メバル不在の釣り場で散歩

今日は暖かい小春日和でした。

ベランダの観葉植物に水をやりながら、カミサンと二人でボ〜ッとヒヤシンスを眺めていました。(笑)

ヒヤシンスの花に鼻を近づけると、良い匂いが致します。


今日も夕日を見に?須崎埠頭に出かけました。


GEDC4498.JPG


ベタ凪で風もなく夕日が眩しい!!


釣れる、釣れないは別としてこの景色が大好きです


「夜の明けない朝はない!」と言う言葉もありますが、
「闇の来ない昼もない!」という様な平家物語の無常観みたいなひと時です。


ココでまずは竿を出しましたが、レスポンスゼロ。


西側の先端に赴きますと、私より年配の方が投げ竿を4本出していました。

GEDC4501.JPG

タモがすぐそばにあることでセイゴ〜スズキ狙いであることが一目瞭然。


ですが、私は「カレイ狙いですか?」としらじらしい質問をしてしまいました。


「20センチから30センチ程度のセイゴが数匹釣れました!」とのこと。


10分ぐらいお話をして、西側のメバルポイントを探り歩きますが、
いる気配は皆無。


いれば、すぐに食いつくサカナですから、いません!!


ココを探っていないとなれば、須崎埠頭は諦めねばなりません。


中央埠頭に向かいました。


いつものようにポイントを探りますが、アタリは皆無。


タナを水面から2ヒロにあわせて探りますと、セイゴ特有のヘタクソな喰い方が・・・。


イトが勝手に引っ張られています。


竿を立てますと、サカナは付いているみたいですが、まるで引きません。


リールを巻きますと、海面で飛び跳ねています。


GEDC4502.JPG


25センチ程度のまるで引かないセイゴでした。


もちろんリリースして、エサをつけ直して再び歩きますと、
アタリが鮮明にありました!


竿先を送り込んでいますと、イトが勝手に沖の方に向かって走り出しました。


またしてもチーバスかい?と思いきや、竿が極限状態まで曲がるような引き!!


「やってくれるやん!!」と思いつつリールを巻きますと、更に底に向かって竿先を曲げてくれます。


ですが、使い慣れてきた竿の感触からすると、大物ではありません。


引きをかわしながらリールを巻いて、海面に浮き上がった獲物をミチイトをもって抜き上げたのがこちらです。


GEDC4503.JPG


40センチ程度のセイゴ。


たいした大きさではないにも拘らず、引きを堪能できました。


ビニールバケツが入ったバッカンははるか彼方にあり、面倒なのでリリース。


更に歩きますと、今度は1ヒロぐらいの深さでチーバスが!!


海面をピョンピョン飛び跳ねています。


バレれば良いのに・・と、思うときに限ってバレません


ハリを外す時の魚体は冷たさそのもの。


リリースしてソコから5メートルぐらいの地点でまたしてもアタリ。


竿先にアタリがないのですが、イトがユラユラしているところから、魚がエサを咥えていることが分かりました。


ここでゆっくりと竿を上に上げますと、竿先がゆっくりと曲がります。


この時点で大きくアワセますと、サカナは下に向かってまっしぐら!


この方もなかなかのファイターでした。

GEDC4505.JPG

面倒なのでリリース。


この時点で8時となり、撤収。


メバルは相変わらず釣れません。


セイゴが相手をしてくれて良かった・・。






























posted by ジャズ、フィッシュ at 23:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日も散歩がてらに夕日を見に箱崎魚埠頭に行きました??」

昼間は昨年替えてなかったリールのミチイトを交換しました。
たった二つですが・・。

GEDC4487.JPG


ひとつは昨年良く使ったダイワのコロネット。


30年から35年前のモノで、買った釣具屋はとっくの昔に廃業しています。


大切にもしていないのに、よくもっているものです。


ヤフオクではレアなコロネットらしいのですが、ヤフオクで買うことはあっても、売ることは致しません。
梱包などに手間暇掛けた挙句に、クレームなんぞあったら、気が滅入るだけですから・・・。


そういえば、ヤフオクで「アルミ製のリールが付いた落とし込みロッド」を格安どころか「激安」で落札しました。


どうせ、1時間前ぐらいから自働入札で値を吊り上げるようなパターンは良くあるので、安い入札のままほったらかしにしていると、なんと落札


そのリールにもミチイトを巻き巻きしました。


GEDC4489.JPG


GEDC4490.JPG



主だったは福岡近郊の釣りブログやサイト、釣具店の釣果情報などを見るのがクセになっていますが、良い情報など・・・、まるでありません。


しかし、天気も良い穏やかな日ですから、Kさんにお会いできるのでは?と思い、箱崎のバナナ埠頭に向かいました。


釣り場に到着しますと、アベックが仲良くシーバス狙いでルアーを投げていましたが、女性の飛距離が出ずに、彼氏が手取り足取り教えてやっていました。


GEDC4492.JPG


「ぼくちゃん、おいちゃんにも、手取り足取り教えてくれんかい?」などと近づくと、おそらく海に蹴り落とされるでしょうから、離れたところから眺めていました。(笑)


天気は良くても、風が冷たく、おネェちゃんはギブアップしてクルマの中に退避しましたが、
ぼくチンは頑張っていたのですが、おそらくおネェちゃんが、
「いつまですると〜!!」だとか、
「もう帰ろう〜!!」だとか、
「ゆめタウンに行こう〜!!」などと言ったのでしょうか、
シブシブ・・・とタックルを片付けていました。


そういえば、釣りガールブームも過ぎ去ったのか、あまり女性を見なくなりました。


釣りガールといえども、一人でクルマでやって来て、カラス貝をゴシゴシとこそぎ採って、背中あるいは腰ににタモを差し込んで、メイタ〜チヌを狙っている女性をこの年まで見たことがございませぬ。


そのような女性にお目にかかりたくもないのですが・・・・・。


夕日が綺麗でした


GEDC4491.JPG

GEDC4493.JPG



そうしているうちに案の定Kさんが自転車に乗って登場!!


「メバル、全然あたらんやろう??」と第一声。


私はおどけて、ロバート・デ・ニーロのように両方の手のヒラを持ち上げて顔の表情も真似してジェスチャーしましたが、全くウけませんでした。(涙)
(完全な一人芝居!)



近況をKさんからうかがいますと、
まるでダメ!!!!
なんもアタラン!!!と、苦笑い。


土曜の夜なのに、釣り人が私以外誰一人いません。


GEDC4494.JPG


天気いいけど、風が冷たいけん、帰るバイ!!と、自転車に乗っていなくなりました。


私は200メートルぐらいの距離をタナを変えながら2往復しましたが、
アタリは皆無。


7時前に納竿。


もとより、メバルがいるとも思っていませんが、
実際に何もアタリませんと、夕日を見ながら散歩した・・ということにしておきましょう。





























posted by ジャズ、フィッシュ at 20:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メバル(春告魚)の今後の行方を考える

今年は博多湾の湾奥にはほとんどメバルがいません。


呆れるほど・・・。


ですが、西新のリヤカー部隊のNさんのリヤカーにはメバルがズラリ並んでいました。

GEDC0435.JPG

GEDC0434.JPG


姪浜のサカナ市場で、買い付けの能古島の漁師さんから仕入れたそうです。


恐らく、能古島の裏側の象瀬付近で釣ったものではないか?と勝手に想像しています。


湾の奥にはいないけど、志賀島、糸島半島、能古島の裏側あたりにはいるということです。


今年はメバルが壊滅的に少ない年ですが、
パソコンのマイ・ピクチャーに保存してある昨年同時期の写真を見てみることとしますと、


昨年の2月20日に箱崎のバナナセンターにて釣ったメバルがたったの3匹。
GEDC4083.JPG



メバル自体はそれほど多くはなく、25センチ前後のタケノコメバルがやたらと釣れたのが3月の初頭。
GEDC4124.JPG


桜の花が開花し、4月の声を聞いてから、中央埠頭ではそれ以降かなりメバルで遊べました。
GEDC4201.JPG


今年は博多湾の湾奥の岸壁はカラス貝も例年と比べると、付きが悪いようです。


それが直接的な要因なのかどうかは海洋学者ではないので分かりませんが、何らかの関係があるのかもしれません。


昨年のパターンを踏襲するにせよ、時系列で自分の撮った画像を眺めると、メバルを狙うのは
3月下旬ぐらいからが妥当であろうと言うこと・・・です。


タケノコメバルは当たり年とそうでない年があり、昨年は早い時期に多くいたのですが、ゴールデンウィークぐらいから姿を消しました。


今年はどうなることやら??


海は生き物ですから、いろいろなファクターが絡み合って私のような凡夫が埠頭にクルマを止めて
海を眺めても、その中身・実態はまるで分かりません。


湾奥でメバルが釣れなくなるのがこれからスタンダードになるやも知れませんが、
嘆いたところでどうにもなりません。


かっての「カレイやアイナメが簡単に釣れた博多湾」ではなくなってしまって、15年以上経つと思います。


メバルもカレイやアイナメと同じ運命を辿るのかと思うと、安近短釣り師の私は心に穴が空くような思いがします。


腕前はともかく、メイタ〜チヌ、セイゴ〜スズキに半ば飽きていた私に
釣りの楽しさを再認識させてくれた魚がメバルでしたから。


湾奥でハンドメイドの竿で、際の落とし込み釣りで尺メバルを釣り上げると言う私の目標が夢・幻と化してしまうのでしょうか?


沖防に渡らないと、メバルも釣れなくなるようでは、豊穣の海博多湾とは言いがたいですね。


















posted by ジャズ、フィッシュ at 09:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バレンタインデーは本当にマイファニーバレンタインでした!

朝、遠くの山の頂を見ますと、真っ白に雪が積もっていました。


2月ですから・・・当然と言えばそれまでのお話。


気象予報・天気予報など・・・、どうなろうと、誰も文句は言えない次元のお話です。


今日は幸いなことに休みでしたので、夕方からいつもの場所に出向きました。


GEDC0428.JPG


GEDC0429.JPG


今日はトリッキーに2ヒロから5ヒロぐらいのレンジをジグザグに移動しまして、
なんと4ヒロぐらいのところでアタリがあって釣れたのがこの方です。


GEDC0430.JPG


25センチにも満たないチーバス。


低水温のためか、死んでいるのかも?と思いました。


まるで、引きませんでした!!


釣り上げた魚体も冷たい!!


それから1時間ほどウロチョロしましたが、釣果はありません。


まさに、マイファニーバレンタイン





ジャズを聴く方なら100%誰もがご存知のマイルスのクッキン収録の曲ですし、
この曲を演奏しないジャズメンはほとんどいません。


天才キース・ジャレットのピアノトリオは割愛するとして、
スティングのバックでペットを吹いていたイケメンのクリス・ボッティの"My Funny Valentine" feat. Stingがすばらしい。






ジャズのことはかなりどうでも良いのですが、冷え切った体を湯船で温め、
これを食べるのが至福のひと時です。


GEDC0431.JPG


今日は水炊き



あらかた食べ終わってしっかりと濃厚な味が出たこの水炊きスープは絶品です。


GEDC0432.JPG


これに、そうめんをゆがいて、柚子ごしょうと刻みネギを散らせば、
最高の味わいになるはず。


博多湾の春は遠そうですが、それがそれで楽しみがあるというものです。


春告魚(メバル)はいつ来ることやら??

























posted by ジャズ、フィッシュ at 23:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

釣りバカは自分の部屋でおとなしくウクレレを作りました!

立春も過ぎましたが、数日前より本当に寒くなりました。


ベランダのボケの花は今が満開ですし、ヒヤシンスももうひと月もすれば開花するのかも?

GEDC0418.JPG


GEDC0419.JPG


ただでさえ冴えない博多湾の湾奥に行くのもさすがに気が向きません。


幾つになってもいっこうに腕が上がらない安近短釣り師には過去最悪の状況です。


そうこうしているうちに昼からの雨。


いつ霙になってもおかしくないほど気温は低く、この時点で釣りは断念しました。


過日西新のプラリバの6Fのリブロという書店で購入しておいた「ウクレレキット」を作ることと致しました。


GEDC0421.JPG


面白そうなので、衝動買いしてほったらかしにしていました。(汗)


箱を開けますと半分完成したようなパーツが入っています。


GEDC0422.JPG


簡単そうで・・・・案外難しく、かなり手こずり・・・ました。


ネックを接着剤とネジで固定し、穴を木製のピンで埋めるそのピンをイトノコで削る作業が大変!!


小さなピンをイトノコで削る際に左手がつりそうになりました。


メバルが釣れないので自分の手でもつるか?


つる意味が違います!!


ある程度完成したら、次は安物のナイロンの釣り糸のような弦を張る作業が待っていました。


GEDC0424.JPG


これもなかなか厄介でした。


シーガーの12号、10号を持っているので、フロロカーボンのほうが良い音がするかも??(笑)


色付けはもちろん未だですし、いつになるか分かりませんが、とりあえずは完成!!


GEDC0425.JPG


チューニングして弾いてみますと、素朴な音がします!(苦笑)


今年の夏は釣り場にコイツを持参して、釣れないときはウクレレでも弾いて「あ〜、あ〜、いやんなっちゃった、あ〜んが、あ〜んが、驚いた♪♪」と唱っている危ない目つきをしたオヤジがいたら、恐らくそれは私です。


牧 伸二(まき しんじ)さんが非業の死を遂げたので、私が「● 伸二」の芸名で?博多湾デビュー
します。


●は私の本名です。


私の本名をご存知な方、笑わんで下さいね!



博多湾でデビューしても、メイタぐらいしか聞いてくれないかも??
























今年の夏にはアロハシャツと麦藁帽子でウクレレデビューを果たします??!!



posted by ジャズ、フィッシュ at 21:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。