際(へチ)を断念し、ウキ釣りに走った釣りバカ

このところ休日には雨にたたられ、なかなかすぐ近くの博多湾湾奥にすら、行けませんでした。

近くて、遠い釣り場でした。


前回のアオムシは使わずじまいで、どうにか生きています。


まずは、カラス貝でメイタでも狙うこととしました。


須崎埠頭で私がカラス貝を採るポイントはココです。


GEDC4524.JPG


すぐに分かる方も多いはず。



GEDC4526.JPG



本日は鉄人爺ちゃんのお1人がサビキでアジゴを釣りながら、落とし込みの竿で泳がせ釣りをしてスズキを狙っていました。



カラス貝を採った私はすぐさまココに向かいました。


GEDC4527.JPG


砂山の前付近と申し上げると、お分かりの方は多いはずです。


小指ほどのカラス貝をオモリを全くつけずに落とし込んでいきますが、まるでアタリがありません!!


「どうなっとんじゃ??」などと、独りごと・・・。


移動して、落とし込んでも、まるでアタリすらありません。


「俺って、こんなに下手だったのか?」と、思えるほど竿先に何も感じないのです。


300メートルほど歩いては落とし込み、歩いては落とし込みましたが、腹立たしいほどアタリすらありません。


前回、岩虫をつけるとフグしか釣れませんでしたが、・・・ったく!!


自分の腕の不味さを棚に上げて、「なして今年はこげん、メイタがおらんのや!!」などと、怒り心頭。


ゴールデンウィーク以降、際(へチ)でまともな魚を釣っていません!


仕掛けを切って、ココに向かいました。


GEDC4528.JPG


私が好きな景色の場所です。


タナを2ヒロにして、私が好きないつもの場所からいつものポイントに投げますと、1投目からウキが大きく沈んで釣れてきたのはこの方です。


GEDC4529.JPG


今年初めて魚をタモで魚を掬いました。


前回のタモ出しは、犬のプードルでした・・・から。(苦笑)


まだ、暗くならないうちからアタリがありました。


暗くなり、ウキにリチウム電池を入れますと、こんなに明るい!


GEDC4530.JPG


このウキはお気に入りで、私のような老いぼれ釣り師にも見やすい鮮明に分かる明るさです。



GEDC4531.JPG


好きな景色に紺色の帳が降りて、さらに情緒&趣満点。


そうしているうちに、ウキが大きく沈んで上がってきません。


セイゴのアタリらしからぬ、一気に海中にもって行くパターン。


釣れたのはこの方です。


GEDC4540.JPG


これまた、先に釣ったセイゴと同じくらいの40センチほどのサイズ。


さらにもう1匹追加。


GEDC4533.JPG


この方も、ウキを一気に沈めてくれました。


おかしい!


セイゴはこんなアタリ方は通常ではしないはず。


明日も仕事はお休みですので、8時半ぐらいまで釣りました。


GEDC4539.JPG


計った様に同じくらいの40センチサイズのセイゴが3本


磯竿とウキで釣りますと、釣った気が全く致しません。(汗)



ダイレクトに竿先と手元にアタリがある落とし込み釣りのほうがやはり、私には向いているようです。


追伸


セイゴをウキで釣る際はハリスは3号、ハリは丸セイゴの13号ぐらいが程よいと思います。
明るいうちは2ヒロぐらいのタナで釣り、暗くなったらタナを浅くしてみましょう。

どうかすると、タナが50センチぐらいでも釣れることがあります。

さらに、今回の長浜市場の前のポイントは大潮周りでは70~80センチのスズキクラスが良く上がっているようです。



































posted by ジャズ、フィッシュ at 23:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「オメガ3系脂肪酸」タップリの青魚が大好きな釣りバカの死角とは?

この記事を見て私は驚きと妙な納得をしたのです。
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/science/brain_research/?1371726673


私は釣りは別として、イワシ、サバ、アジが大好物です。


すみませんが、「イワシのつみれ団子」以外はこの3種類の魚のいかなる料理も大好物です。


博多と言えば「ゴマサバ」です。


魚種のゴマサバではなく、新しいマサバを切ってゴマを入れてヅケにしたモノです。


don10.jpg


お茶漬けには最高です。


関東の方はサバが生で食べること知らない方が多いそうです。(苦笑)


こんな食べ方を知らない方は、人生の10分の1は損しています。


驚いたのは、イワシ、サバ、アジに含まれる「オメガ3系脂肪酸」というもの。


何じゃそりゃ?と言うレベルですが、
青魚が体に良いことはほとんどの方が、何ら詳しい理論も無く、単なる俗説や風説でご存知なはず。


今回発表された内容は、青魚に含まれる「オメガ3系脂肪酸」が恐怖や苦痛を伴う記憶を緩和させる傾向があることが動物実験で分かったとのこと。


つまり、イワシ、サバ、アジを常食していると、
・ブラック企業に勤めている意識すらなくなる
・パワハラの意味すら分からなくなりうる
・・・・・などの弊害が大ということ。


「耐えがたきを耐え、忍び難きを忍ぶ」というような、化石化した富国強兵政策に合致したヒトが育つわけです。


世界が震撼した人間魚雷や特攻隊は実はイワシ、サバ、アジを常食していたせいなのかもしれなかったからでは?


「恐怖や苦痛を伴う記憶を緩和させる傾向」というのは甚だ興味があります。


良い様で悪いし、悪い様で良い食べ物です。


私が肉体的にも、精神的にも傍から見て恐怖や苦痛を伴わないのは、実は「オメガ3系脂肪酸」の取りすぎかもしれません。(苦笑)


このブログでは、食べることに関してはそれほど多く書きませんが、魚と言えば青物のイワシ、サバ、アジが旨いもんです。


大好きです。


ヒラメの縁側、オコゼの空揚げ、トラフグの白子・・と言うような俗世間で旨いと言われているようなモンをありがたがって食べているようではいけません。


値段が高ければ、旨いという不問律の方程式は味覚の世界とは別物であるのでは?


大間のマグロのトロなど、脂の乗ったイワシの刺身に本当に勝てるでしょうか?


お値段と価値観の問題で済ませることかもしれませんが、本当に美味しい青物のイワシ、サバ、アジにあたると、「こんな旨いものがあるのか?」と思えるほど旨いものです。


ただし、「恐怖や苦痛を伴う記憶を緩和させる傾向」があるからと言って、マゾヒズムに走ってはいけません。


どんな苦痛にも耐えれることを自慢するのはいかがなものでしょう?


何事も「いいかげんが良い加減」です。


全く食べないのはタブーですが、食べ過ぎるのもタブー。


この塩梅が難しいですね!!





















posted by ジャズ、フィッシュ at 22:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

会社の後輩達とセイゴ釣りの約束

今日は夜の8時をメドに会社の後輩達と須崎埠頭でセイゴ釣りの約束をしていましたが、いつもどおり夕方5時から自宅を出て、ポイントでエサを購入し、須崎のチヌポイントに向かいました。


長潮で満潮が5時半ぐらいですから、タイミング的には丁度良いはず・・・なんですが!


今日は少し本気モードで、気合を入れてアオムシとは別に岩虫も購入しました。

GEDC4515.JPG


ココを起点に右へ右へと2メートル間隔ぐらいで岩虫を落とし込んでいきますが、生命反応はありません。



シビレを切らして次のポイントに、行きました。


GEDC4514.JPG


須崎ではチヌが比較的出易いポイントですが、こともあろうにコイツラが!!


50センチのチヌがきても大丈夫なようにハリは丸セイゴの13号を使っているにも拘わらず、釣れるのはコイツラばかり・・・。

GEDC4516.JPG


GEDC4517.JPG


GEDC4519.JPG


ココも諦めました。


私の経験上では、チヌが釣れるときにはチイチイフグは逃げていません。


コイツラが跋扈しているということは、チヌがいない証拠


長浜市場の前の護岸でいつも停泊している船がいないので、ラッキーとばかり竿を出しました。


GEDC4520.JPG


ですが・・・、まるで、アタリすらありません。


そうしているうちに8時が近づき、後輩が来まして荒津大橋の下のポイントでセイゴ釣り仕掛けを作り始めました。


ウキ釣りで、ウキ下は何と1メートル。


ハリスにはガン玉も打たない仕掛けに1投目からアタリがありました。


GEDC4523.JPG

釣れたのは30センチ程度のセイゴでしたが、
久しぶりに?魚を見ました。(汗)

GEDC4522.JPG

GEDC4521.JPG

ストリンガーにセイゴを掛けています。


そうこしているうちに、二人目の後輩が到着し、三人目の後輩が到着しました。


もう1人来る予定になっているようですが、私はこの時点で帰宅することと致しました。


三人目の後輩が何故か頭を丸坊主にしているので、「どうしたん?」と尋ねますと、
どうやら、夫婦喧嘩の敗戦処理の様子。


「・・・・・・・・・・・・・・!!」


ちゃぶ台を引っくり返して、奥様がお子さん二人を連れて実家に帰ってしまったとのこと。


他所の夫婦のことは分かりかねますので、それ以上は聞きませんでした。
聞いても、どうにもなりません。


後輩から「相談があるんですけど・・・」、と言われても、
「金と女のことはパス!」と、言うようににしています。(笑)


それにしても、相変わらず博多湾の護岸の際には魚がほとんどいません。



これほど釣れない経験をしたのはこれまでないほど、魚が際にいません。



























































posted by ジャズ、フィッシュ at 23:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

上手な方の釣った後を探る大バカ

今日は休みなのですが、夕方から職場の連中と地鶏料理を食べに行くことになっています。


つまり、いつものように夕方からの竿出しはできないので、朝の10時半ぐらいから100%ダメモト覚悟で須崎のポイントに向かいました。


用意したのは岩ガニたった5匹。


GEDC4486.JPG


今日の潮は、夕方ではないので、一応調べました。
6月11日 火3中潮で、満潮10.49 188 23.48 169
           干潮04.34 75 17.28 34


GEDC4484.JPG

須崎に着いた時は丁度満潮ぐらいです。


GEDC4485.JPG


適度な濁りがあるものの、波っけがほとんどなく、メイタ~チヌ釣りの好条件とは言いがたい様子。
しかも、潮が止まっています。


岩ガニをつけて、いつもとは違いガン玉B1つでユラリユラリ探りますが、アタリは皆無。


ところどころに先に釣り人が来てチヌを狙った痕跡を発見。


GEDC4487.JPG


真新しいカラス貝を誤って踏み砕いたようなポイントを発見。


この場所を諦め、定番の砂山の付近に向かいますと、先行者が左側の先端目指して竿を出しています。


GEDC4489.JPG


進行方向からすると、私が竿を出そうとしているところは既に彼が竿を出した後


10メートルぐらい探りますと、妙なアタリが!!


GEDC4490.JPG


2ヒロぐらいの深さで、カニが噛み砕かれていますが、その近辺をエサを付け替えて探っても、とうとう次のアタリもないまま。


ココで正午となり、1時までに帰宅すると妻に約束した私は、とっとと納竿


上手な方が釣り歩いた直後に釣れる可能性も低いですし、10時半から正午まで釣るなど、最も魚が食い渋るような時間帯であることを承知での竿出しでした。


こんな大バカの真似はやめましょう!


改めて書かなくても、やらないとは思いますが。





























posted by ジャズ、フィッシュ at 14:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

15年ブリぐらいに「釣り仲間&心の友」に再会

私が社運を賭けて?東京の営業店舗の店長兼責任者として、東京に妻と当時0歳だった息子を連れて赴いたのはかれこれ28年前だった。


当時私は27歳の若造でした。(汗!)


東京では色々な人との出会いがあったし、今尚連絡を取り合うお付き合いをしてくださる方も何人かいる。


中でも、私が店長で、当時大学生のアルバイトだったN君、いや今はN氏とは妙にウマが合って、当時から店長とアルバイターと言う仲を超えた付き合いをさせていただいた。


彼や彼の友人で愛知県出身のパチンコ狂いの友人(現在健康食品の会社の社長)とは、よく多摩川にコイ釣りに興じた。


更に、彼と学部が同じ台湾の大富豪の息子がいて、これまた一緒に多摩川にコイ釣りに連れて行ったりもした。


勿論その台湾の彼は、今は大富豪の雲上人であるが、私が4年近くいた東京から博多に戻る際に、世田谷の経堂の寿司屋でお別れ会をして頂いた。(今でも感謝!


N氏が仕事の関係で「博多に2泊するので合いませんか?」との電話があり、即座にOK!を出して天神で15年ぶりぐらいに再会。


GEDC4478.JPG


もともと実家が東京の彼が大阪で今の奥さんと知り合って結婚する時も結婚式に馳せ参じたし、N氏が九州に転勤になった時も、彼と彼の奥さんと姪浜漁港でサビキ釣りをしていたことを思い出しました。


彼は今現在剣道5段で、道場で子供たちや一般人にも剣道を教えているらしい。


積もる話を色々しました。


お子さんが3人いて一番上が高校1年生・・・・。


途中で、私が信頼している女性の部下を加え、昔話で盛り上がりました。


GEDC4479.JPG


私がすっかり忘れていた福間マリーナでヒラメ釣りをしたときのことが今でも忘れらないようでした。


私が福間マリーナでのヒラメ釣りを教えたら、N氏が単身福間マリーナで1回の釣行で7枚のヒラメを釣ったことが今だに忘れられない九州の思い出になっているようです。


その日に興奮したN氏から電話が掛かってきて、「ヒラメがたくさん釣れたし、アジゴを海面近くまで追いかけてるヒラメを見て、ビックリしましたよ~!!」との電話の内容を私も今でも覚えている。


N氏とは色々な経験をしました。


・羽田空港の前の城南島の波止場で、カラス貝の剥き身でアイナメを爆釣りしたこと。
・横浜の大黒ふ頭で落雷の火柱を見て、二人とも死を覚悟したこと。(苦笑)
・横浜の沖防波堤にしばしば渡り、シーバスのルアー釣り・クロダイの落とし込み釣り、カレイの投げ釣りを したこと。
・・・・・。


中でも私が一番記憶にあるのが、12月24日のクリスマスイブの日にN氏が、
店長、俺、彼女いないんで、夜釣りに付き合ってくれませんか?」と急に言い出したとき。


今だから言うけど、「お前はバカか!!??」と、本当に思いやしたぜっ!!(笑)


ですが、今思えば、この瞬間N氏が好きになった気もするんです。


礼節も常識もあると思しき当時N君が、よりによって、クリスマスイブの夜に俺と二人で夜釣りかい??と。




寒くて何も釣れずに私の自宅に戻り、妻と息子とN氏と4人でクリスマスイブを過ごしたことが忘れられません。


こんな規格外の思い出が脳裏に焼きつくのですね〜。


N氏と別れるときに、次に会うのがいつなのだろうか?・・・などと、頭をよぎりました。


お互い達者で末永く連絡が取れる身であらねば・・・・!!


私にもまだまだ夢もあるし、したいことがたくさんあります。


老いぼれ爺なんぞにならずに、年甲斐もなくエネルギッシュに生きよう!と思います。


N氏よ、暫しのお別れ!


また合う時は、お互い大笑いできる身でありたいねっ!!



































posted by ジャズ、フィッシュ at 21:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

暗雲立ち込める博多湾湾奥!!

今日は、前回買ったアオムシの残りを持参して箱崎埠頭のあるポイントに行くこととしました。


日没が遅くなりましたので、5時半に家を出ました。


釣り場には6時ぐらいに到着しそうですが、まだまだ明るいので、バナナ埠頭に寄ってみました。


GEDC4473.JPG


予想通り、コウイカ釣りのメッカと化しています。


私が見ている限りでは、誰の竿も曲がっていませんし、釣ったコウイカをビクに入れている方は見て廻ると、二人だけ。


変わった竿受けをを出されて、7本の竿を出している方にお話をうかがいました。


GEDC4474.JPG


ハンドメイドの竿受けを自作し、飯塚から母親とご一緒にこられているとのことで、その方が私よりも明らかに10歳は年上ぐらいですから、母親はいったい何歳なのでしょうか?


竿受けのことをかなりディープな内容まで聞かせていただきました。


それにしても、親孝行ですよね〜!!


飯塚から母親を連れて、アチコチに釣りに行かれるとのこと。


とても、私にはマネが出来ません。


そうこうしているうちにその隣の釣り人にコウイカが掛かりました。


GEDC4475.JPG


「昨日は4杯で、今日は3杯!」
「今日はもう、やめるバイ!!」と、言われていました。


時間となり、予定していたポイントに向かいました。

GEDC4476.JPG


昨年買った7・2メートルの落とし込み竿ABUリールをつけて、ビートルの桟橋を係留しているチェーンの付近を落とし込みましたが、何にもアタリません。


底をエサをつけても、ハゼすら釣れません。


ココで、暫くポイントを攻めましたが、恐ろしいほど魚がいません。


7・2メートルの重くてどうしようもない落とし込み竿(笑)をしまって、中央埠頭のポイントに向かいました。


GEDC4477.JPG


1ヒロから4ヒロぐらいまでずっと歩いて探りましたが、1度のアタリすらございません。


ボラも跳ねなければ、セイゴも跳ねません


結局ここでもアタリすらない有様。


シーバス狙いのルアーマンも誰一人やってきません。


まさに、「LEFT ALONEの世界」です。


ジャッキー・マクリーンのサックスが渋すぎるLEFT ALONEですが、釣り場でのLEFT ALONEはカッコよくも
なんともない!!


魚がいない場所で、バカが糸を垂らしているだけ!!(笑)


岸壁の際&海底にこんなに魚がいないことは、私の釣り人生の中でも未曾有の経験


空梅雨が原因なのか、何が気に食わなくて魚が寄っていないのか??


バカが考えたところで、解決もできるはずもないので、納竿。


今日も夕方から夜にかけて、竿を持ったお散歩と思えば、どうにでもよい、取るに足らない一幕でした。
























posted by ジャズ、フィッシュ at 22:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中央埠頭で、今年初めてタモで●●を掬い上げました!!

完全にボウズを食らってから、途中旅行や休日の雨天で2週間近く釣りに行っていませんでした。


さすがに今日はシビレを切らしてポイント築港店に寄って須崎に向かうこととしました。


ところが、ここで驚いたことは、


なんと!アオムシが50グラム500円に値上がりしていたのです。


つい先月まで50グラム315円だったのに。


ポイントの価格を誹謗中傷する気は全くございません!


ですが、値上がり率37%


上田店長に、ことの真相を聞くと、中国でアオムシを盛んに使い始めたことと、円安の影響とのこと。


アベノミクスの影が釣りエサのアオムシにも及びました


今まで、アオムシはエサの優等生でした。


たいていの魚が釣れるし、何よりも安くて、結構長生きする。


そのアオムシまでが、アベノミクスによって値上がりしてしまった。


食品メーカーが相次いで値上げを発表しています


・マヨネーズも値上
・パンも値上
・ハムも値上
・小麦粉も値上
・ツナ缶も値上
・食用油も値上
・・・・他にもたくさんある!!

コレで今度は、
・電力料金の値上
・ガスの値上
・住宅ローン金利の値上
・・・・。


多くの企業は給料もUPしないし、ボーナスもUPしない。


過日新聞に「夏のボーナスUP!」などと見出しがあったが、企業全体の7%ぐらいですと!


これしきの比率で「夏のボーナス、アップ!」などと言う見出しを書く新聞記者のバカタレめ!!(笑)


そんなことは、この際どうでも良いのですが、まずは須崎に向かいました。


GEDC4468.JPG


お気に入りの竿を久しぶりに出して、本日より私が個人的に好きなシューズメーカーの新たなメレルのシューズを履いて出陣したのですが、


まるでアタリなし!!


あえて、メイタ~チヌが出ても、この竿なら2キロオーバーでも難なく獲れる自信があるのですが、
ピクリとも致しません。


GEDC4469.JPG


長潮の満潮近辺です。


すぐにこの場を諦めて、メイタ~チヌならココ!と言うポイントに向かいましたが、まだまだ、コウイカ狙いの釣り人が点在しています。


GEDC4467.JPG


しかも、この時間から増えるはず・・・。


ココは竿も出さないで、パス。


荒津大橋の下を通り長浜市場の対面に行きますと、スズキ釣りの鉄人爺ちゃんがいつものように自転車に乗ってやって来られました。


GEDC4466.JPG


ご挨拶をして、近況を尋ねますと、
「6日前には68センチのスズキが釣れたが、その後5日間ボウズとのこと。しかも、赤潮が出た!」と言われていました。


「・・・!」


勿論ココで、鉄人爺ちゃんと一緒に磯竿を出してウキ釣りをする気にもなれません。


なので、その後、柴犬ナスがいる西側の産廃処理会社があるポイントに、行きましたが、ここでもアタリすらありません!



須崎を諦め、中央埠頭に向かいました。


クルマを降りて、ポイントに向かう途中にロープをつけたままのプードルが私の周りを飛び跳ねて、じゃれて・・います。


女にはモテないが、犬にはモテる自信がある?私は別に気にもしていませんでした。


しかし、ここでも、魚信ゼロ。


海底にエサを這わせると、この方が!


GEDC4471.JPG


持って帰るのが、面倒ですのでリリース。


際を何気なく釣り歩いていて、暫くすると、突然「ドボ~ン!!!」と言う!音が!


私は瞬時に何が起こったのか?理解する余裕がありました。
(アタリすら・・・、ないので!)


可愛いワンちゃんが自ら飛び込んだであろう場所に、タモを持って近づくと、20歳過ぎぐらいの飼主の女性がいました。


ただただ、絶句の状態で唖然としています!!


そこで、私は徐にタモを伸ばして、飛び込んだ犬を掬い上げました。


重さは3キロぐらいかな?
70~80センチぐらいのスズキ程度です。(笑)


海面であえいでいる犬をタモに入れて、タモが破損しないように、タモの柄を自ら縮めてタモに入ったワンちゃんをどうにか陸に上げることができました。


若い女性は、「すみません!ありがとうございます!」の連発。


少し、ベソをかいていたかも?(苦笑)


デカバンのチヌが出るかもしれないなどと、・・・・ムシの良いことを考えていた私がたまたまタモを用意していただけ


ですが、タモがなければ、ワンちゃんが溺死する様子を一部始終見ねばなりませんでした。


GEDC4470.JPG


飼主の女性に釣り用のタオルを渡して、「コレで拭いてあげなさい!」と、申しました。


人命救助ならぬ、犬命救助


今年初めてタモで掬ったのがプードルとは!!(笑)


8時も過ぎていたので、この時点で私も納竿。


飼主にタオルで拭かれている時もプードルは、私が掬ったのを理解しているのか、
私に飛びつくように・・・・じゃれてきます。

「ありがとう!ほんと、ありがとう!」と、犬語が分かる私でした。(苦笑)


釣りは手長ダコしか釣れないタコボウズでしたが、プードルの命を救ったので良し!としましょう。


飼主の女性が、早く連れて帰って、早く真水を飲ませてあげることを祈るのみ!


海水を飲んで、喉がかわくはず。


プードルを掬えてよかった!


情けは人のためならず!」と言う正確な意味をご存知の方は理解していただけると思いますが、
プードルの溺死を間近に見ていたら、きっと良からぬ夢を見そうです。


飼主のためではございません!


ワンちゃんのためでも、ございません!


犬が溺れ死ぬ様子など・・・、見たくもございません!!


と、言うわけで今夜は公然・平穏・善意・無過失で寝れそうです。




































posted by ジャズ、フィッシュ at 23:22 | Comment(2) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。