余命3ヶ月と宣告された叔父のお見舞い

過日東京にいる従兄弟から突然電話がかかってきました。


電話に出ると「●●兄ちゃん?」筑豊訛りのイントネーションで、最初はどなたかサッパリ分かりませんでした。私のことを「●●兄ちゃん」と言う人はごく限られていますから・・・。


従兄弟と申しましても、普段良く会うこともあるはずもなく、15年前の彼の結婚式以来のこと。


ひと回り年下の彼が電話をして来ることはただならぬことであると思いつつも、
「余程のことだろうが・・・・・、どうした?」と、尋ねると、


「お父さんが肺がんの末期症状で全身にガンが転移しとうとよ〜、あと3ヶ月もつかどうか・・・・」とのこと。


彼の父親の叔父は母の兄弟の末っ子で今年70歳になったばかり。


小学校や中学校の頃、盆暮れにはよくお小遣いを頂いた記憶がある。


「好きなもん、買え!」と、小遣いをポケットに押し込んでくれる叔父が大好きだった。


博多の方なら誰もが知っているはずの有名な料亭の初代花板を任された叔父だったが、
利益追求を優先する経営者と対立し、花板の座をすんなり諦める潔い人でした。


そんな叔父のお見舞いに今日は麻生飯塚病院まで出向きました。


昨年も一昨年も母の膝の手術のために再三来ている病院のホスピスに今日から移るとのこと。


母にも会おうとばかり、田川の上野(あがの)に先に赴きました。


途中、飯塚でも田川でもきれいなを見ました。


GEDC0238.JPG


明るく希望に溢れた虹?・・・ってな、わけないか?(苦笑)


霙が舞う中、八木山峠が凍結しなくて、よかった。


叔父がいるホスピスに1時間半ほどいて、
昔を思い出していました。


帰り際に、叔父が
「もう会えんやろうけど、俺の分まで長生き・・しやい!」と、吸引マスクをつけて笑いながら言った言葉が今でも耳に残っています。


「余命3ヶ月と宣告されたら、どうするだろうか?」と、考えながらクルマのハンドルを握っていました。


さすがに天候も良くないので、ヒイカ狙いは今回はもちろんパスです。


私自身の終活を自分で進めないと!























posted by ジャズフィッシュ at 18:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

万事思い通りにならないこの世は楽しい!!

昨夜はかなり強い風雨だったようで、朝起きるとベランダの観葉植物の鉢が5個も倒れていました。


しかもシトシトと雨が降っています。


天気予報では午後から晴れるとのことで、今日もヒイカ狙いの予定です。


自宅からクルマで10分もかからない博多ミストの中にあるポイント博多諸岡店に行き、リールとエギなどを買いました。(M店長は昼飯で会えませんでした)


スプールが浅いリールを買って、今現在使っているリールのPEラインを巻きました。


GEDC0226.JPG

昨年ヤフオクで購入したPEラインが0.8号と2・5号だとばかり思っていたら、
20lbと30lbでした。(汗!)


ヒイカを釣るのに20lbのライン(釣力9・1キロ)のラインなど不要に決まっています。(爆)


GEDC0227.JPG


ナオリーの1・8号の夜光ピンクを追加購入しました。


ヤル気満々で、昨日ヒイカの爆釣があったという姪浜のフェリー乗り場に向かうこととしました。


GEDC0228.JPG


アタリは満潮ぐらいに集中していたと言う内容を知って、珍しく潮見表を探りますと、
25 月23 小汐01.19 143 14.45 136 08.11 63 20.09 93
小潮で干潮が最悪なことに20.09、満潮は 翌日の02.38です。


釣り場ではド干潮になる下げから開始です。


更に最悪なことに、台風並みの西風の強風です。


姪浜のフェリー乗り場の護岸をご存知な方はどれだけ最悪かは理解できると思います。


そのポイントに行く前に、前回の残りのアオムシでメバル探査をしましたが、
まるでアタリすらありません。


箱崎バナナ埠頭にもメバルが付いていない状況ですから、姪浜にいなくても何ら不思議ではありません。
ウソか本当かは知りませんが、多くの魚は博多湾時計周りで入ってくると言うような記事を随分昔に読んだ記憶があります。


その記事が正しいのかどうかは別として、奥の魚は志賀島の国民宿舎〜大岳海岸~西戸崎〜香椎浜〜箱崎埠頭〜須崎埠頭~姪浜〜小戸〜長垂〜今津横浜〜海釣り公園〜唐泊~西浦岬という迂回路を辿っていくと私は教わりました。


本当のことは分かりません


博多湾は入り口が狭くて、湾奥の面積が広い巾着型の形をしています。


九大に勤務する学者でもなんでもない分際ですから、
潮流がどの季節にどの方向にどれぐらいのスピードに流れているのかを調べる機器もなければ、
調べたところで多くの方に役立つとも思えません。(笑)


ごく僅かな釣り人に役に立ったところで、
税金を使ってまで調べるべきことでもないような気もします。


いずれにせよ、メバルのアタリもなく、
フェリー乗り場ではまともにエギすら飛ばないような強風。


3分ぐらいで釣り場を放棄しました。(笑)

GEDC0231.JPG


諦めが早いのか、
適切な判断なのかは別として、釣れないとすぐに場所を変えるのが私の長年の習性です。


「1場所、2エサ、3仕掛け」ではありませんが、
ロッドやリールを新調したところで釣りの本質から程遠いことは百も承知。


西風が強いので荒津のオイルセンターの須崎の対岸に行きました。


アオムシも余っているので、途中生きエサで遊びました。

GEDC0232.JPG

GEDC0233.JPG

GEDC0234.JPG



これらをいくら釣っても無意味です。


須崎の対面でエギを投げましたが、アタリすら皆無。


ウデが悪いのか?
そもそもヒイカがそこにいないのか?


ウデが悪いほうが改善の余地があります。(笑)


どのような条件の時に、どこに、ヒイカが現れるのか?をネットで調べましたが、
それらしい記事・コンテンツはありません。


どなたも、そこまで精査していません。


今のところ、「確たるマニュアルがない釣り」かもしれません。


さすがに今日は強風のために、どの釣り場でも
竿を出しているのはアホな私だけでした。






























posted by ジャズフィッシュ at 22:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒイカが釣りたい!!

「毎年11月20日ぐらいは、かくも寒かったのか?」と今更ながら思っていました。


今月の一日ぐらいはまだ、「暑い、暑い・・・!」と言っていたような気がしますが、
一変して冬になりました。


「それにしても、寒い!!」
寒い冬が大嫌いな私にとっては忌まわしい季節の当来です。


話は変わりますが、完全に禁煙してから4週間が経ちましたので、今日は病院に行き、
薬局でチャンピックスを28日分(4週間分)買いました。


ヘビー・スモーカーで有名だった私が禁煙をして、知人達が驚いています。


おかげで、小銭が浮きます!(笑)


GEDC0209.JPG

GEDC0210.JPG


そのままポイント築港店に向かい、ヒイカ用のエギアジング用のロッドを購入しました。


GEDC0211.JPG


暗くなるまで、中央埠頭の例のポイントにて
メバルが来ていないか?を探りましたが、
相変わらずこの方の御挨拶。


いつも停泊している船とは違う船が停泊しています。

GEDC0212.JPG


海水はかなり下がっていることは魚を触れると凡そ分かります。


いつまで経っても、居ついています。


まっ、メバルがまだ来ていないことだけを確認できて、
東浜のヒイカポイントに向かいました。

GEDC0213.JPG

この先端から左斜め50度ぐらいがヒイカのポイントだと昨年青年から教えていただきましたが、あいにく北北西の強風の風


海面はうねって、真正面の強風のためエギも飛ばず、ヒイカ狙いは即断念しました。


こういう状況下では、すぐに白旗を振る諦めが早い男です。(笑)


前回セイゴやキビレが釣れた場所を探りましたが、潮位が低くアタリはゼロ。


GEDC0214.JPG


仕方なくこの付近で竿を出してみました。

GEDC0216.JPG

25センチほどの元気の良い、やんちゃなセイゴに混じってこの方も登場!



GEDC0217.JPG



キビレではない、ごく普通のメイタです。


今年はキビレがやたら多く、普通のメイタが珍しい年でした。


更に、探りますと、
この連中が入れ食い!!


GEDC0219.JPG


写真を撮る気にもなれず、次々に釣れますが、
ほとんど20~25センチサイズのセイゴです。


寒さと強風のため、早めに納竿しました。
見渡す限り、釣り人は誰一人いません。


こんなに寒くて、風が強ければ、
誰もが「釣りに行こう!」などと思わないはず。


でも、私はこんなときでも、
散歩がてら竿を出します。


今日もメバル、ヒイカには会えませんでした


目下の目標はヒイカを釣って、
食べてみること・・・です。
































posted by ジャズフィッシュ at 21:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛媛県松山市には釣り人の魚を買い取ってくださる回転寿司屋があるゲナ!!

「釣り人から魚を買い取ってすしネタに使う回転ずし店」が愛媛県松山市にあるそうです。
地物の新鮮な魚を出すことが店の売りになり、釣り人にとってはちょっとした臨時収入と、互いの思惑が一致するようです。


最近ほとんど行かなくなった船釣りで、たくさんのサカナが釣れた時は「本当に買ってくださる方は
いないのだろうか?」と真剣に考えたことがあります。


船賃高いしね~!!(笑)


釣りバカは船賃を回収できれば、「いつだって船に乗りたい!」と思うはず。


おかっぱりから、チヌだ、スズキだ、メバルだ・・・などと言わなくても、
船の上からアジゴをエサに根を探れば、
ヒラメ、タカバ、アコウ、ヒラス、ブリ、カンパチ、アラ・・・と言うような高級魚が狙えます。


価値観が違うかもしれませんが・・・・!!


随分昔、ヒラメ、タカバ、アコウ、ヒラス、ブリ、カンパチ、アラ・・・と言うような高級魚を1度の釣りで釣って、カミサンに叱られた事があります。


「こげん釣って、どうすると〜!!??」と、真顔で詰め寄られました。


釣り人にとっては年に一度、いや、数年に一度あるかないかの「高級魚入れ食いパターン!」です。


メイタ~チヌを70匹釣ったのとはいささかワケが違います。
セイゴ~スズキを50匹ぐらい釣ったのともワケが違います。


このようなパターンが家人からもその周辺部の知人からも一番嫌われます。(苦笑)


同じ魚を腐るほど釣る釣りバカの典型的なパターンです。


釣りをしない方からすると、48センチのチヌも53センチのチヌもたいした変わりはありません。(涙)


話を元に戻します。


釣った魚を買い取る回転寿司屋は、それはそれで結構ですが、
私が思うに、私が持ち込んだ魚をネタにした寿司を無料にしてくれるんだったら、
他のネタはカネを払っても良いので、ギブ&テイクと言うのはいかがなものか?と思います。


小銭稼ぎで釣りをすると言うのも、なんとなく惨めで嫌な気がします。


「ハゼ3匹でいくら?」なんて、言えませんよね??(大笑い)


ですが、私は生きたハゼの寿司を食べてみたい!!


マジで、です!


フグやヒラメの縁側やオコゼなどと言っている方は
俗世間の評価に毒されています。


ハゼの握り、メゴチの握り、トンマの握り、ゴンズイの蒲焼、ギンポ天ぷら、バリの素揚げ・・・と言うようなお店があったら、私は是非とも通いたいです。


そんな店の店主とは親しくなれそうです。


繁盛しそうもなさそうですが・・!








































posted by ジャズフィッシュ at 21:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒイカ&メバル狙い 箱崎埠頭から東浜船溜まりへ

時期についての記憶が定かではないのですが、昨年寒い時期に東浜船溜まりの逆L字型の波止を探っていたら、ヒイカをたくさん釣ったという青年とお会いしたことを思いだしました。


なので箱崎埠頭での釣りを諦め、東浜船溜まりの昨年青年がエギを投げていたポイントに立って、あちらこちらに20回ほどエギを投げましたが、何の反応もありません。


私のシャクリ方がまずいのかも知れませんし、いないのかどうかも分かりません。
エギングはヘタクソですから・・・。


箱崎埠頭では常連のKさんからある程度ヒイカの釣り方やシャクリ方まで教わって、その通りにしたのですが、まるで無反応。(笑)


GEDC0208.JPG


さすがにここでサビキ釣りをする釣り人もいないはずですので、
いつものハンドメイドの竿でアオムシをエサにあるタナを探りました。


直進した角地で、いきなり竿をグイグイ引きこむアタリがありましたので、ゆっくりと竿先を送り込みますと、グングン竿先が曲がっていきます。


オイオイ・・・・・!!


勢いよくアワセますと、ペランペランのハンドメイドの竿先が海中に引きこまれるように曲がりますので、ミチイトを押えているスプールの親指を瞬時に離してミチイトを出しました。


ミチイトがある程度出てから、有無を言わさずリールを巻きますと、
たいしたサイズでないことがすぐに分かりました。(涙)


時折海面からエラ洗いなんぞをしてくれますが、バレても良いようなサイズのセイゴが海面から飛び出してはクビを振っています。


バレて貰ったほうが、手が汚れずに済むので、バレることを祈りつつミチイトを持って
海面から抜き上げますと、目測33センチ程度のセイゴ


目測といっても、私の左手の小指と親指の間隔が22センチですから、1cmたりとも
くるいません。


ご自分の体の部位を測ることも一興です。


メジャーなどいりません!


GEDC0201.JPG


幸いハリを飲み込んでいないので、すぐにリリース。


2メートルぐらいずれた場所で再びアタリが!!


竿を曲げながら、ミチイトが置きに向かって走り出します。


犯人はこの方。


GEDC0204.JPG


25センチぐらいで体高のあるチーバス。
おそらくギリギリ当歳魚ではないか?と思います。


それからというもの、同じようなサイズのチーバスの入れ食い!!


写真を撮る気にもなれません。(汗)


GEDC0202.JPG


時折最初に釣れた30センチオーバーぐらいののセイゴが竿をグイグイ曲げて、遊んでくれます。


そうこうしていると、例のアイツらしき、カツカツ・・・としたアタリが!!
クサフグではありません。
クサフグでないことが嬉しい!!


GEDC0206.JPG

25センチぐらいのキビレの2歳魚です。


11月の半ばにも平気でいるところを考えますと、恐らくこのキビレたちは
冬の間も博多湾の少し深いところに屯して越冬するものと考えられます。


私が釣りたいのはメバルとヒイカでした。


GEDC0203.JPGGEDC0205.JPG


またしても、違う獲物ばかり・・・。


これが今年最後のキビレメイタの見納めになることを祈って納竿。


冬型気圧配置になっても、海水温はまだまだ秋です。





























posted by ジャズフィッシュ at 21:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒイカ&メバル狙いで箱崎埠頭へ

今年は秋らしい日をほとんど過ごすことがなく、つい先日まで部屋の中では半袖のTシャツでうろついていたのがウソのように急激に寒くなりました。


かねてより気になっていた博多湾奥のヒイカが東浜で釣れたとのことがポイントの釣り情報欄にありましたので、はしりで釣れる釣れないは別として、やってみることと致しました。


釣りに行く前にユーチューブをしっかりと観て、気を高めました。(笑)





ナオリーレンジハンター ベーシックタイプ を買う気満々でポイント築港店に行きましたが、
見当たらず、他の小さなエギのセットを買ってしまいました。


Y君に「これ、ヒイカに良い??」と尋ねますと、クビを縦に振りましたので、まあ大丈夫でしょう。


別に釣れなくても、彼のせいではなく私のウデが悪いのです。


GEDC0192.JPG


国際センターでは大相撲11月場所があっています。
あの、ポール・マッカートニーが来ていたんですよね?
彼のソロアルバムを中学生の時にレコードの溝が磨り減るほど聴きました。


箱崎埠頭のヒイカ&メバルポイントに着きますと、平日にも拘らず「サビキ銀座」と化しています。


GEDC0193.JPG

しばらく眺めていますと、15センチオーバーのアジゴが面白いように釣れています。


そう言えば、去年も今年もサビキ釣りをしていません。


実は、セッカチな私はサビキ釣りが得意です。(笑)
手返しも早く、同じ時間内に隣近所の釣り人の倍は釣ります。


ですが、エギングは大の苦手。(涙)


GEDC0194.JPG

セットの中にあるピンクの1・8号のエギに1号のフロロ・カーボンのリーダーを1メートルほどつけました。

GEDC0195.JPG


20回ほど投げた時点でギブアップ。(汗)


まだ日があるので、来ないのか?と思いつつ、アオムシでメバル探査

GEDC0198.JPG

GEDC0199.JPG

サビキ釣りを多くの方がしますと、必ずコイツラがその場所に居つくのです。


GEDC0197.JPG


5匹ほど連続して、クサフグばっか・・・。(ウンザリ・・・)


メバルは、まだの様です


元の位置に戻り、再びエギを2・5号にチェンジして20回ほど投げましたが、
自分自身で何をやっているのかすら分かりません。(苦笑)


ここで、箱崎埠頭のこのポイントを断念して、東浜の船溜まりに行くことに致しました。


結果は・・・・、どうなることやら??





























posted by ジャズフィッシュ at 21:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こんなはずではなかった!!!

禁煙中の最中に、とうとう55歳の誕生日を迎えてしまいました。


毎年の慣わしで誕生日に花が届きました。


GEDC0187.JPG


感謝です!!


若かりし頃の20代〜30代の頃は
「天才は早死にする!」という言葉に、何の天才かは別として、本当に恐れていました。(笑)


天才ではありませんでした!!


ジャズの世界では本当に天才と呼ばれた男たちは早死にしています


・交通事故で亡くなった、クリフォード・ブラウン。
・浮気して奥さんに射殺された、サイドワインダーで有名なリー・モーガン。
・ビルエバンスをたかっていたクソ生意気なスコット・ラフェロ。
・最後はバラバラに分解したかのようなコルトレーン。
・私の尊敬するマルチ・リードプレイヤーのエリック・ドルフィー。
・・・・。

この時点で、私は天才ではないことが良くわかりました。(笑)


40代の頃は「俺もまた、何者かではある!」と、思っていましたが、
「ごく普通のおっさん」でしかなかった私です。(笑)


「人生50年」と織田信長が詠ったウタを思い出しながら、何でこんなに長生きしているのかが不思議です。


若い頃「人生50年説」を本当に信じていましたので、結構好き勝手しました!!(汗〜!)


更に、50歳に近づけば、博学で思慮分別もあり、物事の道理をわきまえ、人のはかない欲望にも口を挟むことなく、淡々と冷静でいられる自分自身を想定していましたが、実際はまるで違います。


浅薄で思慮分別がなく、
物事の道理をわきまえず、
人の欲望にイチイチ文句を言うような、くだらない自分がいます。


「なんでかねぇ〜!」と情けなくなります。


アベノミクスのことはこのブログではほとんど書きませんが、私にとって不満度100%です。


恐らく日本経済と皆さんの生活が転がるように悪くなる礎を築くのがこのアベノミクスだと私は
思います。


10年後、私も含めて、多くの方の生活は恐らく良くはなっていません。


既得権益を振りかざし、税金を掠め取るような連中が跋扈することを
今現在容認しています。


どうにもできません。


この連中が行政立法のカギを握り、やりたい方題しています。


イチイチ精査することが嫌いですし、その能力もない国会はすぐに法案を通過させて、
どうにもできないのです。


何度も書いていますが、議会制民主主義などと言うのは100年以上も前の
王室が今だにあるイギリス議会を模倣しています。


今は3年一昔と言われる時代です。
いや去年が昔かもしれません


そんな時代に格式だとか、慣わしを固持するような議会制民主主義の国会が催されていること自体
不思議です。


50年以上生きていますと、インチキ臭い多数決にも飽きました。


国会が民主主義を代表しているとは到底思えません。


ルールを抜本的に変えねばならない岐路です。


国民不在の絶対王政の元での議会制民主主義など、いつまでやるつもりなのでしょう。


































posted by ジャズフィッシュ at 21:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

味噌めんたいなるモノを食べました。

昨日はいきなりの冬型の気圧配置で本当に寒い一日でした。
釣りに行かずに、久々にここに行ってきました。


GEDC0183.JPG


トリアス久山のコストコではなくて、生鮮館にて30年来の知人が明太子屋さんを始めたので、御挨拶がてら顔を出すことと致しました。


GEDC0181.JPG


「林 商店」と言います。



知人は林君と言うのですが、そのまんまはやしです。


GEDC0182.JPG


オープンしたばかりで、品揃えもまだまだ発展途上にありますが、
これからいろいろな商品を投入していくと思います。


乞うご期待!というところです。


品揃えの中に気になるモノがありまして、
私も食べたことがないめんたいです。


GEDC0184.JPG


味噌が塗ってある?味噌めんたいです。
なんとなく気持ち悪いな~と思って眺めていたら、帰り際に林君から「是非食べてみて!」と試食を頂きました。


自宅にてカミサンや息子と「味噌めんたいげな!!??」と3人で不審物を吟味するように食べてみることに致しました。


GEDC0185.JPG


味噌の味はほとんどせず、ごく普通の明太子と言う感じです。
塗ってある味噌はなんか意味があるのだろうか?という気になりました。
ですが、味は美味しいめんたいです。


味噌とめんたいの組み合わせなど、どなたが考案したのですかね?


明太子業界は昨今ではかなり厳しい状況の中、あえて自身で店を出した旧友を
応援したいと思います。


飄々とした面白さがある林商店のオーナー。
トリアス久山に行く機会がありましたら、味噌めんたいはおススメです。


今日の寒さで海水温が下がり、メバルがそろそろ出番になるかも?などと
考えています。






























posted by ジャズフィッシュ at 07:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

回転スシのスシネタは食品偽装にならないのか?

阪神阪急ホテルの食品偽装問題を皮切りに、次々とホテル業界や百貨店業界の食品偽装問題が明らかにされています。


最近では自ら謝罪会見をして、摘発される前に遺憾の意を言う代表取締役もおられますが、
そんなことぐらいで免罪符を得たと思っていたら大間違いではないでしょうか?


代表取締役の辞任で済ませるぐらいのことだったら、単なるトカゲの尻尾切りぐらいのお話に過ぎず、時間が経てば、また似たようなことを誰かがしているものです。
必ずです。


食品偽装表示や料理の使い回しが問題になった大阪市の高級料亭船場吉兆の湯木社長が2008年5月28日大阪で記者会見をし、廃業すると発表した記憶は多くの方にあると思います。


実はこのホテルや百貨店業界では、それ以前からもおびただしい数の偽装問題が行われ続けていたことに他なりません。


故意か過失は私が言うべき問題ではございませんが、
「知らなかった!」と言う言葉を信じる方などいるのでしょうか?


こと食品に関しては偽装し放題の感じがします。
・輸入牛肉を国産牛と偽る。
・安い外国米をブレンドしてブランド米として販売する。
・中国ウナギを国産ウナギと偽る。
・中国産のタケノコを国産と謳い販売していた。
・・・・・・。

今回の事件では、
・ブラックタイガーをクルマエビとして料理していた。
・牛脂を注入した加工肉を「ステーキ」としていた。
・ナンテラカンテラと言うエビを芝エビとしていた。
・・・などと言うことが問題になっているようです。

皆で渡れば怖くないとばかり、
大丸松坂屋、横浜・八景島シーパラダイス、東急ホテルズ、日本ビューホテル……などが次々に公表しました。


どさくさまぎれの一斉公表。
最も狡賢くて、汚いような気がするのは私だけ??


ところで気になるのが回転スシのスシネタに使われる魚


ご存知の方も多いでしょうが、ほとんどがまるで別物が多い。


こちらを参照してください。
回転寿司を影で支えている「偽装魚」の存在



代用魚だとか、開発魚だとか一般庶民が使わない言葉で煙に巻いているのか?
それよりもこれは合法なのだろうか?


高級ホテルや百貨店は高いから許せないけど、回転スシは安いからお目こぼし??なんてことはないはず。


まあ、五輪誘致のために「福島は安全です!!」なんて言葉を誰かさんが平気で言う国だから、
誰も驚かないか??


加工肉を堂々と提供していた旅館「奈良・三笠」が、3年連続でミシュランに掲載されていたことも笑えますが、「レシートがなくても、返金するケースもある」と公表した「阪急阪神ホテルズ」の系列ホテルには、女子高生らが返金を求めて列をつくっていたそうな。


合掌!!でござる













posted by ジャズフィッシュ at 11:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

箱崎埠頭はファミリーフィッシングの釣り人だらけでした!

巷では3連休の初日の今日、私は禁煙治療のために病院に行き、
この先2週間分のチャンピックスを購入いたしました。


GEDC0159.JPG


完全に禁煙してから今日で6日目。
何の禁断症状も、イライラもなく、穏やかに禁煙しています。


肺の中の一酸化炭素の量も初めて訪れた時は41というかなり驚異的な数字(36以上がヘビースモーカー)だったのが、本日測定しますと、7です。


つまり、41から7まで肺の中の一酸化炭素の量が減少したということ。


良く寝れますし、注意書きのようなこれまで見たこともないような夢を見ることもありません。


医者からは「クスリが良く合うんでしょうね〜!!」と、妙に感心されました。


私は年に1回ぐらい正露丸を飲む以外、クスリらしきものは全く飲みません。
風邪をひかない男ですし・・・。


でも、我ながら驚いています。


そんなことはどうでも良いのですが、夕方から11月に入りメバルがそろそろ登場しても良いんじゃないか?とばかり、箱崎埠頭に向かいました。


穏やかで無風だったこともあってか、箱崎埠頭は今だかって見たこともないような大盛況

GEDC0155.JPG

GEDC0156.JPG


「はやと丸が着くところ付近をこっそり竿を出してみよう!!」などという淡い気持ちが、
一気に失せました。


メバルが付くのであれば本命のココに、場所換えしました。


GEDC0157.JPG


ですが、ココもファミリーフィッシングの方々で満員御礼??


徐々に薄暗くなる中で、弱りきったアオムシをエサに探りますと、
次々にチイチイフグばかり・・・。


20分ぐらいで、竿を置いて釣りは断念しました。


チイチイフグ以外魚の気配を感じません。


そうしているうちにKさんが登場し、
またしてもヨモヤマ話。


Kさんも過日メバル狙いで探ってまわったのだそうですが、まるでアタリなし!とのこと。


ですが、昨日は1・5号のハリスを2度もぶった切るという嬉しいアクシデントに遭遇したとのことです。


こういう夢のある情報は有り難いです。


ですが、私が使っているハンドメイドの竿では、ハリスが1・5号だとしても、80センチオーバーのスズキがハリに掛かっても、ハリスが飛ばされることは、まず有り得ません。


はなから、そんな大物と対等に戦うような竿でもないので、
リールも常にフリーでイトが出る様にしています。


ですが、私は自分の勘を信じ、残りのエサを捨てて納竿することと致しました。


釣れない時は、潔く早期撤収です


GEDC0158.JPG


Kさんの昨日の美味しい出来事の誘惑などにも負けずにとっとと帰宅。


私の経験からしますと、粘って釣れるような状態でもないと判断しました。


ですが、本日夜釣りをする方に幸あれ!!


































posted by ジャズフィッシュ at 21:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!