デカメバル・リベンジ戦 その2

前回の続きです。


30分ほど小魚ばかりを釣って、いい加減に飽きましたのでやはり落とし込み釣りでそれなりの獲物を釣らねば・・・と、思って胴付き仕掛けを片付けました。


胴付き仕掛け用の竿先にスズを付けていますので、頻繁にアタリがあり落とし込みに集中できません。(笑)



エサをつけて前回デカメバルやメイタが釣れたポイントにエサを落とし込んで行きますが、アタリがありません。


2ヒロぐらいで周囲を探りますが、アタリなし。


3ヒロぐらいに深さを変えて探りますが、これまたアタリなし。



思い切って1ヒロぐらいの浅めのタナを狙うもアタリがあってハリに掛かるのは、15〜20センチほどの
ミニセイゴばかり
です。



前回釣れたポイントの左右10メートルのレンジには何らアタリがないので少し離れて2〜3ヒロの深さを刻んでいきますと、何かが食いました。



竿先にゴツゴツとアタリがあり、竿先が曲がっていきます。


アワセますと、メイタとすぐに分かる引き。
沖に向かって逃げようとします。


竿が軟らかいので、楽しめはいたしましたが、このサイズじゃ〜。


003.JPG


25センチほどのメイタです。


20メートルぐらい離れている前回のポイントにポチャリ!とリリース。


エサを付け替えて再び探りますと、同様のアタリが・・・。
アワセますと、先ほどと同じような引き具合。


007.JPG


写真中央部分に白いものが微かに見えませんでしょうか?


008.JPG


ハリ掛かりして海面に浮いてきたメイタの写真を撮れるというようなときは、気持ちにかなり余裕があるときか、バレても構わないという少し投げやりな時です。
今回は後者です。(笑)



8時を過ぎましたのでここで納竿。



リベンジどころか返り討ちです。



このポイントには、また日をあけて竿を出してみることといたします。





















posted by ジャズ、フィッシュ at 07:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デカメバル・リベンジ戦 その1

前回デカメバルをばらした場所に行って参りました。


海面でバレた残像が今でも脳裏に残っていますもので・・。


今日は、姑息にも落とし込みと際釣りの2本立て。


001.JPG


船釣り用のダイワのシーパラダイスと言う竿にホワイトのPEライン1号を巻いたスピニングリールを装填。


この竿にメバル用の胴付き仕掛けをつけて、底オモリは8号の釣鐘型をつけました。
竿先にはスズをつけて、待ちの釣りです。


3本バリ仕掛けなので、それぞれのハリにアオムシを付けて際に落とし込んで5秒もしないうちに
スズが鳴りました。


竿を少し送り込んでアワセますと、意外や意外、釣れたのはこの方。


002.JPG


20センチほどのキス


普通、胴付き仕掛けで際を狙ってこないはずです!?


「なんで、あんたなん?」と思いつつビニールバケツへ。


キスが釣れたハリのエサを付け替えて再び落とし込みますと、一番上のハリに釣れたのはこの方。


004.JPG


前回ばらしたメバルとはまるで違うチビメバル


ほとんどエサに影響がないのでそのまま落とし込みますと、またしてもすぐにアタリが・・・。


15センチほどのアジゴ。


更に、同様の作業を繰り返しますと、15センチほどのセイゴやハゼやチイチイフグがすぐにアタリます。



イトをたるませて少しチョイ投げしますと、コレです。


006.JPG


ハゼ3連発!!
かなりブルーな気持ちでございます。


あんたら釣りに来たんじゃなかとバイ!」と、ブツブツ・・・。


僅か、30分ほどで釣れたのがこの釣果。


009.JPG


マジメにキス狙いだけでも釣れるポイントかもしれません。
ハゼを大量捕獲するのにも良いポイントかもしれません。


ですが、狙う獲物はあくまでデカメバルですから、なんとも言いがたい釣果です。


そこで、雑魚ばかり釣れる胴付釣りを断念しました。(笑)


先日とは状況も違うようです。


続く




posted by ジャズ、フィッシュ at 21:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

釣りバカは東浜のマル秘ポイントへと向かった。

東浜の船溜まりでちっちぇ〜連中と遊んだ後に、残り少ない時間で移動するのも面倒だし、マル秘ポイントに向かうことといたしました。


このポイントは、あんまり大声では教えられません。
と、言いつつブログに書いてしまいます。(笑)


ヒントは、

1 暗くなるまで待って!(少しエロい)
2 コソコソ
3 足元ジャリジャリ
4 クルマからテクテク歩き
5 サーチライト


分かる方は、ニンマリしているはずです。


日曜日の夕方ということで行きました。
普段はノコノコうろついていると叱られると思います。(コレもヒント!)


で、私はこの界隈きってのポイントに到着し、太目のアオムシを付けて波止の際を落とし込みますと、
3ヒロぐらいのところで豪快なアタリがありました。


メイタのようなメイタでないような引き方ですが、かなり引きます。


リールを巻き巻きして夕マズメの薄暗い中海面に浮かんできたのは、私がおかっぱりから釣ったことがない
サイズの大型のメバルです。
30センチ前後の大型です!!
「やった〜!」と、声を上げて喜んでいますと・・・。


タモを取った瞬間にバレてしまいました。


!!!!・・・??


ハリはメバルバリの9号に換えていましたので、恐らく掛かりが浅かったのでしょう!?


「チクショウ〜!」と、一人で海に向かって吠えてしまいました。(笑)


すぐに気を取り直して再びエサをつけて落とし込みますと、かなり引きますが、先ほどのメバルとは比べ物になりません。


犯人はコイツでごわす。


022.JPG


手のひら大に尻尾が付いたほどのクロちゃん。
すぐに遠くの方に向かって投げ込んでしまいました。


エサを付け替えて今度は2ヒロぐらいを探りますと、先ほどのメバルと同じぐらい引くやつが・・・。


期待は裏切られて・・・・・・この方でした。


024.JPG


30センチ弱の全く嬉しくもないメイタです。(涙)


その後も同じサイズのメイタが・・・。


023.JPG


この方達も直ちに海にお帰りいただきました。


砂まみれになっているメイタもこのポイントのヒントです。



それから、風も強くなり、私は納竿することにしましたが、もう一人落とし込み竿を持った釣り人が
私がいるほうに歩いてきました。


眼光スルドイ上手そうな釣り人でした。


挨拶を済ませて、私は車にテクテクと歩いていきましたが、
大きなメバルのことが頭から離れません。


まさに、逃げた魚は大きい






posted by ジャズ、フィッシュ at 14:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東浜の船溜まりはもはやロックフィッシユのゆりかごと化した!!

今日ははなから小物狙い東浜の船溜まりの波止に向かいました。


日曜日だけあって、過日キビレチヌの40センチを釣った場所はアジゴ釣りのファミリーカーだらけです。
予想通りです。(想定内)ということでございます。
クルマ横付けのファミリーフィッシングにはもってこいのポイントです。


008.JPG


「おい!おい!そんな遠くから、アジゴ釣りのファミリーかどうか、わからんだろうが!?」と、言われる方もいらっしゃるかと思いますが、私をなめてはいけません。(笑)


そのために買ったのがコレです。


006.JPG


迷彩色の双眼鏡ですが、別にミリタリーグッズが好きなわけではありません。


しかも、安物ですので倍率が低く東浜〜中央埠頭ぐらいの距離が関の山です。(苦笑)


で、竿を出したのがココ!


009.JPG



知る人ぞ、知る・・・あまり釣れないポイントです。(笑)
最近は釣れませんが、以前は良く釣れていたんですよ〜!



この波止の付け根から先端までを丁寧に探ります。



異変をすぐに気づきました。


いつもいるべき連中がいません。


先端部分の右側で妙なアタリが・・・。


010.JPG


チビメバルです。


この波止に20年以上通っていますが、サイズは兎も角メバルが釣れたのは初めてです。


何かがおかしい・・・・!!


またしても・・。


012.JPG


ストラップサイズのミニメバル


今度は昨年2歳魚のキビレとメイタが入れ食いだったポイントにエサを落としますと、釣れるのはこの方達です。


016.JPG


10センチ程度のミニ・タケノコメバル。


まるで、ロックフィッシュのゆりかご状態です。


たまに妙なアタリがアリ、アワセますと、釣れるのはこの方たち。


015.JPG014.JPG


さすがに心がへこみます。


いくら釣りが好きでも、こんな連中を相手に貴重な時間を使いたくはありません。


雑魚ばかり、20匹ほど釣った時に次に行くポイントを私なりに考えましたが、
お気づきの方もいるかもしれませんが、この時期に100%この場所にいるべき魚がいない異変とは何でしょうか?


それは今の季節であれば、今までどんな年にも必ずいて、私をブルーにさせていたヤツラです。


答えは当歳メイタです。
10センチほどの当歳メイタ、当歳キビレが皆無です。


こやつらさえもいない状況でございます。


やはり、今年の博多湾は尋常ではありませんバイ!!


僅かな時間内に次にどこに行ったかは次回書きます。



























posted by ジャズ、フィッシュ at 21:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

博多の釣りバカの世界戦略???

 今日は釣りの話ではございません。


実は私は今現在釣りとジャズを聴くこと、本を読むこと以外にもう1つの新たな趣味があります。


それは、広義の意味においてのネットマーケティング


偉そうに言わずとも、どうしたらネットで金を稼げるのか?ということの研究です。(笑)


色々な手法を有料の情報商材で学びました。


中にはとんでもないものもたくさんありましたが、役に立つモノもあるのでこうして皆さんの前で書くことができるのです。


ネットで儲けた利益は基本的にネットに注ぎ込むのが私のやり方です。(今のところ)


それは加速度を早めるためです。


実はある情報商材を購入して、その中の例題になっていた腕時計に一目惚れいたしました。(笑)
ヤブヘビでございます。


欲しいと思うと、絶対に手に入れる主義です。


値段的にはたいしたものではございません。


その時計はコレです。





楽天市場で品切れです。


ヤフオクでも出品なし


だからと言って、ここで引き下がるようなことはいたしませんし、まともな値段で買うことなどサラサラ考えません。(笑)


では、どうするか?


結論から言いいますとeBay(イーベイ)海外オークションで新品を手に入れました。


当然のことながら、偽モノが来るのではないか?
金だけ払って品物が来ないのでは?
外国取引など素人にできるのか?


と、言う当たり前の感情は私にもありましたが、
僅か数万ぐらい騙されてもいいや〜とも思いましたし、何よりもやる経験を身につけたかったのでやってみました。



今日、ヤマト運輸からその商品が届きました。


001.JPG


落札価格とは別にアメリカからの輸送費や関税が3502円かかりました。


安いのでは?


だって北海道から九州まで常温の宅急便を送って1800円近くは取られる筈です。


アメリカからの輸送代と関税がこの程度であれば、まあ良しとしましょう。


中身をあけますと、


002.JPG


洒落た箱から実物が登場してまいりました。


025.JPG


時計本体もカッコイイと思いますが、ラバーバンドがよろしいです。



気になるお値段ですが、「秘すれば花」でございます。
観阿弥みたいですみません。
世阿弥だったかな?



たった1度の取引で何かしらの自信がつきました。(苦笑)



コレって商売になりませんか?


空前の円高です。


ブランド物もeBay(イーベイ)海外オークションで取引が成立すれば安く仕入れられます。


利は元にあり・・ですよね??


まあ、売れなくても自分でバチ被っても自分で身につければいいや〜、ぐらいのものから始めてみました。


看板がなくても、個人で輸入できて転売できるのがネットの世界です。


面白いとは思いませんか?


この後に、近場に釣りに出かけました。
そのことにつきましては後日ご報告いたしますね。





























posted by ジャズ、フィッシュ at 23:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

須崎埠頭でもメイタに会えず仕舞い。

箱崎埠頭のメイタポイントを断念し、須崎埠頭のいつものポイントへ。

どーでも良いのですが、マリンメッセの前からトンネルをくぐって須崎に向かう道はいつも渋滞して、
イライラします。


005.JPG


いつものポイントで、岩ガニをエサにしてメイタを狙いますが、ウンともスンともアタリがありません。


なので修理した竿には予め袖型8号の針をセットした仕掛けを作っていましたので、アオムシで探ることにいたしました。


すると、いつものヤツラが入れ食い!!

006.JPG008.JPG007.JPG


秒殺で釣れます。


ハゼを釣るのが目的であれば、それなりに楽しめるはずです。
20センチ近いハゼも混ざります。


しかし、こんなちっちぇ〜魚を釣っても面白くないので、薄暗くなり始めた頃に場所を再び移動。



010.JPG


このポイントは最近全くダメです。



竿を後部座席の窓から入れたまま、須崎のピンポイントを狙うつもりがさすがに祝日でアチコチに釣り人が
います。(笑)



一番のポイントもサビキ釣りのファミリーが占拠していました。



須崎から荒津のオイルセンター側に沈む夕日がとてもきれいでした。


011.JPG


夕日を見て、こんなにチョロチョロする日は基本的によろしくない経験則から納竿。


今年は楽勝メイタパラダイスになかなか遭遇いたしません。




posted by ジャズ、フィッシュ at 07:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨年の釣果を参考に箱崎埠頭に!

昨年の日付が入っているマイピクチャーを参考に箱崎埠頭に行ってみることにしました。


007.JPG


ポイント築港店でお約束の小さな岩ガニ10匹と、太目のアオムシ50グラムを購入。(525円です)


その前にキビレチヌの40センチを釣った中央埠頭のポイントに寄る事としました。


釣り場について仕掛けを作っていると、一台のワンボックスカーが。


中から現れたのは、中国人と思しき男女と5歳ほどのお子さん。


子供は徘徊し、中国人男性はルアーロッドにサビキ仕掛けを結び、アミカゴにアミを入れてなぜか力任せに遠投していました。


遠投する意味がわかりましぇ〜ん。(笑)


中国人の息子が私のタモの柄を踏んづけてくれるので箱崎埠頭某所に行くことにしました。


日中友好のため文句など言いませんよ!


箱崎埠頭某所の釣り場に着きますと、メイタが釣れるポイントに先客が・・!!


しかも、母親と娘。
釣女と釣りガール


珍しい組み合わせでした。


昨年はアオムシでも良く釣れたポイントですが、今年はいまだかって1匹も釣れません。(汗)


現地に着いて何度か落とし込んでいると、バイクに乗った方が登場。


私のタックルを見て、「ブログを書かれている方ですか?」との質問。


彼が言うには私のサイトを見てメイタ釣りを始められたようなことを言われていました。


アーメンでございます。


私ごときアンポンタンの世迷言を読んで釣りを始めるなど・・・。


お分かりの方もたくさんおられるでしょうが、
私は落とし込み釣りの啓蒙家でも何でもありません。(笑)


タダ単に、朝早くから遠出をして釣りをするスタイルと船釣り、瀬渡し・・・・などに飽きてしまった親爺でしかありません。


行きたい時に行って、帰りたい時に勝手に帰る勝手気ままな釣り人です。


気分次第では釣りにも行きませんし、釣り場で竿すら出さないこともあります。


そんな私の釣りのスタイルを参考にするなど・・・どうにかしています。(笑)


心が病んだ釣り人としか言いようがありません。


20年前、少なくとも10年ほど前ぐらいまでは心が熱い釣り人でしたが、最近の私は散歩がてらの釣りでしかありません。


そんなバカ親爺の記事を読んで釣りを始める方がどうにかしています。(苦笑)


真似をすると危険です。


バカに近づいてはいけません。
孟母三遷の教えのとおりでございます。


箱崎埠頭某所でもアタリすらなく、須崎埠頭に行くことにしました。




続く・・・。


posted by ジャズ、フィッシュ at 00:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お彼岸にどこに行こうかな?

暑さ、寒さも彼岸までと言いますが、今朝は寒いぐらいでした。


カミサンさんから「ドンキホーテに行って買って来て!」と言われたのは、なんとコレ!


002.JPG001.JPG


50過ぎのオッサンがチャリに乗ってドンキホーテに行ってまで買うモンか?(笑)
ドンキのレジの若い女の子が俺を不審者のように見ていたぞ!!


カミサンと息子が気に入っているらしい、江頭2:50ストラップレインボーコレクションというものらしい・・・?(よー、わからんが・・!)


そうそう、ハンドメイドの竿のミニクロガイドが取れてしまった。


003.JPG



気づいた時に修理しておかねば・・・と、ばかり自分の部屋でソソクサと修理。



ミニクロガイドに巻くイトの巻き方に問題があったようです。


004.JPG


100円ショップで買った小さな万力はなかなか使えるシロモノで、ちょっとしたものを鋏んで固定する時には便利なシロモノです。


ミニクロガイドを付けるときは、先に瞬間強力接着剤を垂らした上にミニクロガイドを乗せて、半ば乾いた頃に今度はミニクロガイドの上に瞬間強力接着剤を垂らしてイトを巻いていくのが良いようです。


しっかり巻いて、後はほったらかして、乾燥させるだけ。
勿論余分なイトはハサミで切り落とします。


メンテナンスも修了して、さて今日はどこに行こうかな?


昨年の9月22日のマイ・ピクチャーの画像を見てみると、


007.JPG

箱崎埠頭某所にてアオムシでメイタを釣っています。


夕方から、ここにでも行ってみることにいたします。






posted by ジャズ、フィッシュ at 14:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

博多区のど真ん中の田んぼ

なぜかしら、私の住処のすぐ近くに田んぼがあります。(笑)


引っ越してきた5年前の翌年の6月頃に網戸をして寝ていますと、まさかのカエルの声!!


田川で生まれ育ったカミサンはニンマリ。


小倉の中心地で生まれて、東京の世田谷のど真ん中の経堂のど真ん中で育った息子はカエルの鳴き声を知らないようでした。(苦笑)


無理もありません。


恐らく、今の博多区に住むまでカエルの鳴き声など聞いたことがなくて当然の生活をしていますから・・・。


問題の田んぼはここ。


002.JPG


笑ってしまいます。


001.JPG


「実るほど頭をたれる稲穂かな」などと、古臭い説教じみた言葉は申しませんが、台風15号が過ぎた本日青々とした稲穂が眩しく感じられました。


転勤してから、東比恵の地下鉄の駅まで自転車に乗って通勤しています。


クルマですと普段見落としがちな風景も自転車ですと、立ち止まってしげしげと眺めることが出来ます。


季節感を感じながらの通勤。


チャリンコ通勤もオツなものです。


「暑さ寒さも彼岸まで」とは、良く言ったものでここんところ寒いぐらいです。


台風12号と15号で釣りには思うように行けませんでしたし、転勤と鹿児島での会議で更に釣りに行けませんでした。


もうすぐ、メイタ三昧になってくれると嬉しいのですが。





posted by ジャズ、フィッシュ at 23:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

台風15号は速度が遅い!!

台風15号は速度がやたら遅いですよね?


9月のはじめに来た台風も速度が遅いために全国に被害をもたらしました。


こんな記事を書きながら、あえて不謹慎なことを言わせていただきますと、


大声では言えませんが、
こんな台風の時でも必ず釣り人はいます。(笑)


かっての私もそうでした。


何の本を読んだのか記憶していませんが、
台風のときは漁港内にチヌが非難してくるみたいな記事を読んで、姪浜漁港で竿を出していると、


漁師さんに散々バカにされたことがあります。(苦笑)


「あんた、なんば釣りよっとね?」と尋ねられて、
「一応、チヌなんですけど・・・」と答えると、漁師さんは私を蔑んだ目で見ていました。


言葉に出さなくても分かることはありますよね?


目が物語っていました。


「お前は、バカか?」と。(苦笑)


本のとおりには行きませんでした。(笑)


台風の時に荒れた海から難を逃れて漁港内に入ってくるメイタ〜チヌを狙う方が怪しい。


そんなうまい話は自然界にもありませんバイ!


ですが、やることに意味があります。


私は、台風の時にも出かけました。


以来出かけないようにしてはいます。(笑)
posted by ジャズ、フィッシュ at 21:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

台風15号の日は自宅でおとなしく?

3連休も雨で台無しでしたよね?


アウトドア派の方は、梅雨みたいにシトシト雨が降りますとこれだけで気が滅入りませんか?


私はこんな時にはジャズを聴いて本を読んでいるか、ジャズを聴いてネットサーフィンをしています。



今日読んだ本は私が福岡が生んだ自慢できる作家として尊敬しているハイブロー武蔵さんの本です。


ハイブロー武蔵??


私も本屋で手に取った時は、プロレスの業かなんかを名前にしているプロレス好きのオッサンだろうぐらいにしか思っていませんでしたが、とんでもない大間違いでした。(汗)


ハイブロー武蔵さんについてはこちらを参照してみてください。

http://www.geocities.jp/catalists/test/4_highbrow.html



彼の書いた本を読みますと心が浄化されます。
癒されるのではなく、浄化されます。
彼の人柄でしょうか?


私は彼の本を何冊も読み、「こんな人になりたい!」とも、思いました。


がしかし、所詮キャラが違います。(笑)


私はかなり突拍子もないおバカキャラですから・・・。


ハイブロー武蔵さんの本を読んで、ヤフオクで釣具のところを検索しますとまたしても妙なモノを発見。


600x600-2011042300004.jpg


しかも値段が値段だ。


ヤフオクの気になる商品は
音波式(ソナー)魚群探知機


ポイントの特売の磯竿よりも安い値段じゃねぇ〜か!


失礼だが本当にこんな道具で、水深99・9メートルまで魚を探知できるのであろうか?と、思ってしまった。


仮に、本当に魚を探知できたとしても、今現在の箱崎埠頭や須崎埠頭の先端から探知したら、サカナが全く写らなくて釣りをする気が失せてしまう方が恐ろしい。(苦笑)


アジゴが写るかもしれないが、メイタやチヌやセイゴなんかも同じ大きさの魚マークで写るんだろうか?


一応性能には言及してあり、
海釣り、川釣り、湖に
バックライトも付いているので夜釣りにも対応
0.7mから99.9mまで探知可能で魚探知アラーム付・節電モード搭載
単4アルカリ電池×4本使用(付属しません)
深度最大値:99.9m
深度最小値:0.7m
センサー発信角度:45度
動作温度:-20度〜70度


との説明があるが、値段が値段だけにディテールは謎だ。(笑)


タモの柄に妙なモンをくっつけて「あの親爺・・・馬鹿か?」というようなことをしていたら、
恐らくそれは私かもしんない。


カミサンから良く叱られるが、役に立たないモノ、くだらないモノ、笑えるモノが好きで、気になってしょうがない。


職場でエケコ人形を買って楽しみに待ってるおバカなヤツもいるが、こういうお目出度いヤツが好きなのさ。


そう言えば、嫁さんが「体脂肪計タニタの社員食堂 ~500kcalのまんぷく定食~ 」と言う本を買ってきて美味しい料理を作ってくれるので、体重が一気に増えたヤツもいたな・・・!!(笑)





posted by ジャズ、フィッシュ at 18:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヤフオクで釣具を買うのは難しい??

 釣り仲間の一人からヤフオクで釣具を買うのは難しいとの電話がありました。


その1つは「ヤフオクで買った商品が最悪の粗悪品だったりしたらどうするんだ!!」ということと、5000円以上の入札をするにはYahoo!プレミアムへの会員登録が必要になるので、それが好かん!!とのことでした。


Yahoo!プレミアムへの会員登録は月額346円かかります。


滅多にオークションを利用しない方にとっては毎月の定額のランニングコストなので怖気づくようです。


別に、それならそれで4999円以下の物を入札して遊べばよいのですが、毎月の346円、1年間4052円がもったいないと思うようでは辞めておいた方がいいかも知れません。(笑)


別に私がYahoo!プレミアムへの会員登録を薦めても、私に1円たりとも入るわけでもないし・・・。


モノは考えようです。


例えば、定価が5万する竿ですと釣具の量販店では39800円で売っていたとします。
(あくまで仮説です。)



それをあなたが20000円で競り落としたとすれば、19800円の儲けですよね?


1回の売買で年会費などすぐに元を取ります。


粗悪品が来るのでは?とお思いの方は、
かなり心配性で疑り深い方だと思います。(笑)


ワケのわからない宗教団体や詐欺集団の利殖法を促す団体に入るワケでもありません。


きちんとした評価制度もありますし、
最悪消費者センターに通報すると言う手もあります。


このような方はアマゾンで本を買った経験すらない方です。 恐らく・・・。


私は本が好きで大きな書店に行くだけで心が躍りますが、
利便性から言いいますと絶対にアマゾンがおススメです。


新聞で見た本の題名や作者などが分かれば、真夜中の2時だろうと、朝方の4時だろうとワン・クリックでオーダーできて、数日後には自宅に本が届けられます。


こんな便利なツールを使わずしては、もったいない・・限りです。


初心者には私は、「釣りは格好から入りなさい!」と、言っています。


「道具など何でも良い!」と言いながら矛盾しているんじゃないか?と、思われるかもしれませんが、私はあるジャンルで釣りを始める時は、絶対に安物は買いません。
そのジャンルの釣り、釣り方に慣れると、安物も買います。


で、結局高い道具でも安い道具でも使いこなせる様にもなります。


この釣りに必要なエレメントを探そうとします。


竿はどんなんが良いだとか、リールはこんなんが良いだとか、ハリスはこれが良くて、オモリはこれが良くて、ハリはこれが良い・・・と言うことを只管探しますし、試行錯誤します。


正直初心者にはこのへんの感覚が難しいかもしれません。(汗)



例えばこちらをご覧下さい。

釣具のジャンク品


私が興味を示したのは鳴門リール


鳴門リール


今現在1000円です。
これを1200円であなたが競り落としたとします。


このリールを使うこと自体楽しくないですか?


ジャンク品で2個のうちつまみが1つ欠けているとしても、予め分かっていて買うわけですから不都合であればつまみを自分でつければ良いだけのこと。


私など、つまみが1つの方が使いやすいと思っています。(笑)


隠れたお宝を探すのはあなたの勘です。


捨てる神あれば、拾う神もある。
あなたが拾う神になれるかどうかはあなた次第です。












posted by ジャズ、フィッシュ at 21:27 | Comment(2) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

釣具はもはやヤフオクで買うしかない!

私のブログを見て下さっている方にのみの情報ですが、
釣具は新品など買う必要がないということを改めて申し上げたい!と、思います。


私は45年以上も釣りをし続けている釣りバカですが、何度も書いたかもしれない、
「1場所、2エサ、3仕掛け」というものを今だもって痛感している男なのです。


簡単に「1場所、2エサ、3仕掛け」などと考えてはいけません。


凄くディープです。
あらゆる釣りの本質を言い当てている言葉です。


その中で注意していただきたいのは、道具もウデも関係ないということです。


チョット寂しい気もしますが、あえて申します。


これは真実の事実です。


釣れる場所に行けば、初心者でもチヌの40センチ程度は釣れます。


釣れない場所では、釣り雑誌に能書タラタラ書いているテスターの方でも釣れないものです。


身も蓋もない事を言いますと、釣り師のウデも道具もあまり関係ないということです。


ですが、やはり道具には各々こだわりが生まれます。


私もそうですが、他人からするとアホみたいなこだわりがあります。


釣れれば良いというわけでもありません。


何度も書きましたが、沖防に渡って50センチオーバーのチヌを釣ったからとて私にすれば、
評価はゼロです。


だからどうした?程度です。


57センチ以上であれば、運がよかったね!程度のものです。


45センチ程度のチヌを釣るのに2000円も払って釣り座を買えば釣れて当然です。


ウデ以前の問題です。


沖防で釣れたチヌの45センチなど、難易度からすれば須崎・箱崎・東浜・中央埠頭の30センチ程度のメイタ以下の評価です。


デカイ魚を釣ればこと足りると思っている方は、大きな間違いです。



販売でも季節変動指数というものがありますよね?


乗っ込みのチヌなど離島に渡って釣る方がどうにかしています。
いくら大きくても、私は少なくとも評価はゼロです。


ウキをつけてマキエを撒いてさくらの花が咲く頃に釣れたチヌなどどうでも良い存在でしかありません。


こだわるべきは釣れた場所、釣れた時期です。


博多湾の湾奥は今年は特に難易度は高いです。(笑)


昨年の様にアオムシでメイタが入れ食いなどと言うことはありません。


周りを見渡してください。


どんな良い道具を使っていてもボウズの方はボウズです。


なので、改めて申しますが、釣り道具に関してはタックルベリーなどの中古品でも構いませんし、
出来ればヤフオクなどで購入するのが良いかもしれません。


特に私がおススメするのはジャンク品の釣具です。


半分ぶっ壊れているんじゃないか?


確かにそんなモノもあると思いますが、一概にそんなモノばかりでもありません。


モノに命を吹き込むのはあなたです。


ウデはさておき、道具が好きであれば必ず釣れます!!
私の経験上これは本当です。


道具に不信感があっては、釣れるものも釣れません。


道具もまた人を選びます。


世間ではジャンク品であっても、あなたが愛すればそれは立派な一級品に蘇ります。


釣具のジャンク品


成仏できない釣具が世の中にはたくさんあります。
持ち主に愛されなかった釣具です。


キチンとメンテナンスすれば使えるものはいくらでもあります。


しかも、釣具屋の市販価格の数倍安い値段で手に入ります。


私自身ここ10年以上釣竿やリールすら買っていません。


道具などもはやどうでもよいと思っていますから・・・・・。


ですが、これから釣りを始める方・釣りを始めて間もない方には、ヤフオクでの購入をおススメいたします。


どう使いこなすか・・・・・・、ということはあなた次第です。


同じ竿と同じリールのタックルを何十回と使っていますと、アタリだけで魚の種類が分かるようになります。


むしろ、これが出来なければあなたはその道具が好きになれないのでは?





















posted by ジャズ、フィッシュ at 23:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

飽きもせずにいつものポイントへ

 今日も夕方4時半過ぎに自宅を出ました。


朝起きてその時間までずっと、ブログを書き続けていました。
その時間何と10時間超


やりだすと、ボロボロになるまでトコトンやらねば気が済まない性格で、我ながら呆れています。


ずっと椅子に座り、パソコンのキーボードを打ち続けていますので、体が痛い!!


利口な方はこんなアホなことはしないはずです。(苦笑)


自宅を出て、ポイント築港店で潔く、男らしく、しみったれて(笑)小さな岩ガニ10匹を購入


過日キビレチヌの40センチを釣ったポイントに向かいますと、


002.JPG003.JPG

アジゴ釣りのファミリーに釣り場を占拠されていました。


中央埠頭の先端に行きますと、004.JPG


ここも似たり寄ったりの状況で、落とし込みをするような雰囲気ではございません。


ファミリー・フィッシングの坩堝でございます。



仕方なくクルマが進まないトンネルをくぐって須崎の前回メイタが釣れたポイントに行くことといたしました。


先端には4台のクルマが止めてあり既にポイントを探られた感じもしますが、とりあえず竿を出すことにしました。


006.JPG


今日は泣いても笑っても、この10匹の岩ガニしかエサはありません。


前回釣った場所でカニをつけて何度か落とし込みますと、アタリがあるようなないような・・・。


ですが、岩ガニは潰されていました。


007.JPG


まだまだウデの未熟さが露呈した感じもする状況です。


小さめの岩ガニを選んで少し離れたポイントに落とし込みますと、竿先が曲がるアタリが!
慎重にあわせますと、底を這って沖に逃げる引きが・・・。


たいしたことはないメイタの引きです。


ミチイトを出すこともなく、スンナリと10秒ほどでゲットしたのがこれ。


008.JPG


33〜35センチほどのメイタ。


今日はあいにくリリースの日ですので、離れたところにポチャリ!


それからまたアタリがなく時間が過ぎ薄暗くなってから妙なアタリが・・・。


014.JPG


前回に引き続き2歳魚になりたてのキビレ


同じサイズが4匹釣れましたが、問答無用のリリース。


今日は7時過ぎに納竿しました。


湾奥のメイタは去年に比べますと圧倒的に少ない気がしますし、セイゴやクロも少ない状況です。


入れ食いはいつのことやら・・・??















posted by ジャズ、フィッシュ at 00:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

九州新幹線にて鹿児島で会議&慰安旅行4

仙厳園で昼食を済ませ、次に向かうは鹿児島の目抜き通り。


天文館を中心とした散策コースである。


鹿児島に住んでいたことがある同僚に連れられて鹿児島きっての繁華街に・・・。


042.JPG


有名な「こむらさき」と言うラーメン屋に向かった方もいたが、つい1時間前に昼飯を食べたばかりで、それは選択肢としてはパスだ。


全く余談だが、信号待ちしていると鹿児島の女性は美人が多いことに感心。
タマタマかもしれないが、色白の美人が多い。


後輩が「むじゃき」に行きましょう!と言うので、意味も分からずついていくと、行ってビックリ。


043.JPG


カップアイスの白熊を店頭あるいは店内で食べさせるお店のことなんだ〜!。
店の名前が「むじゃき」だって・・・・。


044.JPG046.JPG045.JPG


修学旅行生で大繁盛!!


テーブルに座っている中学生が聞きなれた言葉を話すので、どこから来たのかを尋ねますと、


「筑紫野市からです!」と。


道理で聞きなれた言葉だ。(苦笑)


お店の二階に上がってレギュラーの白熊の一番小さなサイズをオーダー。


048.JPG



確かに美味しいかき氷だ。
濃厚なクリーミィーな味わいのカキ氷だ。
しかも底の方に食べ進むと、おたふく豆などがでてきて驚かさせる。
憎たらしい演出だ。(笑)



南国の鹿児島で白熊をイメージ・キャラにしてカキ氷をこんなに拡販することができるとは?
マーケティングの奇跡としか言いようもない。
恐るべし、白熊!!



用を足したくなったので、鹿児島県立博物館に立ち寄ると珍しいサカナを発見。


050.JPG



カワアナゴと書かれていました。



淡水魚、海水魚はたいてい分かるつもりであった私も知らなかったサカナです。



049.JPG



信号待ちの道路がこれだ。


この火山灰も見ることがないかも知れない・・・と、思いつつ鹿児島中央駅に。


自宅と職場に買って帰るものがあります。


052.JPG


さつま揚げと定番のかすたどんと和菓子。



私もそうだが、必ずお土産を買う習慣がありますよね?



うちのカミサンはお金を使わないことが一番のお土産などと無粋なことを申しますが、
そんなワケにもいきますまい。



新幹線で1時間半で行ける鹿児島です。
同じ九州にあっても滅多に行くことがない所ですが、行けばどこでも楽しいものですね。
















posted by ジャズ、フィッシュ at 09:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

九州新幹線にて鹿児島で会議&慰安旅行3

2日目の朝9時に指宿の白水館から池田湖に向かう。


イッシーとオオウナギで有名な九州最大の湖だ。


016.JPG022.JPG


オオウナギが見れるお土産コーナーに立ち寄って中を覗くと、果たしてオオウナギが水槽に入っている。


019.JPG


特別天然記念物とのことであるが、よくお笑いタレントが何処かの島に渡り、夕方に仕掛けた仕掛けを朝方に行って釣り上げているアレだ。
番組では蒲焼を作っているが、この大きさとグロさを見るととてもその気にはなれまい。


020.JPG


池田湖で休憩をして次に向かうは島津のお殿様の別宅の名勝仙厳園
ここで昼食をすることになりました。



仙厳園の入り口から見る桜島は勇壮だ。


027.JPG


多くの画家が絵を描き、多くの詩人が詩を詠みたくなる気持ちがわかる。


仙厳園の広大な敷地内には見るところがたくさんあり、目を惹かれるが、歴代島津のお殿様の権力の絶大さをうかがわせるとともに、幕末から開国にかけて島津藩がその一躍を担った歴史が随所に読み取れる場所でもある。


薩英戦争を経験し、西洋の軍事力や科学技術の凄さを目の当たりにした島津ならでは富国強兵・殖産興業政策が読み取れる場所だ。


028.JPG


写真を載せてるとキリがないので割愛させていただくが、島津の歴史を考える上では必見の場所であることは間違いなく、歴史が好きな私にはとても参考になった。


小高い場所に食事処があり、途中突風が吹いて、髪の毛も耳の穴までも火山灰でザラザラ。
目までチカチカする有様だ。


032.JPG031.JPG



食事を済ませて仙厳園の中を散策。


034.JPG037.JPG039.JPG


それにしても、火山灰がやたら降っていて、大声で笑う私は口の中までジャリジャリした感じがする。



私のバカチョン・デジカメのバッテリーが切れて、近くにあるセブンイレブンに単三のアルカリ電池を買いに行く。100円ショップでは4本105円で売られている電池がコンビにでは2本278円だった。


なんとも、理不尽この上ない値段だ。
まるで、砂漠で水を売るとはこのことだ。(苦笑)


電池の予備など自宅にはたくさんあるのだが、持ってこなかった俺が悪いのさ。
畜生め!









posted by ジャズ、フィッシュ at 08:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

九州新幹線にて鹿児島で会議&慰安旅行2

会議も終わり、宴会まで1時間以上時間があるので風呂に入る前に辺りを散策。


釣りバカにとっては気になるのがホテルの前の海辺の状況


008.JPG


海水浴には向いているかもしれないが、釣りには不向きなポイントです。


投げ釣りぐらいしかできそうにありません。


釣り目的ならアウトです。


010.JPG


変わった木が植えられていまして、名前は「アコウ」というそうです。
当然のことながらキジハタのアコウとは違います。


ホテルの中の喫茶店の名前もそう言えば、「アコウ」でした。(笑)


そんなことはどうでも良いので、早く宴会が始まる前に砂むし温泉に入らねば・・。


さすがにここまでカメラは持っていけない。
なので、旅館のイメージ写真を使わせていただくと、こんな感じ。


accommodation4.jpg


全裸の上に専用の浴衣を着て熱い砂の上に仰向けに寝ると、旅館の方がスコップで砂をかけてくれる。


10分から15分ぐらいが関するのが良いとされるが、これがなかなか大変。


15分ほど我慢して額から汗がボロボロにでるまで我慢してシャワーを浴びた後に、
千坪の敷地があると言う元禄風呂へ。


accommodation3.jpg


これも、旅館のイメージ写真ですが、素晴らしいい風呂でした。


折角来るのであれば、ゆっくりと温泉に浸かりたいのですが、そうも言ってられません。



やがて、宴会が始まり・・・。



酒が好きな私はガンガン飲んで、二次会でもガンガン飲んで、トットと自分の寝床に向かいました。


おかげで次の日は朝5時に目が覚めてゆっくりと部屋に付いている檜風呂に浸かることができました。


013.JPG


檜風呂の朝風呂は気持ちいい!!


7時からのバイキングの朝食を摂り、このホテルを離れることに・・。


いつかまた、家族や親族を連れてきたいホテルでした。


性格上あまり褒めるのは苦手ですが、このホテルは良かったです。


鹿児島に行く際は是非ともこのホテルをおススメいたします。





良かったなぁ〜!!




posted by ジャズ、フィッシュ at 21:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

九州新幹線にて鹿児島で会議&慰安旅行1

9時半頃の九州新幹線さくら号で博多駅から鹿児島まで出発。

002.JPG


この新幹線は、ウーパー・ルーパーが間延びしたような顔をしています。
ですが、さすがに早そうな流線形をしています。


釣りバカの社員達と近況報告をしていると、あっ!という間に鹿児島に到着。


最近桜島が噴火しているらしく、鹿児島中央駅を降りると、すぐに火山灰の洗礼


003.JPG


鹿児島市内に住んでいる方にとってはお馴染みの光景かもしれないが、博多から鹿児島市内に着いて火山灰が降っていると、さすがにいい気分ではありません。


視界は悪く、髪の毛はおろか、耳の穴までザラザラしたような感じは慣れようもない。


駐車場に止めてあるクルマには火山灰が積もり、何色だかわかんなくなっている。(笑)


そんな市内を後にして、指宿に向かいました。


今日宿泊するホテルは指宿で一番良いとされる砂むし温泉で有名な指宿の白水館というホテル。
一泊18000円〜の高級ホテルだ。


鹿児島市内を抜けてどこをどう通って指宿に向かったかも分からぬまま、木漏れ日が眩しい松林の中を抜けると、立派な建物が・・・。


006.JPG


玄関先には女性スタッフが着物を着てお出迎えしていました。


玄関から離れたところにも立派な建物が・・・。


009.JPG


フロントの待合室から見る庭園の眺めも素晴らしい。


007.JPG005.JPG


ホテルに到着後すぐに昼食。
昼食も、格式あるホテルらしく、こじんまりとした中に季節感を取り入れた食事だった。


004.JPG


昼食後はいよいよ本日のメイン・イベントの会議


会議室に向かう廊下の脇の演出も素晴らしい・・・。



勿論会議の内容は社外秘なのでノー・コメント。



会議は有意義に終わり、後は慰安旅行だ。


続く。















posted by ジャズ、フィッシュ at 20:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

須崎埠頭で相変わらずの局地戦

 今日も夕方5時に自宅を出て、ポイント築港店で岩ガニの小さいモノ10匹とアオムシの太目のもの50グラムをオーダー。


ゲンを担ぐ意味でも前回と同じ竿で釣ることにいたしました。


006.JPG


このポイントではこの写真にあるタイヤの付近が深くなっていまして、1発大物が出ることもあります。


ですが、今日は何もアタラん!


カニ餌ということもあり、全く反応なし。


真ん中付近から河口に向かって探りましたが、無反応


思い切って一番手前のどんずまり付近を探ることに・・・・。


009.JPG


岩ガニにハリを刺しますと、私の親指を思いっきり小さなハサミで鋏んでくれました。


「いてぇ!!」と、言いつつ「お前なんぞ、メイタに食われてしまえ!!」と念力をかけて落とし込みますと、底付近で妙なアタリ。


すかさずアワセますと、竿がかなり曲がりました。


4メートルほどの水深なのでヤツはすぐに浮いてきて、タモにスンナリ入りました。


007.JPG


35センチほどのメイタ


タモ入れ後にハリが外れて、タモの網目にハリが引っ掛かりはずすのが大変でした。


すぐ傍でまたしてもアタリがあり、竿先を送り込んで合わせますと、


010.JPG


25センチほどのメイタ


昨年は良く釣れたサイズです。


これからだ!とばかり気合を入れたら、沖から妙な船が・・・!!


011.JPG


巨大なクレーンを搭載したような、まるで要塞のような船だ。


せっかく・・・釣れ始めたのに・・・!!


その後は次回。


















posted by ジャズ、フィッシュ at 22:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

落とし込みファンのためのリーサル・ウェポン発見!!

 またしてもヤフオクですんげぇモノを発見しました。


通常、落とし込みの竿の長さは3・6〜4・2メートルが使い易いものですよね?


私の場合はこの長さですら気に食わずに自分勝手に2.7メートルあるいは3メートルの落とし込みの竿を作っています。


ただ単に短い竿が好きなわけではありません。


25年ほど前に東京湾で落とし込み釣りを始めた頃は所謂野島竿と呼ばれる9:1調子の2メートルちょいの短竿を使っていました。


この竿はこの竿で面白い釣り味がありますが、ここ数年テトラの穴釣りぐらいにしか使っていません。


短めのハンドメイドの竿はメバルを意識してのモノですので、基本的には50センチクラスのチヌや80センチ級のスズキが掛かることを想定していません。


6月に須崎で43センチのチヌを岩虫で釣った時は散々もてあそばれました。


通常の市販の落とし込みの竿であれば、このクラスのチヌでもアワセてから30秒以内でタモ入れまでが終わるはずです。


30センチ前後のメイタなど15秒以内でタモ入れをしないと他のメイタが散ります。
勿論、バラシ厳禁です。
群れが散りますから・・。


私が今回ヤフオクで発見した落とし込みの竿は何と7・2メートルの長竿


釣具のポイントでもフィッシング・ワールドでも見たことがありません。
ほとんど需要もない・・・・と、思っているのでしょう。


昨年の記事ですが、荒津のオイルセンターで5・3メートルの磯竿にさらに他の竿の竿尻部分をもう1本
継ぎ足して、6メートル以上の竿を自作され、オイルセンターのストラクチュアー周りをカニ餌で狙い撃ちする釣り人のことを書きました。


その方は私よりも一回り以上も年上の大ベテランの方で、クルマの後部座席にはハンドメイドの竿が10本ほど専用のホルダーに掛けられています。


この方は、沖防には絶対に渡らずに、通常の落とし込み釣りをする釣り人が狙えない・狙わないポイントばかりを狙い撃ちしている方でした。


ユーモアのある話口調の方で、私が思う博多湾のチヌ釣り名人の一人です。
お会いするといつもおバカなお話を聞かせていただき、気が和みます。


腕は、ピカイチ!!


たった一つのポイントのために竿を作るような方です。(笑)


ですが、その方ですらこの長さの落とし込み竿を見たら歓喜するかと思います。


宇崎  プロスクエア マルチクロダイ UG 7.2m 40%引


この竿ですと、


画像 098.jpg画像 096.jpg


このようなところを広範囲にラクに探れます。


前打ちしたカニやカラス貝がどこに飛んでいくか分からない・・・と言うこともありません。(笑)


私も使ったことがない7・2メートルの落とし込みの竿。
釣り味もポテンシャルも未体験ゾーンの竿です。


エサをつけて竿先から垂直に糸が垂れるだけで前打ちぐらいの距離があります。
まるで、自動前打ち機と呼ぶにふさわしい竿ですよね?







posted by ジャズ、フィッシュ at 06:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アメリカ直輸入 AbuのAMBASSADEUR用パワーハンドルをヤフオクで見つけて一人で歓喜!!

最近ヤフオクにかなりはまっています。


これと言って欲しい竿や欲しいリールがあるわけでもないのですが、よく釣具のコーナーを見回っています。


強いて言えば黒鯛工房の THE Athlete ラガー 650−TG  と言うリールぐらいしか今のところ釣具に関しては欲しいモノがありません。


ただしこのTHE Athlete ラガー 650−TG  の1つだけ気に食わない点があります。


ハンドルのつまみの長さが一緒なこと。


これが良いという方もいるでしょうが、ここまで高いリール(定価65000円)を買うのだったら、買うほうも徹底的にこだわるべきだと思っています。


話は変わるが、ここ数年船釣りに行っていないが、水深15メートルから20メートルの浅場でよく使っていたのがこのセットだ。


003.JPG


竿はダイワのHX岬T 30号350Iというモノ。
リールはAbuのAMBASSADEUR5500ーC3というモノ。


本来はがまかつのシーグラーがまと言う2,7メートルの船竿も良く使っていたが、中通しの竿がセットが便利なので、ついつい中通しの竿になってしまいます。(笑)


これらのタックルでかなりのサカナを仕留めました。
70センチオーバーのヒラメ、
同じく50センチオーバーのアコウやタカバ。


能古島の象瀬では船の上からエビ餌で1回の釣行で88センチのスズキを筆頭に50センチオーバーのスズキを30本以上釣ったこともあります。


柱島が見える人工漁礁で活きカナギをエサに43センチのクロメバルを釣ったのもこのタックルです。


おかっぱりからは30センチのメバルさえ釣れない私が43センチのクロメバルを釣った時は正直興奮しまくりましたバイ!
船長も「30センチ級はザラですが、そのメバルは特別大きいですね〜!」と、驚いていたことを思い出します。


004.JPG


実はこのAbuのAMBASSADEUR5500-C3はワケアリなのです。


船の上で落として、ハンドルの片方のつまみが良く回らなくなっているのです。
釣りができないわけではありませんが、不快感が残ります。


船釣りにも行かなくなったし、数年間クローゼットの中で放置プレー。


ところがヤフオクでこれを発見!!


432x317-2009102600014-2.jpg



良いじゃ〜、ないか〜!!

一人で歓喜してしまいました。



アメリカ直輸入 AbuのAMBASSADEUR用パワーハンドルが2940円即決




値段も2940円。



こんな商品に出会えるのもヤフオクのおかげでございます。











posted by ジャズ、フィッシュ at 13:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自分で釣ったフグを食べるのはいかがなものか?

まずはこの記事を見ていただきたい。


http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110911-OYT1T00318.htm



長崎県の諫早市の橘湾で釣ったフグを自分で捌いて食べた夫婦が重体になっておられます。



私の知り合いの釣り人にも釣れたフグは必ずもって帰って自分で捌いて食べる方が数名います。(汗)


以前、海釣り公園でヒラメを狙うことで数人で出かけて、エサのアジゴをサビキで釣っていると、
得体の知れない25センチほどのフグが掛かり、私が捨てようとしたところ、
「あっ!そのフグ捨ててはいけません!私に下さい!」と、釣り仲間が・・・。


彼はフグの免許も持っている釣り人で、私が捨てようとしたフグはヒガンフグだとか、ナゴヤフグだとか言っていたが所詮食べれない私には無縁の代物なので、何が釣れようと関係ない。


「このフグ、トラフグの次に美味しいフグなんですよ〜!」などと、能書きを聞かされました。(笑)


その時はなぜか私のサビキにはこの得体の知れないフグが次々に釣れ、釣り仲間はニッコリ!


どうせ私は食べれないので、腹立たしい限り。(苦笑)


その時はヒラメも釣れずにこのヒガンフグだかナゴヤフグだかばかり・・・。


釣った翌々日に、「一晩サラシに巻いてフグ刺しや鍋をしましたがとっても美味しかったです!」との電話がありました。(笑)


そんなこと、知るか!



釣った俺が食えんでどうする!?と、言う気持ちにもなります。


別の釣り仲間で、「チイチイフグを味噌汁に入れると絶品!」と言う方もいる。


この方はフグに関しては無免許だが、「血をキレイに洗い流せば何ら問題ない!」と言っているが、所詮素人だ。


捌き方を教わったが、自宅で実践してみようとは思わない。(笑)


彼らが言うには、メイタやセイゴやメバルなどよりは遥かに美味しいと言うことだが、それは百も承知の上であえて言いたい。


「釣ったフグなど自分で捌いて食べるもんではない!」と。


単に食い意地が張っているいるとしか思われないフシもある。
自業自得だと言う方もいるかもしれない。


釣り人であれば、自分が釣った魚を美味しい!と言ってくれる方がいれば嬉しいのは心情的に分かります。


だが、フグはいけない!!


誰に教わろうと、いくら大丈夫と言われようと、素人が調理するものではない。


大阪ではフグ刺しのことをテッサと言う。


鉄砲の刺身、つまり、当れば死ぬ!と言うことだ。


大阪の言葉らしい言い得て妙な表現だ。


昔、長州藩(山口県)では、フグを自分で捌いて食中毒になるような方がいると「お家断絶」だったそうである。


これもまた、なんとなくではあるが分かるような気がする。


自分で釣ったフグはたとえメイタの数倍旨いと分かっていても、食べない方が利口ですバイ!!


くれぐれも自己責任で!!










posted by ジャズ、フィッシュ at 21:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

釣ったサカナの締め方

40センチのキビレチヌを釣って一安心した私が次に狙う物は2〜3歳魚のメイタです。


潮はドンドン満ちこんでいるので、2ヒロから3ヒロのところにカラス貝の層があり、ソコがポイントなはずですが、これまた予想外。


暗くなっても、メイタはいません。
ちぇ!!


釣れるのはこいつ等ばかり・・・・・・・・・・・。

013.JPG


15〜の20センチほどのチーバスばかり。


メイタはサッパリです。


短気な私はここで納竿することにしました。
これ以上釣りをしても時間のムダ


一人で釣りをしている最大の特権でもあります。


辞めたい時に、辞めて納竿
誰に遠慮も要りません!!

ストリンガーについている40センチのキビレを抜き上げて野締めをすることにいたしました。


015.JPG017.JPG


タックルボックスで見つけた100円均一の店で見つけた果物ナイフで尻尾の付け根を切り、エラをめくってナイフを刺しました。


018.JPG


尻尾とエラの付け根から血が流れて、サカナが痙攣を起こしています。


これが所謂野締めです。


ですが、ナイフが良くないと都合が悪いもんです。


以前はビクトリ・ノックスのナイフを使っていましたが、塩水には勝てません。
スムーズにナイフが取り出せません。


釣った魚の殺し屋でもありませんので、オザナリにしていました。


やはり道具には随所でこだわりが肝心です。


ナイフ



これらを持ってうろついていますと、警官に職務質問されます。(笑)


ですが、釣り用なら問題なしです。


臨終の道具良いナイフを使うのはせめてもの報いかも?












posted by ジャズ、フィッシュ at 23:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水深8メートルからの40センチのキビレの引きに酔いました!

何も潮見表を見てこなかったので、今日が何潮で、干潮・満潮の時刻すら不明です。(笑)


安近短釣り師には無関係なことでございます。


010.JPG


ルアーマンの方がルアーを投げまくっていました。


ですが、何らヒットした形跡がありません。


私もカニ餌をつけて移動しながら底に落としますが、アタリがありません。


底まで水深8メートルほどあります。


2Bのガン玉で落としていくにはつらい深さです。


アタリもなく諦めかけていた時に底に付いた岩ガニをはがすようにしゃくって、底に着くか着かないときに
大きく竿が曲がりました。


8メートル底からのかなりの引き。

使っている竿は安物ですが、ハリス1・5号で4〜5キロはあろうかと言うナルトビエイの引きに耐えた実績があるので信頼度は抜群。

image.jpg


なかなか浮いてこなくて、楽しい〜!!


左手の親指をスプールから離しながら、頃合を見てはリールのハンドルを巻きつつ上がってきて、ヒラを打たせました。(空気を吸わせること)


グッタリなったところで、タモ入れは1発でOK!
007.JPG


思ったよりも小さい。


ジャスト40センチのキビレ


008.JPG


体高もあり、丸々としています。

ナイス・ボディの銀鱗
薄汚い本当のクロダイとは違います。(笑)


道理でよく引くはずです。


速攻でストリンガーに掛けて船のロープを掛けるピットにロープをグルグル巻き。


昨年は夜釣りで30センチほどのメイタを短時間で10枚ほどあげたポイントなのでこれからの時間帯に
期待が持てます。


やはり、8メートル底からの引きは楽しめます。


続く・・・!!





posted by ジャズ、フィッシュ at 22:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転勤後の初釣り

 転勤を鋏んで、やっとゆっくりと休みが取れました。


午前中は私用のため高宮へ。


001.JPG


眩しいほどの天気の良い日です。


西鉄高宮駅の前の噴水がある広場ではハトが気持ちよさそうに転寝をしていました。


002.JPG


なめたハトどもで、私が近づいても知らん顔して寝ています。(笑)



お決まりのごとく今日は夕方5時に自宅を出て、ポイント築港店で岩ガニの小さいモノ10匹と太目のアオムシ50グラムを購入。


なんとなく、「岩ガニを買え!」と言うインスピレーションが・・・。
神の啓示かもしれません。


いやいや単なる勘です。(笑)


須崎のいつものポイントでは30センチ前後のメイタが数枚釣れる筈ですが、今回はあえて場所を変えました。(へそ曲がりなもんで・・・・)


中央埠頭の御笠川沿いのポイントに行くことに致しました。


あわよくば、メイタとセイゴ〜スズキ狙いで。(笑)


ところが、ポイントに着きますと・・・・。


003.JPG


海上保安庁の船が・・・。



私の鉄板ポイントに停泊しています。



「まっ、仕方ありません!」


004.JPG


いつものハンドメイドの竿を使わずにダイワのコロネットを付けたメーカー不明の落とし込み竿
釣ることに致しました。


荒江のフィッシングなんとかというところで、10年以上も前に買った落とし込み竿です。


案外気に入っています。
確か、値段は7000円ぐらいだったと記憶しています。(安!)



私はカニ餌でメイタ〜チヌ釣るときはこのハリを使います。


006.JPG


定かでははありませんが、「プロエビ」と書かれていたような気がします。
小物入れに移しますと、当然ハリが入っているフクロは捨てますので、記憶は定かではありません。(汗)


妙に角ばっていてカニを刺しやすいために、このハリが私のお気に入りです。


カニをハリに刺しますとこんな感じ。


009.JPG


さてさて、能書きは良いのですが、ガン玉はいつもと違って2Bをつけます。


「じれったい・・たら、ありゃしない!」ユラリ、ユラリ・・・が鉄則ですが、短気&せっかちな私には苦痛な沈降速度。(笑)


「チンタラ、チンタラ・・・しやがって!」などと、自分で勝手に作った仕掛けに腹を立てています。


2ヒロから3ヒロぐらい下にあるイガイの層を中心に落としこみましたが、


何もアタらん!!
時間は刻々と過ぎてゆきます。


今日は珍しく釣ったサカナをキープする日です。


カミサンの職場の人がメイタ〜チヌを欲しい!と、言っているので何とかせねば・・・・。


徒に時間だけが過ぎていきます。


やっぱり、須崎埠頭の方が良かったかな・・・・と思ったその時・・・・。




続く・・・。





posted by ジャズ、フィッシュ at 21:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

西新のダイエーで20センチちょいのメイタが売られていました。(笑)

 転勤して昼休みに某ラーメン屋で食事を済ませてダイエーの魚売り場に・・・・。


20センチ程度のメイタが480円で売られていました。


シールには「姪浜漁港直送!」と書かれていました。(笑)


当然、こんなところで写真撮影するわけにはいきません。
今回は写真なしです。


リリースサイズのメイタが480円か・・・・・・・・・・!?などと、思ってしまいました。



私なら絶対に買わない!!(笑)



こんなサイズのメイタなどリリースが基本だ。



確かにチヌよりはメイタのほうが美味しい。



江戸時代の川柳にも「塩焼きはカイズにトドメを刺す!」とある。



メイタの塩焼きは確かに旨い!!



「塩焼きはメイタにトドメを刺す!」と言う意味を考えたことがあるだろうか?



セイゴにしろ、メイタにしろ、メバルにしろ、カレイにしろ、サカナ独特の臭みがある。


メイタの匂いと言うもが歴然とある。



私のクルマのハンドルや竿、リールはメイタの匂いがする。(苦笑)



「箱崎埠頭で釣れたメイタは食えん!」と言う方がいるが、ではどこのメイタなら食えるのか?



すべては下ごしらえから始まる。


釣れたメイタを食べるのであれば、ストリンガーなどで生かす必要はない。


すぐに血ヌキして締めるのが一番である。


しかも氷の量も鮮度を左右する。



中途半端は何でも良くない。


食べるつもりなら、即締めるのが鉄則だ。


リリースするならいちいちストリンガーなどに未練がましく掛ける必要などない。



釣った端から逃がすことのほうが理に適っている。



釣ってすぐにエラのところにナイフを入れるのは面倒だが・・。



要るのであればすぐに締める!・・・、これが鉄則です。
























posted by ジャズ、フィッシュ at 22:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北九州で勉強会

台風12号のおかげで釣りにも行けずに今日は北九州で勉強会


いつも姪浜在住の後輩に迎えに来てもらっています。


彼の乗っている車は凄く特徴のある車なので一度見たら忘れません。

003.JPG005.JPG


ビートルにポルシェのウィングを付けたクルマで、内装もエンジン部分も凝っています。


ポルシェのウィング



いつも迎えに来て貰っていますので、かねてより約束していた、チェスト・ウェルダーをプレゼント。


002.JPG001.JPG


完全未使用のモノでこれなんぞまさにネット・オークション向きのモノそのものなのですが・・・。


オークションで見る限りありませんでした。


もしかしたら、大穴かも?


などと思ってみていますとまたしても妙なモノを見つけました!

DAMIKI 「チヌマウスW」10g・夏強し#02


これも、チヌ用のルアーなんですかねぇ〜?



餌釣りでもなかなか釣れないメイタ〜チヌがこんなモノで釣れたら痛快です。



しかし、エサ釣りでも難しい今年の博多湾の湾奥でこのルアーが通用するとも思えませんが。



釣りに行きたいな〜!!














posted by ジャズ、フィッシュ at 21:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

釣りに行けない時は、オークションも楽しい!

 台風12号のおかげで釣りに行けませんでした。


こんな時は、釣具のメンテナンスをしたり、本を読んだり、ジャズを聴きながらネットサーフィンしたり、
私はアウトドアだけでなくインドアでも一人で楽しむことが出来ます。


数記事前にも少し触れましたが、オークションで色々と見ていますと「何故、こんな物があるの?」と、言う物まで出品されていますし、需要があるのでしょうね〜。


私がビックリしたのはこれ!


釣り餌



20センチ弱の冷凍アジ6匹セット。


失礼ですが、送料まで払ってこのようなモノがネット・オークションに出されているなんて・・・?


供給があると言うことは、需要があると言うことなのでしょうか?


それにしても・・・!
笑えました。



更に釣具を検索して、ルアーのところを見ますとこんなモノがありました。



ルアー回収機



ソルト・ルアーではルアーロストは少ないものですが、高価なエギを1投目から引っ掛けてしまった記憶があります。(怒)


そのような時には役に立つかもしれませんが、ルアー回収機を回収する道具がいるような気もいたします。


ルアーをなくして、回収機までなくして、怒り倍増になるかも。(笑)


ネット・オークションは安いんだか、高いのだかがイマイチよ〜わかりません。


会社でも、不用品を片っ端からオークションで売り飛ばす方もいますが、それを買う方もいるのですから
世の中捨てたもんではありません。


見ているだけで楽しくなりますし、色々と想像しながらモニターを見て笑っています。




posted by ジャズ、フィッシュ at 06:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

台風12号め!

私は休みの日ほど朝早くから目が覚めます。


今朝は夢見が悪かったです。(汗)


職場の部下を毎日東京にクルマで送る夢を見ながら、ある温泉に泊まって目の前のキレイな海に財布を落としてしまいました。(縁起でもない!!)


キレイな海には何故だか旨そうなワタリガニがたくさんいます。


そのワタリガニを見てどうして捕まえようかと思案していると、得体の知れない動く物体が近づいてくるのです。


目を凝らすと、何とトラ!!



最初は子供のトラだとバカにしていましたが、近づくにつれてとんでもなく大きなトラであることが分かり、私は一目散に逃げて隠れているのですが、知らない人が次々にトラに襲われて命を落としています。



「ヤバイ!」と思った私は、トラの動きを察知しながら隠れている場所を次々に変える夢です。



夢分析ができる方でなくても、今の私の状況がだいたいお分かりいただけるかと思います。(笑)



布団を飛び出して、ベランダに出ますともの凄い突風。
いっぺんで目が覚めました。


まあ、台風などすぐに通過して夕方には釣りにいけるだろう・・と、たかをくくっていた私は浅はかでした。
台風12号は1日中猛威をふるい、今尚外は強風です。



さすがに釣りには行けません。



なので、かねてから気になるモノを買いに行きました。


003.JPG004.JPG005.JPG


少し怪しい双眼鏡です。


迷彩の模様が博多区のど真ん中に住んでいる私には殊更怪しく感じます。(笑)



カミサンはこれで対面のマンションの様子でも見るのではないかと心配していますが、そんな変態ではありません。(笑)


50歳を過ぎてから他人の部屋を覗くというような、所謂「デバガメ」みたいな事は致しません。



これを何故買ったのかと申しますと、ただ単に箱崎埠頭から沖防の新波止に渡ってまで落とし込みをしている連中を見ることと、須崎埠頭の西側から荒津のオイルセンターを見ることです。


他にも使い方はあるかもしれませんが、その程度です。


この双眼鏡はクルマの常備薬になる予定です。


カーナビがいくら進んでも、他人の釣果までは推し量れません。


「1場所、2餌、3仕掛け」の釣りの格言の場所をリサーチするには私にとってはこれが必要です。


グーグル・アースでもリアルタイムな釣りを報告できるほど進んではいません。


数ヶ月前の映像など釣りの世界では一文の価値もありません。


この記事を書いている途中でベランダに出ました。
かなり強い風が吹いています。


台風状況→http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/typhoons/?1314778528



台風は釣り人にとっては重要です。


夏の煮えたような海を攪拌して海水温をならすためにこの時期の台風は重要なことなのです。
そこに自然の摂理があります。


これからは、ハゼやメイタがたくさん釣れる様になるはずです。


今日は、釣りには行けませんでしたが、次回が楽しみでございます。












posted by ジャズ、フィッシュ at 21:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転勤になった私が一番最初に行ったラーメン屋

 西新に転勤して2日目。


昼飯は迷わずここに行きました。


大学生の頃良く食べたラーメンです。


003.JPG


場所が少し変わっていました。


潰れた・・・と聞いていましたが、何らかの形で再起したようです。(笑)


良かった!!


実はここのラーメン屋さんは「しばらく」というラーメン屋さんですが、東京に転勤して福岡に戻ってきた時に豚骨ラーメン嫌いのカミサンを連れて行き、カミサンから「美味しいね!」という言葉を最初で最後に聞いたラーメン屋さんです。



カミサンは基本的に豚骨ラーメンが大嫌いなようですが、ここのラーメンは「美味しい!」と言ってくれたこともあってか、私は福岡で一番、日本で一番、地球上で一番好きなラーメン屋さんです。



昔ながらの器に擦りゴマをかけて、胡椒をかけて、いただきます。


001.JPG


極細の黄色い麺がたまりません!!


「旨い!」
「本当に旨い!」


カミサンも「麺が美味しいよね〜!」と言うだけあって、本当に美味しい。



色々と新手のラーメン屋さんが福岡の各所に出てくるのですが、これほど美味しいラーメン屋さんは
ほとんどありません。



なんでもそうですが、評判と現実は違います。
単にマーケティングが上手で、たいした味でもないのに売れているラーメン屋さんもあります。(笑)



人の好みかもしれません。
がしかし、私はこの「しばらく」のラーメンが大好きです。



ザイオン効果かも知れませんん。



「俺は、ラーメンにはうるさいよ〜!」と言う方は、是非是非ここのラーメンを食べてみておくんなさいマシ!


「ここのラーメンを食わずして、博多ラーメン、豚骨ラーメンを語るな!!」と、謹んで申し上げますバイ!


しょ〜もない雑誌の人気投票などに惑わされてはいかんです。



釣りもそうですが、真実はあまり語られません。



私もこのブログで書きけれないことがたくさんあります。(笑)



私が紹介すると、その釣り場は竿が出せなくなるほど釣り人がいました。(笑)



そんな・・・・つもりは、ないのですが・・・。








posted by ジャズ、フィッシュ at 21:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。