以上に高価なものを使うことはまずない。が、それ以下のものも使わない。
ナイロンがいいとか、フロロがいいという前に、釣り場でサカナがいるか、いないのかと言う問題の方が100倍重要だとおもうからである。
ソコソコのもので、十分ではなかろうか?
さらに、ミチ糸については、500メートル700円なんてシロモノが量販店で売られているが、これも、何を釣るのかという用途によるし、当然のことだが、アタリ、ハズレはある。
だが、このナイロン系の安価なミチ糸でも、サビキ釣りやカレイ釣りなどの投げ釣りに使って不自由な思いはしたことはない。むしろ、これで十分である。
エギング用のPEラインは勿論、電動リールにもPEラインを巻くし、チヌの落とし込み釣りやキス釣りでもリールにPEラインを巻いている人もよく見かけるが、このPEラインは糸の伸びがほとんど無く、アタリがダイレクトに伝わるという長所がある反面、高価で、竿先に絡みやすく、サルカンなどの接続金具に結びにくいという欠点もある。強度は申し分ないが、そこまで強度にこだわる必要もあまりない。
逆に強すぎて困ることもある。船からアラカブやヒラメなどを狙って根がかりしたときなんて、切れずに
困ることがある。
スピニングリールに巻く道糸で最もこだわるのは、クロ、エギング、メバルのルアー釣りの時だろう。
道糸の視界性、海水とのなじみ具合、飛距離を出すために細くて強度のあるもの、さらに、捌きやすさというか、しなやかさも問題になる。
だが、これでなければ、絶対に釣れないというものでもない。
人よりもたくさん、快適に釣ろうと思われる方は、とことんこだわるべきだし、そうでないと、数は伸びない。これは、一事が万事なので、ハリス、ミチ糸に限るわけではない。
自分のお気に入りで、釣るのがいいが、よく釣っている人の仕掛けを参考にする時は、竿、リールよりも、細かいところを参考にするべきである。

 
posted by ジャズフィッシュ at 16:45 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!