須崎埠頭でポイント巡り

須崎埠頭の西側のポイントを諦めて、荒津大橋の下付近に向かいました。



先端部分で底を狙いますと、昨年から目だって散発的に釣れるようになったアラカブが・・・。



GEDC3027.JPG


正真正銘のアラカブ、つまり学名カサゴです。



昨年から博多湾の湾奥各地で散発的に釣れます。



もちろんこのサイズはポイ!と、リリースです。



一番のポイントである船とはしけの間がなんと30センチぐらいしか開いていません。



GEDC3029.JPG




物好きな私はこの僅か30センチにエサを着けてほおり込み、アタリを待ちました。



本日最大の14センチぐらいのメバルと他に3匹。



GEDC3030.JPG



しかしこのポイントも所詮この程度ですからすぐに断念し、須崎の真ん中先端部分へ。



GEDC3032.JPG



ここは6月からチヌが出るポイントですが、ここでも出るのはこのサイズ。



GEDC3031.JPG



すぐにここも諦めて、東側きってのポイントへ。



GEDC3033.JPG



ここはなぜか4ヒロほどある海底付近ばかりでアタリがありました。



水銀灯に照らされた海面には時折何かが跳ねています。



シーバスではないようです。



チビメバルがいっちょまえに小魚を捕食しているのかもしれません。



須崎埠頭はどこでもチビメバルがアタリます。



ですが、お持ち帰りサイズはゼロ。



数が出てそれなりに楽しいのですが、せめて20センチぐらいのメバルが2〜3匹でも釣れると面白いのですが。



















posted by ジャズ、フィッシュ at 14:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

須崎埠頭で釣りがはじめての高校生に達人呼ばわりされてしもうたバイ!(苦笑)

今日の釣りのお供はこのCD2枚。
釣行の行き返りに聴く2枚のアルバム。


GEDC3014.JPG



上はビル・エバンス派のドン・フリードマンの「サークル・ワルツ」
下はジャケットでもお馴染みのハービー・ハンコックの「スピーク・ライク・ア・チャイルド」



ジャズピアノの名盤と言われる類のものでござんす。




久しぶりに聞く2枚です。




ポイント築港店でエサのアオムシを買って、今日は須崎埠頭に直行。



まずは先端に行くと、




GEDC3015.JPG



千歳一遇の釣り日和とは今日のような日のことです。


GEDC3016.JPG



数週間前まで工事していたのに、キレイにスッキリ片付いていました。



ここでは釣りをするつもりは毛頭ございませんので、西側へ。



生憎船が3隻も泊っていまして、釣り場は限られるのですが、まあ、仕方ございあせん。



ハンドメイドの落とし込み竿で1投目から釣れたのはこの方。



GEDC3018.JPG



なかなか凛々しいタケノコメバル



1時間も釣っていますとメバルとタケノコメバルでクーラーがこの状態。



GEDC3020.JPG



いろいろなタナに潜んでおります。



私が次々にメバルあるいはタケノコメバルを釣るので、20メートルほど離れた場所に居た2つのグループの青年がそれぞれ釣り方を聞きに参りました。



お教えするような高等テクでもございませんが、「こうやって・・・、そうやって・・、ああやって・・・」と身振り手振りで実際にメバルを釣って見せますと、驚いていました。(苦笑)




二人の高校生の仕掛はコンパクトロッドにスピニングリールを着けて、アヤシイ土佐カブラのようなハリが5〜6本付いた仕掛に、ガルプをエサにしていました。



いったいこんなアホな(失礼!)仕掛けを誰が薦めたのか、教えたのか!?



けしからんことでございます。



しかも彼らはガルプを1cmぐらいづつ切って、そのカブラバリのようなハリに刺しています。



「こんな仕掛じゃ釣れないぞ〜!!」と思いつつも、彼らの竿を借りてメバルを1匹釣ってみせますと、
高校生のテンションが上がりました。(笑)



何故だかいつの間にか達人にされてしまいました。(苦笑)



それ以上は、ほったらかし・・・。



何か疑問点があればまた聞きにくるでしょうから・・・・。



大物の気配がまるでないので、夕マズメ時にこのポイントを断念。



釣りがはじめての高校生に「魚もって帰る?」と、尋ねますと、「いる!」と言うのでクーラーをひっくり返して、彼らのビニールに入れることとしました。



GEDC3022.JPG

やんちゃなタケノコメバルたち・・・。

GEDC3023.JPG


かなり恥ずかしい・・・・ちっせー、メバル。



先ほどの高校生の二人は私がこの場所に見切りをつけて須崎埠頭のほかのポイントに移動する時も只管、釣りに夢中になっていました。



GEDC3025.JPG



「釣りって、難しくて、奥が深いですね〜!!」などと、ガキのくせに私も分からんようなことをほざいていました。(苦笑)



奥が深いかどうかなど・・・・・、私自身考えたことなどございません。




好きだから・・・、散歩がてら竿を出しているだけのこと。




奥が深い釣りなど全くしていません。




達人でもないし、そこいらにいる凡夫でごぜいやす。




高校生お二人には私のことなど、すぐに忘れて、単に釣りに夢中になっていただきたい!と思いました。


























posted by ジャズ、フィッシュ at 21:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジャスト1時間で35匹のメバル・タケノコメバルをゲット! 博多湾湾奥でやっと春告魚(メバル)が活況! 第2ラウンド

メバルとアイナメの区別がわかんない年上の初心者20センチオーバーのメバルを前日11匹釣ったと言うポイントに行くことといたしました。(苦笑)


もちろん、本人にはその旨を告げています。



ですが、本当にメバルかな〜?
しかも20センチオーバーのメバルかな〜?
・・・・・・と、言う疑いの気持ち(すみません!!)は払拭できませんでした。



箱崎埠頭のバナナセンターから車でほんのすぐ近くのポイントでございますが、ソコにたどり着くまで
私はいろいろなことを考えていました。



40センチのメバルが実はアイナメだった・・・。
ウミタナゴを見てタイだと言う・・・。



蔑視している気持ちなど0%です。



何せ、定年退職されて釣りを始めて3年目の年上の方でございます。



私なりに年上の方には釣り場では腕など無関係にリスペクト。



人として、男として、見下したような態度は100%しないように心掛けています。



でも・・・・。



釣り場について1投目から釣れたのがコレ!!



GEDC3008.JPG



この後に20センチオーバーのタケノコメバルが入れ食い・・・!!



オマケにコイツらまでも・・・。



GEDC3009.JPG



13〜15センチほどのメバル。



エサをつけて落とし込めば100%アタリます。



ハリに掛かるのはそのうち半分ぐらい。




釣り歴45年以上もなるのに、このザマ。
幾つになっても下手です。



100回アタリがあれば100匹のサカナを釣れるのが名人であり、神業です。



私などまだまだ・・・。



このポイントで釣りを開始したのが19時02分。



20時までの納竿の間に釣り上げたのはコレです。



GEDC3011.JPG



小さいながらほぼ入れ食い状態でした。



カウントしますと、13〜15センチのメバルが21匹。
15センチ〜21センチのタケノコメバルが16匹。



1時間で釣った釣果としては・・・、どうでも良いですが、・・・・・楽しかった!!



短気でせっかちな私は釣りはこうでないと・・・・、嫌です。




チンタラチンタラ・・・、いるのかいないのかわからないような場所でエサをつけて移動してもアタリすらないなどというような釣りは心まで疲弊してしまいます。



8時で納竿しましたが、もっと狙えば束釣り(100匹)ぐらいはいけたかも知れません。



今年になって初めて、しかも久しぶりに釣った獲物を持ち帰りました。



カミサンの職場の方に食べていただくために。



メバルが20センチ前後であれば・・・、最高なんですが・・・!!



この調子ですと、セイゴ〜スズキの到来もまじか・・だと思います。



博多湾の湾奥にやっと春が到来いたしました。

























posted by ジャズ、フィッシュ at 23:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

博多湾湾奥でやっと春告魚(メバル)が活況! 第1ラウンド

潮も見ずに前回買った残りのアオムシを持って箱崎埠頭のバナナセンターに行くことといたしました。



釣り人は私以外に数人は離れたところにいました。



何を狙っているのやら??



私は本日、この竿で前回同様胴付き仕掛けでメバルを狙うことといたしました。



GEDC3007.JPG



なんとワカサギ釣り用のロッドを改造して、ミニクロガイドを付けた竿です。



20年ほど前は山口県の豊田湖に冬場ワカサギを釣りに行っていましたが、釣れたところであの大きさが故にすぐ飽きてしまい、ほとんど行かなくなってしまって竿を勝手に改造いたしやした。(笑)



メバル程度であれば、感度も良く折れることもないと思います。



仕掛を作ってエサをつけて第1投目から早速アタリがありまして、海面から飛び出して来たのがこのお方。



GEDC3003.JPG



12センチほどのチビメバル




胴付き仕掛のハリには海草が必ず付いてきます。(苦笑)



チビメバル共は、どうやら海草の間に隠れていると見受けられます。



オモリを海底に着けて10センチほど上のハリに必ず掛かります。



底から10センチ上ぐらいがチビメバルのコロニーかも?



同じポイントであっという間にこの釣果。



GEDC3005.JPG



仕掛けが根掛かりして、切れましたので・・・・・新たに仕掛を結び直していますと、



前回もお会いした3月3日にアイナメの40センチを釣った方が登場!!



私のクーラーを覗き込むなり、「なかなか釣れてますね!」だって・・・・・!!??



その方もクルマから竿を取り出し、早速参戦。



変わった竿を使われているので、「ハンドメイドですか?」と、尋ねますと、
「釣具のポイントで購入した筏竿です。」と、一言。



なかなか良さそうな竿なので、「穂先はソリッドですか?」と尋ねますと、
意味が通じてないような表情で、「プラスチックですよ!」などという回答を!!



この一言で私はこの方の釣り歴がおおよそ判断できました。



それから、竿をホッタラカシにして釣り談義。



聞きますと、予想通り3年前に定年退職されて釣りを始められたそうでございます。



で、「いきなり筏竿かよ!!」とも思いました。(苦笑)



いろいろとお話をしているうちに昨日はあるところでメバルの20センチクラスを11匹釣ったと言うので、私は思わず場所を聞きましたが、釣ったところの場所の名前もよくわかっていない様子。


「オイ、オイ」・・・・・。



いろいろと尋問と言いいますか、職務質問(笑)、いたしまして、場所を特定することが出来ました。



話している最中にエサを付けて海に沈めていた仕掛に18センチほどのウミタナゴが・・。



例の方はすぐ傍で、「コレ鯛じゃありませんか?」・・・などと。(苦笑)



「コレはウミタナゴというサカナです。」と、少し解説。



本当に鯛だと思っておられたようでございます。(苦笑)



小雨がパラつく中、検証するべくその方がメバルの20センチほどのものを11匹釣ったポイントに行くこととして納竿。



GEDC3006.JPG



クーラーを引っくり返し、サカナをすべて海にもどしますと、例の方は少し怪訝な表情。



例の方に挨拶をして、バナナセンターから戦線離脱



13匹の小メバルとウミタナゴ。



例の方が20センチのメバルを昨日11匹釣ったと言うポイントに向かうことといたしました。





















posted by ジャズ、フィッシュ at 22:01 | Comment(1) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日曜日の休日、午後からやっと竿を出せました!

3月18日の今日、休日にも拘らず朝から雨がシトシト降っていました。


休みの日に雨が降ると気が滅入ります。



本日はいろいろと家事を済ませて、午後からいつでも釣りに行くことができるようにしていました。



もちろんポイント築港店に寄ってエサも買いますが、U店長にも御挨拶。



活きカナギのエサで胴付き釣りをさせてくれる船を尋ねましたが、皆無。(涙)



ならば、根魚が上手な船は?との問いには、やはり新生丸を推薦していました。



いろいろとお話をしてボウズ覚悟でアオムシを100グラム買って須崎へ。



いつもの道が右折できなくなっています!!



スロープを下って道なりに右折していたのが右折禁止になっています。




日曜日でクルマがいないので30メートルほど通り過ぎてUターン。



いつもの曲がり角を左折しました。



私が良く竿を出すポイントに釣り人が・・・・!


GEDC2998.JPG



お話をしますと、底付近で小メバルが釣れたそうです。



私が親指と人差し指で、「こんなんでしょう?」として見せますと、そのとおりといった表情。



箱崎埠頭のバナナセンターに向かうことといたしました。



既に、メバル狙いの先客が!!



しかも、かなりの腕利きと思しき老人。



GEDC2999.JPG



筏用のダゴチン竿を改造して、ソリッド穂先をつけているような竿を使っています。



只者ではございません。




案の定、小メバルを次々に釣り上げています。



この方ともいろいろとお話をいたしました。



「メバルの大きいのが釣れました?」と、私が問いかけますと、「今日はコマイのばかり・・・!」と、言ってのけ、おもむろにポケットから写真を出して、「3月3日の日に40センチ、1キロのメバルを釣ったバイ!」と、私に差し出していただきました。



見れば、メバルではなくアイナメでした。(苦笑)



40センチのメバルをバナナセンターでしかも落とし込み釣りで釣られたら、私は呆然自失に陥りすべての釣り道具を叩き折って釣りを辞めるかもしれません。(苦笑)



7〜8年狙っていても尺メバルすら釣れない有様で、40センチ?



嬉しいやら、悲しいやら、歓喜と落胆が交配する不思議な気分でした。



驚くべきことに、齢(よわい)70歳ぐらいの釣り人が、ここで釣れたとバイ!と言う位置は昨年私が39・5センチのアイナメを釣ったポイントとほぼ同じでございます。
50センチのズレもありません。



ここに毎日ウォーキングがてら来られるKさんのお話では、一昨年も同じポイントで40センチほどのアイナメを釣った方がいるとのことでした。



だとしますと、このポイントは40センチ前後の大型のアイナメが年に1匹だけ釣れるポイントと言うことになります。



不思議です。



爺様は写真を見せてくれました。



私のようにサイトを書いているわけでもないので、本当の昔ながらの写真をビニールをかぶせて持参されていました。



よほど、嬉しかったのでしょう!!



その気持ち、・・・・・・・・、なんだか・・・・分かります。



私もソコで竿を出しましたが、釣れるのはこの連中。




GEDC3000.JPGGEDC3002.JPGGEDC3001.JPG




海草の間に隠れているヤツラでございます。




面倒なので釣っては逃がし、釣っては逃がし・・・の、繰り返しで、メバルを6枚、タケノコメバルを3枚釣りました。




でも、今年に入って全く自宅に魚を持って帰っていません。




お持ち帰り出来る魚に遭遇したい昨今でございます。


































posted by ジャズ、フィッシュ at 21:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雨で釣りにも行けずに釣具屋さんでゲットしたモノ。

前回の続きでございます。



夕方から出撃する私のパターンはいつもどおりですが、生憎の雨!



午前中から午後の2時ぐらいまではカミサンとショッピングでしたが、さすがに3時を過ぎますと、妙にソワソワ。(苦笑)


釣れる釣れないは別として、基本的に博多湾の湾奥で竿を出すのが「私の生き様」でございます。



別に意固地になっているからでもなく、糸島や志賀島まで足を運ぶのが面倒なだけです。(苦笑)



ですが、今日は一日中雨、雨・・・。
さすがに釣りには行きません。



なので、ポイントの諸岡店のM店長にかねてよりお願いしていたモノを受け取りに行くことといたしました。



それはコレでございます。



GEDC2997.JPG



販売店舗用のダイワとシマノの総合カタログです。



ダイワ及びシマノの小物に至るまでのありとあらゆる商品が網羅されています。



各店割り当てが少ないらしく、昨年からお願いしていたのでどうにかいただけました。



「ところで、今度のポイントの築港店はどなたが店長?」と、私がお尋ねしますと、
以前博多店から那珂川店に行かれたU店長とのこと。



「・・・・・・・・・・・・・・・!!」



U店長は船釣りがお好きな方で、以前海輝と言う船で壱岐でウキ流しをご一緒させていただいた記憶が蘇りました。




こんなに湾奥がつまんない状況ですと、月に2回ぐらい船釣りしたほうが、楽しいかも。




次回の休みはU店長に御挨拶がてら釣り船の状況でも伺いに行って見ますバイ。






















posted by ジャズ、フィッシュ at 08:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

折角の休みも雨で台無しだったが・・・!!

昨日は会議と試験で帰りは後輩とヘトヘトになって帰宅。



今日はお休みをいただいていましたが、朝から生憎の雨、雨、雨。



昨日は天気も良くて、風もなかったのに・・・などと言ったところで、どうにもなりませんバイ。



しぶしぶパソコンで遊んでいる私を見るなり、カミサンが「ルクルに行こう!」と言うもんで、一緒にルクルに行くことにいたしました。



GEDC2991.JPG



雨の日でもルクルの駐車場は結構多くのクルマがありました。



カミサンがルクルに行こうと言うときは、彼女の高校時代の同級生があるところに勤務していて会いに行くためも兼ねています。



お互い別行動で勝手にルクルの中を徘徊し、帰りたくなったら携帯電話に電話するとルールを決めてお別れ。



私も2時間近くウロウロ。



カミサンはナンヤラ、カンヤラ買い込んでいましたが私が買ったのはカルディという食料雑貨店でピクルス2本とチーズとチョコレート。



コーヒーをタダで飲んだ手前、「なんか買わんと悪いでしょう!」・・・と言う心理が働きます。(苦笑)



私自身はデニム生地のジャケットを探していましたが、見当たりません。



舌打ちをしながら、「なんで、ないとや〜!!」などと、少し憤慨していました。



あの面積の巨大な売り場ですら自分が欲しいモノがない!



世の中・・・、こんなもんでございます。



お昼を過ぎてルクルの近くの資さんうどんで二人で食事。



なぜか、いつもゴボウ天うどんを二人ともオーダーしてしまいます。



恐らく、東京に転勤してゴボウ天うどんが都内に皆無であったことのハライセかもしれません。



福岡から他の地方に住んだことがない方、ゴボウ天うどんは福岡以外ではなかなか食べられないうどんであることを知るべし!!



「うそやろ〜!!」などと、博多弁で言おうが、わめこうが・・・・、本当に他所に行くと、ゴボウ天うどんなどない!と思ってくださいマシ!!



福岡県内ではゴボウ天うどんがメニューにない店など、タイヤのない車を販売しているようなか感じもしますが、関西や関東では、ゴボウ天うどんをオーダーすると、確実に白眼視されます。(苦笑)



「そんなもん、知るか・・バカタレ!!」というような表情をされます。



福岡県民といたしましては、世の中にゴボウ天うどんがないうどん屋など・・ありえない・・・!!と、思っているかも知れませんが、実は福岡及びその周辺部だけの異常人気メニューの1つでございます。



私自身東京で4年間ゴボウ天うどんをまともに食べられなかったハライセかもしれませんが、うどん屋さんに行きますと100%ゴボウ天うどんを食べます。



コレって不思議です。



東京から戻って20年以上経つのに、
なぜかゴボウ天うどんを食べねば、死んでも死にきれない・・・!!と、言うような気分になるのです。(苦笑)





































posted by ジャズ、フィッシュ at 21:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北九州で会議&試験

無風で晴天の絶好の釣り日和の今日、悲しいかな北九州で会議&試験。



「あ〜っ、こんな日に竿を出したい!」と、思いつつ体育会系の私は自宅まで後輩を迎えに来させて北九州に行きました。



後輩はプリウスにクルマをチェンジ。



GEDC2990.JPG



スピードを出す時にはなかなかのクルマでございます。



後輩は燃費の良さに自慢げに喜んでおりました。



先月だったか、先々月だったか忘れましたが、福津市のイオンの記事を書きました。



ここが完成することでかなり福岡県の北部地区での販売業での勢力地図が変わると思わざるを得ません。



いかんせん巨大でございます。



私はこういう巨大なパワーセンターは苦手ですが、好きな方にはたまらない魅力があるのも事実。



周囲の既存店舗に対する影響力は甚大だと思います。



平家物語の諸行無常。



後だしジャンケンで強いところが出てきますと、弱いところは防戦一方で、いずれ散り去ります。



棲み分けを考えれば生き残れますが、そうでないところも多いのです。



私は淘汰と言う言葉があまり好きではございません。



自然淘汰ははかなくも仕方ないにせよ、作為的な淘汰など今現在の社会に必要なのかどうか?



弱者を殺して自分だけが生き残るのが経済の法則?



一昨日の昼休みに西新のプラレバの書店で買った本がこれ。



2022−これから10年、活躍できる人の条件



私はこの神田昌典さんの本をほとんど読んでいますが、今回は意外性がありました。



しかしながら、なるほど・・と、思うこと・・・しきり。




これから先の世の中に不安や矛盾を抱いている方は解決はしませんが、この本を読まれることをおススメいたします。



一見釣りには無関係なようでございますが、大有りです。



釣り人以前に国民として読むに値する本ではないかと思いました。










posted by ジャズ、フィッシュ at 23:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

休日の日曜日に不審な宅急便が!!

早起きしまして、パソコンでずっと遊んでいました。


晴れてはいるのですが、冷たい風の突風!!


強風の域を超えています。


ベランダの観葉植物も鉢が倒れて往生いたしました。(汗)


お昼ぐらいにヤマト運輸のドライバーの方がインターホンを押しています。


ココ1週間ほどヤフオクで商品を落札したわけでもないし、宅急便が来るはずもない!!



カミサンも楽天市場でワケのわからん「お取り寄せグルメ」をたまに注文するが、ココ最近はしていない。



アヤシイ!!と思いつつ、オートロックのドアを開錠しドライバーが持ってきたのは私の勤務先から届けられたモノでございました。(苦笑)



永年勤続記念のお品



選択肢がいくつかありましたが、あえてこれにいたしました。



マイセンのガラスの花瓶。



三越では52500円のお品でございます。



早速、カミサンが買い物ついでにお花を買ってきて生けていました。



GEDC2979.JPG




たいした大きさではございません。



GEDC2981.JPG



少し型の良い程度のメバルぐらいの大きさですか?



知らん顔してリビングから自分の部屋に戻りますと、
「ほんと、アンタは自分に興味がないことに関しては徹底して知らん顔するね〜!」と、言いつつ乱入。



少しイラッときたようでございました。



「花を見て、キレイだね!とか、言ったらどう!?」などと、詰られてしまいました。



「・・・・・・・・・・・・・!!」



風はますます強くなり、ヤフオクを見ていますと黒鯛工房のリールなどが売られていました。



こんなんやら、



600x450-2012031100004.jpg



こんなんやらも、売られていました。



600x450-2012030400006.jpg



今現在の私にとっては興味が湧かないシロモノですが、気になる方はこちらをどうぞ。
チヌ用の落とし込みリール




家にずっと居るのもなんですから、釣りを断念し弓田の博多ミストの釣具のポイントに行きますと、先日まで築港店に居た松下店長が転勤でこちらに換わったようでございました。




でも、買いたい釣具などございません。



欲しい釣具もございません。



釣りに関して言うなれば、湾奥で片手間でも釣れる釣り場があれば良いと願うだけです。



今年はカナギは禁漁の情報がございませんが、獲ろうにもいない状況だそうです。



ついに玄界灘がイカナゴ(カナギ)の生息区域の南限とされていたのが、温暖化で変わったようです。



寂しい限りです。





























posted by ジャズ、フィッシュ at 23:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

荒津のオイルセンターでカレイ狙い

3月に入ってからまともに晴れたのは3日のひな祭りの日だけ。



菜種梅雨みたいに雨がジトジト降りますよね。



冬も嫌いですし、雨も嫌いです。


今日も持病の腰痛のため行きつけの高宮の整骨院へ。



GEDC2962.JPG



ココへはかれこれ5年以上通っています。



体を揉み解してから通いなれた高宮通りを通って荒津のオイルセンターの最西端の角地へ。



私が着いたころに先客数名が皆さん納竿



その中には先日須崎でお会いした鉄人爺ちゃんの1人がおられました。


「よ〜っ、アンタ今からね!?」と声をかけて下さりました。


「どうですか?」と私が尋ねますと、「今日はダメばい!!」と一言。


別にひるむことなくソコで竿を出しました。



GEDC2969.JPG



寒くはございませんが、強風です。



釣りづらい状況。


GEDC2974.JPG



福岡タワーや福岡ドームまでくすんで見えます。



竿に何の変化もないので20メートルほど離れた場所で竿を出して屯している方の傍に行きました。



GEDC2973.JPG



驚いたことに、その中のお1人はあの「栗之助」さんでした。



「栗之助の釣りランド」と言う番組がテレビで昔放映されていまして、あの栗之助さんでした。



GEDC2978.JPG



自宅にも釣紀行の別冊がございます。



でも、誰も釣れていません。



私もクルマの中から竿先を見ていましたが、風で揺れたり、曲がるのみ。



GEDC2972.JPG



リールを巻いてはポイントを変えたりもしましたが、エサがそのまんま。



GEDC2975.JPG



後から来て、栗之助さん達よりも早めに納竿。



相変わらず気の短いヤツでございます。



帰り際にこの時期になると引っ掛け針でボラを釣っては猫にプレゼントする奇妙な爺さんを今年も発見。



GEDC2976.JPG



毎年の恒例行事でございます。



ココでアタリがないとなると、湾奥の状況はとても厳しい状況です。



今日は完膚なきまでのボウズでございました。



海釣り公園に夕方から行けばメバルが釣れることは百も承知。



志賀島、糸島方面でも少ないとはいえ、ボウズはないと思いますが、なぜかしら湾奥で釣りたいのです。



まあ、ボウズでも安近短ですから腹も立ちません。





























posted by ジャズ、フィッシュ at 00:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

西新商店街の10年ぶりの消防訓練の後に訃報が!!

3月1日の昨日、西新商店街で消防訓練がございまして、会長さんから「参加してね!」と、言われていましたので、もちろん参加!


火事が発生したことを想定しての訓練ですからイマイチ真剣さに欠けるのは仕方ございません。


郊外ショッピングセンターでも年に1回は必ず消防訓練が行われますが、真剣度ゼロ!!


私は10年ほど前に消火器を初めて使って、消化液を消防署の方に浴びせて顰蹙を買ったことがございます。(苦笑)


今回も、ありきたりな消防訓練と思って、知り合いの方々が消化液らしきものを標的目がけてかける練習をいたしました。


GEDC2960.JPG


結構、みんな楽しそうです。(笑)


ところが、けが人が出るとの想定の中で本当に消防車が3台も出動して驚きました。


GEDC2961.JPG



オイ、オイ!!


結構、普段はチャラい私も真剣になりました。



やれやれとばかり練習を終えて職場に戻りますと、部下から「お父さんがお亡くなりになったと言う訃報が」。



聞けば、私の父が亡くなった年齢と同じ年齢の80歳。



死因は肺がん



形式どおり明日が通夜で、明後日が告別式。



私はタマタマ本日が休日でしたので通いなれた高宮の整骨院へ。


GEDC2962.JPG



風邪をひかず、大病はしないのですが、30代前半からからの腰痛で悩まされています。



腰痛と一口に言っても、ぎっくり腰になりますと、本当に動けません。



布団から起き上がれない地獄の辛さを味わいます。



洗面上で顔が洗えません。



トイレも辛いです。



先月の半ばから少しおかしい日々が続いているので体のトリートメント



夕方7時から香椎の西日本典礼会館にお通夜に行ってまいりました。


帰宅後に風呂に入り私がこの本を眺めていますと、カミサンの心をえぐる言葉が!!


GEDC2965.JPGGEDC2964.JPG


「カレイのすべて」など、知って、何すると??



返す言葉もございません。



「・・・・・・・・・・・・・・!?」



次の休みは天気がよければ投げ釣りでカレイ狙いかも?



































posted by ジャズ、フィッシュ at 23:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。