夏場はヒラメ釣り専門でやろうかな?

玄界灘に面する漁港には、必ずといっていいほどヒラメがいる。
狙う人は少ないが、アジゴがサビキで釣れるようになると、必ずといっていいくらいヒラメが付近にいるものである。
ヒラメは、カレイと同じで、砂地にいると思っている方は、基本的に考えを改めたほうがいい。
ヒラメは、どちらかというと、根魚に近い場所にいることが多い。
岩場が、点在し、そこに少しだけ身を隠す砂地があるというところに
よくいるものである。
従って、アジゴをエサにひらめを狙う時は、根ガカリ覚悟でやらないと、釣りにならないことが多い。
エソがつれることも多いが、これは、税金みたいなもので、エソがいるところには、ヒラメも多い。エソさえ釣れないときは、ポイントを変えたほうがいい。
昨年私は、ジグヘッドにワームをつけて、野北で43センチのヒラメをゲットしたが、その後はワームではさっぱり釣れなかった。
いる場所さえ間違えなければ、かなりの確率でヒラメはゲットできる。
もうひとつ大事なことは、そこに、エサになる小魚がたくさんいる
ということが絶対条件だ。
アジゴに限らず、ボラの子でも何でもかまわないが、小魚の群れがいることを確認しょう!
波止からの仕掛けは、基本的に、中通しおもりの6号をサルカンでとめて、ハリス3号で長さは60センチの親バリ、孫バリ仕掛けである。
親バリはチヌ針の3号、孫バリはチヌ針の2号がベストだ。
親バリと、孫バリの間隔は、エサとなる小魚の大きさによる。
特に、アジゴでなくてもかまわない。が、光る魚がいい!
サビキにカタクチイワシが掛かる時は、そのまま、サビキを沈めておくと、20センチから30センチのヒラメが、よく掛かることが多い。しかしこのサイズのヒラメはペラペラで身が薄くて、とても刺身にはならないが、バター焼きにすると、美味いものである。
案外、釣れる確率の高いサカナで、こんなところで?と、思うような場所で、50センチオーバーが釣れたりもするので、ヤリガイはある。
興味のあるかたは、一度やってみるといいだろう。


posted by ジャズフィッシュ at 09:01 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。