安近短釣り師のいい加減な勘でタチウオゲット!

今日も妻から「タチウオが食べたい!」と、言われて、前回は箱崎のバナナ埠頭でメバル釣りを少し楽しんだので、仕方なくタチウオ釣りに行くことと致しました。



少ないアタリを確実にモノにできるかどうかがすべてのタチウオ釣り。



家から徒歩3分のフォレオ博多にあるルミエールに行きますと、たくさん、たくさん入った刺身用のキビナゴがございました。


お値段は何と128円



20センチ×25センチほどの発泡トレーに山のように入っています。(汗)



理論的にはタチウオが150匹ぐらい釣れそうです。(苦笑)



電気ウキ用のリチウム電池を買いにポイント築港店に寄りますと、いつもの店員さんが「今日は普通のサイズにします?それとも太目?」と、レスポンス。



私がいつもアオムシの太目だとか、普通サイズの50グラム〜100グラムと消耗品のハリ、ガン玉、ケミホタルしか買わないことを熟知されています。(汗)



「今日はエサはいりませんよ!」と、申しますと瞳孔が開いたような表情。



リチウム電池2本入りを2セット購入して釣り場に向かいました。



今回は「タチウオ銀座の須崎埠頭」は回避して、ココに行くことと致しました。


GEDC3710.JPG


ココがどこであるか、福岡市在住の近場釣り師は一目瞭然ですよね?



あえて申し上げると、荒津オイルセンターの最東部先端です。



つまり、須崎埠頭の対岸。



安近短釣り師の勘というやつでございます。



恐らくタチウオは沖防の切れ目、切れ目から湾奥に入ってくるのは間違いございませんから、須崎埠頭よりも
こちらの方がタチウオの出入り口に近いポイントなはず。


それにしても風が強く、釣り場には私以外誰もいません。


GEDC3711.JPG


釣り人がいないと言うことは、まことにもって不安な状況です。


ですが、いつものようにビリーブです。


勘を信じる、自分を信じる。


「暗くなれば・・・、ヤツラはきっと来る!!」と、思いつつ仕掛けのチェック。


6時過ぎに電気ウキがぼんやりと沈んで・・・・海中に止まっているタチウオ独特のアタリが!


慎重に、慎重に・・・・粘って、粘って・・・・・、竿先が曲がるまで待ちました。


1匹目ゲット。


その20分後ぐらいに2匹目ゲット。


またしてもその30分後ぐらいに3匹目ゲット。


GEDC3712.JPG


私はタチウオが釣れたときは、ハリがついたままタチウオのクビから下20センチぐらいのところをタオルで掴んで地面にタチウオの頭を打ち付けて即死させます。



その後にハリを外して、エラだけ指で引きちぎってバケツで洗ってから、氷の入ったクーラーに入れます。



コレも誰に教わったわけでもございませんので、正しいかどうかは疑問です。



バラのトゲのような歯がズラリと並ぶこんな凶暴なヤツは、暗闇の中では速やかに死んでいただくのが一番です。



8時くらいに潮が動かなくなり、アタリもないので納竿。



コレで妻も暫くは、「タチウオが食べたい!!」と、言わなくなるはず!!??



私が帰る頃に電気ウキを投げる方が30メートルほど離れたところにいました。



潮が変わったら再び釣れるのかも?



ルミエールで買った128円のキビナゴは95%は残っています。


捨てるのも、もったいないので、氷の入ったクーラーの中に入れて帰宅。



なんだか次の釣行もお約束事みたいで・・・。


初めにエサありき!!ってか??































posted by ジャズ、フィッシュ at 00:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

釣り奴隷と化した10月28日の釣り??

日曜日の今日、妻が「タチウオが食べたいけん、また釣ってき〜!!」だと。


過日の記事に書いたように「出来ればタチウオ釣りは避けたい!」と思っていったのですが、家人が喜ぶサカナを釣った方が家族円満の秘訣であることは、釣り人であればお分かり・・・、ですよね?


前回釣ったタチウオは、妻の知り合いのプロの方に半分刺身を作っていただき、半分は妻と息子が塩焼きで食べたようでございます。


私も刺身を少し所望したが、なかなか美味しい。


だからと言って、「あの電気ウキが滅多に沈まない釣り」をするのは私にとってはハリのムシロに座った修行僧のような気分。



仕方なく近所のスーパーにキビナゴを買いに行きました。



するとキビナゴが売られていません!!


カルタゴのハンニバル将軍を味方にしたような気分!!
コレで「タチウオ釣りの呪縛」から逃れられる。(苦笑)



ポイント築港店で普通サイズのアオムシを50グラム購入して須崎埠頭の西側に行きますと・・・・。


GEDC3706.JPG



既にタチウオ銀座??



日曜日とあって、釣り人が多い。



ウロチョロしている方もかなり、いました。



メバルポイントにもしっかり釣り人が竿を出しているので、須崎埠頭と決別。



同じような条件のココに行くことと致しました。


GEDC3707.JPG


ココも「タチウオ銀座」と化しています。


釣れている方は、・・・・・・・私が見る限りいません。


際にアオムシをつけて探りますと、1投目からアタリ。


退屈しない程度にアタリがあり、メバルがパラパラと散発的に釣れます。


こういう釣りが私は好きです。


「運・根・勘」が大事であるとは分かっていても、待ちの釣りは苦手です。


1時間半ほど竿を出しまして8時半に納竿。


GEDC3709.JPG


須崎のメバルよりも若干小さいような気がするサイズです。



まあ、タチウオは釣らずに済みましたので、妻もメバルであれば許してくれるはず。



実はコレだけメバルを釣りながら、私は今年食べたことがございません。



妻が1人で食べているとも思えませんし、どなたが私の釣ったメバルを食べてくださっているのかは、最近聞くこともございません。



それもどうでも良いのですが、今日は「タチウオを狙う釣り奴隷」と、ならんでよかった・・・・・!































posted by ジャズ、フィッシュ at 21:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

落とし込みの目印について

すみません。


昨夜はジャズ評論家の後輩達と舞鶴の焼き鳥屋さんで飲んで、帰宅後に「妙なソウシハギの記事」なんか書いてしまいました。(汗)


前回の続きです。


「何故2ヒロぐらいのところケミホタルをつけるのか?」と言うことですが、私の今までの経験上、海面から2ヒロ〜3ヒロぐらいの所でよく釣れた記憶があるからに他なりません。


それが大きな理由であることは、間違いございません。


日中は前回使った既に発光しないケミホタルを針から2ヒロぐらいのところにそのままつけて落とし込むことで、かなり深い防波堤でも凡そのエサのある位置がつかめます。


要は海面からケミホタルが1ヒロぐらい沈んでいる時は3ヒロのタナを探っているということです。


かなり深い須崎埠頭の西側、あるいは中央埠頭の東側などではケミホタルを4ヒロぐらいまでずらすこともありますが、実はこれは大きな問題が生じます。


つまり、ハリから4ヒロのところにケミホタルを付けますと、4ヒロは巻き取れないことに他なりません。


コレは困りモンです。


45センチオーバーのチヌや50センチオーバーのフッコが釣れちゃ時はとにかくモタモタしますし、魚に良いように弄ばれます。


特にフッコ〜スズキはチヌのように空気を吸わせるとたちまち死んだように弱ると言うことは100%ございません。


それどころか、エラ洗いはするし、海面から海底まで一気に潜って行ったりします。


フッコ〜スズキは時間を掛けて取れるのはハリが地獄にかかったときだけで、それ以外は短期決戦の秒殺勝負で臨む方が獲れる確率は高くなります。


4ヒロもイトを巻けないとなりますと、タモが届かないところで暴れた挙句にハリス切れでThe Endと言う経験を私は何度も致しましたので、大体2ヒロ〜3ヒロぐらいにあわせるようにしています。


更にその昔、沖防に半夜釣りで渡っていたころは、アオムシをエサに大体2ヒロぐらいでガンガン30センチ前後のメイタを当てた記憶が染み付いているのかもしれません。


なので夜釣りのときはたいてい2ヒロにケミをつけます。


もちろん夜でも底にいるときもございますが、同じポイントで底から海面1メートルを少しずつ探るやり方は余程食いが悪いときでないと私はなかなかしません。


短気でセッカチですから、そのときのアタリダナが分かると、極力動き回って横に横に同じタナで探る方が確率的には高いような気がするからです。


私のやり方が正しいとも思っていませんが、コレは何十年も染み付いたクセとでも言うべきものですから、なかなかスタイルは変わりません。


更にメバルとなりますと、ケミは必ず1ヒロのところにつけます。


どうかすると水深50センチのところで当たったりもしますから、6Bのオモリをつけて糸を張った状態で落とし込んで行きます。


一番釣り易いパターンが水深1メートルぐらいのところにメバルが点在している時。


このような時は上から下をまんべんなく探るよりも、1メートルのタナでドンドン移動することです。


確実に数が伸びますし、ほぼ入れ食い状態になります。


メイタも同じような時が稀にあります。


私の目印は目印糸の沈むスピードや動きでアタリをとるためのモノではなく、あくまでエサのついたハリが海面からどこの位置にあるのかをイメージするためのモノです。


使い慣れたタックルを使用しますと、目印イトなどに頼らなくても、途中で魚がエサを咥えてじっとしているパターンも分かるようになります。


メバルは特にこの居食いのパターンが多いです。


コレが分かるようになりますと、釣果が伸びます。


逆に言いますと、この居食いが分からないと、食い渋ったポイントではメバルを狙ってもボウズをくらいます。


メバルは体のワリには大きなアタリ方をする魚ですが、いつもそうであるとは限りません。


特に水深1メートル以下の局地戦ではアワセが遅くてもダメですし、早すぎてももちろんダメです。


特に夜は竿先も全く見えませんので、メバルが引いていることすら分からないこともあるようですが、回を重ねますと、コツがわかるようになるモノです。

















posted by ジャズ、フィッシュ at 16:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 初心者向けの落とし込み釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フグの70倍の毒をもつ「ソウシハギ』に、ご用心!!

カワハギの仲間は旨い!


本カワハギだろうと、ウマヅラろうと、「ハゴイタ」と、呼ばれるウスバハギだろうと・・・。


だが!・・・・コヤツには絶対注意して食べないで、おくんなさいマシ。


019454.jpg


コヤツの名は「ソウシハギ」と言います。


基本的には博多湾の湾奥などにいないサカナですが、マンボウが多々良川で発見される昨今ですから、
いてもおかしくはございません。


今まで須崎埠頭で釣れたことがないタチウオまで入ってくる昨今。



どんなサカナがいても不思議ではございません。



「ソウシハギ」はふぐ毒の70倍の毒をもっているそうでございます。



興味本位で食べますと、一家は「あの世行き・・・!」で、ございます。



テトロドドキシンの70倍??


私は、テトロドドキシンを食べたことがないので良くわかりませんが、必ず死に至りそうです。


面白半分に食べたり・・・・せんこと・・・です。



こんなサカナを食べて、亡くなっても、葬式に出るかどうかすら、考えてしまいます。



海は危険がいっぱい!に、なりつつあります。


ヒョウモンダコといい、クラゲといい・・・!!


そのうち毒のあるイモガイが福岡近郊で発見されるのは時間の問題ではないかとも思います。


触ると大変!


危険な海生き物が増えています。



迂闊に触ったり、食べたりしないように!



僅かながらの警鐘です。
























posted by ジャズ、フィッシュ at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

落とし込みの際の目印イトについて

落とし込み釣りの際の目印イトについてのお話です。


リョービなどから目印イトのいろいろな長さのものが売られています。


また、自分で作るようなモノも探せばあります。


私も以前は、(20年以上も前ですが、)目印イトを使っていました。


しかし、最近ではほとんど使うことはありません。


理由は、メリットよりもデメリットの方が多いような気がするからです。


・風が強い日などはまず向いていない。
・穂先に絡んで釣りづらい。
・カキ殻やカラス貝に絡んで仕掛けが途中から切れる。
・目印糸の長さ+ハリスの長さはリールで巻き取れない。
・夜釣りでは無用の長物、役に立たない。

・・・エトセトラ、エトセトラ。


私も30代始めのころはいろいろな長さの目印糸を自作していました。


なぜかと言うと、落とし込み釣りの本をそのまま鵜呑みに仕掛けを作っていたから・・・。(汗)


「目印がいるんだろう!?」と言うことでつけていましたが、いつしか使わなくなりました。


確かに軽いオモリで、目印イトが海中の中に落ちていくのは視覚的には楽しい?と言えば楽しいのですが、
結論から申しますと、邪魔なだけです。


さりとて目印が全くないと、エサが海面からどれくらいの深さ(タナ)にあるのかが分からないので、以前にも以前にもご紹介しましたが私はケミホタルのミニのパイプを4等分に切ってそのうちの2つでケミホタルミニをとめて、目印にしています。


GEDC3665.JPG


ほとんどの釣りの場合2ヒロに合わせてから、釣りを開始します。


その理由は次回。
出勤時間です!(笑)















posted by ジャズ、フィッシュ at 08:52 | Comment(2) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

須崎埠頭のタチウオはもはや難敵??

コレまで何度か記事でご報告したと思いますが、須崎埠頭タチウオが釣れていました。


あえて「釣れていました。」と、過去形を使ったのは最近釣れていなくて、ポイントの店員さんからも「もう終わりかも?」などと言われました。


そんなこととはつゆ知らず、股関節が痛い!と足を引きずって部屋を徘徊する妻から、「タチウオの刺身が食べたい!!」だとか、「タチウオの塩焼きが食べたい!!」と、言われて、今頃になって近くのスーパーにのこのことエサのキビナゴを買いに行きました。


GEDC3695.JPG


こんなにたくさんキビナゴが入って、安っ!


アオムシ50グラムの半値だぞい!!


ポイントの店員さんに「タチウオはもう終わったかも?」と、言われながらも購入したのはコレです。


GEDC3694.JPG


タチウオ釣り用のワイヤーが付いたハリ3本セット


須崎埠頭の西側では相変わらず釣り人が既に何人も来ています。


もちろん須崎の鉄人爺ちゃんたちも当然のようにおられます。(苦笑)


長浜市場の対面で5〜6月によくお会いした黒の日産セレナに乗ってこられるスズキ釣りの名人である鉄人爺ちゃんにご挨拶して状況を伺いますと、「日曜日から3日間仲間が4〜5人竿を出すがなんもアタらん!!誰も1匹も釣れんバイ!!」と、ぼやいておられました。


暗雲の兆し!!


ボウズ覚悟は毎度のこととは言え、孫子の兵法の逆バージョンの「戦わずして負ける」予感がしましたので、同じ須崎埠頭内の違う場所で竿を出すことと致しました。


釣り人は私以外誰もいません。(汗)


私自身須崎埠頭でタチウオを狙うのはこの年齢でも初めてです。



まさかこの年になって須崎埠頭でタチウオを狙うハメになるとは思ってもいませんでした。(汗)



妻がメバルが大好物ですし、私はメバル釣りが大好きなので、基本的にメバル狙いなのですが、そんな私にウキ釣りでキビナゴをエサにタチウオ釣り??


竿を出して辺りが暗くなってから電気ウキが沈んだり、浮いたりしています。


超遅アワセと聞いていましたので、暫く待ってアワセを入れましたが、・・・・・・!!


何ら手ごたえもなく、空振り。


セイゴ〜スズキの3倍は待ってアワセたのですが、ダメでした!!


「このアワセ方でダメなのか?」と、釣り場で独り事をブツブツ・・・・。


「思っていたより、なかなか手強いぞ!」などとも・・・・ブツブツ。


それから1時間ほど浮きは右に行ったり、左に行ったりしますが、音信不通、ウキはピクリとも致しません。


コレが最後とばかりエサのキビナゴを付け替えて2本の竿を投げてアタリを待ちますと、そのうち1本が投げてから10秒もしないうちにウキが沈んでいます。


「・・・・・・・・・・・!?」


沈んでは浮かび、浮いては沈むの繰り返し。


先ほどの教訓を生かして、竿を持っていくまで我慢・・我慢・・・、ひたすら我慢!!


竿を持っていた私の腕にサカナの引きを感じるまで待ちました。


そこでアワセを入れて、サカナが付いていることを確認。


暗闇の中で、一気にブリ上げた獲物がこちらでした。


GEDC3705.JPG


お目当てのタチウオ


GEDC3703.JPG


もちろん口の中に指を入れたりは致しません。


見るだけで恐ろしくなるような凶暴な歯がズラリ!


指3本半75センチぐらいの大物とは言いがたいサイズでしたが、初挑戦でどうにかゲット!


時間も8時半を回っていましたので、すぐに納竿。


釣れないよりは釣れて良かったのですが、どうにもアタリすらない時の退屈さは普段メバルをテクテク歩いて、「今度こそ、今度こそ!」と探りながら釣る落とし込み釣りとは比べものにならない忍耐力が要求されます。


短気でセッカチですから、1時間に1回アタリがあるかないかと言うような釣りはどうにも我慢できません。


常連の鉄人爺ちゃん達さえも釣れなくなった時期に1匹でも獲れたことが良いのだか悪いのだか??


2本の電気ウキを1時間もアタリがないまま見つめる空しさ。


正直、私には不向きです。


妻からのリクエストがない限り、この釣りは遠慮したいと思います。


もう〜せんで、よか!!


























posted by ジャズ、フィッシュ at 23:39 | Comment(1) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初心者向けの落とし込み釣りの道具  その2

今回はリールのことについて解説いたします。


私はチヌ専用のリールや木ゴマリールももちろん持っていますが、たいていは両軸リールを使います。


理由は何故だか、チヌ専用のリールや木ゴマリールを使いますと、何故だかアタリすらないゲンの悪いリールだからです。


コレまで経験したことは一桁ぐらいではございません。


以来、それらをほとんど使用しなくなりました。


で、私がコレまで最も使って、たいていの大物はほとんどコレで釣っていると言うリールがこちらです。


GEDC3696.JPG


すみません!何という名前のリールかも忘れています。


25年ぐらい使っていますが、替えスプールがワンタッチで装填できるのも素晴らしいこと。


最近のシマノのモデルはハンドルのつまみが同じ大きさのものですが、コレは一方だけがつまみになっていまして、こちらのほうが断然使いやすいと思います。


シマノがつまみの大きさを揃えた理由が分かりかねます。


残念ながら、ヤフーショッピングはもちろん、ヤフオクにも同じ機種はございませんでした。


ただ単に私が気に入っているので「名機」とは言えないのかもしれませんが、私はドラッグをいつもフリーにして右手親指でスプールのイトを押えながら釣っています。


薄い形ですので、竿に張り付くような感覚でとても使いやすいモデルです。


しかも軽い。


コレはあくまで私の場合ですから、既に落とし込み専用のリール、木ゴマリール、黒鯛工房のリールをお持ちの方はお手持ちのリールをとにかく使いこなしてください。


真っ暗闇の中でもリールを思うがままに使いこなせれば、メーカーやタイプなど・・・・、そもそも無関係です。


ドラッグなどもある程度予め自分で調節しておいて不意の大物が来たときは、塩梅よくミチイトが放出されるようにしておくことです。


人により好みも釣り方も違うでしょうから、私と同じようなリールを使う必要はございません。


自分が釣り易いリールを探してください。















posted by ジャズ、フィッシュ at 23:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初心者向けの落とし込み釣りの道具 その1

「初心者向けの落とし込み釣り」というカテゴリを追加しました。


今までほとんど「福岡周辺の釣り」と言うカテゴリで記事を書いていた無精モンの私ですが、落とし込み釣りに目覚めた?方がおられる様なので、少し真剣に書いていきます。


「今まで真剣ではなかったのか?」と、言う質問に対する回答は差し控えさせておくんなさいマシ。


初心者には落とし込みの竿はコレがおススメです。

600x240-2008052900002.jpg

ニッシン プロスクエア 2WAY クロダイ UG 36/42と言う竿です。


私なりにいろいろな竿を使って、コレが使いやすいと思うおススメのモノです。


別にニッシンのまわし者ではございませんので、これを読者が買ったところで私にはさいたる報酬もございません!(苦笑)


とりあえず、価格だけ参考にしてください。
私が薦めるニッシンの落とし込みの竿



1万を切りますが、ポテンシャルはサイコーです。


軽い、バランスが良い、お求め安い価格であることが、私なりのおススメの理由。


全く同じモノではございませんが、私の記憶ではこのニッシンの竿で外れたことがございません。


ナントカ工房などと言う高価な竿もありますが、費用対効果から申しますとこの竿が一番汎用性が高いと思います。


ココだけのお話ですが、私のハンドメイドの竿も基本は、ニッシンの竿を転用させていただいています。


3.6メートル〜4・2メートルの長さですと、私のようなマニアックなメバルバカを除いては、オールラウンドに活躍できる竿です。


もちろん、前打ちもOK!です。


私の落とし込み釣りはニッシンから始まり、いろいろと紆余曲折しながらニッシンにたどり着きました。


「長さはともかく、初心者がお手軽に落とし込み釣りを始めたい!」と、言うのであれば私はこのニッシンの竿をおススメします。


メーカーによって、Uガイドの間隔などは違いますし、いろいろと試した結果で申し上げています。


ですが、あえて譲歩するなら3・6メートル〜4・2メートルの長さの竿を選んでください。


別にニッシンでなくても大丈夫です。


あくまで私はお値段とそれに見合うポテンシャルを申し上げていますし、最初から値段をいとわないと言うのであれば話が違って参りますが、昨今の経済状況下でそのようなお話も慎みたいと思っています。


3記事前、4記事前の記事はなんだったのか?とお思いの方もおられるはずですが、僅か数日前の記事のことも私に地っては既に過去。


過去には未来はございません。
温故知新ぐらいでとどめて置いてください。


1秒たりとも過去には夢も何もありません。


私自身今年の健康診断で血圧の上が150を超えていて、再検査が必要とのコト??!!


落とし込み釣りが好きになってくださる方を1人でも増やしてあの世に行くのが天命??


このサイトが1週間以上更新されないときは、須崎で溺死しているか、高血圧のために何らかのことがおきましてキーボードが触れない状態にあると、思っていただくとよろしいかと思います。




















posted by ジャズ、フィッシュ at 23:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 初心者向けの落とし込み釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

H24年 10月19日の釣行

私にとっては、「昨日と替わっていれば良かったのに・・・!」、と言うような天候の今日、夕方から昨日竿を出せなかったポイントに行きました。


須崎埠頭のメバルポイントです。


GEDC3688.JPG


途中須崎埠頭の西側を覗きますと、須崎の鉄人爺ちゃん達が集結しています。


夕方からのタチウオ釣りのため。


須崎埠頭では最近良くタチウオが釣れていることをポイント築港店の方からもうかがいました。


ですが、私は相変わらず妻が喜ぶメバル釣りのためその場を去りました。


今日は夕方の6時ぐらいがド干潮。


釣れないかも?と、思いつつエサをつけてポイントに入れますと、すぐにアタリが!


20センチ程度のメバルです。


ガンガン・・・アタリますので、写真を撮るヒマもございませんでした。


一段落ついてクルマからデジカメを持ち出して撮影。


GEDC3690.JPG


GEDC3691.JPG


どちらも博多湾の湾奥ではなかなかのサイズでしょう?


この時点でコレくらい釣れました。


GEDC3689.JPG


1時間もかかっていません。


しかし、その後はアタリすらなくなりました!!!??


本当にアタリすらないのです。


つい10分ほど前ぐらいまで入れ食い常態がこの状況の変化に私も首を傾げました。


その後は3匹釣れました。


GEDC3692.JPG


トータルで17〜21センチのメバル23匹


短時間勝負にしては、最近あまりない、なかなか秀逸な出来栄え??


昨日の箱崎漁港の渋いアタリとは隔絶のメバルらしい大胆なアタリを堪能できました。


帰りがけに再び須崎埠頭の西側に立ち寄りますと、クルマだらけ!


GEDC3693.JPG


「タチウオ・フィーバー」で釣り人がたくさん。


クルマを降りて状況を眺めている際にもお二人の釣り人がタチウオを釣り上げました。


写真撮影はしませんでしたが、なかなかのサイズ。


次回、タチウオと言う選択肢もありかもね?


PS


私のマネをしてメバルを狙う方がいるとすれば、ボウズは覚悟してください。


かなり、難易度が高いです。


私が腕利きなワケではございません。


このポイントに20年以上通って、状況を熟知しているからだけ!!


メイタ〜チヌなんぞ問題外にTPOが揃わないと釣れません!1匹も!


チヌにはまっている方からすると「メバルなんて・・・、」と、言うかも知れませんが、そのような方は恐らく1匹も釣れないかも。


チヌやスズキ釣りに飽きた男が言うのです。


ピンポイントでワンチャンスの繰り返しです。


メバリング??


恐らく、釣れません!!


そのようなポイントではございません。



























































posted by ジャズ、フィッシュ at 23:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

H24年10月18日木曜日の釣り

今月の18,19日と仕事は連休をいただいていましたので、単身能古島に渡り、夕方5時が干潮であるために、4時ぐらいにの能古島に着くように家を出ました。


もちろん、途中ポイント築港店でエサを調達して・・・。


ところが、旧3号線を走っていますと、街路樹が大きく揺れています。
かなりの強風!!


エサを調達して須崎埠頭に行きますと、クルマののドアも開かないほどの強風。


海は大時化!!


この時点で能古島に行くことを断念しました。


妻には「明日も休みなので、今日は少し遅くまで釣りをさせてね!」と、おことわりを入れておいたのがこのザマ。


仕方なく大時化の須崎埠頭の西側で竿を出してみましたが、こんな状況ではメバルなど釣れるはずもなく、
水深8メートルぐらいの底でアタリがあって、上がってきたのはこの方。


GEDC3679.JPG


25センチほどのタケノコメバル


なぜか最近須崎の西側の底付近にいます。


15分ほど竿を握って、ウロチョロしましたが、波がバシャバシャで、メバル釣りには最悪な条件なので、ココをあきらめてある場所に移動することといたしました。


ココなら強風の影響も少ないかと・・・・!



その場所は箱崎漁港


エサをつけて落とし込むと、「カツ、カツ、カツ・・・・」と、マシンガンのような断続的な小さなアタリ。


犯人は100%予想通りコイツでした。


GEDC3680.JPG


落とし込み釣り師にとって一番厄介なチイチイフグ。(クサフグ)


箱崎漁港はどこにエサを落とし込んでも「チイチイフグ パラダイス」と化していました。


ですが、強風のため他に行くところもないし、紺色の帳が下りれば、メバルは必ずこのような悪条件であれ、必ず現れる・・・・・と、ふみました。


「Believe(ビリーブ)!!」です。


箱崎漁港の水銀灯が着くのは今の時期ですと6時ぐらい。


まだまだです。


真っ暗にならないと、このポイントではスレたヤツラは登場いたしません。


そうしているうちに、私のこのサイトをご覧下さっている方が登場し、「JAZZFISHさんですか?」と尋ねられました。


いつものハンドメイドの竿と、くたびれたボロなバッカンでお分かりいただけたようでございます。



丁度その頃は、時合いを待っている最中でした。



エサを付けて落とせば、100%チイチイフグの餌食になる状況でした。



彼がバナナ埠頭に行かれるとのことで、その場を立ち去った後も私は暫く竿をほったらかして暗くなるのを待っていました。


ボラの稚魚と思われる帯状の大群が漁港内に向かっています。


GEDC3681.JPG


その群れを襲う40センチ程度のセイゴが数匹いました。


弱肉強食の世界はこんなところでも繰り広げられています。


暗くなれば、メバルが登場しますし、メイタも登場するはず。
(そう信じるのが勘です!)


不思議なことにそうしますと、チイチイフグはなぜか、いなくなります。


30分ほどいろいろと観察した後で竿を出しますと、チイチイフグとは明らかに違うアタリが。


GEDC3683.JPG


たいしたサイズではございませんが、この強風で寒い中釣った1匹のメバルは私にとっては価値がございます。(苦笑)


その後、千差万別のアタリがあり、1時間で釣ったのが、


GEDC3685.JPG


手のひら程度のメイタと、


GEDC3687.JPG


メバル4匹。(タケノコメバルは須崎産)



たった4匹でしたが、とりあえず本命は釣れました。



帰るが帰るまで強風で風が冷たく、お世辞にも良いコンディションではございませんでした。



チイチイフグにエサを取られて、100グラムのアオムシが無くなった8時15分で納竿。


帰宅しますと、妻からは「遅くなるんじゃ〜、なかったとね!」と言われましたが、何も説明せずに風呂場に直行。
































posted by ジャズ、フィッシュ at 21:53 | Comment(2) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

落とし込み釣り〜私の場合〜 その2

落とし込み釣りの竿のお話の続きです。


私は落とし込み釣りは「点の釣り」であると思っています。


小さな防波堤ですと、釣れるポイントは魚種によってだいたい決まっていますよね?
埠頭でもだいたい決まっています。


つまり、ピンポイントで釣れないときは、「移動を余儀なくされる釣り」でもあります。


こんなときにイチイチ仕掛けを切って竿をクルマに放り込むことの空しさ!!


コレこそが、近場釣り師の最大の難点。


私は同じ埠頭内であれば、運転席の後ろの窓ガラスをあけて、そこに竿尻を入れて、竿を伸ばしたまま移動しています。


なので迅速に竿がしまえて、迅速に竿が出せる竿が昔から欲しいのですが、残念ながらいまだにございません。


私の知人が自慢げに、磯竿を改良して、「コレならすぐに竿を縮めたり、伸ばしたりできる!」と言うシロモノを見ましたが、100%使いたくないようなゴツイ竿でした。(苦笑)


普通の磯竿のトップを白いソリッド穂先に替えただけのシロモノでした。
ガイドはそのまんま。


「1本作ってやろう!」と、私の磯竿を改造してくれたのですが、1度使ってクローゼットの中に封印いたしました。(苦笑)


振り出し式のまま収納するにはどうしても可動式のUガイド、可動式のミニクロガイドが必要です。


磯竿のような大きなガイドでは先絡みして使いづらいですし、2〜4番のガイドがずれて気が散るばかり。


あるいは通常の落とし込みの竿の穂先の細さの中通し竿が出来ても良さそうなものです。


あまり細くすると穴が塩で詰まったり、強度に問題がありそうなことは誰でも理解できます。


そこをどうにかしてクリアーできないのでしょうか?


私は落とし込み釣りの竿が基本的に好きです。


あまりやりませんが、小型のスピニングリールをつけて小型の電気ウキをつけてウキ釣りするのも磯竿よりも楽しいものです。


ウキ釣りの楽しさと落とし込み竿の柔らかさで引き味を数倍楽しめます。



ですが、予め仕掛けを作ることが出来ません。


すぐにしまうことも出来ません。


この厄介さが釣り人を遠ざけている原因の一つではないでしょうか?


「簡便な落とし込み竿の出現」を期待したい!!


JAZZのスタンダードナンバーにも、「Somday My Prince Well Come」(いつか王子様が)と言うのもあるんだよ。


メーカーの方、お頼みしますバイ!!


















posted by ジャズ、フィッシュ at 01:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

落とし込み釣り〜私の場合〜 その1

今回から途中近郊に釣りに行った記事を除いて、「私流の落とし込み釣りの解説」をしてまいります。


今現在日本シリーズのCS2日ハムVSソフトバンクの真っ只中。
3−2で負けています。


そんなことは妻子に任せるとして、・・・・私はこの記事を書いています。


まず、落とし込み釣りに必要なタックルの竿から解説しますね。


私がクルマに積んでいる落とし込みの竿はこんな感じです。


GEDC3663.JPG


観察力が鋭い方は、どこでこの写真を撮影したかが、お分かりかもしれません。


そんなことも、どうでも良いのですが、2・7メートルから7・2メートルまでの落とし込み竿を5本積んでいいます。


TPOにあわせて竿を変えるつもりで、クルマには積んであるだけで、たいていはこの竿を使います。


GEDC3664.JPG


リールのことは後述しますが、今回は竿のみにお話を絞ります。


この竿はハンドメイドの竿で長さが2・7メートルです。


「どうしてこの竿を作ったのか?」と、いうこの竿の誕生秘話は、その当時姪浜漁港によく通っていて船溜りのロープが張り巡らされたポイントでは当時私が愛用していた4・2メートルの落とし込みの竿がなんとも使いづらかったからなのです。


釣具店に言ってもその当時は2・7メートルの落とし込みの竿など皆無でした。


しかも私が欲しかったのは関東風の先調子の竿ではなく、あくまで竿先がペランペランの柔らかいモノ


そのような竿は皆無でした。


ダゴチン竿も幾つか購入しましたが、アワセが効かないほど穂先が柔らかすぎて、使い物になりませんでした。


だから・・・・、「コレはもう自分で勝手に作るしかない!」と思って、作ったのです。


もちろんコレが初めてではなく、この前に数本の竿も作りました。


それは渓流竿にミニクロガイドとリールシートを取り付けた竿なのですが、最悪なのは軟調のハヤ釣り用の4・5メートルの竿にミニクロガイドとリールシートを付けたモノでした。


軽くて、抜群の感度なのですが、たかが35センチ程度のメイタを釣るのに何分もかかりました。(笑)


「面白い!ちゃー面白い!」のですが、群れを散らすだけ!


更に、たかだか40センチ程度のセイゴにもいい様に弄ばれた挙句、ハリスを飛ばされることも多かった記憶がございます。


コレには心底腹が立ちました!!


このハンドメイドの竿は失敗作でした。


ココで私が学んだことは、「軟すぎてもいけないこと」です。


落とし込み釣りでは竿先から1メートルの穂先がアタリを取る上では重要なのですが、あまり軟すぎますと、「アワセが効かない、かえってバラす!」と、いうことを、いやというほど体験いたしました。


とにかく「軽くて、柔らかい方が、タメが効いていいのではないか?」と、いう当時の私の目論みはことごとく粉砕されました。(笑)


「柔らかい竿=食い込みが良い=たくさん釣れる」と、いう浅薄な考えは雲中霧散となりました。(笑)


感度が良いに越したことはございません。


ですが、アワセが効くということと、タメが効くということの3拍子揃う竿はなかなか無いですよね?


竿が命といっても過言ではない釣りなので、私は関東風の竿も含めて20本以上は持っていますが、どれもコンプリートなモノは皆無です。


どこかが良ければ、どこかが悪い!


がまかつだろうと、ダイワやシマノだろうと、私が納得する竿がなかったのです。


「ないモノねだり」は、いけないので、ハンドメイドしかないですよね?


私は市販の竿は常々リールシートの位置が竿尻から離れすぎていると、今でも思っています。


私なりに思うのは竿尻から10センチ程度のところにリールシートが付いている方が、アワセ易いですし、
「肘宛なんぞ・・・・要らない!」とも思うのです。


まあ、専らメバルを主体に釣っているので、そう思うだけなのかもしれませんが、この竿で50センチオーバーのチヌや70センチオーバーのスズキも釣り上げる事が出来ました。


釣りのスタイルが違うのかもしれませんので、勝手なことを言わせていただきますと、私には肘宛なんぞ不要です。


リールシートと竿尻が離れすぎているから無理して肘宛を付けている様な気が致します。


邪魔なだけ!!(くだらんパーツをつけて価格を吊り上げるな!とだけ、申し上げます。)


リールをオールフリーの状態にしておけば、何ら問題ございません。


バレたところで、たかが45センチ〜50センチ程度のチヌなど・・・・・、どうと言うこともないはず。



チヌを釣ったことの無い方には暴言かも知れませんが、釣れるときはバカでも釣れるサカナです。



道具を買わせる為にチヌのこと神格化したような記事を書いているメーカーのカタログがございますが、そんなのは・・・・・・!!??



「警戒心が強く、憶病で・・」などというのは、少なくとも私がこの釣りをしている限り感じたことは一度たりともございません。(キッパリ!!)


釣れないときは釣れませんが、釣れるときは初心者でも釣れます。


シンプルに言いますと、それだけのサカナです。


不思議なもので、メバルを主体に釣っている時に大きなチヌが掛かった時は、ハリスが切れない程度にバレてくれれば良いのに・・・と、思うときほど・・・・・なぜか釣れます。(苦笑)


「今日はチヌの大物を釣るぞ!」と、いうときに限って、クサフグの猛攻に会ったりするものです。(苦笑)


(私にとってはどうでも良いのですが,ソフトバンクが負けたようです!)


竿に関しては、まだまだ言及するところがたくさんございます。


で、なければ、ハンドメイドの竿を作ったりは致しません。


*ハンドメイドの竿ですら理想からかけ離れています。


理想論かもしれませんが、もしも釣り竿のメーカーの方がご覧になられていたら、次の記事は一消費者としての意見ですので、参考にしていただくと有難いものです。







































posted by ジャズ、フィッシュ at 23:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ひで様からのコメント」の回答 その1

過日、ひで様から「落とし込み釣りを教えてください!」とのコメントがございました。


実は私も本名は「ひで●●」と申します。


コレも何かのご縁だと思います。(笑)


その前に我が家やは今現在、日本シリーズのCSのファーストステージので妻と息子がリビングでテレビに貼り付いています。(苦笑)


私が、「お〜い!!」と、部屋から呼んでも・・・・、知らん顔。


まあ、仕方ございません。(苦笑)


別にどちらが勝とうと知ったことではないのですが・・・・・、
私としては、ホークスが負けて悔しがリ、落胆する妻子の姿を見たくないだけです。


それはともかく、「落とし込み釣りについて教えてください!」と、のコメントでした。


私が30年近くかけて、かなりの本・雑誌を読んで、自分なりに実践してたどりついた「私の落とし込み釣り」でよろしければ、お教えしたい致します。


随分前の記事で一応のことは書いた記憶がございますが、いかんせんこのサイト自体私が50歳になって、キーボードを右人差し指1本打ちしていた頃からのサイトなので、カテゴリーなど全く気にせず、書くこともなく、タグなども全く書くことなくして書いてまいりました。(汗)


(そんなこと、知らん!と言うレベルでした。)


今回の記事で771回目です。


SeeSaaブログさんには大変お世話になり、ご迷惑をおかけしているはず。


アップした写真も前回の時点で2003枚。
(我ながらつまらん写真を2003枚以上も撮影したのです)


アーカイブを遡及してカテゴリーをまとめる気にすらなれません。(笑)


もうこのサイトはこのまま突っ走るしかないサイトのです。


でも、これからカテゴリを加えることができます。


と、いうわけで、次回からはキチンとカテゴリを追加して読者の方に読みやすいサイトにしていきます。


ひで様の質問は当然の質問です。


私がどこで何を釣ったと記事を書いても、仕掛けもわからないのでは不親切ですよね?


今、妻子がリビングで吠えています!!
(二人で絶叫!)


9回の裏に西武ライオンズの誰だが知らないですが、ホームランを打ったようです!!



まだ・・・・・3−2でホークスが勝っている模様。



でも、ホークスが勝ったようです。



まあ、一安心。


次は日ハムですが、「落とし込み釣りの釣り方の特集」を書いていきます。





























posted by ジャズ、フィッシュ at 23:18 | Comment(1) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メバル・ハンターは今日も・・・!

土曜日の今日は絶好の釣り日和でした。


いつと同じように夕方から須崎に向かいました。


西側のいつものポイントで竿を出しますと、すぐに釣れたのがこの方。


GEDC3671.JPG


丸々としたちょうど20センチぐらいのナイスなメバル


その後、須崎の西側ではメバル3匹と30センチほどのセイゴを釣りました。


セイゴはリリース。


6時半ぐらいにいつものメバルの鉄板ポイントに向かいましたが、二人の釣り人が丁度そこでセイゴ狙いでウキ釣りをしています。


間に入って釣るまでもないので、その場を撤収。


東側の前回竿を出していないポイントに向かいました。


すぐに釣れたのが、この方。


GEDC3674.JPG


2歳魚の手のひら+尻尾のメイタ。


すぐさま、海にお戻りねがいました。


ココでは、たいして釣れませんでした。


GEDC3676.JPG


須崎の西側で釣った釣果と合わせてこの程度。


GEDC3677.JPG


たいしたことがない釣果です。


さすがに風が無く絶好の釣り日和とあって、釣り人がたくさんいました。


至る所に・・・!


皆さん思い思いの釣りをされていました。


私の釣りのスタイルはピンポイントを狙い打ちする狩猟型の釣りですので、釣り人がたくさんいる日には向いていません。


皆さんそれぞれある程度の距離をおいて釣りをされていますが、ジコチューではございませんので、ソコでは竿を出しません。


人がたくさんいるような土日・祝日は私の釣りは基本的に向いていません。


勝手気儘にA地点からB地点へと移動できる日でないと・・・。


それにしても、メバル釣りは何百回やっても楽しい!!



























posted by ジャズ、フィッシュ at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

二つのコメントに対する回答 その1

たける様とひで様のお二人の方からコメントを頂きました。  (ありがとうございます。)


回答が遅れましたし、コメント欄は案外書くのが面倒なので記事にて解説させていただきます。


たける様から、次のようなコメントを頂きました。

⇒いつも見させていただいてます。
かなり、ほんとに参考にしてます。

私も須崎埠頭に行きました。

ハゼ1匹でした。

その後、
風が強すぎて長浜魚市場の向かいに行きました。

あそこは明るいうちは釣れない場所なんでしょうか…

ピクリともしなく、あきらめて帰りました。

おとといも同じ場所に行ったんですが、鯵3匹・・・。


まだまだ福岡では釣り歴の浅い男です。
よろしければ意見をお聞かせください。


・・・・・とのコメントが届きました。


どのような釣り方をされているのでしょうか?
それによって回答が違って参ります。

サビキ釣りでアジゴ?
それとも投げ釣りでハゼ?


アジゴをたくさん釣りたいのであれば、前回ご紹介しました須崎の先端の一番右側が最有力ポイントです。


GEDC3646.JPG


私がここで気合を入れて?アジゴを釣るときは、だいたい今の時期ですと、夕方4時ごろに現地に着くように出かけます。


理由は2つ。


1つは、朝マズメ、夕マズメが食いが良いからです。


真昼間でも釣れないことは無いのですが、ダラダラと散発的にしか釣れません。
1時間で2〜3匹とか。(笑)


昼の11時ごろから3時ぐらいまで釣りをするというのが最悪のパターンです。
(地獄を見ます!!)


いかな腕利きでも、数は期待できません。


時間を誤ると釣れるものも釣れません。


2つ目はエサ代が安く済むと言うこと。


短時間勝負で臨めば、アミは少なくて済みます。


釣れない時間帯ですと、いくらマキエを撒いても徒労に終わることが多いです。


次に長浜魚市場の向かいでは、失礼ながら私は昼間にはほとんど釣りを致しませんので、状況は分かりませんが、このポイントは4月から6月にかけて夜釣りで、セイゴ〜スズキが釣れるポイントであると認識しています。


それ以外の月では、よほど強風の北風でもない限り竿を出しません。


湾奥の更に湾奥ですので、クルマ横付けで釣り易いポイントではありますが、セイゴ〜スズキ以外はあまり狙わない、狙っても釣れない場所ではないか?と思います。



ハゼ釣りに関しては、須崎埠頭で言いますと、一番東側の産業廃棄物の会社がある先ににクルマを止めて、福岡ボートの裏に当たる那珂川の河口で投げ釣りをされてみてください。


初めての方が必ず困惑する柴犬のナスがいます!!
(初対面ですと、とにかく吠えられます!!)


噛み付いたりは致しません。


慣れると可愛いヤツです。


福岡の都市高速の橋げた周りがポイントです。


それと、ハゼは必ず「上げ潮狙い」で釣りをしてください。


河口付近でハゼを釣る際は下げ潮になりますと、途端に釣れなくなることが多いものです。


コンパクトロッドを3本ぐらい出せば、数が揃うと思います。


私は基本夕方からしか釣り場に行かないので、潮など無関係に釣っていますが、サカナによっては上げ潮が良いサカナ、潮周りも大潮が良いサカナ、小潮・長潮・若潮が良いサカナといろいろございます。


しかしながらコレも基本原則に過ぎず、例外のほうが多いような気がします。(笑)


本や雑誌に書いてある通りにはならないことのほうが多いような気がします。



まずは、魚種を絞って、釣り場をウロウロして、釣れている方から釣れているサカナの情報を入手することが一番手っ取り早いはずです。


釣り場での情報は確かな情報です。


スポーツ新聞などに「須崎埠頭チヌ40センチ2枚」と書いてあるだけでその全貌が分かる方などまずいません。


須崎のどこで、どんな仕掛で、何をエサにして釣ったのかが分からねば、まるで見当すらつかない情報です。


釣りをされる前に須崎をウロウロするのも今後のためには必要な行動では?と、思います。


たける様、ご参考になったでしょうか?

ひで様のコメントに対する回答は長くなりそうですし、写真を入れながら初心者向きに解説いたしますので、日を改めさせてください。


よろしくどうぞ。










































posted by ジャズ、フィッシュ at 13:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

緊急速報!!博多湾・湾奥の釣況&いつものマイペースな釣り

「5時からオヤジ」はグロンサンなど飲まずにポイント築港店にエサを買いに向かいました。


ポイントでいつものエサを買っていますと、代行の方が「須崎で今日28センチのアジが釣れたみたいですよ!!」とのこと。


須崎埠頭で28センチのアジが釣れるなど今まで聞いたことがないし、釣ったこともないので、心が揺らぎました。


クルマには凡そ陸っぱりからやれるあらゆる釣り具を入れています。(苦笑)


ルアーもエギもヤエンまでも・・・。


もちろん投げ釣り、サビキ釣り、カゴ釣り仕掛けも搭載。


タコテンヤもありますバイ!!(苦笑)


更に今年は博多湾の湾奥で今現在指4本、90センチほどのタチウオも釣れているとの事。


脳裏を駆け巡るのは日没までアジ狙いで、それから電気ウキでタチウオ狙い・・・・。


いやいや、いかん、いかん!!


私の使命は年間を通じて、妻の好物のメバルを釣るのが目標なのです。


もはや、チヌやスズキはバイプレイヤーでしかございません。


ですが、今日は妻が喜ぶもう一つのサカナを狙って須崎のあるポイントに向かいました。


GEDC3646.JPG


須崎埠頭の東側先端部分です。


アジゴ釣りの1級ポイントです。(春先はコウイカ釣りの皆さんが占拠します!)


個々から左に向かって30メートルぐらいが手のひら大のカワハギが釣れることが年によってあります。


なので、ポイント築港店で売られているハリの中では一番小さなウミタナゴ4号のハリを購入して、エサを付けて海底まで沈めました。


4〜5回してアタリがないので、この場所でのカワハギ狙いは即断念。(苦笑)


すぐに西側に向かい春先にメバルが釣れたポイントで2ヒロぐらいの範囲を探りましたがアタリなし。


ならば!・・・・・と、ばかり、海底までエサを沈めますと、竿先にゴツン、ゴツンというアタリが!!


アワセますと、コレがなかなか引いてくれます。


登場したのはこの方です。


GEDC3648.JPG


25センチほどのタケノコメバル


いつもと色が少し違います。


更に夕日が沈んでいくのを見ながら、ポイントを移動しますと妙なくわえアタリが!


エサを咥えたまま・・・・・じっとしています。


アタリは出ないのですが、ミチイトに微かなテンションが掛かりますので、なんとなく分かります。


アワセますと、この方でした。


GEDC3650.JPG


本命のメバル!!


18センチぐらいですが、プリプリと肥えています。


この付近で更に2匹のメバルを釣って、メバルの鉄板ポイントに向かいました。


浅いタナを狙って釣れたのは意外にもこの方々。


GEDC3653.JPG


24センチぐらいのクロと20センチほどのアラカブ


その後退屈しない程度にメバルが釣れましたし、2歳魚のメイタも数匹釣りました。


8時近くなったので納竿。


GEDC3654.JPG


メバルは皆計ったように18センチ程度。


ですが、確実に二桁はいます。


風が強くて波が高かったせいもあり、メバルはほとんど3ヒロから4ヒロの海底付近でアタリました。


しかもメバルらしからぬ極小のアタリ


3〜4センチのハゼの仲間かと思うほど小さなアタリでした。


このようなアタリのメバルはあまり好きではございません。


メバル釣りは浅ダナでギュイーン〜!!と、竿先を曲げていくメバルをポンポンと拾うように移動しながら釣る事が醍醐味です。


2ヒロぐらいですと、リールなど巻きません。


やり取りをして大きさを確認したら、余程のことがない限りメイタでもセイゴでもミチイトを持って抜き上げます。


そのほうが手返しが早いから・・・。


それはともかく、大きなアジやタチウオを釣るなら今です!


海はすぐに豹変いたします。


今日と同じ海は2度とございません。









































posted by ジャズ、フィッシュ at 23:26 | Comment(2) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

牧のうどんで反省会?

職場の釣り仲間と休みを合わせて今日は奈多漁港に行きました。


私が奈多漁港に行く時はいつもこの橋を通って行きます。


GEDC3633.JPG


飲酒運転撲滅運動の引き金になった忌まわしい事故が起こった橋です。



奈多に着いたのが7時頃ですが、既に納竿して帰る釣り人もいました。??


GEDC3634.JPG


先端部分に会社の仲間が既に3人竿を出していました。


なので私は、クルマを止めるすぐ近くの船溜まりを落とし込みで探りますと・・・。


GEDC3636.JPG

GEDC3635.JPG

GEDC3638.JPG


リリースサイズのいつものメンバー達!!


落とし込み釣りを30分で断念し、仲間のいる先端へ。


その途中、サゴシをジグでゲットしている方とお話を致しました。

GEDC3640.JPG

実は今日のメインターゲットは仲間の1人が昨年の10月に手のひら+尻尾のサンバソウ、一番大きなモノで30センチ越えを昨年数釣りしたので、奈多でサンバソウ狙いだったのです。


エサはアオムシでマキエなしのウキ釣りとのことで、ご一緒させて頂きましたが、釣れるのはコイツラばかり。


GEDC3644.JPG


カナトフグです。


仲間の1人がサゴシ狙いでジグを投げると、それにも・・・・。


GEDC3643.JPG


ハリスを切られて、ハリごと無くなるため皆戦意喪失


瞬時にエサとハリが無くなります。


GEDC3645.JPG


昼になり納竿して、奈多の「牧のうどん」で昼飯&反省会??



リベンジを約束したものの、海は1日たりとて同じ状況はございません。


去年釣れたので、今年も釣れる?とも限りません。(笑)


久しぶりに食べた「牧のうどん」が美味しかった!!


久しぶりに朝早くから釣りに行って職場の仲間と楽しいひと時を過ごし、うどんを食べに行ったと思えば・・・!!



































posted by ジャズ、フィッシュ at 19:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

幾つになっても釣りは前日が楽しい!!

明日は職場の仲間達と休みを合わせて釣りに行くこととしています。


今回は私が主催者でないため、お気軽・お手軽・お気楽・・・・!!


皆で行く時は基本的に釣果はあまり関係ありません。


GEDC3632.JPG


私の部屋のベランダから空を見上げますと、ほとんど雲のない快晴。


しかも風もなくて最高の天気です。


明日もこんな天気だと良いのですが!!


懸念材料は和白の釣具屋さんに朝5時集合!!


基本早起きなのですが、和白に5時までに行かねばならないとなりますと、遅くても4時起き。


自分のペースを崩したくございませんし、神経質な妻が100%目を覚ましますから、私は皆より2時間ほど遅れて釣り場に向かうことと致します。(笑)


テメエ勝手な男でございます。


話は変わりますが、つい先日職場の女性の息子さんに姪浜界隈のポイントを教えましたら、
キス・メイタ・メバル・・・を27匹釣りました!!とのご報告が。


この息子さん、海釣りはほとんどしたことがないそうですが、コレまでバスつりをやっていたので飲み込みが早いようでございます。


こつを少し教えただけで単独釣行での釣果。


たいした釣具も持っていないはずです。


こういう青年と知り合いになりますと、私はお気に入りの道具をプレゼントすることにしています。


釣りバカが一人でも増えてくれれば・・・との想いで。


幾つになっても、釣りは前日のイマジネーションとシュミレーションが楽しい!


















posted by ジャズ、フィッシュ at 09:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初めての居酒屋に感動しましたバイ!!

過日、と申しましても、つい一昨日のことですが、学生時代のJAZZが好きな仲間と居酒屋で超久しぶりに集まりました。


中には中学からの同窓生もいて、「楽しいひと時」と「辛らつなひと時」を味わいました。



中学からの同窓生のG君は早い時期に離婚して、今現在甲状腺のガンになっているとのことです。
所謂バツイチなのですが、コレが全くモテナイ!!(苦笑)



彼には30代半ばに釣りを教えたのですが、全く今はやってもいない様子。



会うと必ず高校時代の誰がどうした・・・だとか、あまつさえ中学時代の誰がどうした・・・だといった話ばかり・・・・・。


中学生の頃、殴り合いまでした親友が、話す内容が同窓生の死の話や同窓生の今の現況


誰それが、北九州市役所で出世している?だとか・・・・、誰それが、亡くなっただとか・・・。


失礼ですが、私は興味も関心も0%です。


彼が、雄弁に話している時に終始無口で知らん顔していました。


「コイツはいったい何なんだ?」とも、改めて思っていました。


「妻子がなく、無礼極まりない言いたい放題のウスラバカ」にしか見えない親友を見て、心に悲しい物質が沈殿いたしました。


私は長男ですが、彼は次男。


バツイチの彼と話など合うはずもございません。


背負っているものが全く違うのです。


この年になりますと、少なくも私は学歴だとか会社の役職だとかで人を判断致しません。


フリーターで生計を立てているような方でも見下したりはしませんし、同窓生が福岡証券上場の会社の社長にもなりましたが、凄いとも、立派だとも思いません。


負け惜しみではございません!!!


人にはそれぞれ与えられた使命があるのでは?


大学の同窓生には銀行の支店長以上や、文部省のお偉いさん、学校の校長を経て教育委員になっているヤツや、市役所、県庁でたいそうな役に就いているヤツもいますが、私にとっては無関係ですし、こいつらを頼ることもありませんし、頭を下げることも生涯ございません。コレは間違いございません。


それが気になるヤツはそんな世界で生きれば、良いだけ。


私は彼らを利用して、彼らに媚を売ってどーの、こーの、しようなどと思ったことは一度もございません。
これからも100%ございません。


釣りバカは本当のバカなのでしょうが、既得権や世襲などと言う言葉が大嫌いです。


今日の民主党の組閣人事を見て更にガッカリ!!


本当にこの党は下野するどころか・・・・・・・・・・。
マニュフェストのたった一つも実行できなくて、何を今更・・・・!!!


この方が昔の武士でしたら、全員割腹しているはずですよね??


何を今さらほざいているのでしょうか??


私には彼らの言うことなどたった一つも信用できません!!(キッパリ!)


本当に国民のことを考えているいる方などいますか?


所詮自分の保身ばかり・・にしか思えない人事。


前回の衆議院選挙で民主党のある方に投票した私は完全なるピエロでございました。


話は変わりますが、このサイトをご覧下さい。
http://www.qetic.jp/blog/pbr/archives/3654


コレをあなたがどう思うかは、ご勝手です。


私も半信半疑。


ですが、「こうならなければ・・・良いな!!」と、思っています。


正直、今の政治家の顔ぶれと言行をみますと、とっても不安です。


私の単なる妄想で終わるに越したことはございません。
それが何よりです。


楽しかった??飲み会はココでいたしました。


http://r.gnavi.co.jp/f536500/?sc_cid=tnp_ml

話の内容は不愉快でしたので、私はほとんど沈黙でしたが、料理は美味しかったです!


天神界隈から近い穴場的存在です。


しかも、高くはございません。


美味しい魚料理をいろいろと食べたい方にはおススメのお店でございます。


日本は憲法で思想及び言論の自由を保障されています。


憲法は最高法規です。


くだらん政党や企業の規則など憲法の前では、コレに抵触すれば論外です。


特に人権規定に反する内容はすべて法律としても無効です。










































posted by ジャズ、フィッシュ at 23:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。