完全禁煙の中、いつもの場所に行きました。

禁煙外来に赴いて今日で8日目で、今日からタバコを1本も吸わないようにしないといけません。


これまでの経験上、釣りをするときが案外吸うんです。


釣れないとイライラし、釣れると一服したくなります。


38年間タバコを吸わなかった日がない私にとって、今日は記念すべき日になりそうです。


釣りの時も我慢ができるかどうか試しに行ってみました。

GEDC0146.JPG

須崎の西側のポントですが、
メイタもクロもセイゴも不在でした。


代わりにフグだらけ・・・。


GEDC0147.JPG


中央埠頭には巨大な豪華客船が停泊しています。


あんな船に乗って世界を一周しなくても良いので、
とりあえず1カ月ぐらい沖ノ島周りに停泊して、連日甲板から釣りがしたいものです。(笑)


「豪華客船釣の旅」というものがないのだろうか?



荒津のオイルセンターに行ってみました。
GEDC0151.JPG

GEDC0149.JPG

ここでもコイツラばかり・・・。(涙)


なんだか妙な引きをすると思って上げますと、この方。

GEDC0150.JPG

私に向かって目いっぱい手を広げて威嚇しています。(笑)


お知りのところを親指と人差し指でつまんで、海に戻してあげました。


オイルセンターに付いて30分で断念しました。


まるで魚の気配が致しません。


長居は無用です
とっとと帰った方がマシ。


GEDC0152.JPG


誰かがいるはずのポイントにも誰もいません。


GEDC0153.JPG


長浜のカモメ広場のイルミネーションがキレイでした。


本日、クルマの中にある灰皿も捨てました。
自宅の部屋のベランダにおいてある灰皿、リビングの灰皿も処分しました。


私にとっての非日常は楽しい!!

































posted by ジャズ、フィッシュ at 21:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いきなり禁煙治療を始めた後で、東浜に行きました。

別に体調がどうだとか、健康の為にだとか、税金をもう払いたくない!!などと深い意味もなく、
今日起きてから禁煙治療のことを考えていました。


思い立ったら・・・・、すぐに行動するのが釣りバカの掟です。


ネットで、「禁煙治療+保険適用+福岡市博多区」と検索しますと、福岡県内の呆れるほどの病院が出て来まして、とりあえず自宅から歩いて3分ほどのショッピングモールの2階にある病院に電話をして、予約を致しました。


GEDC0141.JPG


カミサンにいきなり「禁煙治療をするから金をくれ!」と言いますと、鳩が豆鉄砲を食らったような顔をして、「どげんしたと〜??!!」と、驚いていました。


ほんと、別に理由はないんですが、そろそろ潮時です。


潮時と言う言葉は釣り人にとっては重要です。


神の啓示かもしれません!!


神の存在すら信じないフトドキ者ですが、なぜか起きてすぐに禁煙治療をする!と、潜在意識に刷り込まれていたのです。


慣れない病院に行き、説明を受けました。


色々と問診を書いたり、質問を受けて、とうとう「禁煙宣言書」までサインをしてしまいました。


GEDC0143.JPG


私が選んだのは飲み薬での禁煙治療です。


調剤薬局にてクスリをもらい、説明を受けました。


GEDC0144.JPG


チャンピックスという2週間用の服用をする薬だそうです。


8日目には禁煙をせねばなりません。


段階を追って、クスリの成分量が増えるような内容になっています。


色々な書類にザ~ッと目を通しますと、副作用のことが書かれていました。
・吐き気
・頭痛
・上腹部痛
・便秘
・お腹のはり
・不眠
普段と違う夢を見る


普段と違う夢を見てみたいもんです。(笑)


次の場合、服用前に主治医へお申し込み下さいとの項目の1つに、
精神疾患がある
と言う部分が気になりました。(笑)


まあ、釣りにはまるで無関係で夕方から、いつもの場所とはほんの少し違うところに行きました。

GEDC0126.JPG


玄界沖地震で亀裂が入った先端部分にサギがいるここです。


GEDC0128.JPG


15年ほど前は良く通ったポイントです。


ここの内側でモエビをエサに連玉仕掛けで真昼間にスズキを獲ったポイントでもあります。


防波堤をトコトコ歩いて、左右を釣りました。


GEDC0131.JPG

内側では木っ端グロがエサをもって行きます。


外側ではこのサイズのキビレメイタがほぼ入れ食い。

GEDC0100.JPG

2歳魚ですから大きくはありませんが、ソコソコ竿を曲げてくれます。


釣っては反対側にリリースしましたので、正確にはカウントしていませんが、20匹程度のキビレメイタと木っ端グロがハリに掛かりました。


最近いつものことですが、お持ち帰りの魚はゼロ




















































posted by ジャズ、フィッシュ at 21:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野暮用のために、今日は30分しか竿を出せませんでした。

台風26号が関東方面に向かってからというもの、一気に気温が下がりました。


つい2週間前ぐらい前まで「暑い!暑い!」と言っていたのに、朝夕にベランダに出ると、寒さですぐに部屋に戻ります。


今日は野暮用があるために、およそ30分ぐらいしか竿出しができないことを承知の上で自宅を出ました。


釣り場について、竿を伸ばせばすぐに釣れる様にいつもスタンバイOK!にしています。
というか、竿尻に輪ゴムを巻いてソコにハリを掛けて、竿を縮めているだけ。(汗!)


ケミホタルを折って、2ヒロのところにずらして、実釣開始。


1投目から、手のひら大に尻尾が付いている丸々と太った体高のあるキビレメイタが竿を竿を良い具合に曲げてくれました。


(時間がないので・・・・・写真省略)


エサを付け替えまして同じポイントを探りますと、30センチほどのセイゴが!!


(時間がないので・・・・・写真省略)


最悪なことにハリが喉の奥まで刺さり、外そうとしていると、ハリスがプッツン!!


神よ、こんなときまで試練をあたえたもうな!!


暗闇の中ハリを結ぶのはなかなか時間が掛かります。
コレが夜釣りの嫌なところです。


仕掛けを修復して、エサを付けて3〜4メートル移動しました。


暫くしますと、やはり2歳魚のキビレメイタが立て続けに2匹釣れました。


(時間がないので・・・・・写真省略)

更に、2~3メートル進みますと、ガツガツ・・・としたアタリが!!


竿を目いっぱいに曲げてくれます。


どうやらいつもの釣り場はオーバーハング状態で竿が妙な曲がり方をしていますが、
何せ竿が軟すぎて、言うことをききません。


間違いなくアイツです。


幸い途中から沖に向かって走りましたので、ペランペランの竿でも心配せずに釣り上げる事ができました。


32センチ程度です。


GEDC0134.JPG


ここで、水汲みバケツを引っくり返しました。



ここで時計を見ますと、既に釣り開始から28分経過。(驚!)


なので、釣りを辞めました。


GEDC0139.JPG


まだまだいくらでも釣れそうな気配ですが、全てリリースして帰宅。


釣ったサカナも生暖かく、海水温は体感温度よりも暖かい気が致します。


この海水温では、暫くはメバルの登場も望めません。


今日もお持ち帰りゼロ更新。


カミサンから「毎回、何をしに行きよると!!」と、軽くからかわれましたバイ!!
























posted by ジャズ、フィッシュ at 21:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

送別会のために黒崎まで出向いた釣りバカ

今日は9月いっぱいで、ある女性社員が退職され、その方の送別会のために黒崎まで出向きました。


セッカチな私は19時からある送別会に博多駅発17時19分の大分行きソニックに乗っていきました。

GEDC0109.JPG


その女性はなんと、21年前に私が面接して入社していただいた方なのです。


当時の私は30代半ばで血気盛んな怖いもの知らずのアホでしたが、「ヒトを見る目」は持っていたと思います。


会社のために良く貢献してくださったことはさておき、
非常に気配りのある心優しい実直な女性でした。



列車の中では色々なことを考えながら、懐古主義にふけっていました。


GEDC0110.JPG


黒崎の駅に到着しますと、すっかり寂れた黒崎駅周辺部に改めて驚きを隠せませんでした。


小学校から高校までを過ごした北九州では、小倉の魚町に次ぐ繁華街も今ではシャッター街となっています。


昔の黒崎の商店街の面影すらありません。


「時代の趨勢」あるいは「時の自然淘汰」「経年劣化」との言葉では済まされない気持ちが街を眺めているとこみ上げてきました。


後輩が送別会があるところまで案内してくださり、15人足らずですが大いに盛り上がりました。GEDC0116.JPGGEDC0117.JPGGEDC0118.JPGGEDC0123.JPGGEDC0122.JPG


こんな厳かな送別会にも拘らず、釣り好きの後輩とずっと釣りの話をしていたような気がします。(汗)


後輩を仕込んだのは実は私です。


彼はこのところ若松の一文字ばかり行っていて、かなりの釣果を残しています。


つい最近も行って来て、ウキフカセでサンバソウやコダイを釣ったとのことでした。


楽しそうに釣りの話をする後輩達の笑顔ばかり見ていて、私は自分の釣りの話はほとんどしませんでした。


10時過ぎにお開きとなり、黒崎から特急で博多に戻り、入浴を済ませてこの記事を書いています。


今思えば、後輩の釣りの話を聞く為に黒崎に行ったような気がします。(苦笑)


釣りバカは釣った話をせずにはいられません。


と、言うことは釣りの話をしなくて聞き役にまわった私はついに釣りバカを卒業できたのか?


昔話よりも「今度何を釣るか?」と言う話のほうが、楽しいです。


送別会の主人公そっちのけで、釣り談義・・・この場をお借りして謝りたい気持ちです。



























posted by ジャズ、フィッシュ at 00:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タチウオ狙わなくて良かった!でも、ドロボー猫にメイタを盗まれました!

カミサンに買い物ついでにキビナゴがあったら買って来てくれるように頼んだのですが、あいにく今日は3連休の3日目で、魚らしい魚は入荷しないはず・・・。


案の定ダメでした


仕方なくというか、別注でルアー用のシンカーを注文していたこともあり、ポイント築港店に寄り、アオムシとシンカーを購入して須崎埠頭に向かいました。



先端の左側に、クロのセレナに乗ったスズキ釣りの鉄人爺ちゃんの姿が見えましたので、状況を尋ねますと、最近はタチウオ釣りに来ているとのことですが、去年と比べるとお話にならないぐらいほとんどアタリがないそうです。


GEDC0078.JPG


辺りは夕暮れ時だというのに、ファミリーフィッシングをされる方々のクルマがズラリ・・・!



竿を出すところもないぐらいに人がいます。



こんなところで竿を出すのは大人気ないとばかりに、西側の電灯がある排水溝のところに向かいました。



ルアーマン?が投げ竿で、12センチほどのレッドヘッドのシンキングタイプのプラグを投げています。



邪魔にならないところで竿を出しますと、1投目から30センチ弱のセイゴが釣れました。


GEDC0081.JPG



もちろん、リリース。



ここにも例のヨコシマな連中が屯しています。


GEDC0089.JPG



せっかく、大き目のアオムシなのに・・・!!(涙)


少し間をおいて今までと違う重たいアタリで、竿を曲げてくれたのがこちら。


GEDC0086.JPG

ところが、すぐにリリースせずに、ビニールバケツに入れておいたのが失敗でした。


竿先に集中していた私を横目に、メイタを咥えて道路を横断するドロボウ猫の姿が!!


ゆっくりと、当然のごとく咥え去りました。


オイ!オイ!


更に、もう1匹のドロボウ猫が私の釣り姿を監視しています。


GEDC0088.JPG


まるで、「早く俺の分を釣らんかい!!」と言う目をしています。(苦笑)


暫くしますと、やはり30センチ程度のセイゴが釣れました。


GEDC0082.JPG


私をじっと見つめている猫の前にセイゴを投げると、速攻でセイゴを咥えて、
先ほどの猫と同じようにゆったりと、勝ち誇るように道路を横断し、暗闇に消え去りました。


どちらの猫も私が釣ったことなどまるで無視して、威張って魚を咥えて、お礼すら言わずに去りました。(悲)


そうこうしていますと、ルアーマンが一人去り、新手のルアーマンが登場。


そこでまたアタリが!!


GEDC0090.JPG


先ほどのメイタより幾分太ったメイタで、良く引いてくれました。


30歳ほどのルアーマンに、
「メイタ・・、いりません??」と伺うと、
「良いんですか!!??」と快く受け取ってくださりましたので、彼がクルマから運んできたクーラーにメイタを入れて、ビニールバケツで海水を2回も汲んで差し上げました。


喜んでくださるのが何よりです


8時近くなりましたので、納竿。


タチウオは今年は良くないみたいです。


暫く、様子を見ながらメイタと戯れていたほうが良さそうですね。


























posted by ジャズ、フィッシュ at 23:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

博多湾の湾奥で散発的にタチウオが釣れ始めたようです

ポイント築港店でいつものようにアオムシを50グラム購入して、ガン玉の特別注文を致しました。


今現在私はガン玉の6Bを使うことはほとんどありません。


もっと大きなルアー用のシンカーを使っています。


シンカーと言うとなんだろう?と思われる方もイラッしやるかも知れませんが、
単なるオモリです。


それはこちら。

GEDC0060.JPG


切込みが深く、どんな金属が含まれているのかもあまり興味がございませんが、通常のガン玉よりも使い勝手が良いのでコレを使っています。


GEDC0062.JPG



ほとんど売れないのか(苦笑)、ポイント築港店には在庫はありませんでした。


ルアーといい、たかがオモリといい、我ながらいちいち特別注文をするこだわりを優先する困ったオヤジです。


そんなオヤジがアオムシを購入して向かった先がここです。


GEDC0055.JPG


夕日が眩しい箱崎埠頭の最西端のバナナ埠頭。


狙いは、可能性がほとんどないメバルです。


ゴールデン・ウィークから今まで、自宅に魚をもって帰っていません!!(汗)


カミサンの怒りもかなり・・・上がっています・・・。
(憤怒指数90%ぐらい?)


「休みたんびに釣りに行きようばってんが、何ももって帰らんね!!」と。


この言葉が、一番辛い!!


心にグサリ!!


ですが、
メイタ~チヌはダメ!
クロは逃がせ!
セイゴは40~50センチクラスのみ!
アジゴを持って帰ると、百叩きの刑!
ハゼ、キスも言語道断!


目茶苦茶ハードルが高すぎます!!(涙)


カミサンが喜んでくださるのは、
・メバル
・アラカブ
・ミズイカ・ヤリイカ
・ヒラメ
・カレイ
・マゴチ
・アコウ・タカバ
・マダコ(手長ダコではない!)
・タチウオ
・カワハギ
・・・・・・というお魚さんたち。


船釣りで、マダイやネリゴ、ヒラゴなどを釣ってきても、あまり喜びません。


ヤズもお持ち帰り禁止の魚に認定されました。


世間一般の家庭とは大きく乖離しています。


考えて見ますと、カミサンをこうしたのは、実は私なんです。(汗!!)


自分が大切と思う魚は、しっかりと現地で生け締めにしますが、
そうでない魚はいい加減な処理しかしません。


まさに結婚して30年以来の自業自得


しかも、釣れるときは普段の鬱憤も加勢して、釣れるだけ釣るという狡猾極まりない浅ましさがあり、
アジゴを500匹も釣ったり、
キスを150匹も釣ったり、
ハゼを200匹も釣ったり・・・。


見境が付かない、程度を知らない大バカ野郎なのです。


今もそうですが、カミサンが「朝まで釣っていいからサイズはともかくメイタを100匹釣ってきて!!」と、言われたら、やりかねない男です。


夫婦は良くできていて、私のアブナイ性格を見抜かれています。(苦笑)


99%グータラですが、自分が納得する目標設定だと、ぶっ倒れるまでやります。
(裏を返せば、自分が納得しないと1%の努力もしない酷いやつです)。


ところで、バナナ埠頭で釣りをしていると、まるでアタリがありません。


唯一釣れたのが、チーバス。


GEDC0056.JPG


場所を替わろうかとしていたら、久しぶりにKさんと再会。

GEDC0058.JPG


以前記事にも書きましたが、このKさんとはウマが合うのか、竿をほったらかしにして話込んでしまいます。


釣りになりません。(苦笑)


最近、このバナナ埠頭でもタチウオが散発的に釣れている様です。
(毎日登場される方ですから・・・)


そんなことも含めて、Kさんとは
・値上げ商品ラッシュと消費税UPによるアベノミクスの行く末
・中国・韓国の領土問題
・東電の汚染水処理問題
・アメリカのオバマ政権の危機がもたらす日本経済の影響
・雇用問題
・景気動向と現実の乖離
・老人問題
・・・などについて、釣り場で座り込んで色々とお話を致しました。


時間が来て、私が変える準備を始めると、
Kさんが「あんたがここでバンバン釣らんと景気が良くならんやろ〜!」と言ってくださった言葉が印象的。


私が納竿するまで、Kさんの電気ウキは沈むことはありませんでしたが、その後のことは分かりません。


次回はお持ち帰り可能なタチウオでも狙うとしましょう!!




































posted by ジャズ、フィッシュ at 23:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日曜日の今日、須崎埠頭はアジゴ釣りのファミリーフィッシングのメッカだった!

10月の晴天の日曜日で釣り場は人が多いのはある程度予想はできます。


私は基本的に日曜日に釣りに行くのはあまり好きではありませんが、過日ポイント築港店でお取り寄せして頂いたルアーを使いたくて、使いたくて・・・。


そのルアーはこちらです。


GEDC0040.JPG
GEDC0041.JPG



オーシャン・ルーラーと言うブランドのボトムフィッシュ・アルティメイトという名前のルアーなのです。



釣り雑誌で、このルアーを知り、楽天市場で検索し、ユーチューブでこのルアーを使っている画像を見てから注文しました。


カミサンはこのルアーを見るなり、
「可愛い!!」だとか、
「綺麗やね!」だとか、よ〜分からんことを言いましたが、このルアーは実は恐るべきルアーなのではないか???と思って購入したのです。


まずは、対象魚なのですが、
・ヒラメ
・マゴチ
・チヌ
・シーバス
と、書かれています。


ケースの裏を見ますと、
ボトムフィッシュ攻略最強ルアーと書かれています。


何がボトムフィッシユなのかもよく分かりませんが、
最強と言う文言が素晴らしい!!(笑)


最強だぜ〜!!


それはともかく、釣り場に直行。


那珂川の河口から少しよどんだこのあたりには、もしかすると・・・、・ヒラメ・マゴチ・チヌ・シーバスの
どなたかがいるのではないか?とあまり深く考えずにここへ行きました。


GEDC0045.JPG

GEDC0046.JPG


さすがに日曜日とあって先客が既に、ルアーを投げていました。


10回ほど投げましたが、ウントモ、スントモ・・・。


GEDC0047.JPG


ルアーに対する不信感が募りますと、ルアー釣りはそもそも成立しません。


最強だよな・・・・・?と、思いながら場所を須崎の先端部分に移動。(苦笑)



須崎の先端部分はアジゴをサビキで釣るファミリーで賑わっていました。


GEDC0049.JPG



まさに、サビキ銀座


15センチほどのアジが退屈しない程度に釣れてはいましたが、
どなたもチンタラ、チンタラした釣り方で、見ているとイライラしてくるので、誰もいない場所を見つけて、ボトムフィッシュ・アルティメイトを何度か投げましたが、・・・無反応


対象魚がいないところでルアーを投げるほど空しいことはございません


釣りバカを通り越して、まるでバ●です。


ここも数分で、撤収。


GEDC0052.JPG


お気に入りのポイントで、ボトムフィッシュ・アルティメイトを底まで落としてしゃくったり、
少し遠くに投げて、底を引いたり・・、しましたがやはりレスポンスはゼロ。


この時点で、ボトムフィッシュ・アルティメイトを使うことを断念しました。


別にこのルアーに欠点があるわけではなく、「1場所、2エサ、2仕掛け」と言う釣りの格言の1番大事な「場所」を既に間違えているような気が致しました。


タックルを片付けて、釣具のポイントにアオムシを買いに行くことと致しました。





























posted by ジャズ、フィッシュ at 23:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メイタとクロとセイゴでメバル釣りのトレーニング?

今日は少し遅れて中央埠頭に到着しました。


前回と同じ場所に同じ海上保安庁の「いとしま」が停泊しています。


GEDC0023.JPG


前回もそうでしたが、この場所に到着するとやたらとウ●コの匂いが致します。


海上保安庁の船の乗組員の●●の匂いなのかどうかは分かりかねますが、・・・・とにかく臭い!


スカトロジスト(糞尿愛好家)では決してないので、この場で竿を出すのことを3秒ぐらいで断念!!


息を止めて、違うポイントに向かいました


いつものように浅いタナでサグリを入れますと、ガツ、ガツ・・・と、けたたましいアタリがあり、竿先を送り込んでアワセますと、サカナは沖に向かって疾走し、竿先を容赦なく曲げてくれます。


ココで、リールのドラッグを緩めて、イトを出すほどのサイズでもないのですが、ハンドメイドの竿をグイグイと曲げてくれます。


適当に遊んで、サカナを浮かせ、ハリスを持って抜き上げたのがこちらです。


GEDC0024.JPG

今の時期のレギュラーサイズの25センチほどのメイタ


よく引いてくれます。


ところが、暗くなってもコヤツラは健在で、まさに釣りの税金


GEDC0026.JPGGEDC0025.JPG


消費税増税が決まったと同時にコヤツラも増えたような気がします???


GEDC0029.JPG


15分ほどで、同じぐらいのサイズのメイタを1尾追加し、
いつもの手のひら+尻尾サイズのキビレメイタを2尾追加しました。


悲しいことに、ケミホタルが竿先に絡まり、PEラインを切って修復しようとしますと、妙なところからPEラインが切れてしまい、暗闇の中で落とし込み竿のUガイドにPEラインを通すのに一苦労。


新しくナイロンのピンクホワイトのラインを買ったのですが、巻き直してしない天罰が下りました。


仕掛けを修復し、気を取り直してアオムシをハリに刺すと、妙なアタリがありました。


例のあいつです。


GEDC0030.JPG


前回に比べますと、丸々としていますが、尻尾まで入れて20センチ程度のクロ


しかもエサを食って、穴に入り込んで、ミチイトを手で掴んで、穴から抜きあげました。


エサをつけて再び落とし込みますと、メイタでもない、クロでもない、あいつがエサをいじっているのが分かります。


暫くして、竿を送り込んでアワセますと海面で飛び跳ねるのがいつものこの方。


GEDC0031.JPG


虫エサを使うときは徹底的に竿先を送り込んで遅アワセに徹したのが裏目に出て、ハリがセイゴの喉深くに刺さっていて、ハリを外そうとすると、ハリスがプッツン!!


「この暗い中、ハリを結ばんといけん・のか・・!」と、舌打ちしながら、独りごと。


暗闇の中ではガン玉を外し、ハリスを少し切ってハリを結び、ガン玉を付けるという・・・・一連の何のことはない動作が非常にやりづらいものです。(涙)


LEDライトがあっても、日中に仕掛けを作る倍以上の時間が掛かります。


そうこうしていると、バッカンに活かしておいた連中がアップアップしているので、
この場で一端リリース。


GEDC0032.JPG


時間もエサもまだありますので、リリースポイントから20メートルぐらい離れたポイントで、
再び釣り開始。


すぐにアタリがありましたが、コヤツはじっと「居食い」をしています。


竿先にほとんど変化が出ませんが、100%食っていると確信し、アワセますと・・・。


GEDC0037.JPG


レギュラーサイズのメイタです。


それから少し離れたポイントで、50センチ程度の浅ダナでアタッて、竿を一気に絞り込んだのがこの方。


GEDC0036.JPG


20センチちょいのクロです。


例によって、丸々・・!


再び同じタナをサグリますと、ここでも居食いが・・!


竿先にアタリがでませんが、何かがエサを咥えています。


50センチほどリールでミチイトを巻き、竿先を跳ね上げますと、一気に竿をグイグイと曲げてくれたのがこちらの方です。


GEDC0039.JPG


30センチぐらいのメイタ。


沖に深く走り、竿をのしてくれました。


ですが、ペランペランの竿ですから、痛くもなければ痒くもありません。


メイタが抵抗すれば、抵抗するほどハリが深く刺さるだけのお話。


GEDC0038.JPG


次もレギュラーサイズです。


この時点で8時近くなりましたので、納竿。


私の釣りのスタイルは常にメバルをターゲットにしていますので、タナはほぼ2ヒロ以内にして、横に動いてまわるようにしています。


縦に、深く探れば、大物のチヌと出会えるのかも知れませんが、
それは最近一切しないこととしています。


メイタやクロやセイゴを釣るたびに思うのが、
メバルよりも面白くはない!!と言うことです。


浅ダナで、居食いを交えてポンポン・・と釣れるメバルですが、
言葉では説明しがたい絶妙な千差万別なアタリがあるんです。


なので、2ヒロより深いタナは全て捨ててサグリません。


あくまで、2ヒロから海面までをジグザグに誘う釣り方で、横に横に動いています。


メバルのためのトレーニング??


こんなバカな釣り方をしている釣り人は私ぐらいかも??







































posted by ジャズ、フィッシュ at 23:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。