2011年の個人的な釣り総評

自分自身で2011年の釣りのトピックスを作ってみました!


昨年に比べますと、メバル、メイタ〜チヌ、セイゴ〜スズキは私が良く行くポイントでは数が少なく、
20年前からの鉄板ポイントが既に鉄板どころかペラペラの下敷き程度のポイントでしかございません。


秋には例年釣れ盛る当歳メイタの少なさに来年の不安がつのりました。



初夏から一貫して多かったのが当歳セイゴ!!



博多湾湾奥のポイントではどこでもコイツラに悩まされました。



大好きなメバルは春先にも釣れず、秋口にも本格的には釣れませんでした。



皆さんにとってはどうだったか分かりかねますが、私にとっては2011年はお世辞にも釣りに関しては芳しい年ではございませんでした。あまりパットしませんでした。(苦笑)


1月はほとんど目ぼしい釣果はございませんでした。


2月は箱崎埠頭のバナナセンター岸壁で釣ったメバルとアイナメが記憶に残っています。


028.JPG019.JPG016.JPG


このアイナメは39・5センチで自己記録2番目のものでしたが、価値的にはこのサイズにお目にかかったのは16〜17年振りです。チヌの54〜55センチぐらい貴重なサイズです。
まさに博多湾では幻の存在です。


3月は、11日に例の東北沖地震による津波の発生で少し自粛していたせいもあり釣りそのものにあまり出向きませんでした。


4月はやはり箱崎埠頭でのメバル。

013.JPG

更に4月5日には初メイタをBSPでゲット。

008.JPG



5月と言えば、私が一番好きなメバルが釣れないといけないのですが、どこでも釣れませんでした。
ですが、須崎埠頭の某ポイントではアイナメの20センチ前後のサイズが良く釣れて懐かしさがこみ上げてきました。


015.JPG


6月は荒津のオイルセンターで釣研のテスターの坂元さんが50センチオーバーのチヌをガンガン釣っているのを見て唖然としました。

021.JPG


フカセが好きではない私は能古島へ。


015.JPG


6月の24日、須崎埠頭のど真ん中で43センチのチヌが・・。


003.JPG


7月初旬に須崎埠頭の西側で落とし込みでスズキが・・・!!


020.JPG


今思えばコイツの取り込みが一番厄介でした。


8月は他人が箱崎埠頭で釣ったヒラメにテンションが上がりましたが、それっきり!


007.JPG


8月も後半になりますとこのサイズのメイタは釣れるのですが数が出ませんでした。

022.JPG


9月に入ってもこのサイズのメイタ。


017.JPG


中旬もあいも変わらずこのサイズ。

023.JPG


10月に入りますと、普段絶対に行かないポイントでたまたま大きなメバルを目の前でバラシまして、それ以降暫くそのポイントに通いました。


005.JPG016.JPG


20センチオーバーのメバルをかなり釣りましたが最大26センチどまり


しかもすぐに釣れなくなりました。


11月は小さなセイゴばかり・・・。


008.JPG


能古島に渡りますと、久しぶりに26センチの黒ソイにお目にかかりましたが、メバルは10センチ足らずの小メバルばかり・・・。


011.JPG


12月に入りますと、メバルが釣れるのですが、悲しいかなこのサイズばかり・・・。


021.JPG


遠くまで行くに気にもならずにテンションダウンのまま年末を迎えています。


博多湾の湾奥では、メバル、セイゴ、メイタのどれが欠けても釣る時期の空洞化をおこします。


来年はメバル、セイゴ、メイタともによい釣りができるよう期待したいものでございます。


年をとると1年が早い!
しかも、芳しい収穫もございません。


来年はブログで特集を組めるような釣りができると良いのですが・・・!!


思えばこのブログを書き始めて釣りに関しては特筆するべき釣果はございません。


来年は目の覚めるような釣果がご披露できることを期待しています。








posted by ジャズ、フィッシュ at 23:55 | Comment(3) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

博多の釣りバカにも年の瀬が迫っています!

またしても釣りになど行くことが出来ない私は、リヤカー部隊のNさんのお店に出勤前に顔を出しました。



例の焼きハゼが売られていました。(笑)

001.JPG


ダシをとった後は甘露煮にするとこれまた旨いそうです。
Nさん曰く「一粒で二度美味しいのが焼きハゼ」とのことです。(笑)



今日はこれまでにない妙な魚、しかも海釣り公園でヒラメのエサのアジゴを釣る時に良く釣れるフグが店頭に並んでいました。


002.JPG



「これ、なんちーゅうフグ?」



ショウサイフグ!!」との返事。


「美味しかと?」


「トラの次に旨かバイ!!」だって・・・!!


フグ刺しをいまだかってそれほど美味しいと思ったことがない私にとっては、トラフグの次に美味しいと言う意味すら良くわからん。


ワケギを巻いて、紅葉おろしの入ったポン酢にチマチマつけて食う食べ方は風情があるけど、
フグがそんなに旨いか?」というのが私の持論。


白子が入っているトラフグを1匹買ってすべて刺身やそれ専用に捌いてもらうと、大きさにもよるが2万5千円ぐらいが相場であろう。


私も何度かご相伴にあづかったが、(勿論自腹のことが多いが・・)、格別、特別、美味しいと思ったことは生涯一度もない。


ふぐ刺しなどポン酢と紅葉おろしの味しかしないのでは?


カミサンからは味覚音痴と言われるが、フグ刺しよりは活きたハゼの刺身、洗いのほうが数倍旨いと思っている。


単に値段が高いから、有り難く食って、美味しい、美味しいといっているだけじゃないの?
少なくとも私はそんな気がしてならない。



安酒で雰囲気がよければ旨いし、レミーマルタンの13世だか14世だか忘れたが1本で10万は超えるようなブランデーも飲んだことがあるが、正直良くわからなかった。(苦笑)



昼休みには西新のリヤカー部隊を散策。



004.JPG



年末とあってか人が多い。



かまぼこの名店小林商店の焼きカマが美味しいと教えてくださったのは、何を隠そう同じリヤカー部隊のNさん。



「あそこの、焼きカマば、食べてみんですか〜!プリプリして本当に美味しかよ〜!!」と、言うので買ってみました。


4本で1000円。
とりあえず4本買って、職場の方にプレゼント。



更に、倅が「白センマイが食いたい!」などと言うので、お昼休みに買いに行きました。



005.JPG



すみません。
店の名前は覚えていません。
もう既に5〜6回買っているのですが・・・・。



ここの白センマイは少なくとも我が家ではヒット商品です。



料理が得意なカミサンが珍しく「美味しい!」と言ったのがここの白センマイ。


007.JPG



私のカミサンにかかりますと、評判の人気店の商品もある意味クソミソです。



よほど自分の味覚に自身があるようです。(笑)



一刀両断で、ございます。



瞬時につまらないものを見分ける味覚を持っているようです。



私は何でも美味しいと思うのですが、確かにカミサンの料理はそこいらの小料理屋は勿論、居酒屋などとは比べるべきものではない料理を作ってくれます。


まさに、合掌!!


今年もあと残すところ3日。


左党の方は飲みすぎ、食べ過ぎに注意されたし。











posted by ジャズ、フィッシュ at 22:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

正調博多雑煮の出しとは?

今日も出勤前に魚屋さんに寄りました。


なんと、前回マルで売られていたハゼとは異なるハゼがいました。


001.JPG


ダシを取る為の焼きハゼです。


博多と言えば、雑煮のダシは焼きアゴが定番です。
(アゴとはトビウオのことで、主に長崎で水揚げされたものが多い。)



実は私も長年釣りをやっていて、ハゼなど本当に何匹釣ったか分かりませんが、焼きハゼのダシの雑煮はこれまでの人生の中で口に入れたことがございません。



私が写真を撮っている時に丁度ご年配の紳士の方が焼きハゼを15匹所望していました。
値段は1400円。



これが高いのか、安いのかは・・・残念ながら私には分かりかねます。



ですが、概ね1匹100円だということが分かりました。



本棚から以前買った「聞き書 福岡の食事」なる本を調べますと、博多の雑煮のダシはやはり焼きアゴが定番であるというようなことが書かれています。


004.JPG


この本は360ページにも及ぶまじめなことが書かれていまして、読むには少し大変です。


博多出身の芸能人が書いたチャらい本のほうが読みやすいような気もしますが、昭和62年に発刊された元中村学園大学の教授の大関静枝さんという方が著者のようでございます。



玄界灘の漁師が毎年沖ノ島にお祭りに出かける船の様子が表紙になっているところが良いですよね?



なので買ってしまいました。(笑)


この本によりますと、博多の雑煮の具材は、
かまぼこ、里芋、椎茸、ブリ、かつお菜、丸モチということになっています。



アメイジングでございます。



私の母が私が幼い頃作ってくれていた雑煮そのものです。




今のカミサンと所帯を持って、食べたことがない基本的な博多の雑煮だったんですね〜!!



私の母は雑煮の具材には本に書かれているとおり忠実に実行していたようです。(笑)



筑豊生まれの私のカミサンは、「雑煮にブリなんか入れたら気持ち悪くて食べられない!!」と、私にとってはワケのわからない雑煮を28年間食べています。(苦笑)



雑煮は出身地と出身地のコラボの最たるモノではないかと思うのです。



夫婦がそれぞれ異なる出身地であれば、妙な雑煮ができるのは極、極、当たり前なのです。



私はなぜかしら餅が嫌いです。
これ以上のことは書きますまい。(苦笑)



さて、魚屋さんの他の売り場を見ますと、珍しいものが売られていました。


003.JPG


プロの魚屋さんですら、「久しぶりにみた〜!!」と、いう25センチほどのアイナメ


こんなんは昔、博多湾沿岸のどこでも、誰でも釣れていたのに・・・。


魚屋さんとまたしても昔話をしてしまいました。(笑)









































posted by ジャズ、フィッシュ at 00:07 | Comment(1) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クリスマス・イブ!?

残念ながらクリスマス・イブの今日は勤務でした。(涙)


出勤前に西新のリヤカー部隊の屋台の魚屋さんを視察。


004.JPG

青い発泡スチロールの中にはなぜか大量のハゼドンが・・・。


聞けば、これを焼いて干しあげて、正月の雑煮の出しに使うらしい。


博多と言えばアゴ出しと決め付けている方もいるが、ハゼを出しに使う根強いファンも多い。


005.JPG


もう1つには50センチ弱のヒラメや30センチ弱の鯛。


あえてこれ以上言及するべき魚でもない。
割愛。


私はクリスマスイブの日には坂本龍一さんの戦メリを聞いていましたが、今年から趣向を変えました。


20代の頃ジャズのLPを1000枚近く売ったことがあり、今思い出すと本当に今では入手困難なものを手放しました。


ですが、昔は昔で忘れるのも良いものです。


私が今日聞くのはレコードです。


007.JPG


フローラ・プリムと言うシンガーの恐らく私が思うに最高傑作です。


アマゾンでCDなんぞ探しても100%ございません。


今、偉そうにレビュー記事を書いているジャズ評論家の若造君達もおそらく聞いたことはないはずです。(苦笑)


008.JPG


レコードなんです。


私も10年来このアルバムのCDを探していますが、どこにもございません。


まさに幻の名盤でございます。


フローラ・プリムと言えばこのアルバムがあまりに有名です。


ジャズを聞く方であれば、恐らく誰もが持っていて、誰もが知っているRTFのRTFです。(笑)





マイルスコンボを離れて、サークルと言う失敗のコンボを経てチックコリアが作ったRFTの第一作ですが、この中でボーカルを担当していたのがフローラ・プリムでした。


パーカッションのアイアート・モレイラの奥さんでもあります。


RFTのアルバムよりも数段良い出来栄えです。


皆さんに聞かせられないのが残念。


まず、入手困難です。


久しぶりにゆっくりと酒でも飲みながら聞いて床に就くことにいたしやす。


レコードも良いですよね?


posted by ジャズ、フィッシュ at 00:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本日も釣りを断念いたしました。

昨日も西新のリヤカー部隊に店を出すNさんのリヤカーを覗き見いたしました。(笑)


001.JPG

色からしてこのアラカブ君たちは船の上から、しかも水深が20メートル以上あるところで釣れたことが一目瞭然のものばかりです。


002.JPG


こんな大きなヒラスがおかっぱりから釣れるポイントは残念ながら近郊にはございません。


つまり、今現在おかっぱりから魚屋さんに並ぶ魚はあまり釣れないことを示唆しています。


なので、今日も自分の部屋で一日中パソコンと睨めっこしていました。


このブログもそうですが、私は不遜な男で教わることよりも教える側に回る役目が向いているようです。


なので今日は全く新しい企画で今まで言及したことがほぼない分野のブログを2つ作成し、それぞれに5記事と7記事ずつ書き込みました。


1記事が恐らくこのブログの記事よりも長い文章です。
それを12記事。


他にもたくさん書きました。
私が書いているサイトの数はなんと、200近くあります。


このブログの記事数ではございません。
このブログはもうすぐ700記事近くなります。
ですが、200分の1でしかございません。



ある意味病気なので仕方ございません。(笑)


冗談の様に私自身アスペルガー症候群かもしれないと語っていますが、本当にそうなのかもしれません。(爆)


今日も朝の5時から夕方の5時までほぼパソコンのキーボードを打ちっぱなし。


目、肩、背中、腰・・・が痛いのですが、・・・・・当たり前ですよね?
誰でもこんなことをしたらまともではございません。


アリナミンを飲みました。


ですが、それをさておいてでも書きたい記事がありましたので、一気に12記事書きました。


勿論釣りではない分野ですが、釣りのように簡単に書けないもどかしさがついて回ります。


それはです。


私自身お金を出して情報商材を幾つも幾つも買っています。


ネットで稼いだ資金の3分の1は次の投資のために情報を購入しています。


高いものでも3万円台ですが、自分でこれは「買い!」と決めたら躊躇せずに購入いたします。


ですが今日の私があるのはこれらの情報商材によるところが多いものなのです。


なので、私の中で著作権のことが頭から離れません。


いみじくも法学部に行って、士業の資格を持つ私が知的財産権の侵害をするなど・・・、笑えません。


書いていますと、必ず壁にぶち当たります。


ここはあの教材に書かれていた内容・・・だな〜だと。


簡単そうで難しいのが著作隣接権


これを気にしなくて書けるのは私のオリジナルプランでしか書けないのです。


こうなると、書きたい、教えたいことの7割が良いところです。


文章にしろ、画像にしろ教えたいことの6割ぐらいしか伝えられません。


と、しますと7×6で42%ぐらいしか伝わらないことになりそうです。


42%では全くお話にならない内容です。


う〜ん、困った。























posted by ジャズ、フィッシュ at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

そろそろ宝くじを買うことを国民全体でやめませんか?

年末になりますと、宝くじを買う方が多いですよね?


私の妻も毎年、サマージャンボと年末ジャンボを30枚ずつ買います。


連番10枚とバラを20枚買うそうでございます。(薄ら笑い)


で、年始早々から舌打ちして、
「あ〜、今年も夢は叶わなかった!!」と、悲鳴を上げています。(苦笑)


宝くじを買う方は数学のセンスがほとんどない方ばかりで、
「買わないと当らない!!」ことを信条にしています。


実はノミ行為が許されるのであれば、
あなたが10万以上当らないことに私は1万賭けて、不特定多数の方とそれができるのであれば、私は孫さんを凌いで日本一の大金持ちになれているかもしれません。(笑)


最悪なのは払い戻し率だ。


ちなみに2008(平成20)年度の払い戻し率は宝くじ45.7%だそうである。


あなたや私の妻が30枚のジャンボ宝くじを買った時点で53・3%は既にピンはねされているワケである。


それは、宝くじを売る経費であったりもするが、最悪なのは天下り官僚の多額な報酬に当てられていることは容易に察しが着く。


博打は胴元が儲かると言うが、博打以上に薄汚い世界だ。


みずほ銀行が独占販売をしているが、コレを政府管掌にモトに財務省がやっても良いわけだ。


その代わり、払い戻し率は限りなく100%近くにすることだ。


9000円払った時点で、西田敏行さんのCM料はまだしも、財務省のみずほ銀行に天下りした野郎共の報酬が差し引かれているとしたら、とんでもないお話だ。


天下りが嫌だと言うのであれば、国民も宝くじなど一切買わないことだ。


財務大臣もみずほ銀行から宝くじの独占販売権を取り上げて、みずほ銀行に天下った官僚は懲役刑にするぐらいのことを敢行できるような方でないと意味がない。


当選金を取りに来なかった場合の金額はすべて福祉に当てるなどし、そこで不正があった場合は関係官僚はもとより公務員はすぐに懲戒免職するなどするのがスジではないか?


嫌なら、宝くじ販売事業そのものをみずほ銀行がやめればよい。


ふざけたシステムだ。


電力会社と良く似ている。



公正取引委員会は何しているであろうか?


何が公正なのか?
法律自体が不公正なことなどいくらでもある。


官僚たちが天下ってフトコロを温める会社が公正で、そうではない会社が不公正などと言うのか?


庶民の夢を一番食い物にしているのは官僚だ。


宝くじがある限り、財務省からみずほ銀行の天下りはなくならないだろう。


今、未来を託せそうな、変えることが出来そうな政治家が出てきた。


橋下大阪市長である。


就任早々、反旗を翻した公務員を更迭し、市の職員の報酬を2割削減すると言う。


どうしてこんなことが国家議員に出来ないのか?


総理大臣や閣僚は何をやっているのか?


公務員労組などの意見を伺っているようなドジョウ内閣だと、断固次は野党に下野するしかない。


選挙公約をすりかえて、八ッ場ダムの周辺工事を進めているような与党に誰が期待するか?


本当に何から何まで、何一つ守れない政党であることを露呈しまくり。


私は先の衆議院選挙で民主党に票を投じたことをつくづく後悔している。


選挙の仕方も、何度も言うが議会制民主主義自体が100年以上も前の貴族階級が作ったイギリス議会の選挙制度を踏襲しているわけで、国民の意見など作為的に届かないようなシステムになっている。


大選挙区、中選挙区、小選挙区、比例代表制など問題ではない。


議員内閣制度自体が問題なのではないだろうか?


総理大臣だろうと、国民が「コイツはつまらん!!」と、思ったらすぐにリコール出来るようなシステムは政治家には煙たいだろうが、これが本筋ではないだろうか?


国会議員法などガンガン変えるべきだし、それが憲法に抵触するのであれば憲法は変えるべきではないが変えざるを得ない。


最低限国民からのリコール制度を総理大臣以下閣僚はもとより、すべての衆参両議院議員に適用するべきではないだろうか?


国民として思うのは、宝くじに関する法律すら誰も精査しない。
官僚や銀行のある意味やりたい放題だ。


百を語ったところで、正しい運用がされているようには思えない。
自分たちのの都合の良い運用を法律で固めているだけのお話。


それを根幹からぶっ壊すのが政治家の役目ははずだが・・・???

















posted by ジャズ、フィッシュ at 00:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

西新のリヤカー部隊の魚屋さんで魚をリサーチ

本日はヒラメを釣ってきました!!


ほれ!
1・5キロ級のヒラメが4枚釣れました!


001.JPG


と言うのは、真っ赤な嘘でございます。(すまん!)



西新のリヤカー部隊にいるNさんの売り場を出勤前に見て、写真を撮らさせて頂きました。(笑)



大物のヒラスもいました。


003.JPG


奥に見えるのはブリではなくヒラスです。
なんと9キロの大物です。


私のこれまでの最高記録はお恥ずかしいのですが、ヒラスに関しては5・4キロです。


その時も80号の竿が折れるんじゃないか〜、などと思ったものです。


9キロのヒラスか〜!!


釣ってみたいターゲットです。


近場でセコイ釣りばかりしていると、ヒラスの引きなど忘れてしまいそうです。(苦笑)


さて、私がこの魚屋のNさんの売り場を眺めるのにはワケがございます。


それは、玄界島の漁師さん達が網を仕掛けて獲れる魚を見るためです。


残念ながら姪浜の魚市場には今現在カレイはほとんど入ってこないそうです。


と、言うことは、西区から糸島方面にカレイを釣りに行ってもほとんど釣れないこと示唆しています。


どこかの釣りのサイトには万に1つの確率で釣れたような魚を載せますが、実際はほぼ100%に近い確率で釣れないはずです。


私も含めて、素人の釣り師がたまの休みに竿を出して釣れる魚と、生活がかかっているプロの漁師が網で獲るサカナが同じはずはございません。


魚屋に並ぶ魚を見ますと、おおよその状況と、釣果は自ずと理解出来ます。


Nさんに聞きますと、セイゴ〜スズキばかりが、やたら魚市場に多いそうです。


シーバスファンはチャンスです。(笑)





























































posted by ジャズ、フィッシュ at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

終活を自宅でいそしむ私でありました。

本日の休みも釣りに行かずにクローゼットの掃除をしていました。(汗)


おびただしい釣具に我ながら仰天。


ヤフオクで売っても数百回出品せねばならないぐらい色々とあります。(苦笑)


趣味・道楽とは言え、幼い頃から釣具、エサ、船賃、釣り場までの交通費、その他などを勘案するといったい今までにいくら使ってきたのだろうか?と考えると、恐ろしくなるので・・・・、


そんな「終わってしもうたこと」は考えない方が健全です。(笑)


クローゼットを掃除し終わって、過日購入した【エンディングノート】をパラパラとめくってみました。


003.JPG


大切なことをたくさん書くようになっています。


今流行の終活の本の一部を垣間見ているだけなのですが、なるほど・・・と、心を動かされました。


40代半ばを過ぎた方は、いやそれ以前でも構わないのですが、エンディングノートはおススメです。


縁起の悪いヤツだな〜!などと思うのは構いませんが、色々とハラがくくれると申しますか、何が必要で何が不要なのかを考えさせられます。


つまり、覚悟が出来ます。


覚悟が出来ますと、今後の人生は変わる、いや、変わらねばおかしいはずですよね?


クローゼットを掃除していると、かなり前に沖縄の万座ビーチホテルで買った龍の置物が出てまいりました。


とりあえず、眼鏡用のスプレーをふって綺麗にいたしました。


001.JPG



手に取ると万座ビーチホテルに泊まって、プールで泳いだことや、敷地内の階段を下りて小さな防波堤からワケのわからない熱帯魚みたいな魚を釣ったことが思い出されました。


万座ビーチホテルの入り口から左折すると、200メートルぐらいに道路の反対側に釣具屋さんがありましたが、エサは冷凍のオキアミしか売っていませんでした。


「こんな釣具屋あって言い訳がない!」と、当時は思いましたが、沖縄と言う地の利を考えますと、そうなのかもしれません。


来年の干支は辰です。


002.JPG


思い出深い置物を机に置いて、粛々と新年を迎えることといたします。


釣りの状況を皆様に提供できずに申し訳ございません。


年を重ねるにつれ、寒さが嫌になるものです。


寒さを耐えて我慢するほどの釣果も近年の博多湾では期待すべくもございません。


依然は竿の数だけカレイやアイナメが釣れ盛っていましたが、今は幻でございます。


博多湾今昔物語の生き証人としても、竿を出す気にすらなかなかなれません。


私は幼い頃から冬が大嫌いです。


動植物も死んではいないのですが、まるで死んだようです。


なので私もそのような気分になる傾向があります。














posted by ジャズ、フィッシュ at 23:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こんな寒い中釣りに行くバカを育てたのは私かも知れない!?

12月16日。


今のところ今年一番の冷え込みで、途中霰や氷雨混じりの強風の天気でした。


こんな中、関門に船釣りに行った同僚がいます。(笑)


型の良いアラカブを10匹ぐらい釣ったそうだが、それにしても・・・・・・・。


実は私も今年最後と言うことでお誘いを受けていましたが、体よくお断りしました。(笑)



冬の玄界灘の波や状況など、予想だにつきません。
関門はかなりの高確率で船が出るそうでございます。



やる気満々であっても、海が大時化で出られないことなど何十回も経験いたしました。



もうコリゴリでございます。


金を払って、道具を揃えて、仕掛も作って釣りにすら行けない状況など何十回も経験いたしました。


たくさんでございます。


はっきり言いいますと、必殺仕事人のテーマ音楽が脳裏に流れます。


船釣りの楽しさも人一倍知っている反面、船釣りのもどかしさと申しますか、腹立たしさも人一倍知っています。


ココ数年行っていません。


船釣りの道具もキス釣りから30キロのカンパチが釣れても大丈夫なモノまでたいていは持っていますが、
いかんせんその気になれません。


なので人の釣果を聞いても羨ましいとも思わなくなりましたし、行きたいとも思わなくなったのです。


いけないことでございます。けしからんことでもあります。


行く前からおおよその結果が分かることなど。


ロマンなどございません。


1回の釣行にお金をかければかけるだけ期待感は膨らみますが、没になったときの落胆度は計り知れません。


船で行くのと、湾奥で釣るのはまるで期待感が違いますが、はなから期待感も持たない湾奥の釣りも楽しくもあり、辛くもあり?の釣りです。


でも、今日のような悪天候でも昔の私はお構いなしでした。


本日の悪天候に釣りに行ったおバカさんに釣りを教えたのは大バカの私でした。


あな、おそろし!


神よ、バチアタリなことばかりを教えてきた私を許したまえ!
























posted by ジャズ、フィッシュ at 23:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

年賀状書きと部屋の掃除で釣りどころではございませんバイ!!

本日の休みは自分の部屋の掃除年賀状を書くと決めていました。


井原西鶴の始末・算用ではございませんが、単なる「そ・わ・か」の実践の一環でございます。


「そ・わ・か」とは掃除・笑い・感謝の意味でございます。


最近通勤時に読んだ本で面白かったのがこれです。






私も長財布を使っていますが、それだけでどうにかなるという単純なお話でもございません。


著者は500人以上の社長の財布を見てきた税理士さんです。


なるほど、なるほど・・と、一気に読んでしまいました。(笑)


財布も重要ですが、まずは部屋のお掃除から、ですよね?


私は幼い頃から片付けがとても苦手です。
モノをなかなか捨てる事ができない男なのです。


書けなくなったボールペンもある日突然書けるようになるんじゃないかと思ったりして、引き出しに入れています。
加えてかなりの文房具フェチなので、シャープペンシルだけでもなぜか40本ぐらいあります。(爆)


引き出しを引っくり返して、いらないものを片っ端から捨てることといたしました。


003.JPG


本や雑誌などもかなり、処分することといたしました。


001.JPG


大きな福岡市の燃えるごみの袋2つ分。



本棚も整理しました。


007.JPG


引き出しも机も自分では整理整頓できたと思っていますが、カミサンのチェックは厳しく100点満点で15点ぐらいだとか・・・(涙)


006.JPG



まあ、自分が使い安いのが一番なので、カミサンの採点などはなから気にもしていませんが。(内緒!)



部屋の掃除を済ませたところで、年賀状書き開始。


私ぐらいの年齢になりますと、喪中ハガキがよく届きます。


プリンターで印刷することなく、必ず手書きの年賀状を書くことにしています。


理由は、裏表印刷の年賀はがきは私自身がほとんど読むことがございません。
誰から来ようと・・・・です。
理由は良く分からないのですが、まるで印象に残らないのです。



下手な字のほうが愛着がございます。
文章が下手でも良いと思います。



008.JPG


例年筆ペンで宛名書きをして、裏面はボールペンで書くこととしていましたが、
今年は裏表万年筆で書くことといたしました。


インクのにじみ具合・濃淡が結構好きです。



次回の休みは、クローゼットの中とクルマの中と、ベランダの物置の釣具の整理整頓です。



釣具をいじりながら整理整頓するのは大変ですが、楽しいものです。



若い頃、部屋で釣具を整理していたら無性に竿を出したくなって、部屋をブッ散らかしたまま釣りに出かけカミサンが怒り狂ったことがございました。(笑)



さすがに40歳を超えてからはそんな鉄砲玉みたいにどこに飛んでいくか分からないような無謀なことはいたしませんが・・・。








posted by ジャズ、フィッシュ at 18:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はやと丸岸壁でメバルを探ってみました

箱崎埠頭の投げ釣りポイントを後にした私ははやと丸が着く岸壁に移動しました。



このブログを書くようになってからはなぜか、良い釣果のない岸壁となりましたが、以前はソコソコ釣れていたんです。(苦笑)



ピンポイントですが、ソコにエサの付いたハリを落とし込んででいきましても、何らアタリません。



メバルはいれば必ずアタル魚であると私は思っています。



中層や表層にもいません。



底に付きますと、暗くなってもあいも変わらずハゼドンばかり・・・。



はやと丸岸壁は15分で撤収!!



バナナ埠頭に行きさえすれば、小メバルと遊べますが、単なる虐待であると思って他の場所に行きました。



丁寧に1ヒロ付近を流しますと、メバルのアタリが頻繁にあります。



釣れるメバルはここでも小さいものばかり・・・。



調子に乗って、釣れるメバルを海水を汲んだクーラーに入れますと、1時間ほどでこの程度釣れました。



019.JPG


メバル特有のアタリがなくエサを咥えている感じが伝わりました。



楽し〜い!!
おもしろ〜い!!
釣りはメバルにトドメを刺す!!?
などと、一人で実感しながら遊んでいました。



ですが、小物は小物。
どうにもなりません。



リリースする前に記念撮影。



021.JPG



25匹ほどいました。
楽しいのですが、空しさがよぎります。



今日もまたお持ち帰りの魚はゼロでした。



帰宅しますと、カミサンが
「最近は全く何も釣れんと〜!?」との質問。



私は、言葉を濁しながら、「あぁ・・・・・・・・・」と、だけ。



これからますます寒くなります。



防寒対策は万全に。



酔狂なメバルファンは今日もボウズと一緒の釣果でした。














posted by ジャズ、フィッシュ at 23:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

箱崎埠頭随一の投げ釣りポイントへ

バナナセンター突端のポイントに見切りをつけた私は定番中の定番、箱崎埠頭随一の投げ釣りポイントに行きました。


サビキでアジゴを狙っている方が3名いましたが、どの方にも何も釣れていませんでした。



017.JPG


一番手目の方がボラをかけてばらしたのでサカナがいなくなった・・・と、ボヤかれていましたが、
そのような問題でもないとおもいますが・・・。



私は昔から投げ竿の先にスズをつけるのが大好きです。



魚信でスズが鳴る時の感覚は実に良いモノです。



落とし込みの竿先同様に、スズの音色で何が掛かったかが、およそ分かります。(笑)



20年ほど前は12月から4月頃まで休み度に投げ釣りに行っていました。



クルマ横付けで竿が出せるところばかり・・・。(笑)



それを物語る遺物と言うか、遺産がコレでございます。



010.JPG



スピニングリールが20個ほど入った収納ボックス。



いつもクルマに積んでいますが、磯竿に付ける程度の良いリールは別にしてあります。



気が短く、せっかちな私はとにかく竿数を出していました。
平日は15本ほどの投げ竿やコンパクトロッドを。



今考えますと厚顔無恥な素行でございますが、退屈が大嫌いでどれかの竿の鈴が鳴っていないと気に食わない・・・と言うような性格でもありました。



最近は大人しく3本程度に留めています。(笑)



と言うより、ほとんどカレイもアイナメも釣れないからに過ぎません。



ここでもアタリもなくリールを巻くとこの方ばかり・・・。



018.JPG



更に何が海底にあるのか分かりませんが、すぐに根掛かりばかり・・・。



投げるごとに仕掛けが切れます。



ここもまた撤収です。



アオムシも余っていますので、はやと丸岸壁でメバルを探ることといたしました。



釣れるとありがたいのですが・・・・!!























posted by ジャズ、フィッシュ at 00:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12月の貴重な休日にカレイを狙いに箱崎埠頭へ

私にとっては貴重な貴重な12月の休みの日に箱崎埠頭カレイを狙いに行きました。


箱崎埠頭に限らず、博多湾の湾奥でカレイを釣る事は大きさに無関係にかなりレアな事例となりました。


昔話は何度もしたので、あえて割愛させていただきますが、近場釣り師の12月から3月までの四ヶ月はクルマ横付けでカレイ・アイナメ狙い博多湾の湾奥の冬の風物詩でもありました。


博多湾で最もカレイが釣れていました須崎埠頭の東側と、箱崎埠頭の穀物埠頭の西側は現在網が張られて立ち入り禁止になっています。(涙)


ここは、昔からカレイの1級ポイントでもあり、ここ以外はたいした釣果もありませんでした。


ところが、肝心要の2箇所が立ち入り禁止になっているのです。


消費税を上げる前にここを開放しないと、納税者の義務など果たしたくもございません。(笑)


公務員労組がバックにいる民主党など公務員改革などできるはずもございませんが、そんなことより須崎の東側と箱崎埠頭の穀物埠頭の西側を開放していただければ、私は気持ちよく消費税増税にレスポンスいたします。


更に付け加えるならば、荒津のオイルセンターから西側の沖防に行ける立体歩道橋、箱崎埠頭から新波止に渡る立体歩道橋ぐらいは建設していただきたい。


釣り人口は年に1回の人まで含めるとおよそ2000万人を超すぐらいいるそうである。


「政治家よ!釣り人を舐めんなよ!」と、謹んで申し上げたいし、行政も自分たちが退職後に就職するようなくだらない箱物を作る暇があったらもっとマシなことを考えていただきたい。


ワケのわからない行政独立法人や単なる天下り用の組織を作る金があるのであれば、まずは沖防に立体歩道橋を架けていただきたい。



それは兎も角、ポイント築港店でアオムシを100グラム購入して箱崎埠頭へ。


006.JPG


ポイント築港店の掲示板に箱崎埠頭でカレイが釣れているのを拝見いたしましたし・・。


私が最初に選んだポイントはここです。


009.JPG007.JPG008.JPG


バナナ埠頭の最先端です。



30分ぐらいでこれぐらい釣れました。


015.JPG


ですが、肝心のカレイはゼロです。


可愛くて旨そうなハゼドンが釣れますが、我が家では「お持ち帰り禁止指定魚」になっています。


天ぷらも刺身も旨いのですが、我が家ではカミサンが悲鳴を上げます。


気配がないのですぐに移動するとこといたしました。


金網の間から見たこのポイントはメバルの最高のポイントでしたが、今は立ち入り禁止。


016.JPG


良いところに限って立ち入り禁止です。(苦笑)


釣り人の意見を聞いてから立ち入り禁止にしていただきたいものです。


竿をたたんで、箱崎埠頭随一の投げ釣りポイントに行くことといたしました。














posted by ジャズ、フィッシュ at 23:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

光陰矢のごとし

師走でごわす。(韻を踏んだつもり?)


私の住まいの近隣には11月下旬よりクリスマスのイルミネーションが点いています。
例年のことですが、今年は昨年までとはいささか事情が異なるので妙な気分です。


006.JPG


長引く不況でギフトが売れない明太子業界で毎年売り上げを更新し続けている千曲屋さんの本社ビルの横の工場のイルミネーションも面白い。


002.JPG


イルミネーションだけだと分かりづらいが、船をモチーフにしたものです。



振り返ると今年は3月の震災により世の中が大きく変わりました。



夏の電力会社の節電要請以来我が家でもカミサンがナーバスに電気をアチコチ切って回っています。(笑)



節約・節電と言う言葉は企業にも波及し、大手スーパーのイオングループなどでは薄暗い売り場で営業を行っていることは周知のことである。



九州にいると津波の被害も放射能による汚染もほとんどピンとかないお話ですが、街角でも原子力による電力を作ることを反対する署名運動が度々行われています。



今すぐにすべての原子力発電をストップするするわけにはいかないのは誰が考えても自明の理ではあるが、
過日九州電力が将来的に原子炉を廃止するために2035年までに電力料金にその費用を上積みするようなことが西日本新聞に載っていたと記憶している。



やらせメール問題も何ら解決せぬまま、引責辞任するはずの代取も会長の後押しでそのまま居座る始末の企業が考えそうなことである。


責任転嫁どころか廃炉にして使用済み核燃料を処理する費用を住民負担にするなどまことにもってふざけたお話だ。


自分たちのフトコロは痛めずにツケを住民に押し付けるような格好ではないか?



政治家の皆さんは何を黙っているのでしょうか?



こんなことばっかりやってる連中だとしたら、期待すべきでもないのだが。(苦笑)
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/275933



水戸黄門の勧善懲悪が懐かしい。


番組が廃止になるのはマンネリ化ではなく、悪代官のような方はどこにでもいるが、肝心の黄門様がいないことに僻僻した視聴者の怒りかもね?








posted by ジャズ、フィッシュ at 07:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。