「釣れない!」と分かっていながら竿を出しに行くバカ!!

今日は晴天でしたが、冷たい北風が強く吹き荒れていました。


ベランダの観葉植物がザワザワしています。


ですが、明日、明後日はもっと寒くなるとの天気予報のため、前回ご紹介したハンドメイドの竿を使ってみたいという理由だけで、須崎に出かけることと致しました。


ポイント築港店では釣具を見ている方はいても、エサなど買っている人はいません。


なのに、私は少なくなったハリスを50メートルとメバルの胴付き仕掛けとモエビを50グラム買いました。


向かったところはいつもの場所。


GEDC4008.JPG


写真で見ると、たいしたことのないようにも見えますが、白波が立って、モロ強い北風が吹き荒れています。


クルマのドアの開け閉めもままならぬほど。


波は波頭の護岸に容赦なく打ち付けて、砕け散っているかの様。


メバル釣りなど望むべきもありません。(笑)


せめて竿だけでも出そうと、風裏の長浜市場の対面に向かい仕掛けを作り、エサをつけて15メートルほど探りましたが、生体反応ゼロです。


尤も、このポイントは今の時期際で何かが釣れた記憶も過去にもございません。


3分ぐらいでこの場所を撤収。


次に向かったのは須崎の東側の那珂川の河口付近。


GEDC4009.JPG


須崎の西側ほど風が強くはありませんが、やはり白波が立って、足元の護岸に砕け散っています。


ところによっては波が打ち上げられて、所々が海水で濡れています。(苦笑)


こんな日はさすがに釣り人はだれもいません。


モエビをハリに刺して底から、アナポコがあるタナまで探りはしますが、これまた生体反応ゼロ


竿を持っている手が寒さで言うことをきかないぐらい、かじかんでいます。


最低なことに、釣り用の手袋を忘れてきました。


ココも10メートルほど探って断念。


エビ専用の容器の中のモエビをすべて海水にばら撒いて撤収。


クルマのハンドルを握っても、手がいうことをききません。


と言うわけで、本日は「ボウズ覚悟が本当にアタリすらない丸ボウズ!!」(苦笑)


冬の釣りは辛いばかりです。


竿先に生体反応すらないのは、まことに耐え難い時間です。


余程良い気候に恵まれない限り、際での落とし込みはこれから3月ぐらいまでは「不毛の時期」となります。


湾奥で投げ釣りでカレイやアイナメが釣れないので、安近短釣り師は、暫し冬眠せねばならんかも?






























posted by ジャズフィッシュ at 19:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

安近短の釣りバカはメバル用の竿を作って遊んでいました。

朝起きますと駐車場のクルマやフロントガラスは真っ白。
天気予報どおり昨夜は雪だったようです。


せっかくのお休みでしたが、瞬時に釣りを断念しました。


天気は徐々に回復して、晴れ間が見えてきましたが、寒い時はなかなか行く気にもなれません。


前の日に雪が降ったりしますと、海水温が下がり、魚が食い渋ることが多かったような記憶がございます。


このような時は釣具の手入れでもしたほうが心身共に優しい休日の過ごし方のはずです。


竿を持つ手も、エサを付ける手もかじかむような時の釣りでアタリすらないときは、哲学的になってしまいます。(どうしてこんなところで竿を出しているのだろうと・・・・!!??)


なので、今日はタックルの整備と新たな竿を作りました。


もちろん好きな音楽を聴きながら・・・。


久しぶりに聴くのアルバムばかりです。



GEDC3993.JPG


コルトレーン、マービン・ゲイ、ゴンサロ・ルバルカバ、久石譲さんのアルバムです。


中でも、久石譲さんのアルバム、北野武監督のヤクザ映画「BROTHER]のサントラ盤が大好きです。


GEDC3994.JPG


「アウトレージ」はまだ観ていませんが、北野作品は久石譲さんが音楽を担当していることが多いので、音的には素晴らしい映画?が多いものです。


新しい竿が完成しました。


長さは今まで使っていた手作りの竿と同じく2・7メートルぐらいです。


GEDC3992.JPG


写真の真ん中が新しく作った竿です。



意図的に2・7メートルにしたわけでもないのですが、なぜかこの長さぐらいが好きです。
いいかげんが良い加減です!!



いつも使い慣れているハンドメイドの竿よりは穂先が細くて、更に好感度なはずです。


いつも使い慣れているハンドメイドの竿でも、1・5センチ程度のチイチイフグのアタリも2・5センチぐらいのハゼの仲間のアタリも鮮明に分かりますので、今回作った竿はもっとアタリが鮮明にでるはずです。



基本的には18センチぐらいから25センチ程度のメバルを防波堤や埠頭の際で数釣るための竿のつもりです。



メバルがエサを咥えて下に潜ろうとする時に違和感を感じさせず、ある程度曲がった時に竿のしなりで勝手にハリがメバルの口に刺さることをイメージしています。


安近短の老いぼれ&ヘタクソ釣り師にはピッタリの「自動メバル掛かり竿」になるかも??


こうして竿を自分で作りますと、とにかく「試し釣り」がしたくなるのが人情というものですよね?


たとえイメージどおりの竿でなくても自分が勝手に作った竿なので不満はございません。


バランスをよくするために竿尻に穴を開けて鉛を詰めたり、グリップの少し先の部分に糸を巻いて人差し指を伸ばした状態で釣るのが私は好きなので、これから改良・改善の余地はいくらでもあります。


実際にリールを付けて、ミチイトを通して、仕掛けやエサをつけた状態でないと竿の良し悪しはなかなか分からないものです。


有名メーカーのそれなりのお値段がする落とし込みの竿でも、Uガイドの間隔が妙で、バランスが悪く、好きになれない竿というモノがございます。


こういう竿はそもそも完成度が高いので手を加えると、不恰好&更に妙!!(苦笑)になった経験があります。


Uガイドの数は多すぎてもミチイトを通すのが面倒ですし、バランスがおかしくなります。
さりとて、少なすぎても妙な竿になります。


へボ釣り師の私は穂先1メートルのガイドの数を7つと決めています。


こだわっているワケでもないのですが、お気に入りの竿がたいてい7つぐらいだからです。


今使っている竿でもハリにモエビを刺して海中に沈めますと、エビの動きが竿先に伝わります。


今回作った竿はどのような感触があるのか・・・、釣り場は厳しい状況ですが、「メバルの試し釣り」に次回ご持参予定です。



























posted by ジャズフィッシュ at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年の初釣りは穏やかな好天気に恵まれただけでも感謝!!

年末・年始はずっと寒くていやな天気が続きましたが、今日は穏やかな晴天でしかも休日。


このような千歳一遇のチャンス に竿を出さねば、冬の間は基本的に「ヨリキタ」(玄界灘独特の北交じりの季節風)が吹く博多では後悔するだろうと思い、久しぶりに海を見に行きました。


少し早めに家を出て、ポイント築港店で上田店長らに御挨拶をし、エサを買って向かったのはこちらです。


GEDC3953.JPG


箱崎埠頭のはやと丸が着く岸壁。


4組ほどの釣り人達が投げ竿を出していましたが、どなたにも何も釣れてはいません。


カレイが釣れても良さそうなのですが、神は釣り人に試練ばかりを与えます。


真ん中あたりで、老夫婦が仲良く投げ竿を出していましたが、残念なことに何も釣れていません。


「神よ!この老夫婦に40センチぐらいのカレイを釣らせ給え!!」と、私は正直念じましたが、結果は存じません。


今まで寒かった中、小春日和に老夫婦がご一緒に投げ竿を3本ほど出しています。


失礼ですが、先を考えますと、大きな魚をハリに付けてあげたくなる様なシーンでした。


箱崎埠頭をグルリと回り、次に向かったのはベイサイド・プレイス。


釣具のポイントのサイトで1月に入り23センチのメバルをゲットした方の写真が載っていましたので、行ってみようと・・・。


私は残念なことにこのベイサイド・プレイスでイメージどおりのメバルを釣ったことがございません。


どうしてココでメバルが釣れるのかが不思議でなりませんでした。


ですが、ココに赴き、ある一人の釣り人がメバルを釣られているのを拝見して、即座に凡そのことを理解いたしました。


ココで竿を出されていた方は、私が間違っていなければ、「気ままな●●デー釣り師」と言うブログを書かれているはずのお方。


私が見ている間にも15センチほどのメバルをメバリングで釣り上げました。


クルマに戻り、昨年購入した7・2メートルのニッシンの落とし込み竿を使えば、それなりの釣果を得られるのかも知れませんが、「気ままな●●デー釣り師」さんの邪魔をすることとなります。


そんな、大人気ないことはしたくないので、その場を去り、通い慣れた須崎埠頭の西側に行きました。


何も釣れなくても・・・・、ココでボウズを食らったら、まあ仕方ございません。


真ん中付近にクルマを止めて、下げ潮の状況で2ヒロのタナを探ることと致しました。


予想に反して1ヒロぐらいで一番最初にアタッタのはこの方です。


GEDC3955.JPG

25センチぐらいのタケノコメバル。


いつになく、よく引きました。


海水温が下がっているはずなのに、彼ら、彼女ら?はこんな低水温が好きなのでしょうか?


それから、タケノコメバルばかり4連発!!


妻が大好きなクロメバルは皆無。


トータルで100メートルぐらい歩いたところでそれらしき初アタリ。


慎重にエサを交換し、アワセも慎重にしてゲットしたのがこの方です。


GEDC3957.JPG


15センチほどのチビ・メバル。


ですが、他にアタリがございません。


なので、須崎埠頭のマイ鉄板ポイントに向かうこととしました。


信じられないことに・・・・・・・・・・、アタリなし。
生体反応ゼロ。


付近を探ると、水槽で飼いたくなるようなこの方がハリに掛かりました。


GEDC3959.JPG


クロソイのチビスケです。


チビのくせに体高があって、可愛いヤツです。


ですが、当然リリース。


マイ鉄板ポイントを諦めて、最後に竿を出したのがココです。


GEDC3962.JPG


ここで、メバル2匹を追加して釣れたのがこの方。


GEDC3960.JPG


もちろん、すぐに海に戻しました。


8時になり、納竿。


夕方も、夜も無風でそれほど寒くございませんでした。


初釣りで釣れた一番の大物はタケノコ・メバルの28センチ程度のお方。


GEDC3967.JPG


それなりに、よ〜く、引いてくれて、楽しめました!


自宅マンションの手洗い場でクーラーの海水を出しますと、


GEDC3966.JPG


爆釣ではございませんが、この時期魚が釣れただけでも感謝!!です。
















































posted by ジャズフィッシュ at 22:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

安近短釣り師の初釣りは久遠のかなたへ!

正月休みの間は竿も出したくないほどの寒さと悪天候


イザ、仕事が始まるとこれが良い天気!!


よくある腹立たしいパターンです。(苦笑)


ですが、これしきのことで、はぶてる年齢でもございません。


百戦錬磨の安近短釣り師は釣りにいけないときも、腐ったりは致しません。(苦笑)


本日、職場の近隣の八百屋さんのシャッターの張り紙を見て苦笑いいたしました。


GEDC3940.JPG


まあ、話半分どころか・・・・、10分の1です。


本当にそう思っているのなら、こんなことは書けませんし、書きません。


まあ、それでも、ユニークな張り紙です。


私自身はホークスに特別の思いがあるわけではございませんが、妻や息子・義母のことを考えると、ここで手を合わせるのが筋道です。


GEDC3941.JPG


私にとってはホークスのことなど・・・、どうでも良いのですが・・・・、間接的に妻子から八つ当たりされるのが面倒なので、いちおう応援します。(苦笑)


別に他に好きなチームもございませんし。


どなたが3割打とうと、防御率が1点台だろうと・・・、安近短釣り師は知ったことではございません。


が、妻と息子の機嫌が悪くなるのは、まっぴら御免です。


余談ですが、妻と息子は元旦から年末ジャンボ宝くじが外れたと落胆していましたが、私の治外法権


天下り役人を全国で「夢」と言う甘い言葉で養っているだけです。


買わないと当らないと言う幻想は確率論からするとアホの言葉です。


数百万分の一の確率です。


世間の皆様が宝くじを買うことで、財務省のお役人さんは某銀行の天下り役員になって、しこたま報酬がもらえます。


地域振興などは本来の目的ではございません。
後付の微々たる金額です。


単なるカモフラージュです。

あなたのお金で財務省の天下り官僚をノウノウと養っている事実を熟慮するべきでは?


私も博多湾奥でカレイが釣れるのは「宝くじ並みである!」と、いう表現を使いますが、それは大間違い。


宝くじは博多湾内で、1メートル20センチのスズキを釣るくらい・・・あり得ない確率です。


「竿を出さんと釣れんもんね!」と、言っているのと同義。


私の妻もそう言いながら・・・・・、私の記憶では結婚して以来28年間買い続けています。


釣り師のあなたならお分かりですよね?


あなたが毎日28年間博多湾に竿を出して1メートル20センチのスズキが釣れるかどうか??
毎日です。
28×365でも10220日です。


宝くじの1等に当る確率など200万分の1以下です。


100年間毎日博多湾に通っても釣れないような魚を「竿を出さないと釣れないもんね!」と、言っているのとたいしてかわりません。


失礼ですが、宝くじはそれよりも確率が低いはずです。


家人とは言え、「つべこべ言わずに好きにすれば良い!」と、思って知らん顔をしている私。


話は変わりますが、昨年の11月から例年になく異常に寒くないですか?


もともと夏が好きで、暑いのには強いのですが、寒さに弱い私の初釣りはいつになることやら???






























posted by ジャズフィッシュ at 23:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

年始のお決まり!!

あけましておめでとうございます!


朝起きますと、外は雪化粧でした。

GEDC3915.JPG

天気予報どおりと言えば、そのとおりになりましたが、ベランダに出ますと冷たい空気で気がと致します。


午前中に今年は近隣3箇所をお参りするつもりでいましたので、即決行。


まずは、福岡空港の近くにある下月隈八幡宮


例によって大好きな狛犬撮影。


GEDC3921.JPG
GEDC3922.JPG


次は東光寺にある大日寺


GEDC3925.JPG
GEDC3926.JPG


最後は毎年向かう那珂八幡


GEDC3929.JPG
GEDC3930.JPG


例年通り家族の無病息災をお願いいたしました。


昨年も家人にはコレといった大病がなく無事に一年を過ごせました。


健康でいさえすれば、どうにかなりますし、何とかなります。


今年は感謝の気持ちを持ちながら温故知新をモットーに色々と活動いたします。


自分の終活も踏まえつつ新たなことにチャレンジしていきます。


安近短の釣りも当然のことながら、新たなスタンスと従来どおりの落とし込みを混ぜながら釣り場でいろいろと実験をやって行きたいと思っています。


年・キャリアを重ねるごとに「短時間で効率の良い釣り」をするようになっていますが、コレが良いのかどうか?


釣れなくても、新たにチャレンジする気持ちを釣りに関しては忘れています。



今年は、今までやらなかったことも、行かなかった場所でも竿を出してみたいと思っています。




















posted by ジャズフィッシュ at 13:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!