釣れんち、わかっとっても夕方には行ってしまうバカの宿命!!

休日の日曜日、終始曇天でしたが風も強くないので、夕方5時から須崎埠頭に直行。


さすがに日曜日はクルマも少なくスイスイで須崎埠頭に着きました。


先日100グラムのアオムシを買っていたので、今日はポイント築港店に寄る必要もございません。


須崎埠頭について一番先に目に付いたのは過日私が記事にしたコレからの須崎埠頭の将来についての内容。


GEDC2950.JPG


コンビニはなくなり、穀物倉庫までがキレイに撤収!


本当に先日書いた記事のようになるのでしょうか?
http://bouzukakugo.seesaa.net/article/250316690.html?1330256035


30年後に生きているかどうかわからないので、かなり不真面目にしか読んでないし、考えていません。



須崎埠頭の西側では唯一1人の釣り人が竿を2本出して、クルマの中で待機していました。


GEDC2952.JPG


磯竿を2本、船釣り用の竿受けでクルマ止めに止めているところから常連さんだとすぐにわかります。


近くに寄って挨拶をして近況報告を聞くことが出来ました。


しかしながら、須崎埠頭ではほとんど最近釣れていないとの事・・。


荒津のオイルセンターの西側最先端からの投げ釣りで45センチのマコガレイ大きなアイナメも出たそうです。


常連さんの釣り仲間の方も同じポイントで35センチのカレイを釣られたそうです。


更に私が良く行く中央埠頭の御笠川沿いの西側から投げ釣りでカレイの30センチオーバーも釣れたそうです。


思えば、阪神大震災の日に自己記録の41センチのマコガレイを釣って以来、35センチを超す良型のカレイを釣った記憶がございません。


さらに須崎と箱崎の穀物埠頭に金網が張られて立ち入り禁止になって以来投げ釣りの回数も激減しました。



博多湾きってのカレイポイントが2箇所とも立ち入り禁止では投げ釣りをする価値すらなくなりました。



福岡市のウォーターフロント計画などほとんど興味もありませんが、せめて東側を開放し釣りができるようにしていただきたいだけなのです。


毎月腹立たしいほど市民税を搾取されている関係上言わせていただくと、これから30年後には人口が8000万人になるという試算が出ている中、借金まみれの市や県の財政で何がしたいのか、よ〜わからん!!


買い手の付かない人工島も大失敗だったがし、ソレを穴埋めするのに再び莫大な収用費用を税金を投与して移転させるなど狂気の沙汰と、しか思えないのは私だけでしょうか。



政治も行政も国民のためになっているかどうか改めて問いたい!!



見てくれだけの環境整備など・・・・・・・・・・・笑止千万!!



そんなもん作っても、ソレにかかった税金負担を知れば誰も喜ばんぞ!!



まあ、そのお話はここいらで辞めておこう。



言いたいことの10%も書いていません。



いつも必ず釣れるはずのポイントでもアタリすらなし。



仕方なく行った荒津大橋の下の西側の先端のポイントで底付近でアタリが・・・。



GEDC2953.JPG


10センチほどの可愛いメバル。



更に20メートルほど移動したポイントで・・・・。


GEDC2954.JPG


15センチほどのタケノコメバル。


私が釣りをしている最中、荒津大橋の下で何を思ったのか鍋を作っている青年が二人。


GEDC2955.JPG



30才前後の青年でしたが、私も彼らと同じ年代の頃釣り場にカセットコンロを持ち込んで鍋を作った記憶が蘇りました。


「何で、こげな所で鍋ば作りよっと〜?」と、私の質問に丁寧に答えていただきました。


あまつさえ、「食べませんか?」と、お誘いも受けましたが、謹んでお断りいたしました。


30年近く須崎埠頭で釣りをしていますが、この場所で鍋を作る意味もコンセプトも整合性も私には理解不能でした。(苦笑)


人の良さそうな青年でした。


その後、思わしいポイントを探りましたがアタリすらありません。


GEDC2959.JPG


クーラーに活かしておいた、たった2匹のメバルとタケノコメバルをリリースして納竿。



豊穣のため池だった博多湾の歴史が音を立てて?崩れています。



何も釣れない博多湾。



見てくれだけのウォーターフロントなど必要ですか?












































posted by ジャズフィッシュ at 22:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

博多の釣りバカは「釣りアホ」になってしまった!

お久しぶりでございます。


雪が降ったかと思えば、今度は雨で釣りのことなどすっかり眼中にありませんでした。


更にこの時期は晴天だろうと、湾奥釣り師の私にとっては受難の季節です。


糸島や志賀島、新宮漁港まで足をのばせば、それなりのサカナが釣れるかも?しれませんが、あくまでそこいらの湾奥での釣りしかしたくありません。


年をとるとますます偏屈になりつつあります。(苦笑)



今日は久々の晴天でした。



私にはラッキーな休日。



当然、海へのお散歩なのですが、釣果など期待すべきでもございません。


まずはココへ寄ってを高めました。


GEDC2941.JPG



ゆめタウンは方の近くのタックルベリーです。


中古のがまかつのインテッサなどを扱い散らして、小物を少し購入いたしました。


その足で築港のポイントへエサを買いに行き、アオムシを100グラム買いましたが、この時期の100グラムはかなり重荷です。


まずは、中央埠頭の先端に行きましたが、なぜかしら竿を出す気にはなれません。


GEDC2943.JPG


理由は不明ですが、釣れる気がしない!(大笑)


GEDC2942.JPG


クルマに乗って箱崎埠頭へと向かいました。


バナナ埠頭で竿を出すことといたしました。


ココもあまり釣れるような気がいたしません。


胴付き3本バリの仕掛けを付けて、際狙い。


GEDC2945.JPG



竿先にスズも付けずに車の中から竿先を凝視。



1本の竿がお辞儀しているので素早くドアを開けて竿のところに向かいアワセますと、
何ら手ごたえのない引き。



ハリについていたのはこの方。


GEDC2944.JPG


ストラップサイズのミニ・メバル


とりあえず、ビニールバケツに海水を汲んで生かしておくことにいたしました。



更にもう1匹を追加しましたが、面倒なので写真撮影なし


あたりが薄暗くなってきて、いよいよこれからか?と思いきや。


ウントモ、スントモ・・・アタリなし。


かろうじてもう1匹のメバルが勝手に釣れていました。


GEDC2947.JPG


「面白くねぇ〜!!」と、独り事を言いつつ納竿。


まっ、湾奥の不漁にあえて甘んじる覚悟は出来ていますので、グダグダ言うつもりもございません。


こんなもんでございます。


はなから貧果にうなだれたり、絶望することなどございません。



久振りに竿を出せただけでも、良かった。














































posted by ジャズフィッシュ at 23:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この冬一番の積雪に釣りに行ったバカはいます?

朝から寒くて雪が舞っていました。


こんな日に釣りに行った方は挙手してください。
(私にはパソコンの前で手を挙げている姿は見えません!すみません!)



釣果などどうでも良いのです。



今日みたいな日に釣りに行くことが釣り人の鑑です。



「釣りの鉄人」の称号を誰もくれないでしょうから、私が勝手にあげてしまいます。(苦笑)



今日のような日でも30代の頃の私は問答無用で須崎に行っていました。
もちろん、カレイ・アイナメ狙いです。



私は生憎というか、ラッキーなことに?今日は仕事でした。



特に夕方からの雪は福岡では稀に見る降雪ということなのでしょうか?



GEDC2932.JPG



GEDC2931.JPG



西新の商店街でも降り注ぐ雪に通行人は早足&しどろもどろ。



私も仕事が終わって東比恵の駐輪場に行きますと、



GEDC2935.JPG



愛車のフェラーリ(家族でそう呼んでいるだけです)が、雪で真っ白!



雪を払うのに5分ほどかかりました。



東比恵から15分ほどの自宅までの帰り道の寒いこと、寒いこと!!



マンションの駐輪場にチャリを置いて私のマイカー&カミサンのクルマを見ますと、この有様!



GEDC2936.JPG



思わず笑ってしまいました。



本日、釣りに行かれた方がおられましたら、私はその方を畏敬の念と畏怖の念をこめて、
「キミ、すごうぃねぇ〜!!」と、言わせていただきます。



どこかのメーカー主催の釣り大会など無関係で、今日釣りに行かれるような方を表彰するべきです。



アーメン!!

























posted by ジャズフィッシュ at 23:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私事で北九州まで行った帰りに・・・。

北九州に私事で行きました。


途中建設中の福津のイオンを見ました。


3号線沿いにバカでかいイオンが建設中です。


GEDC2918.JPG


私の情報が確かであれば、プレが4月22日、グランドオープンが4月28日、GWをにらんでのオープンだそうです。


3号線沿いですから、さぞや渋滞することでしょう。



もちろん私はこの時期には100%行きません。



行くのであれば落ち着いたころの6月半ば過ぎ。



北九州ではココで昼飯を食べようと思っていたのですが、あいにくのお休み。



GEDC2919.JPGGEDC2920.JPG


知る人ぞ知る「銀河のチャンポン」です。



福岡の方は知らないかもしれませんが、チャンポンの上に唐揚げが乗っていて、スープには溶き卵が混ざっています。



8日間もお休みかい?



「ええのぉ〜!!」と、思わず口に出してしまいました。



私事を済ませてから帰りがけに周知のとおり今春オープン予定の新宮のイケアを見ました。


GEDC2924.JPGGEDC2925.JPG


個人的には福津のイオンなどよりもココの方が興味があります。


イオンなどどこに行っても同じテナントが入っていて似たり寄ったりです。


バカデカイだけ!!


但しこのバカデカサは周囲のゆめタウン宗像、サンリブ宗像、サンリブ古賀、トリアス久山には脅威なはずです。



香椎浜のイオンも影響が出そうです。




後出しジャンケンみたいなもので、後発のGMSは既存の悪い部分を学習して出店いたします。



既存店舗は防戦をしても・・・・。



帰りに箱崎埠頭に寄りました。



いつも釣り人がいる場所にも平日なのか、誰一人もいません。



投げ釣りでカレイを狙っている方もいなければ、トチ狂って今の時期でもサビキをする方がいてもおかしくはないのですが・・・、皆無。



ここでも誰もいませんでした。



GEDC2927.JPG



何かが釣れれば釣り人は必ず1人2人はいるはずですが・・・。



おして知るべし!!



GEDC2926.JPG



普段であれば日が沈んでいくのを見ると心が躍るのですが、こちらまで気が沈みましたバイ。(苦笑)



あいにくエサもないし、ワームをジグヘッドに刺して探るような気分や状況ではございません。



沈み行く冬のお日様に合掌しただけでごわした。


















posted by ジャズフィッシュ at 23:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

史上最強の釣りエサとは?

まだまだ寒い日が続きます。


昨日、今日は雨で寒さも緩んだ感じでしたが、雨じゃ〜気分が滅入りますぜ。



そんな中、昼休みに西新の商店街で「春の風物詩」とも言えるある物を買いました。



コレが露天の店頭に並びますと、春の訪れを感じます。



自宅に持って帰るとカミサンも息子も「お〜っ、春やね〜!」などと、・・・・・・・・分かっているヤツラでございます。



ある物とはこれです。



GEDC2913.JPG



親カナギの生干し



私も大好きで、家族みんなの大好物です。



GEDC2914.JPG




これをつまみにすると最高でございます。



我が家にはあいにく石油ストーブがございませんが、これを20匹ずつぐらい炙りながら●●●を飲みますとたまりません。



今日はそんなお話をするつもりではございません。(苦笑)



このカナギは淡路産ですが、玄界灘が南限とされていましたがここ数年壊滅状態の不良で漁そのものが全面禁止になって久しいサカナです。



実は私が思うに、この活きカナギは史上最高にして最強の?エサでもあります。



防波堤や埠頭から近年の私と同じような釣りをされる方は知る由もないと思いますが、釣れるサカナが近場釣り師から申しますと異次元です。



漁師さんがいう「ゼニタカモン」と言われる高級魚ばかりです。



船釣りでこのエサを使いますと、タイやヒラメはもちろんですが、スズキ、ヒラス、ブリ、アコウ、タカバ、ボッコ、アオナ、特大メバル、特大アラカブ、チヌ、特大アイナメ・・・などが釣れます。



近くの埠頭からセコく落とし込み釣りをして狙う対象魚とは食いも引きも数も大きさも異次元です。



数年前にこの活きカナギを持って来年は海釣り公園でヒラメやアラカブを釣りまくる計画を密かに練っていた矢先に全面禁漁になりました。(苦笑)



玄界島の漁師さんは専らこの活きカナギをエサにして生計を立ててきたそうです。



それが全面禁漁。



思えば例の地震(玄界沖地震)の後から全面禁漁になりました。



水温上昇によるものなのか、地震の影響なのかの因果関係は不明ですが、カナギ自体が玄界灘からに瀕しています。



活きカナギをエサにした船からの釣りが史上最強の釣りであると勝手に思っている私にとっては嘆かわしい事態でございます。



10年ほど前はカナギのバラマキ釣りをするほどカナギがいたのですが・・・。



今となってはですね。



私が生きているうちに活きカナギをエサにした船釣りができるのかどうか・・・わかりません。



私が今のようにをするようになったのは、カナギが全面禁漁になった時期と合致しています。
























posted by ジャズフィッシュ at 21:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

釣りバカの出勤前の行事

西新に転勤して6ヶ月目。


私は職場に行く前に必ず寄るところがございます。


リヤカー部隊で唯一お魚を売っているNさんが待機している場所です。


周知のとおり西新商店街はお昼の1時からリヤカー部隊が商店街の道路に並び、車両進入禁止になります。
それまではリヤカー部隊の方は道路にリヤカーを並べることが出来ません。


西新商店街のお店に商品の搬入などがありますから。


Nさんが待機している場所に向かいますと、遠くから私を見て、
「おいで!おいで!」と、手招き。


私が好きなサカナが並んでいます。
しかもまだ生きています。


GEDC2907.JPG


25センチほどのメバル君たち。(メバルちゃんかも?)


Nサンはいつも姪浜の魚市場で玄界島の漁師さんから魚を買い付けるそうです。


一番大きくてまだ跳ねているメバルを手にとって写真を撮らせていただきました。


GEDC2904.JPG


色からして、岩礁帯に住んでいるメバルであることは一目瞭然です。


藻場に住んでいる金メバルではございません。


「コレぐらいのメバルが二桁釣れるんなら寒さをこらえて釣りに行くとばってんが・・・!」と、私がいいますと、Nさんは大笑い。



Nさんのリヤカーにはいつもこの方がいます。


GEDC2901.JPG



この写真の見てすぐにコレが何であるかを即答できる方はなかなかいません。



寒い時期だから「寒ブリ」を並べるのが一般的ですが、なぜかいつもNさんはヒラス(ヒラマサ)です。



年末も年始もなぜかヒラスを売っていました。(笑)



理由を尋ねますと・・・。



「自分が好いとうけん!!」とのこと。


「好いとうけん!!」と言われますと、それ以上・・・・・・何も言えましぇん。(苦笑)


天気の良い日は出勤前からサカナ談義と釣り談義。


Nさんの待機しているところには「近隣の釣りバカのおじいちゃんたち」もやってきて、私もかなり顔見知りになりました。



「尺メバルを湾奥で落とし込みで釣る」という目標が暫く叶いそうでない昨今、釣りに行くより釣りバカの情報を聞いていたほうが楽しい時もございます。















posted by ジャズフィッシュ at 08:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

週刊現代の記事と面白いブログ

今日も雪が時折舞って寒い、寒い一日でしたね。


通勤時の地下鉄に乗る前にコンビニで「週刊現代」を購入いたしました。


内容を見て愕然とする記事がありました。


「僅か20年後に始まる一気に4000万にが消える!人口減少社会日本、コレがあなたの子と孫の未来だ」と言う内容。


骨子だけを書きますと、


* 年金ゼロ
* 医療費は全額自己負担
* 税収半減
* 学校、警察、病院、消防署は空っぽ
* 電気、ガス、水道、下水はメンテナンス不能
* 不動産は暴落
* 新幹線はたまにしか走らない
* 消費税は40%


と言う内容でした。


内容の詳細は割愛させていただきますが、どれも納得できそうな内容ばかりでした。


ロジカルでない私が読んでもロジカル。(笑)


整合性の観点からは非の打ち所なし。


更にいろいろなことが書かれていますが、興味ある方は「週刊現代」を買って読まれてください。


昼飯の時も食事をしながらずっと読んでいて、苦笑いするものを見つけました。


本にもなったこのブログ。


http://blog.goo.ne.jp/gontarou14


「飯の為ならなんでもするズラ!」というタイトル。


「捨て犬から鉄工所の警備主任になったゴン太郎の自由気ままな日常を綴った人気ブログ!!待望の書籍化!!」とありました。


untitled.bmp


タイトルだけで笑えます。


帰宅後に私も早速ブログを見ました。


「こいつがゴン太郎か〜!」などと感心、感心。


暗い話ばかりの昨今、笑えるヤツでございます。


本日週刊現代を買ったのは「ゴン太を知るための神の啓示」かも。


ところで20年後の博多湾はどうなっているのでしょうか?


皆貧しくなって釣りなんてしている場合ではなくなっているかも?


それも辛いお話です。


よしんば落とし込み釣りをしている方の傍に寄って来て、エサを落としたところに「石をドボン!!と投げ込む大バカな老人」がいるとしたら私かも知れません。(苦笑)


その時はボケてると思って勘弁しておくんなさいまし。


仕掛けの付いていないジェット天秤を投げまわっているかもしれません。


福ビルのビアホールから地上目がけて仕掛を投入しているかもしれません。


20年後など考えられません。










posted by ジャズフィッシュ at 23:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

連日寒い日が続きますが、お元気でしょうか?

読者の皆様、連日寒い日が続きますが、お元気でしょうか?


私は何度も記事に書いていますが、バカなので風邪をひきません。


と言っても、基本的に寒がり屋なのですが、どういうわけだか風邪をひきません。


つい先日勤務先より勤続25年表彰を受けましたが、恐らく多分勤務先で私が風邪をひいたのを見たことがある人は皆無だと思います。


高熱が出ると言うこともありませんので、人の痛みが分からない男なのです。



職場で「熱が出て休ませてください!」と言う部下の電話にも、「あ〜、ゆっくりと休みなさい!としか言いませんが、心の中では「熱が出た!ふざけんじゃね〜ぞこの野郎!!家族を守るために這ってでも仕事に来やがれ!!」などと、内心思っています。(苦笑)


「熱が出ただの、腹が痛いだのと言うことが理由になんぞならんぞ〜!!」とも思ってしまいます。


何せ25年間大雪の日だろうと、台風の日だろうと勤務先付近のホテルに自腹で宿泊して働いて参りました。


なので、無遅刻無欠勤



当たり前のことです。



でも、近頃年を取ったせいか、他人に自分の意見を押し付けることはありません。



「こうあらねばならない」という私なりの規範・尺度で人を測らないようにしています。


インフルエンザが流行っていますが、マスクをするのはもちろん、手洗い・うがいを励行するのは勤務先に対する礼儀ですし、大人の流儀です。


家族を守る男としてはそれぐらい自分で考えない方がアホです。


私はバカですが、何にも考えないアホにはなりたくないと常々思っています。
(バカとアホの線引きは難しいのですが・・・)


人に迷惑をかけないで好き勝手にやるのがバカです。
人に迷惑をかけて何にも考えないのがアホだとも思っています。


私の勝手な「線引き」なので気にしないで下さい。


生来ロジカルな思考は持ち合わせていません。
感覚的にそうだと思っているだけ・・・。



今日は久しぶりにコンビニで釣りニュースを買いました。


GEDC2896.JPG

「船アラカブ メバル 根魚楽し」と言うタイトル。


若かりし頃は定期購読を数年やっていましたので、いつの時期にどんな情報が記事になるのかはおおよそ分かっています。(苦笑)


またしても・・・。


ですが、私が釣りニュースを購入して一番先に見るページはココです。


GEDC2898.JPG


近隣の釣り船の欄。


中には釣具屋さんの近場情報もございます。


ココを見て自分なりに色々なイメージを勝手に膨らませます。(苦笑)


例えば私も何度も利用したことがある玄界島のえびす丸


「玄界島周辺の磯釣り・・・・寒チヌシーズン開幕。チヌ40センチ台ヒット中。エサやルアー釣りでのメバル、アラカブ狙いも面白い」などという記事を読みますと、心がドキドキします。(笑)


「メバル・アラカブがどのへんで釣れているのだろうか?」・・・と、気になります。


チヌなどどうでもよいです。


普段は釣りニュースを買うことなどほとんどありませんが、今の時期は博多湾の湾奥では本当にたかが知れています。


稀に大物が来ても、それっきり。


ボウズなど当たり前の季節です。


冬場のカレイ・アイナメがお手軽に釣れないと、
「釣りってこんなに面白くない遊びだったのかな〜?」などと、自虐的にもなります。



博多湾内のボートメバルの記事と釣川河口のカレイの記事は面白く読みました。






















posted by ジャズフィッシュ at 21:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中央埠頭、博多埠頭、須崎埠頭、箱崎埠頭の30年後

2月3日の西日本新聞で福岡市・博多港の30年後の将来像を感がえる福岡市長の諮問機関「博多港長期構想検討委員会」が、福岡都心部に近い中央埠頭・博多埠頭・須崎埠頭の3埠頭を観光客や市民が集う交流拠点に特化し、今ある物流施設などは段階的に箱崎埠頭に移転するなどとした素案をまとめたとの記事が載っていました。


今後、市民意見を募り最終とりまとめを行ってから夏に高島市長に提出するとのことである。



博多港長期構想検討委員会は、福岡都心部の再開発の動きと連携させた3埠頭の交流拠点化が、アジアの活力を取り込み、発展を目指す福岡市には不可欠であると判断したそうです。



30年後のイメージパースをじっくりと見てみました。


002.JPG



あくまで予想図ですのでこのとおりにはならないでしょうが、釣り人の立場からすると少し複雑だ。(笑)



特に須崎埠頭の東側先端に大きな船のようなホテル?のような構造物も描かれているし、随所に公園施設があり、緑の部分が見受けられる。



素案では、中央埠頭などをさらに埋め立てて緑あふれる「象徴的な空間」として整備するそうだ。



更に、中央埠頭とBSPがある博多埠頭の間を歩行者連絡路でつなぎ、中央埠頭・博多埠頭地区とJR博多駅とを次世代型路面電車(LRT)で結ぶそうである。



そういえば、既に須崎埠頭からコンビニがなくなって、大きな倉庫もまたなくなっていました。



須崎埠頭の今ある穀物を扱う物流施設を箱崎埠頭や人工島に段階的に移転し、須崎公園などと合わせてエンターティンメント空間に再編するとのことだ。



更に12ヘクタールある箱崎の貯木場を埋め立てるとのことである。



30年後に私がこの世にいるかどうか疑わしいが、これだけの再開発をするとなると年中工事だらけで、
釣りがしにくくなるかもしれません。(苦笑)



クルマ横付けで釣りができる場所も有料の駐車場にクルマをとめないといけないかもしれません。



福岡市の発展は望ましいが、土地所有者への収用の問題もあり、大きな税金の投与があるだろうから
また胡散臭い利権がらみの問題も起こりそう・・・ですよね?



私の夕方からの散歩がてらの釣りコースがなくなるかもしんない。(笑)




























posted by ジャズフィッシュ at 07:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

積雪と塩麴と豆乳鍋の無関係

朝起きて外を見ますと、近隣の家屋の屋根やクルマはまっ白でした。


昨夜の天気予報でそれなりに覚悟していたのですが、予想以上でした。


地下鉄の東比恵まで歩こうかと思っていましたが、道路に雪はなくいつもどおりチャリに乗っていくことといたしました。


近隣の車が通らないところはご覧の有様。


001.JPG


博多では滅多にお目にかかれない銀世界



博多に限らず九州は雪が降ることを普段想定していませんので積雪、降雪には大変弱いところです。



すぐに都市高速が通行止めになり、市内の幹線道路は大渋滞。



すべて想定内のはずですが、朝から救急車のサイレンの音が鳴りっぱなし。



西新に着きますと、たまに行く整骨院では寒そうに呼び込みをしていました。


005.JPG



写真では雪が分かりにくいのですが、かなり降っていました。



さすがに寒いので通行人も少ない。



私は昼休みにかねてより流行っています塩麴を買いにいきました。



011.JPG



最近はテレビでも話題になっていますが、私は数ヶ月前にドンキで塩麴を買ってカミサンに渡したのですが、カミサンからは音信不通でした。



「かなり前ドンキで買った塩麴どうしたん?」と、聞きますと、



「使い方が分からんし、気持ち悪いから・・・捨てた!!」との返事。



「・・・・・・・・・・・・!!!」(苦笑)



折角私が買って来たものを「蓋も開けずに捨てる!」などと言うことがあって良いものでしょうか??



不埒なヤツでございます。(苦笑)



あまつさえ、最近「塩麴が気になる!!」などとほざいていますので、購入。



帰宅後に「今度は捨てないでおくんなさいまし!!」と、カミサンにプレゼント。



風呂から上がりますと、豆乳鍋が待っていました。


012.JPG



こんなクソ寒い夜は鍋物が一番でございます。



鶏肉と豚肉と軟骨入りのミンチとタラと春菊、椎茸、ネギ・・・が入っています。



014.JPG



我が家では寒い時期にタラをよく食べます。



タラの白子はもちろんですが、タラの身も美味しいものです。



昨日職場で同僚と釣りの話を致しました。



大分の鶴見にクロを釣りに行っているグループはなかなか好調のことだそうです。



私の1月の釣果を申しますと、ニヤニヤしていました。



湾奥釣り師はこの時期は死んだも同然です。



クソ寒さを我慢して夜に釣りをしても10センチ程度のメバルが数匹じゃ行く気にもなれません。



明日は九州全域最高気温も氷点下だそうです。



こんな時に釣りに行く方・・・・・・、います?





































posted by ジャズフィッシュ at 00:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アスペルガー症候群気味の私が最近はまっていること!

アスペルガー症候群気味の私が最近はまっているコトと言いますかモノは、ズバリ「万年筆」です。


万年筆で手書きの文字を綴ること自体時代遅れですが、私はもともとノートであれ、手帳であれ、メモを含めて文字を書くことが大好きな変態野郎なのです。(苦笑)


かなりのメモ魔でございます。


引き金になったのはコレです。


001.JPG


昨年12月の半ばにある雑誌の付録についていた安っぽい万年筆


年賀状はコレで書きました。
(私から年賀状を貰った方には申し訳ございません。)・・・すまん!!


やっぱ、万年筆はいいよな〜!なんて、自分で思い込んで、中国産のDUKEと言う銘柄の万年筆を買い込んだところ、とても書き味がよくて気に入りました。


004.JPG005.JPG



元々筆記道具にはかなりこだわりがありまして、20代の頃から何故だか、
ボールペンはクロス!
万年筆はウォーターマン  !と、
勝手に決め込んでいました。


30年近く使っているのがコレです。


003.JPG


「ペンは剣より強し!」と言う言葉もございますが、私は大好きな言葉です。



モンブランのマイスターシューテックの149あたりが欲しいと思うのが本当でしょうが、あまりに有名であまりにありきたりすぎますので私が今回手に入れて自分勝手に喜んでいる万年筆はコレです。



010.JPG


やはり中国のDUKEと言うブランドの万年筆です。


012.JPG


随分重くて、重厚感満点の万年筆です。


バカチョンデジカメには限界がありますのでこの写真をご覧いただければこの万年筆がお分かりいただけるかと思います。





img56429801.jpg


この万年筆の能書はあえて語りません。


少しだけあえて言うなら、
中国国家主席「胡 錦濤」氏が、早稲田大学で日中友好について講義を行った
際にこの万年筆を使っていたそうです。


別に私は「胡 錦濤」氏が好きなわけではございません。


万年筆のキャップには中国最大の思想家「孔子」の言葉、<仁者愛人>という有名な言葉と孔子本人の姿が刻まれております。
これはDUKE万年筆会社社長が満を持して、世界に向けて発信した中国独自の特殊筆型万年筆の証。


私は中国の古代思想が大好きです。


今から35年前以上前、社会で「倫理社会」と言う科目がございました。


大学入試にはない科目ですが、私はこの孔子や孟子、韓非子、荀子・・・という思想家の考えを良くよく読んで高校時代に満点を取って倫理社会の先生から厭味を言われた記憶がございます。


「入試にもない科目をここまで勉強するヤツはほとんどいない!」、と・・・。


タダ単に好きだったからです。


性善説や性悪説。


特に韓非子の「法が必要なワケ」は大変興味深く理解したつもりです。



インターネットは便利です。



こうして文字をキーボードで叩けば不特定多数の方に同じ文章が送られます。


ですが、没個性。


だからこそ、ここ一番はアナログの古臭い万年筆で手書きで書いた文章が味わいがあると思います。



印刷された年賀状など、最近ほとんど読むことすらいたしません。



不特定多数の方に同一のものを送っている一枚にしか過ぎないからです。



このようなモノを頂いても、ありがたくもなんともござません。



ほとんど記憶にもないですし、マジメに読みもいたしません。



所詮、それだけのものでしかございません。



だからあえて、アナログ的に万年筆なのです。



若い頃から筆ペンを使っていましたので、飽きました。



筆ペンはいけません。



万年筆の方が味わい深いものです。



濃淡は万年筆にこそ出ます。



呉竹やペンテルの筆ペンも悪くはございませんが、万年筆には及びません。



ペン先をインク瓶の中に入れて、コンバーターでインクを吸い取る作業が面白いし、筆先を拭き取る手間もまた大人の時間です。



大人のやり取りは直筆に限ります。



ワードで書いたような文章が送られてきただけで私はロクに読まないですぐに破り捨てます。
100%そうします。



だって・・・・・重要でないから・・・。



不特定多数のどうでも良いヤツに送る送る文章は決まってワードで書いて印刷文です。



読むに値しません。



上場企業はよくDMを送りますが、お金のムダです。



こんなDM誰がまともに読みます?



経費のムダです。



マーケティングをほとんど分かってない方のなせる所作でございます。



レスポンス率などという前に下手でも構わないので直筆のDMでも書いてみなさい。



住所が印刷されたシールなど封筒に貼ってあるだけで100%私は開封すらいたしません。


ホスピタリティー度ゼロの郵便物


即廃棄です。



























posted by ジャズフィッシュ at 00:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!