所さんのそこんトコロで、「海のタケノコ」が紹介されましたが・・・・!!

 毎週金曜日の9時からは、「所さんのそこんトコロ」をテレビで見ています。

毎週、魚に関するレポートが多く、見ていてタメになりますし、笑えますから。

今日は散々、春の風物詩であるタケノコの話があり、「海のタケノコ」としてタケノコメバルが紹介されました。

なんとなく、腔腸動物の仲間でも紹介されるのかな?と思いきや、
そのまんまでしたので・・・・・・!!
正直少し、がっかりでした。

私のブログをご覧になってくださっている方は、ご存知だと思いますが、私はよくタケノコメバルを釣ります。

前々回の記事にも登場しました。

画像 427.jpg

その少し前の記事にも登場しました。

画像 395.jpg

画像 225.jpg

これらがタケノコメバルが写っている写真ですが、今年は少ないほうです。

年によっては、嫌になるほど釣れます。

番組では、「幻の高級魚」などと言っていましたが、
少なくとも私の家内の評価は低い魚です。

番組を見て、「メバルのほうが断然美味しい!」と、テレビに向かって一人で抗議していましたバイ!(笑)

私は真剣に食べたことがないので、食味に関してはなんとも言えませんが、釣れたときのタケノコメバルの格好は大好きです。

精悍さと獰猛さを兼ね備えた「防波堤のグリーンベレー」と言いますか、「防波堤の破壊工作員」みたいな風貌がその迷彩色から伺え知れます。

「俺のそばに寄ると、黙っちゃいないぜ!」みたいな、面構えですよね?

更に、食べるラー油のお話があり、驚きました。

なんと、丁度それを食べろうとしていたからです。

画像 438.jpg

偶然とはいえ、驚きました。

不味くはありませんが、スーパーから消えてなくなる事態が起きているのはただ単に製造数が少ないからではないでしょうか?

驚くほどの旨さでもありません。

私の家庭でも、何度か買いまして、桃屋がなくてSBのモノを買ってきていただけのことです。(桃屋のものは以前食べました)

家内も息子も好きなようですし、私も嫌いではありませんが、食卓にこれがないと落ち着かないなどと言うこともありません。

なければないで、いっこうに構わない商品ではないでしょうか?

話題が先行しすぎているような気がいたします。

そのうち、博多の魚屋さんでも、タケノコメバルが「幻の高級魚」で売られているかもしれませんが、まあ、私はいつでも釣れますから買うこともないと思います。

釣るばかりでマジメに食べたことがないので、次回釣れたら食べてみようと思います。
(家内はすぐに人にやってしまうので、食べられないかも!)

posted by ジャズフィッシュ at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡市近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

腰痛オヤジの須崎釣行 その2

( 昨日の続き )

 雨の中をどうしても竿を出したかったポイントがありました。

暫く前に20cmオーバーのメバルが釣れたポイントです。

釣れる釣れないはともかくとして、後になって「アソコで竿を出していればよかった・・・!」と、後になって気掛かりになって後悔することってありませんか?

私は落とし込み釣りがメインですから、釣果は歩いた距離と落としたポイントに比例します。

なので、「気になるポイント」に行き、竿をすぐさま出しました。

ガツン!と来るアタリがあり、メバルの大型のようなアタリですが、それっきりです。

なかなかハリにもかかりません。

そうしていると、竿を持って行くようなアタリがあり、釣れたのは15センチほどのメバル。

1ヒロのタナでアタラないので、一気にタナを2ヒロにして探りました。

暫くしていると、ガツン!とメバルの大物のようなアタリですが、これもハリ掛かりしません。

すると今までとは明らかに違うアタリがあり、もぞもぞと竿先が引き込まれます。

竿先を送り込んで更に引き込むので、ココで鋭くアワセルと、恐ろしく引きます。

すぐさま両軸受けリールのドラッグをフリーにしてイトを出しました。

引きが止まってからリールを巻くと、10メートルほど沖合いでスズキがエラ洗いをしているではありませんか!!

瞬時に「タモがない!!」と、思ったのですが、スズキを抜けるほどの竿でもありませんし、しかもハリスは1.5号でハリは袖型の8号です。

竿はいつもの2・7メートルのハンドメイドのペランペランの竿です。

いつバレてもおかしくない状況で、意外に冷静に判断しました。

時間をかけて暴れられるとイトもハリももたないし、車までは10メートル以上距離があります。

なので、スズキを岸に寄せてから、リールをフリーの状態にして竿を持ったまま
車の後部座席にあるタモの柄とタモを取るしか他に選択肢がないと判断しました。

リールに巻いてあるイトはせいぜい30メートル。

リールをフリーにして竿を左手で持ったまま後部座席からタモの柄とタモを取り出して慎重に組みまして、セット完了!!

防波堤の際に立ってスズキを寄せました。

再びエラ洗いをしましたが、ドラッグを完全に切ったり、入れなおしたりして・・・・・どうにか、スズキをタモに入れて掬い上げることができました。

画像 429.jpg

恐らくやり取りは10分ぐらいかかっていると思います。

メバル用のクーラーにまっすぐ入るわけもなくスズキを曲げたままクーラーに入れました。

画像 433.jpg

仕掛けを見ると、ハリがありません。
ハリスがザラザラで白っぽくなっています。

まさに間一髪!!

雨が降っていましたし、仕掛けを改めて作ってメバルを狙う気にもなれずに、竿をたたみました。

須崎埠頭から12分で帰宅して、まだ生きているスズキをシンクに置きました。

画像 437.jpg

63センチ、2・5キロほどのスズキです。

メバル用に使っているタックルを考えると、よく釣り上げられました。
ハリスは1・5号で、ハリは袖型のなんと8号!!

ハンドメイドの竿には絶大の信頼をしていますが、更にこれでまた自分で作った竿にほれ込んでしまいました。(笑)

妻は魚を見て、職場の方に電話をして明日の昼にどう料理するかを話していました。

私は釣る事が好きで、妻は私が釣った魚を職場で料理して職場で食べるのが好きなようです。

私の口に入らなくても文句を言ったことなどありません。

PS

妻は職場の昼食でスズキとセイゴとタケノコメバルとメバルを皆で料理して食べて、「美味しかったよ!!」とだけ言ってくれました。

妻の職場の仲間の方々も喜んでおられたそうです。

喜んで下さる方がいるので、釣り甲斐があるというモノです。

腰痛が少し治ったような気がしましたが、本当によくなりました。

私は、釣りをしないと腰痛になるのかもしれません!!(笑)







タグ:須崎埠頭
posted by ジャズフィッシュ at 00:16 | Comment(0) | 福岡市近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

腰痛オヤジの須崎釣行 その1

 姪浜にメバルを釣りに行ってから10日以上経ちます。

休みでも一日中雨だったり、はたまた6年ぶりぐらいの腰痛だったりで、近場の釣りもままならない状況でした。

前回姪浜で使ったエサがたくさん余っていまして、冷蔵庫の中に入っていました。

10日も経つからエサもノックアウトだろうと思いきや、不思議とピンピンに生きていたのです。
これは、想定外でした。
今日のエサ代が浮きましたバイ!!

前回紹介した高宮の整骨院に行って、自宅近辺の歯科医院に行って、釣りに行くことにしました。

リハビリを兼ねて、足元がフラットで障害物のない須崎埠頭に行くことにしました。
まだ、腰痛は完治していません。(笑)

途中ポイント築港店によって、ケミホタル・ミニの3袋入りパックを2袋購入。エサ代が浮いたので、2袋買ったんですが。

夕方から曇ってきましたので、荒津大橋の下で釣りを開始することにしました。

やはり日が落ちないと、メバル君たちは出てきません。
暗くなって、やっと15センチほどのメバルが釣れました。

画像 425.jpg

荒津大橋の下ではメバルが2匹釣れただけで、アタリがないので移動しました。

移動直後に20センチほどの丸々と太ったタケノコメバルがヒット!

ですが、雨がパラパラしてまいりました。

腰痛でも、多少の雨などにひるむわけにはいきません。

画像 427.jpg

須崎の西側では退屈しない程度にメバルがあたります。

今日は下り中潮の1日目で、満潮が20時37分。

満潮近辺で潮位が高く、1メートルぐらいのタナを探りました。
このような条件では、メバルは水面より1メートルぐらいのところで釣れることが多いのです。

画像 436.jpg

30センチほどのセイゴを交えて、15cm前後のメバル16匹と20センチのタケノコメバル1匹と言う釣果。

今日は時間があれば、メバルはいくらでも釣れるような雰囲気でしたが、雨が強くなり時間も夜の8時を回ったので、納竿するところなのですが、どうしてももう1箇所竿を出したいポイントがありまして、そこに移動することにしました。

私は、須崎埠頭、箱崎埠頭、姪浜漁港のポイントを移動するときは、助手席側の窓を全開にして竿尻を助手席の足元に差し込んで、クルマから竿が出たような状態で移動いたします。

雨の中、どうしても竿を出したかったポイントで「安近短の釣りバカ」の勘が見事に当たりました。

その記事につきましては次回、乞うご期待!!

posted by ジャズフィッシュ at 23:11 | Comment(1) | 福岡市近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

釣りも体が資本なのですね!!

 腰痛で3日休んでいました。

家の中で安静にしないといけないのはわかっていますが、いかんせん頭は冴えていますので、ずっと寝ているわけにもいきません。

少し体が動くようになりましので、毎月2〜3回通っている高宮の整骨院に行くことにしました。

3日間「引きこもり」状態で、妻や息子以外に世間と接触しないと、取り残されたような気にすらなってしまいます。

よく「引きこもり」などできるものです。
私は結局2日が限界です。

こうしてパソコンをいじるのも趣味の一つではありますが、何時間もやっているとウンザリです。

画像 420.jpg

高宮駅前の噴水ですが、こんなウスラ寒い日に噴水など出す必要があるのでしょうか?

どこが管理しているのか知りませんが、これが税金でやられているとしたら事業仕分け以前の問題です。(笑)

私が毎月通っているいる整骨院はこの噴水の道路を隔てて反対側のビルの1階にあります。

画像 421.jpg

HBC整骨院というところです。

入会金が1000円で、1回の治療はなんとワンコインの500円です。

今日も、マッサージと赤外線治療と電気治療をしていただき、帰り際には塗り薬まで塗っていただきました。

更に、ここには釣りが好きな若い女性の整体師の方がおられます。
ご家族みんな釣りが好きなようで、羨ましいお話です。

家族で共有できる趣味があるということは、それが釣りでないにせよ素晴らしいことですが、釣りであれば尚更です。(笑)

ご家族全員が釣り好きなど「特別天然記念物」あるいは「レッドデーターブック」に載せんといかん!!

普段私はまさに整体のために行っていますが、健康であればこそ好きな釣りもできます。

いずれにせよ体が資本であることは間違いないことですので、肩がコル方や腰が悪い方などはここに定期的に通われるといいですバイ!

釣りバカはここで体を整体して、釣りをしているのですが、今回は思わぬアクシデントで腰痛になってしまいました。(笑)

今パソコンを打っている最中も随分楽になりました。

実に有意義な500円の使い方でした。





posted by ジャズフィッシュ at 19:34 | Comment(0) | 福岡市近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メバルの呪いかもね?

 休みの日に歯科医院に予約をしていたのですが、予想以上に時間がかかりました。

9時半に行き、歯科医院を出たのがなんと、昼の1時過ぎ。

かねてより行っていた歯の治療のクライマックスにさしかかりました。

待ち時間を含めて4時間半歯科医院にいました。

歯の治療中も「この治療が済んだら、メバルを狙いに行ける!」などと考えながら、診察台に横たわっていました。

結局、雨はずっと止まずに折角の休みに近場への釣りも断念しました。

「まあ、いっか!」と思いつつ、3日後の休みを期待して本日出勤して
やってしまいました。

ぎっくり腰寸前の腰痛!!!

5年ブリぐらいです。

30代半ばから2〜3年おきにやっていましたので、いろいろと注意していたのですが、・・・・ついに!!

肉体的苦痛・精神的苦痛にも弱いほうではありませんが、今日の腰痛は
さすがにたまらなく酷く、昼前に腰の周りに電気が走ったような状態から5時間で、立っていても痛い、腰掛けていても痛い、まともに歩けないとの理由から早退しました。

25年勤務している会社ですが、早退は初めてです。

風邪などの病気などの病欠は一度もありません。

職場で、苦痛で顔を歪める私に対する周囲の人たちの気遣いを考えると、いるべきでもありません。

車に乗り込んで、運転中は良かったのですが、自宅の駐車場で車から降りるときに、腰が砕けて転倒しそうでした。

家に帰宅すると、靴が脱げません。
玄関先に転がり、自分の部屋に入ると、妻がこれを用意していてくれました。

画像 418.jpg

10年以上も前からたまに使っているコルセットです。

更に、飲み薬とシップを妻が買ってきてくれまして、布団に仰向けになって横たわりました。

画像 419.jpg

私の経験から言いますと、腰痛がひどい時は病院など行ってもまるでムダです。
くだらないレントゲン写真を取られて、何ら痛みはとれずに、金だけ取られます。
更に、最悪なのが、そこいらの整体や整骨をするところ。

以前私もこれらの場所に何度か行きましたが、余計に悪くなるだけです。

はっきり言いますと、腰痛は我慢して安静にして寝ておくこと、更に
「時間がクスリ」なのです。

ある場所に行ってすぐに治る「魔法の治療」など、ありません。
あれば、私が知りたいものです。

15年ほど前は、腰のブロック注射もしましたが、注射の痛さと効果、更にはリスクからおススメはいたしません。

折角メバルの時期になったかと思ったら、暫く時間がかかる腰痛とは!!

これは、もしかしたらメバルの呪いかもね!!



タグ:腰痛
posted by ジャズフィッシュ at 00:00 | Comment(0) | 福岡市近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この寒さはなんじゃらほい!!

 4月の中旬だと言うのに、いっこうに暖かくなりません。

暖かくなるどころか、近所のサンゲツの温度計は9度でした。

前回の休みは一日中雨が降り、夕方からも出られませんでした。

で今日は、風も冷たく、しかも強いのですが、姪浜まで夕方5時から出かけてみることにしました。

大潮で干潮が16時20分。
夕方からの上げ潮です。

画像 416.jpg

いつもの道具です。

風が強いので、風が遮られるフェンスの中に入って釣ることにしました。

水銀灯に灯りがついたのが、18時45分。

それから、ポツリポツリと15センチほどのメバルが釣れます。

水温が下がっているせいか、ほとんど底でアタリます。

中層では、全くアタリません。

前回釣ったポイントとは違うポイントで釣れましたが、今日は皆15センチぐらいのものばかりです。

20センチクラスも釣れなければ、他の魚も釣れません。

夜になっても風が強く、今日は8時前に納竿することにしました。

15センチのメバルが15匹。

画像 417.jpg

こんなに寒いと、夜釣りも辛いです。

早く暖かくなってほしいものですね。

タグ:姪浜漁港
posted by ジャズフィッシュ at 22:20 | Comment(0) | 福岡市近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メバル三昧にはもう少し!

 4月になると、必ず姪浜漁港のあちこちにメバルが入ってくる。

毎年のことである。

何度も書いたが、この姪浜漁港は20年来通っているマイポイントのひとつ。

サカナは20年前と比べると、めっきり少なくなったが、それでもポイントは知り尽くしているつもりなので、時期時期の釣りモノ、仕掛け、エサには全く迷いなどない!

一口に姪浜漁港と言っても、かなり広く探り釣りをするには広大すぎる。

しかも釣れるのはピンポイントが多い。

あらゆる魚種の釣れる場所は大体決まっていて、例外はほとんどない。

この釣り場は4月から12月初旬までが、いろいろと釣れる。

さてさて、今日はどうなることやら。
ちなみにエサは先日の残りがまだ随分あり、エサ代はゼロ。

画像 407.jpg

釣具はこれだけ。

この釣り場のために自作した私のリーサル・ウェポンのみ。

15センチ前後のメバルがチラホラ上がる中、少し予想外のポイントで鈍いアタリがあり、アワセると良く引くではないか。

干潮に向かっていて、ほぼ底でアタッた。

釣りあがってきたのは、このメバル。

画像 410.jpg

21センチのメバル!

その後は同じサイズが来るかもと期待したが、15センチ前後ばかり。

お決まり通り9時になったので、納竿。

福岡ドームで野球があっているから渋滞しそうなよかとぴあ通りを避けて、帰宅。

カミさんにお願いして、写真撮影。

タケノコメバル1匹を含めトータル29匹。
2時間弱の釣果である。

画像 413.jpg

今後はもっと大型も入り、もっと数もでる。

今月中にはセイゴも混じり、時にはフッコクラスも来る。

去年は25センチぐらいのタカバが同じポイントで3匹釣れて驚いたが、今年はどうであろうか?







タグ:姪浜漁港
posted by ジャズフィッシュ at 00:32 | Comment(0) | 福岡市近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久々の暖かい春らしい日に箱崎埠頭へ

 ポイント築港店で店長にメバルスポットを紹介して、青虫を150ラム買って箱崎埠頭に行くことにしました。
100グラムは投げ釣り用の太め。
50グラムはメバル用の普通サイズ。

下げ潮ですが、もしかしたらビックワンのアイナメが釣れるかも・・・などと淡い期待を抱いて釣り場に到着。

すでに小さなお子さんと一緒にサビキでアジを狙っている方がいました。
時期尚早なのか、全く釣れていません。

更にもう二組の親子連れが来て、やはりサビキ釣り・・・!?

2時間ほどで合計6人でサビキをして釣れたアジゴが2匹だったと記憶しています。

いくらなんでも博多湾の湾奥で4月上旬にサビキ釣りはないだろうと、思いながら見ていました。

私は、勿論夕マズメからのメバルがメインなのですが、時間まで退屈なので投げ釣りをしたのです。

画像 399.jpg

40センチほどのセイゴが釣れました。
口をあけたセイゴを上から写真を撮りました。
なんか、マヌケですね!
でも、可愛いと思う私は、やはり変態かも?

更に35センチほどのセイゴを2本と手のひら大の花見ガレイが一枚。
(花見ガレイというにはあまりにお粗末ですね!)

他にハゼも来ましたが、リリース。

更にこんな方もおこしになりました。

画像 398.jpg

岩ガニくんですね!
いやフンドシの形から岩ガニさんでした。
これもリリース。

いよいよ薄暗くなり場所を移動してメバル釣りの開始です。

干潮が夜の8時ですので、ほぼ干潮近辺からの釣りになりました。

潮位が低く、底でアタリますが、用心深くなかなかハリ掛かりしません。

竿先を送り込んで合わせると、なかなかの引きです。

画像 402.jpg

上がって来たのは18センチほどのプリプリしたメバル君です。
メバルさんかもしれません。(笑)

このサイズが30匹ほど釣れると嬉しいのですが、そんなに甘くはありません。

8時半納竿まで合計8匹のメバルが釣れました。

中には20センチほどのメバルもいましたが、数がイマイチ。

画像 406.jpg

明日は勿論仕事ですので、長々と釣りをするわけにもいきません。

8時半に納竿して帰宅したのが15分後ほど。

今日も「安・近・短な釣り」でした。

釣果を含め今日の釣りの自己採点は35点ぐらいかな?



posted by ジャズフィッシュ at 23:26 | Comment(0) | 福岡市近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日は本当に「安・近・短」の極致!

 昼の2時から散髪に行きました。

18年ほど通っているのが高宮の理容室。

1000円カットの普及もあって、営業時間を午後の3時から11時までにしたそうである。

よくわからんが・・・オバマ大統領のチェインジを実践している!

散髪が終わって、家庭の用事を済ませて、家を出たのが夕方6時頃。

さすがに3号線は混んでいましたが、エサの残りもあり、釣り場に直行。

画像 390.jpg

先週も行った荒津大橋の下である。

昨日の大雨で、海が濁りまくっていて、かろうじてここはそれほどでもなかったので、この場所で釣ることにした。

夕方の6時ぐらいがド干潮で、それから満ちこみ。

丁度よい塩梅である。

いつもの場所にエサを落とし込むと、すぐさまアタリがあり、退屈しない程度に楽しめた。

先日大物を逃がした場所では、それ以来アタリはない。

本当に退屈しない程度のアタリが続き、クーラーにはメバルが次々に入っていった。

画像 395.jpg

いつものように、セイゴとタケノコメバルが1匹ずつつれ、15センチ前後のメバルが16匹。

まだまだ夜は寒く、車の中に置いてあるダウンパーカーをまだ着なくてはいけないほどです。

満ちこみは良かったのか、アタリが頻繁にあって、退屈しなかった。

やはり、満ち込みに分があるのだろうか?





posted by ジャズフィッシュ at 23:56 | Comment(0) | 福岡市近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!