土用の丑の日にウナギを食べるバカ??

最近、いやもはや数十年前から土用の丑の日にはウナギを食べると夏バテ防止みたいなことが言われていますが、真実の事実は、ほとんど整合性もなく、その昔潰れかかったうなぎ屋の再建のために平賀源内が考案したキャッチコピー&イベントの名残であると言うこと。


日本人はイベントが好きで、何かにつけてイベントをしたがります。


全く無関係なクリスマスを祝いますし、最近ではハローディも。


浄土真宗の檀家であっても、平気で教会で結婚式を挙げたりします。^^;


恐らく世界中の他の国々の人からすると、信じられないような光景だと思います。


普段は全くキリスト教徒でもない方が、ケーキを食べて、クリスマスイブを過ごす国など、恐らく世界中を探してもないのでは?


何かにかこつけて、所詮・・・食べたい!飲みたい!国民性があるのかも?


土用の丑の日にうなぎなど・・・。


と言いつつ、我が家でもカミサンがしっかり国産のうなぎの蒲焼を買っていました^^;。
GEDC5110.JPG

左下が、うなぎの蒲焼です。
GEDC5111.JPG

失礼ですが、たったこれだけのモノを食べて夏バテ防止だとか、夏バテ予防などと言うのはムシが良すぎるお話では??


日本全国のスーパーやうなぎ屋さんは恐らく今日、年間最高の?うなぎの売上げを作ったことと思いますが、
タダ単にそれだけのお話です。


平賀源内がセールスコピーを作ってから300年以上も精査されることなく、夏のある意味風物詩みたいになっているうなぎの蒲焼を食する習慣に、改めて一石を投じたい!!


信じる方は勝手に食べれば良いだけのお話で、うなぎ以外にも夏バテ予防の食べ物など身近にあるのです。


例えば、豚肉。
例えば、レバー。
例えば、枝豆。
例えば、納豆。
例えば、豆腐。
例えば、玄米。
例えば、イワシ。
例えば、柚子。
例えば、梅干。


どれも、うなぎの蒲焼と比べると、ありきたりで安価なものばかり。


バレンタインデーに好きな男性にチョコを贈る習慣をわが国に持ち込んだのは福岡の石村萬盛堂だといわれています。


日本人は記念日だとか、それにまつわる行事が大好きです。
しかも、日本流にアレンジします。^^;


ですが、うなぎに関しては土用の丑の日に少し食べたぐらいで「夏バテにならない保証」などどこにもありません。

単なる風評です。

単なる思い込みです。

恵方巻きと同じで、アテにもならない忌々しい風説では??

私が少なくとも未成年だった頃は、恵方巻きなど節分に食べるなど聞いたことすらありませんでした。

小売業の売らんが為の画策です。

口コミは本当に恐ろしい!!

のべ何百万の方が宝くじを買って1等が出たら、「1等が出た売り場!!」として注目されます。

何百万人がスカだったことは、決して強調されません。

幸運の売り場」だなんて・・・!!

私はただただ合掌するのみです。

余談ですが、夏は黒っぽい食べ物が良いと言うことを何かの本で読みました。

別にうなぎでなくても、ナマズの蒲焼、あるいはゴンズイの蒲焼でも良いのではないでしょうか?

ゴンズイが旨い!と言われています。

ゴンズイの蒲焼を作って一旗あげると言うのも良いかも??



スポンサードリンク






































posted by ジャズフィッシュ at 23:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海は本当に刻々と変わり、昨日と同じ条件はない!

今日は夕方7時頃に自宅を出て、前回の残りのエサを持って「いつもの場所」に向かいました。
GEDC5099.JPG

手前のほうに船が係留していて、こんなことは珍しいのですが、釣り人にとってはよい気が致しません。


またもやグッタリしたアオムシをハリに刺して、際を狙いますと、例によって例の御仁がハリに掛かりました。
GEDC5098.JPG


玄界島付近で春先に誕生したばかりと思われるマイクロ・セイゴ


アジゴよりも小さいような気が致します。^^;


ハリはメバルバリの9号を結んでいますが、それに食いつく彼らの食欲に脱帽です。


次々にマイクロ・セイゴが釣れるので、ここを諦めました。


夕日が綺麗でした。
GEDC5101.JPG


マイクロセイゴを釣っている時に妙なところに根掛かりしてハリスが白くなっていることを確認。
GEDC5100.JPG


こういう状態で大物が掛かると、確実にハリスを飛ばされます。


なので、ハリスが白くなっているところを切り、ハリを結び直しました。


これで、50センチのチヌが来ても万全!!とばかり場所を変えました。


満潮付近でしたので、こちらに向かいました。
GEDC5104.JPG


東浜の船溜まりです。


御笠川に向かっている護岸の際を探りました。


ここでもこの方ばかり。
GEDC5102.JPG

1ヒロから50センチぐらいの水深でほぼアタリます。


皮肉なことに、こんな小さなマイクロセイゴも50センチオーバーのチヌも最初のアタリは良く似ています。


真剣に身構えると、ミチイトがスーッと際から離れていきます。


メイタ〜チヌはほぼ100%に近い確率でこのようなミチイトの動きはありません。


次々にアジゴまがいのマイクロセイゴがハリに掛かります。


釣ってもどうにもならないので、ここでお開き。


釣ってもどうしょうもないマイクロセイゴですが、春先に「何もアタラナイ経験」を幾度も経験しましたので、アタリがあるだけマシです。


短時間の夕涼みがてらの釣りですから、私と遊んでくれるだけでも感謝せねば!!


「50センチオーバーのチヌが掛かっても大丈夫な仕掛け」にたまたま掛かるのがマイクロセイゴだったということだけのお話です。


9月〜10月ぐらいにはこのマイクロセイゴが20センチぐらいに成長して、再び釣りの邪魔をしそうです。


それにしても海は不思議です


・昨日釣れても、今日は釣れない!!
・昨日釣れなくても、今日は釣れる!!


何十年釣りをしても、私のような凡夫のデーターや憶測では計り知れない、理解しがたい神秘があります。


本当に刻々と変化する海はいつも想定外です。


スポンサードリンク


































posted by ジャズフィッシュ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

釣りのコダワリ、JAZZのこだわり??

昨日、前回50センチオーバーのチヌを釣ったポイントに行きました。

結果は惨憺たるもので、2時間やってサカナのアタリは皆無でした。

これが不確定要素の多い釣りというものです。

前回とは違い活きの良いアオムシを買って、好きなメバルバリまで買いました。
GEDC5089.JPG

個人的にメバルバリの9号が好きなんです。

30年近い経験則で、メイタではないチヌを本気で釣るときはメバルバリ9号が多かったような気がします。

今日は、ホームグランドでありながら、最近行っていなかった須崎埠頭に向かいました。
GEDC5090.JPG

日曜日で、ファミリーフィッシングのアジゴ狙いの釣り人がたくさん。


ここで竿を出すのは、不粋というものです。


須崎の別のポイントに行きましたが、何にもいません!!
GEDC5091.JPG

まだ、日が明るいとは言え、ここでは何かがアタルのですが、何もアタリません


仕方なく、前回50センチオーバーのチヌを釣ったポイントへ。


ところが、かってないサカナのアタリの無さに愛想を尽かしました。


釣れたのはこれだけ。
GEDC5093.JPG

イシガニ1匹のみ!!^^;


5匹以上釣れれば、茹でる甲斐もありますが、1匹ではどうしようも無くリリース。


いつもより短気になって、とっとと仕掛けを切り、竿を縮めました。


こういうときには釣り場に長居はムダです


経験上、仕切り直しで別の日を選んだほうが利口です。


これ以上他の場所に移動しても、不思議と・・・良い事はありません。


白旗を振って、撤収!!


帰宅後に風呂に入り、かねてからお気に入りの曲をヘッドホンで聴きました。


ハービー・ハンコックの東京でのライブですが、ベースのマーカス・ミラーのカッコよいリズムに圧倒されます。

ハービー・ハンコックはジャズピアニストの中では現存する最高ランクのジャズ・ピアニストの1人です。

アコーステックから、エレキ、トランス、R&B,ラップ・・・・、何でもこなせる数少ない天才の1人です。


最近もグラミー賞を受賞しましたが、彼の才能の前ではグラミー賞など何をいまさら??と言う感じ。


世界のピアニストの中でもこんな曲を作れるのは極々僅かです。


それにしても、マーカス・ミラーのベースラインはカッコ良すぎ!!

ジャズの帝王と言われたマイルス・ディビスが晩年まで可愛がったマイルスコンボの立役者で、生涯2万人以上のオーデションをしたといわれるマイルスがその才能に惚れこんだ男です。


ライブ版でこれですから、スタジオ録音など何でもこなせます。

魚のアタリがないときでも、マーカスのベースラインを聴くとホッとします。^^;

天才ピアニストは天才ベーシストが大好きなことは、ビル・エバンスでも、チック・コリアでも既に実証済み。

こうして凡人には出来ない名曲が生まれるんです。

釣りは期待を裏切られることは多々ありますが、JAZZはそれなりのメンツが揃うと期待はずれはほとんどありません。

今年で40年JAZZを聴いて、この「HANG UP YOUR HANG UPS」はめぐり合えた名曲の1つです。

ハービー・ハンコックも1960年代後半にマイルス・コンボのピアニストとして世を席巻した1人。

彼らの才能を見抜いた「帝王マイルスの眼力」は狂いがないと言うことです。




スポンサードリンク
















































posted by ジャズフィッシュ at 00:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

50センチオーバーのチヌが久々に釣れた!!

せっかくの休みなのに朝5時ごろ左足のふくらはぎが「こむら返り」になり、激痛で寝られなくなったジャズ・フィッシュです。(笑)

痛い!!のなんの・・・!!

50歳を過ぎる頃から数ヶ月に一度のパターンで寝ているときに、「恐怖のこむら返り」になります。

布団の中で足の親指たちを手で内側に力いっぱい曲げて安静にしていると良くなるのですが、最悪の場合ふくらはぎはもちろん太腿までこむら返りになり、布団の中で1人で唸るハメに!!

もはや寝てなんか・・・いられません!!

今日も足を引きずりながら、することも無いのでパソコンをカシャカシャ・・・・。

隣の部屋に寝ているカミサンは目をこすりながら私の部屋に入ってきて、「休みの日ぐらい、ゆっくり寝ればいいのに・・・・、なんで、こげん、あるかね〜!!」と、捨て台詞を吐いてリビングに行きました。^^;

理由は言いませんでしたバイ!!

前回も夕方からゲリラ豪雨でさすがに釣りに行けず、今日という日に期待していたのですが、朝方は薄曇りでしたが、昼近くにまたしてもドシャ降り。

仕方なく、パソコン・・・カシャカシャ・・・。

はっきり申しまして、完全にパソコン中毒患者です。(苦笑)

夕方に雨が止んだので、いつもの場所に行くこととしました。

パソコン中毒患者の息抜きのひと時ですが、気になるのが1週間ほど前に買った僅か30グラムのアオムシの残り。

案の定、ほとんど動かずにまさに瀕死の状態

腐れる一歩寸前の僅かなアオムシで釣り場に対峙しました。

いつもの場所に妙な船が入って作業していますし、昼間のドシャ降りで海水は泥水のような感じ。
GEDC5066.JPG

GEDC5067.JPG

今日は下り中潮で18時37分がド干潮です。

この切り返しに期待したいのですが、1ヒロでも、2ヒロでもアタリは皆無。

タナを1メートルぐらいにあわせて探るとこの方々がガンガンアタリます。
GEDC5068.JPG

10センチあるかないかのミニセイゴ??ならぬミクロセイゴ

アジゴよりも小さくて、引きません。(涙!!)

場所を移動しました!!

腐れかけたアオムシもそれほど多くはなく、魚に対して失礼極まりないエサです。^^;

赤袖8号とルアー用のシンカーをハリ上1センチぐらいのところにつけて探りますと、
カツ・・・カツ・・・、ギュン・・・という横ハシリのアタリが!!

おっと、・・・引く!!引く!!

海底に向かってギュンギュン引きますが、ペランペランのハンドメイドの竿でどうにか楽しめるサイズであることは一目瞭然!!で、分りましたので余裕のやり取り

イトも出さずに、竿の柔らかさを活かして浮き上がってきたのがこの方です。
GEDC5072.JPG
28センチぐらいの丸々と太ったメイタです。

ミチイトを持ってブリ上げました。

更に、妙なアタリがあり、アワセますと、ほとんど引きません。

それなりの何かが釣れていることだけは確実なのですが、メイタでもなく、セイゴ〜フッコでもないようです。

犯人はこの方。
GEDC5086.JPG

GEDC5084.JPG
ヤツがバタバタして、レンズに海水がついたようですが、
20センチ程度のナイスバディのアラカブです。

これでカミサンが喜ぶお土産を確保できました。

ところが、あいにく袖型8号のハリはヤツの喉の奥に刺さっていて、ハリスが切れました。

仕方なく、クルマがあるところまで戻って仕掛けを修復し、ふと過日のことが頭を横切ったのです。

ド干潮からの切り返しで、アラカブが掛かる時は活性が高いということ・・・・!!

クルマの中に組んで後部座席に置いてあるタモを持っていきました。

残りのエサは、瀕死の細いアオムシばかり・・・

最低の状況ですが、細くて動かない瀕死の青虫を2匹袖型8号に刺して、いつものセオリーどおり2ヒロから1ヒロのタナをジグザグに探っていますと、明らかに何かがエサを咥えたような感触が・・・!!

竿先を送り込んで、手首だけでアワセますと、尋常ではない引きが・・・!!

すぐさまスプールを押えている右手の親指を離しますと、ミチイトが音を立てて出て行きます。

ここ最近味わったことが無い、いやこのハンドメイドの竿を作ってから味わったことがない引き方です。

ほとんど、リールが巻けません!!

左手の親指でスプールを止めて、反撃しようとしますが、右手でリールを数回巻くと、それ以上に相手は容赦なく引いてスプールから音を立ててイトが出て行きます。

強引にリールを巻いても、途中からあざけ笑うように海底に向かって容赦なく潜り込もうとします。

こんなやり取りが・・・・数分間

十数年前に沖防の新波止の外側で、カラス貝のエサにルアー効果で80センチオーバーのスズキが掛かって以来の長丁場です。

15センチ〜20センチのメバルをメインターゲットとして作ったハンドメイドの竿ですから、想定外の獲物に対しては検証不足です。

竿が折れんばかりに曲がっています

巻いてはイトを出し、更に巻いては更にイトが出て行くことの繰り返し。

ですが、釣り人にとっては至福の時間です。

浮くどころか、沖に向かって走り、底に向かって走るファイトに酔いしれること数分・・・・!!

私のほうから勝負!!に、でました

30年ほど前のダイワのミリオネアを有無を言わさず巻き巻き。

ですが、ヤツは浮いてくるどころか・・・。

イトを1メートル出して2メートル巻く・・・と言うことの繰り返しでようやくヤツを海面まで引きずり上げまして、タモ入れ一発で仕留めました。

タモを縮めながら、竿からはイトを出しながら、ついに仕留めたのがこの方です。
GEDC5074.JPG

タモの枠が50センチですので、ソレを超えるチヌでした!!

GEDC5077.JPG

道理でなかなか・・・、浮いてこないはず!!!

アゴのところが白っぽくなっています。

クチジロのチヌ???

私の経験上2キロは超えていません

丸々としてますが、なんとなく不気味な顔をしています。

GEDC5082.JPG

ハリは私にとっては運よく、相手にとっては運悪く地獄に掛かっていました。

早くリリースせねば!!・・・と思い、ハリスを切ってリリース。

使い慣れた竿とリールのおかげで、ペランペランの竿でも何とか獲物をゲットできました。
GEDC5088.JPG
これが使い慣れていないリールなどを使うと、必ずバレます。

必ずです!!

ハリが掛かっていた位置も完璧ですし、ハリを結び変えたばかりのハリスと言うのも良い条件でした。

今回の記事でちょうど、1000記事目です。

記念するべき1000記事目を書くときに、運よく釣れた50センチオーバーのチヌに本当に感謝、感激!!

10年以上ぶりにリールが巻けない状況を数分間も堪能できました!!

安近短の釣りバカは幸せ者でございます。^^;

腐れかかったアオムシでまさかの50センチオーバーのチヌ???

1000記事目に相応しい内容で、出来過ぎかも???・・・・です。

スポンサードリンク
















































posted by ジャズフィッシュ at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「兵庫県議 政務費不正疑惑 泣き乱しながら潔白主張」を見た方の感想を聞きたい!!

7月12日。

私は休みだったので、いつもガソリンを給油するガソリンスタンドで給油を済ませた途端にドシャ降り。

これがゲリラ豪雨か?

いつもどおり、前回の少ないエサを持参して今日は箱崎埠頭に出かける予定でしたが、さすがに空をみあげてUターンしました。

釣る気満々でしたが、神はソレを許さない!!??

自宅へ帰り、パソコンでgメールを開くのが私のいつものパターンです。

このような画像が、ユーチューブからお墨付きで届いていました。



何度も見た画像なはず・・ですよね???

笑ってはいけませんが、笑えます

更にこの画像を見て大笑い。



これを見て、大阪府立の北野高校の同窓生である橋下市長のこの画像を見ました。



税金がけしからん議員によってこういう使われ方をしていると思うと悲しくなります。


嘘八百!!


選挙で選ばれたと言っても、その後何をしでかすのかは全く不明です。


税金がこのように使われ、バカを見るのは国民であるあなたや私です。


こんなクソ野朗でも議員年金などあるのでしょうか?

国会議員でも、県会議員でも、市町村議員でも、明らかにおかしい失費は外部監査で徹底的に追求するべきですし、外部監査がソレを容認・黙認しているとすれば、検察はそこに司法として断固たるメスを入れるべき問題ではないでしょうか?


すべてが、あやふやで、な〜な〜です


政治も行政も信じられない身の原因は誰が作っているのでしょうか?


ブラック企業が減るどころか増えているような気がします。


経営者の誰も、労働法の厳罰を望んではいませんから。


要は、とどのつまり、この国は拝金主義で動いているとしか言えません。


日本とはほとんど無関係な国のODAなどする前に、足元が見えないというより政治資金を出す資本家の手前、ソレを見まいとする政治と行政が表裏一体となって行われていると言うこと。


見栄だけのODAに支出するぐらいなら、福島の仮設住宅に住んでいる人に金を回すべきでは?

そもそも、ODAに回せる税金があるのであれば、他にすることはいっぱいあるでしょう??

スポンサードリンク














posted by ジャズフィッシュ at 22:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

台風8号が接近する前に釣り場に出かけた安近短のバカ野郎

週末は雨続きで竿も出せずにユーチューブでJAZZなど聞いて遊んでいた安近短の釣りバカは、沖縄では既に52万人に避難勧告が出ているということを知りつつ台風8号の接近前なので、ポイント築港店に向かいエサを購入して、いつもとは少し違う東浜に向かいました。
GEDC5054.JPG

いつもの釣り場所の対面なのですが、夕日が綺麗でした。

降り続いた雨で、海の水は濁りまくり、赤土の海のような感じでした。

良いかも??と、釣り場ではプラス思考の私は東浜の船溜まりに向かう波止の内側を探りました。
GEDC5055.JPG

横に伸びている波止の船が停泊している側です。

ここは暗くなると、時期にもよりますが、1ヒロのタナでも手のひらオーバーのメイタやクロがガンガン釣れるポイントです。

特に、ケーソンの切れ目がポイント

ですが、今日釣れるのはこの方々ばかりどす。
GEDC5056.JPG

ハゼですが、マハゼではなく、ウロハゼです。

マハゼとは似ていて非なる魚で、岩場によくいるハゼの一種です。

コイツのアタリが小さいくせに大きい!!^^;

次々に釣れるのはコイツラばかり・・・・。

ですが、夕日を眺めに来たと思えば、心が穏やかになります。
GEDC5057.JPG

GEDC5058.JPG

嵐の前の静けさ??

このポイントを諦めて、前回50センチほどのフッコを釣ったポイントに移動しました。

ここから眺める夕暮れの風景も格別です。
GEDC5059.JPG

GEDC5060.JPG

デジカメは安モンですが、景色は良いでしょう?

画像に難あり!!^^;

前回のポイントを探るとアタリが頻繁にあるのですが、ハリに掛かりません。

何なんだろう??!!!

ハリを小さくして釣れたのがこの方でした。

GEDC5061.JPG

アジゴよりも小さなセイゴ。(涙)

これ自体がベイトフィッシュでは?^^;

コイツラが何匹もハリに掛かるので納竿。

ちなみに台風8号は予想最大瞬間風速75メートル、総雨量400〜500ミリ。

人は立っていると吹き飛ばされ、2トントラックも横風で横転するほどの強さなんだそうです。

木造住宅の屋根瓦は吹き飛ばされる恐れがあり、住宅が倒壊する恐れもあるといいます。

また、洪水で河川の堤防の一部が決壊した時は地下鉄の駅や地下の飲食店街が水浸しになる可能性もあるといいます。

そんな気配をまるで感じない釣り場でした。

釣り人も多かった!!

いよいよ九州に上陸です。

自宅の身辺整理を怠りなく!!

スポンサードリンク































posted by ジャズフィッシュ at 21:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北部九州を襲う大雨続きの憂鬱を払拭する「音」

連日の大雨で、釣りに行けなくてイジイジしている方も多いのでは?

私も若い頃は千歳一隅のチャンスとばかり釣りに行く日を決めて、釣りの予定を立てていましたが、結論から申し上げますと、「山ほど願って、針ほどしか叶わない!!」と、言うことです。

自由業でもない限り、好き勝手な時に釣りに行けることは極めて稀です。

いや、自由業だからこそ、休みがなくて釣りをするヒマなどないかもしれません。

カンケーネェ〜のですが、私は晴耕雨読ならぬ、晴釣雨聴を今でも実践しています。

最近はYou Tubeを頻繁に見ます。

諦めないことが美徳とされる風潮の中で、「はなから諦める」と言うことも必要なことを悟りました。^^;

釣りに行きたくない、釣りに行けそうにもない時は、行かないことです。

そういう時はこんな音楽でも聴いていたほうがマシです。



この音楽のハイライトはズバリ!・・・ピアノです。(個人的にピアノだと思います)

ビル・エバンスや彼の音を研究し尽くして新たな音を創造するパット・メセーニグループのライズ・メイズのピアノの音とも微妙に違います。

ほんの僅かな違い・・・です。

釣りで言えば、ガン玉を2Bにするか4Bにするのか程度の違いです。

が、まるで違った結果になります。

私はセッカチなので、基本的に重めの6Bなどを主体に使います。

ですが、真似をする価値はあまりないと思います。^^;

状況判断能力が問われる時に私はソレを無視して頑なに6B主体で釣ります。

はっきり申し上げて、バカたる所以です。

ハリも需要ですが、重りの大きさとハリスに打つ位置は最も重要です。

ですが、釣れるときは・・どこでも、何でも・・・良いという経験ばかりしてきましたので、
イマイチ説得力がありません。

すみません。

スポンサードリンク
















posted by ジャズフィッシュ at 22:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!