博多区・須崎埠頭でメバル探査!!

あえて博多区・須崎埠頭と書いたのには理由がございます。

福岡の都市高速天神北ランプの北側が、何で中央区ではなくて博多区なのでしょうか?

小市民の私&凡夫の私には竹島・尖閣諸島の領有権問題よりも悩まされます。(苦笑)

そんなことはどうでも良いとして、久々に須崎埠頭にお散歩&メバル探査に行きました。

実釣り開始は、仕掛けがかろうじて結べる夕方の6時20分。


最初に竿出したのは、5〜6月にスズキで賑わった長浜のサカナ市場の対面


GEDC3614.JPG


潮も上げ潮みたいで、潮見表など近頃見なくなった私にとっては千歳一遇のチャンスかも?


GEDC3615.JPG


オンボロ船舶が停泊している隙間にはメバル・アラカブ・メイタ・セイゴ・タケノコメバルのどれかがいるはず!!

いかにも釣れそうな雰囲気の元、仕掛けを速攻で作り、エサをつけたハリを底まで沈めて、タナを上下しました。

しかし・・・・!

なんにもアタリなし!!


50年近く釣りをやっている私の勘など、こんなもんでございます。(苦笑)


短気な私は5分で15メートルぐらいを探り、この釣り場を諦めました。



次に、須崎埠頭のメバルの鉄板ポイントに行ってエサを投入しますと、すぐに・・・らしき、アタリが!!


GEDC3616.JPG


お目当てのメバルが、やはりいらっしゃいました!


GEDC3617.JPG


立て続けに3枚とれたのは良いのですが、その後はコイツラの猛攻!


GEDC3619.JPGGEDC3618.JPG


当歳と2歳魚の中間クラスのメイタばかり・・・・。
勘弁していただきたい!


その後、かろうじて、もう1匹のメバルを追加して再びポイント移動。


西側の排水溝まわり。


絶対に何かがアタルのですが、「絶対」という言葉はタブーでございます。


ココもアタリゼロ!!


ココは3分で移動。


東側の水銀灯が明々と点くやはり排水溝周りで竿を出しますが、何とここでもメバルはおろか何もアタリません。


須崎埠頭最後のポイントに行きました。


ココはド干潮からの切り返し2時間ぐらいからが時合いなのですが、既に時刻を過ぎています。


しかし、1ヒロぐらいのタナで釣れたのがこの方々。


GEDC3622.JPGGEDC3623.JPGGEDC3625.JPG


メバルはもう1匹追加。

チーバスは予想外でたったの1匹のみ。

20センチほどのメイタは5枚釣れましたが、セイゴ君同様我が家にはお持ち帰りできませんので、リリース。


丁度8時頃に大きな波が打ち寄せて、仕掛けが空洞の中に入り、根掛かりして切れましたので、納竿。


近くに水銀灯の灯りもありますが、年を重ねますと暗がりで仕掛けを結ぶのが難儀。


大局的に考えましても、メバルがたくさん釣れるような雰囲気でもございません。


20センチ程度のメイタは数が出るとは思いますが、釣ったところで・・・・・・・。


まあ、来年のためにも素早くハリを外して、優しくリリースするのが何よりです。


メバルはトータル6匹。


妻が食べるにも、捌くにも丁度良いような数かも?




































posted by ジャズフィッシュ at 23:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

台風16号のあと片付け&夕方からの散歩釣り

台風16号で我が家のベランダの観葉植物はかなりダメージを受けました。

GEDC3598.JPG

大きく育ったアロエはなぎ倒されてしまいました。(涙)


GEDC3601.JPG

大きく育ったお金のなる木も強風で曲がってしまいました。(涙)


風裏にあった観葉植物はことなきを得ましたが、被害甚大


そんな中でもすくすくと増えているのが、このサボテン

GEDC3599.JPG

鉢からはみ出していますが、分けて植えようにもハリが痛いのでほったらかし。


どうなっても、知りませんバイ!!

・・・と、言うワケで今日はベランダの修復に何と3時間も費やしました。


夕方6時から妻の好物を釣るために出陣。


ポイント築港店でアオムシを50グラム購入して最初に行ったのが中央埠頭の海上保安庁の船が停泊している付近


春先にはメバルが釣れたポイントなので、いるかな?と、思って竿を出しますと、すぐにアタリがあり、竿を曲げてくれたのはこの方です。

GEDC3606.JPG

30センチほどのセイゴ

すぐにリリース。

その後も20センチほどのチーバスや当歳メイタ、20センチほどの2歳魚のメイタが釣れましたが、写真も撮らずにリリース。

ヌルヌルの手でデジカメを触る気分でもございませんでしたし・・・。


30分で、この場所を諦めて、昨年デカメバルをバラしたポイントに暗くなってから移動いたしました。


釣れるのは釣れるんですが、大物はいません。


GEDC3609.JPG


一番大きなメバルで20センチぐらい


しかし、この時期にメバルを5匹釣るなど、ラッキーです。


3匹は際ですが、2匹は前打ちのように遠くにエサのついたハリを投げ込み、ケミホタルをつけたタナを維持しながら手前に寄せる途中でハリ掛かりしました。


「このようなアホな釣り方はどんな本にも書かれていないはず!」です。(苦笑)


この釣り方ではこいつが邪魔をします。


GEDC3607.JPG


20センチあれば、それはそれで真剣に狙うのですが、15センチ程度ですと、どうにもなりません。


際を狙うと、20センチ程度のキビレが釣れますが、即遠くにリリース。


今日も8時になり納竿。


実釣1時間程度でしたが、退屈しない程度にアタリがありました。


妻のお気に入りのメバルが釣れて、クルマの中でお気に入りのJAZZを聴きながら帰宅♪♪♪



































posted by ジャズフィッシュ at 00:25 | Comment(1) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ご存知の方も多いかもしれない西新の甘太郎。

私は、気に入ると同じお店に足繁く通う習癖があります。

昼飯もだいたい同じ店に通い、同じ物を食べます。

なので、お店の方には100%覚えられます

中には親しくなった店員さんから「飽きませんか?」と、揶揄されることもございます。(苦笑)

意識しているわけではございませんが、転勤先では常に昼飯を食べに行くところのご主人と仲良くなり、かれこれ28年も前に小倉の有名な鳥町食堂街でお店をしていたご主人・奥さんと当時、飲みにまで行き、今でも賀状を交わす仲になりました。


だいたいいつも同じ時間に登場して、いつも同じメニューを頼むからすぐに顔も、名前も覚えられます。


もちろん、気に入ってから行くのですから、気に入る店を見つけるまではウロウロはするのですが・・・。


今回西新の変わったお店に行きました。


天気が良いので散歩がてら・・・。


以前から気になる「ちんめん」と言う名のラーメンがメニューにあるお店。


気になっていました。

GEDC3596.JPG


私が、大学生だった頃にあったのかどうかも分かりませんし、記憶にはございません。


そこに入り、オーダーしたのが「ちんめんセット」なるもの。


まず、たこ焼き4個が出てきて、次に醤油ラーメンの「ちんめん」が出てきて、デザートにあんみつが出てまいります。


これで580円!


キビ団子があんみつの真ん中に乗っていました。(笑)


たこ焼き+ラーメン+あんみつのセットなど50年以上生きてきて、初の組み合わせです。

フリー・ジャズ・ピアニストのセシル・テイラーのライブ「アキサキラ」を聴いて以来のショック!!


左党の私に昼からあんみつ?(苦笑)


一つ椅子を挟んで私の左の椅子に座った20歳ぐらいの常連と思しき青年が、妙なご飯を食べていました。


「それ、何?」と、聞くわけにもいかず、お金を払い店を出ましたが、気になって仕方ございません。


皿に盛られ妖しげなめし!!


あれは何なのか?


アレを突き止めねば、気がおさまりません。(笑)


昭和30年〜40年代の趣があるお店です。


なんだかはまりそうな自分が怖い!


お店の中に水槽があり、何故だか、手長エビだとか、小さなフナ、小さなハヤが泳いでいました。


まさに、フリー・ジャズの世界。


こんな整合性のないお店が何故だか好きです。















posted by ジャズフィッシュ at 00:24 | Comment(1) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋の味覚と言えば、何を指すのでしょうか?

朝夕が過ごしやすくやすくなりました。

寝るときに扇風機をつけていますと、朝方は寒さで目を覚ますほど。

食欲の秋、味覚の秋、勉強の秋、収穫の秋・・と、秋は実り大き季節です。

皆さんの食卓に、既にサンマ、梨、栗、松茸・・・などが置かれましたか?

と言う言葉がございますが、昨日今日始まった言葉ではございませんし、エネルギーがいっぱい詰まった食べ物が旬の味覚です。

中国では医食同源と言う言葉もありますが、私はこの言葉が大好きです。

食べ物が病気を防ぐと共に、恐ろしいことに病気をも引き起こします。

過日書店で「好きなものさえ食べていれば病気にはならない!」みたいなタイトルの本が置かれていて、妙に気になりました。

どこかのCMのシロクマじゃありませんが、「ほんまかいな?」などと関西弁で思ってしまいます。(笑)


話がいつものごとく核心から離れました。


我が家の秋の味覚の一つがこれです。


GEDC3592.JPG

「モクズガニ」です。

人によってはモズクガニという方もいますが、正式名称は「モクズガニ」というだけで、おかしなことにモズクガニというのもOKみたいです。


妻は高宮や百道にあるスーパー「ボンラパス」のことを今でも「ボンパラス」といいます。(苦笑)


50歳を超えると、「それって、ボンラパスじゃなかと?」などと、不粋なことは申しません。


我が家のスラングだど思っています。(苦笑)


博多では「モクズガニ」のことを「ツガニ」と呼ぶのが一般的です。


このツガニは秋に美味しいとされてます。


GEDC3594.JPG


ふんどしをみれば、これがオスであることは一目瞭然。


この時期のオスのミソが美味しいのです。


GEDC3595.JPG


食事の前に、我が家では台所のシンクの周りに親子3人が揃って、黙々とツガニを堪能しました。


カニミソは美味しいのですが、なにせ小さなカニですから食べる身はほとんどないのですが、旨い


カニを食べるときは、なぜか無口になります。


手はベタベタ、口の周りもなんだか気持ち悪い!!


親族だけにしか見せられぬ汚い食べ方の極致でございます。(笑)


今年もツガニを食べて一安心。


我が家では、秋の味覚はほぼ制覇いたしました。


家内は美味しいものを食べる夢をよく見るそうです。(笑)


私は、そのような夢50年以上も生きて1度も見たことがないのですが・・・。


月日(つきひ)は百代の過客(くわかく)にして、行きかふ年(とし)もまた 釣り人なり??


季節の移り変わりも、日が経つのも本当に早いですね〜!


台風16号それると良いですね〜!!





























posted by ジャズフィッシュ at 00:10 | Comment(2) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メバル狙いの315円オジサンの目論みは海に消えた!

 釣具のポイント築港店では、315円オジサンと言われているかも??


ここのところ、アオムシ50グラムしか買いませんので・・・。


どうかすると、50グラムでも多いくらい。(笑)


安近短釣り師は釣具屋のお茶濁し的存在かもね?


今日ももちろん、妻の大好物のメバルを狙いに例の場所に行きました。


GEDC3586.JPG


もちろん私以外に誰も、釣りなどしていません。


釣れる釣れないは無関係に、釣り人がいないところが気に入って、ここに行っています。


何もかも忘れて釣りがしたいし、他の釣り人との社交辞令も面倒クセェ〜からです。


GEDC3587.JPG


いつ買ったか忘れてしまった6Bと3Bのガン玉をケースに補填。


ほとんどアタリすらない中、最初に竿先に鮮明なアタリが出て海水を割って登場したのはこの方でした。


GEDC3589.JPG


箱崎漁港名物のタケノコメバル


9月でも、タケノコメバルと言う名前とは??


それからすぐに日が落ちて、前回メイタの40センチが釣れたポイントに仕掛けを落としますと、竿先にを感じます。


何かがエサを食っているのをイメージしながら、更に竿先が曲がったところでアワセました。


スプールからイトが出ますが、すぐに止まりました!!


リールを巻きますと、沖に向かって走り始める方


なかなか良く引いてくれますし、浮いてきません。


案外、良い型かも?などと思って、強引に空気を吸わせるために海面に浮かせると、ガッカリサイズのメイタです。


こんな小物の時に限って、タモがすぐ傍にあるんですよね?


速攻、1発で、小さいメイタをタモ網の中に!!


GEDC3573.JPG


35センチほどのメイタです。


小さいくせに引きだけはイッチョマエ


前回と同じくハリはジゴクに掛かっています。


これじゃ〜、いかに私がヘボ釣り師でも逃れる術はございません。


ハリを外し、前回同様ビックベンが停泊している横に優しくリリース。


水銀灯が照らす海面で、あまり大きくはない魚がライズしています。


いよいよメバルの到来か?と思いきや、釣れたのはこの方です。


GEDC3590.JPG



個人的にハリに掛かって欲しくないNO1の20センチほどのチーバス


一気に興ざめました。


メバルではなくこいつか!!などと、ブツブツ独り言を言いつつ納竿。


今日もメバルの気配はゼロでした。


神よ、妻の大好物を釣りきらない私よ許したまえ!


帰りがけ、いつもの自販機を避けて、船舶免許を取る場所の前に自販機の前にクルマを止めて驚愕!!

GEDC3591.JPG


ここにも、仮面サイダーが売られていました。


博多区の私の住まいの近辺には仮面サイダーが売られている自販機はございません。


不思議でんな!































posted by ジャズフィッシュ at 22:07 | Comment(1) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アスペルガー症候群の釣り人に妻のメバルゲットの出撃命令!!

人は年を重ねるごとに、何故だか早起きになります。

そのうち、ずっと寝るハメになるかも知んないし、もしかしたら永遠に目を覚まさない存在になるかも?知れないからかもね!

朝起きて前回のセアカゴケグモ・ハイイロゴケグモの記事を書いたのが6時過ぎぐらい。

それからずっと、ずっといろいろな記事を書いていて、気がつくと夕方の5時。

もちろん、途中昼飯は食べますが、11時間もキーボードを打ち続けている私を見て妻が、「いい加減にしときなさい!病気になるけんね!!」と、厳罰注意!!

夢中になると、寝食を忘れて何かに没頭してしまう悪癖がございます。

恐らく、多分、間違いなく、私はアスペルガー症候群の局地的視野狭窄の男に違いございません。(笑)

「病気になるけんね!」と、妻から言われる以前に、既に病気でございます。(苦笑)

妻が私を気遣って外に出すために、「メバルが食べたい!!」と、心にもない言葉を吐きました。

「残暑厳しいこんな時期にメバル??」かい??

9月初旬にメバルを釣れ!なんて、常軌を逸した暴言かもしれませんが、とりあえずエサを調達し、アソコに行くことと致しました。

GEDC3571.JPG

仮面サイダーが販売されている自販機が入り口付近にある箱崎漁港です。

ここにもセアカゴケグモ・ハイイロゴケグモはいるかもしれません。(笑)

今日はここへ向かう前に、珍しく潮見表をネットで見てきましたので、中潮で干潮が17時半、それから満ち込みです。

釣り場に着いたのは既に7時前。

水銀灯が既に点いていました。

いつものメバルのポイントを、メバルのタナで探りますが、妙なアタリが!!

「ガツガツ、コツコツ・・・・!!」

犯人は2年ぶりの再会のこの方。

GEDC3582.JPG

ちっとも、懐かしくもなく、「お久しぶり!」と、挨拶する気にもなれない当歳メイタ

いつもメバルやタケノコメバルがいるポイントのかなり上のほうのタナに着いています。

続けてこの方。

GEDC3572.JPG

当歳なのか2歳魚なのか分からない微妙なサイズ。

撮影後、速やかに海にお引取り願いました。

さすがに、メバルはおろか「箱崎漁港名物のタケノコメバル」も姿を現しません。

あくまでターゲットはメバルなので、6Bのオモリをつけて、底に落としてはメバルが潜むいつものタナまで
wwwwwwwみたいなジグザグを続けていますと、妙なアタリが!

アワセますと、底を這って沖に逃げるあの方です。

イトを出して、巻き、イトを出して巻き、そのうち水銀灯の灯りで銀色の魚体がヒラを打っています。

メバルではなくて、アイツでした。

GEDC3574.JPG

35センチほどのメイタ

とりあえず、バッカンに海水を汲んで生かしておくことと致しました。

更に、違うポイントでメバルを狙っていますと、先ほどよりも手強いヤツがハリに掛かりました。

ハンドメイドの竿を容赦なく曲げてくれますが、あるときは2センチほどのチイチイフグのアタリや同じサイズのハゼの仲間のアタリですら伝えてくれるこのハンドメイドの友達は、70センチクラスのスズキにも50センチオーバーのチヌにも耐えうるポテンシャルがあります。

GEDC3578.JPG

私にとっては、がまの竿や黒鯛工房の竿よりもハイスペックな竿です。

例によってタモは20メートルぐらい離れたところに置きっ放し!

その引きからすると、まあ、ありきたりなサイズですから・・・、竿を立てて空気を吸わせて弱らせる作戦に出ました。

タモがなくても、コイツを抜き上げるポイントは箱崎漁港に行かれた方ならお分かりですよね?

逆L字型の角地の一段降りるポイント

ここまで、空気を吸わせて、ハリスを持って抜き上げたのがこの方。

GEDC3576.JPG

GEDC3577.JPG

ジャスト40センチぐらいです

40センチは、チヌではなく、メイタと呼んでも構わないサイズです。

GEDC3580.JPG

撮影後、ビック・ベンが停泊しているところでゆっくりとリリース。

ユラ〜、ユラ〜、と2匹とも泳いで行きました。

その後気を取り直してメバルを狙いましたが、・・・らしきアタリは皆無。

仕掛けが根掛かりして、ミチイトとの結び目からプッツン!!

仕掛けを作り直すのが面倒だし、メバルの気配もないのでここで納竿。

最近夜に仕掛けを作り直すのが、正直面倒になりました。

メガネをしていても、ハリとハリスを結ぶのが難儀です。

20代の頃は闇夜の中で、咥えタバコを吸った時の灯りのみで仕掛けを作っていたのですが、老練な釣り師どころかヘボな釣り人になっています。

帰宅しますと、妻が「メバル釣れた??」と笑いながら聞いてまいりました。

「いんや、ボウズ!!」・・、と私が言いいますと、「それにしては魚臭いね!!」と、言っていましたバイ。

1時間そこいらの釣行でしたが、私にとっては「A DAY IN THE LIFE」の一コマでした。


























posted by ジャズフィッシュ at 23:23 | Comment(1) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

釣り人の皆さんへ セアカゴケグモ・ハイイロゴケグモにご注意ください!

ヤフーニュースで、今朝以下のような内容の記事を読みました。
⇒『福岡市は3日、同市東区香椎照葉3の介護老人福祉施設で、女性入所者(86)が特定外来生物の毒グモ「セアカゴケグモ」に右足指をかまれ、搬送先の病院で使用期限切れの血清が投与されたと発表した。

 市によると、女性は3日午前中にかまれ、同市西区の病院に搬送された。女性は一時、呼吸障害などに陥ったが、血清投与後は快方に向かっている。女性が入所している施設周辺ではその後セアカゴケグモ約30匹が見つかり、施設が駆除した。』

私は以前このセアカゴケグモ・ハイイロゴケグモのことを記事にした記憶がありますが、かなり繁殖しているように感じます。

セアカゴケグモとはこのようなクモです。

image.jpg

ハイイロゴケグモとはこのようなクモです。


imageCAU1K9RJ.jpg


発見場所は、東区の香椎周辺部が圧倒的に多いようですが、東区箱崎ふ頭内の事務所のベンチ下や、博多区堅粕町内の教育施設 側溝、校舎外壁 でも発見されていますし、博多区麦野町内 マンション外壁 でも発見されています。

本来日本国内には生息していなかったが、1995年に大阪府で発見されて以降、その他いくつかの地域でも見つかった外来種であることはご存知かと思います。

セアカゴケグモとハイイロゴケグモは、港湾地域又はそれに隣接する地域で多く発見されており、コンテナ等に付着して侵入してきた可能性が高い。
国内では、貨物やコンテナ、建築資材、自動車等に営巣したものが人為によって運ばれた結果、生息域が広範囲に拡大されたものと考えられる。
屋外に置かれていた傘、衣服、おもちゃ等に付着して、屋内に持ち込まれる可能性がある。

外国船舶が停泊する場所やその周辺部に発見事例が多いことから、恐らく私や皆さんが良く行く埠頭などには
間違いなく生息していると思ったほうが賢明でしょう。

攻撃性はなく、素手で触らない限り、かまれることはないとのことです。

もしも噛まれたら、咬傷部位を温水や石けん水で洗い落とし、できるだけ早く近くの医療機関で受診してするように。

セアカゴケグモ抗毒素血清の配備先
     福岡市中央区唐人町2丁目5−1
     福岡市立こども病院・感染症センター
     代表 092−713−3111
セアカゴケグモ抗毒素血清についての問い合わせ
     ⇒福岡市保健福祉局保健医療部地域医療
     電話番号 092−711−4264


さらに、福岡や佐賀、長崎県など九州北部で、フグと同じ猛毒を持つ「ヒョウモンダコ」が発見されたことは記憶に新しいと思います。

imageCA9T620J.jpg


地球温暖化で本来いなかった生物が福岡周辺にも生息しています。


ハナガサクラゲもその一種。

imageCAFZ5NZJ.jpg


私同様、海釣りをされる方は特に気をつけてください。


短パンで、サンダル履きで埠頭周辺部を歩き回っていると、ゴケグモ類に知らず知らずのうちに噛まれることがあるかも?

特にファミリーフィッシングでご家族でサビキ釣りをしている際に、魚が釣れないときはお子さんが退屈して周辺部をチョロチョロして迂闊にクモに触れる可能性が考えられます。

ご用心されてくださいね。
























posted by ジャズフィッシュ at 07:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いよいよ、釣りバカ卒業?

妻の股関節脱臼の後遺症のために、我が家は既にた・い・へ・ん!

自宅の中でも妻が杖を突いて歩いている時に「俺!釣りに行くけん!!」などとは、さすがに言えません。

いくら空気が読めない、いや、意識的に空気を読まない私でも、(苦笑)、妻の手助けをせずに自分の気の向く儘に、「釣りに行くけん!」と、いう気にはなれません。

気晴らしが、気晴らしにもならず、自責の念に駆られるならば、必然的に辞めておいた方が良いに決まっています。

まあ、今までかなりデタラメな人生を歩んできた所作の上での私なりの考察。


妻のおかげで、20代、30代、40代と長きに渡って釣り三昧の好き勝手な生活を送ってこられました。


理解があったかどうかは不明です。(笑)
恐らく、妻には怒りと諦めの葛藤があったと思います。(汗)


「コイツに何を言ってもダメ!」と、半ば愛想を尽かされていたはず!!??


初めて50センチオーバーのチヌを釣って魚拓をとったときも、初めて80センチオーバーのスズキを釣って魚拓をとった際も、妻は実にクールでした。


恐ろしいほどに・・・。


「そんなに、嬉しい?」と、笑いながら言われた時の妻の表情が私の脳裏に焼きついています。(冷汗!!)


今でも私とっては、釣りは数少ない楽しいあ・そ・び・・・です。


若い頃は誰の意見をも完全に無視して釣り場に向かう鉄砲玉みたいな存在でしたが、今になって自省することしばしば。


妻が「●●●が、食べたい!」と、魚を指定すれば、それが磯釣りであれ、船釣りであれ、万難を排して釣りに行くかもしれませんが、少なくとも安近短の釣りで釣れる魚で妻が喜ぶのは、メバル、アイナメ、アラカブ、カレイぐらいです。


GOサインがあるまで、暫くおとなしくするかも??


50を過ぎて、私も少しは大人になれたかも?(笑)


釣りバカ卒業は近いかも?





































posted by ジャズフィッシュ at 23:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!