2月にこの気候はないだろう!

 先週の土曜日から実に良い天気が続きます。
とても2月とは思えませんね。

寒かろうが、暑かろうが関係なく定期的に釣りに行く釣りバカにとっても、このあたたかさは助かります。
画像 323.jpg

須崎埠頭に4時ごろに行くといつもの場所は常連さんに占拠されていました。

天気は良いのですが、潮が長潮で動かず、
「全然、食わんバイ!」と、半ば皆ふてくされていました。

まあ、そんなモノです。
人が気持ちよく釣りができる環境がサカナにとって良い環境などと言うことではないですよね?

晴天のべた凪でしかも潮が動かないなど、釣りには最悪の条件です。

常連さんがほとんど釣れていない中、私は自分のデーターから「あるポイント」に行くことにしました。
同じ須崎埠頭なのですが、ここはまず釣り人がいません。

6月ぐらいからチヌが釣れるポイントなのですが、どうやら瀬があるようなので、そこで一人で釣ることにしました。

画像 329.jpg

今回ばかりは、まさにボウズ覚悟で臨みましたが、運よく勘が的中しました。

続けてアタリがあり、20センチ強のアイナメ。
30センチ強のセイゴが釣れました。

それから、暫くアタリが遠のき退屈なので、落とし込み竿を車から出して、際を探りますがアタリなし。

半ばやけくそで太目のアオムシを1匹針に刺して、糸を10メートルぐらい出して、エサとオモリを素手で投げる「前打ち」をしたところ、落とし込みの竿が曲がっています。

おもむろに合わせると、やはり、30センチ強のセイゴが針にかかっていました。

気をよくして同じようにエサをつけて素手で投げる「前打ち」をしたところ30秒もせずに再びアタリ!!

あわせると、大物の引きです。
手前に走ってきます。

アワセが早かったのか、ハリが弱かったのか、ばれてしまいました。

仕掛けを上げると、ヤマメバリの8号が大きく曲がっていました。

急いでハリスを2号に変えて、丸セイゴの11号にしましたが、それからその竿にアタリはなく、別の投げ竿にアタリがあり、リールを巻くとやはり30センチ超のセイゴ。

段々薄暗くなり、1本づつ竿を撤収していると、再び落とし込みの竿にアタリがあり慎重にアワセルと、妙な引きです。

引きもたいしたことはなく、なんとなく軽いのです。

海面から抜き挙げると、なんと、アナゴ!
50センチほどですが、痩せてはいません。

落とし込みの前打ちでアナゴ!!
初めての経験です。

アナゴが釣れて戸惑っていると、車で通りかかった警備会社の方がクルマから降りてきて、
「ここのアナゴは脂が乗ってておいしいですよ〜!」などといいますが、
私は、「・・・・・・・・・・・・!」

「今からアナゴ釣りですか?」との問いに、
私は、「・・・・・・・・・・・・・!」

「それじゃ、頑張ってください!」と言って警備員の方はいなくなりましたが、

納竿途中の私に何を頑張れと言っていたのかがわかりませんでした。
かなり、空気が読めない方のようでした。

夜釣りでアナゴなど釣るつもりは全くありませんが、
もしかしたら夜釣りをするとアナゴがたくさん釣れるのかもしれません。

まあ、家内の職場で誰かが食べるかもしれないので、一応キープ!

帰って記念撮影しました。

画像 332.jpg

数はともかく、今年はアイナメが投げ釣りでよく釣れる年です。

アイナメの捲土重来を願うばかりです。





タグ:須崎埠頭
posted by ジャズフィッシュ at 23:36 | Comment(0) | 福岡市近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

箱崎埠頭でアイナメの43センチが釣れていました!

 釣具のポイントの釣り情報を見ると、箱崎埠頭で43センチのアイナメが釣れていました。

嬉しいやら、悲しいやら・・・!

もしかすると、あのアイナメは、私が手中に収めるアイナメではなかったのではないのか・・・などと、思ってしまいました。(笑)

2回ほど箱崎埠頭での投げ釣りの記事を書いたために、釣り人が増えたかもしれません。(少し自惚れ)

でも、なんとなく嬉しいものです。

投げ釣りでアイナメが釣れたなどと言うことは、私も十数年ぶりですし、ましてや40センチオーバーが釣れたなどと言うことは、ここ数年聞いたことがなかったからです。

ちなみに私のアイナメレコードは、15年も前にベイサイドの先端から朝日丸という船で沖坊の赤灯台に渡り、渓流竿にミニクロガイドをつけた自作の竿で、落とし込み釣りで釣り上げた41・8センチのアイナメが自己最高記録です。
5月の初頭にモエビのエサでした。

それ以来、30センチオーバーのアイナメにお目にかかっていませんでした。
人が釣ったという話もあまり聞きませんでしたので、嬉しい気持ちになりました。

今年の春先は沖坊に渡って、アイナメを落とし込みで狙うのも一興かもしれません。

これを機に近場でアイナメがコンスタントに釣れると良いのですが・・・・・!!!

私の経験上の話で恐縮ですが、恐らく6〜7月に7〜8センチのアイナメが各防波堤の際で釣れると思いますが、必ず逃がしてあげてくださるようにお願いいたします。

こんな小さなアイナメを釣っても仕方ありません。

唐揚げまでして食べる物でもありません。

なので、基本リリースで、大きくなることを待ちましょう!

是非とも、ご協力お願いいたします。



posted by ジャズフィッシュ at 23:22 | Comment(0) | 福岡市近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今年もカナギが禁漁!!

 今日の西日本新聞に今年もカナギが禁漁になったと載っていました。

3年連続ですバイ!
しかも、回復の見通しが立ってないそうです。

私は、春の風物詩としてカナギを食べるのも大好きですが、それ以上にカナギをエサにして釣る釣りが大好きです。

船からの胴付き仕掛けでカナギをエサに下釣りでは、アラカブはもとより、スズキ・ヒラメ・チヌ・アコウ・マダイ・ヤズ・ヒラス・メバルなど多彩な釣りモノが楽しめます。

そういえば、私はカナギが前面禁漁になってから船釣りに行っていません。

カナギの減少の原因のひとつと見られるのは、海水温の上昇。

カナギは冷水性のサカナで博多湾は生息域の南限とされていて、1月=2月に産卵する。
水温が上がる夏場は砂に潜って過ごし、1年で6〜9センチに育つそうである。

40年ほど前には毎年数百トン獲れていたらしいが、
1995年以降は毎年10トン前後、
最近3年は前面禁漁で0!!

多くのサカナのエサにもなるサカナだけに、他のサカナの減少も予想される。

ふんわり軟らかいカナギちりめんも食べられないし、カナギをエサにした釣りも今年もまた断念するしかない。

少し、さびしい気持ちになりますバイ!

posted by ジャズフィッシュ at 10:13 | Comment(0) | 福岡市近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この寒い中、雨が降るのに釣りをするバカはおらんやろう!

 この寒い季節の2月に、強風で雨が降っているのに、須崎埠頭で投げ釣りをしているバカがいました。

辺りを見回しても誰もいません。

バカとは、私自身のことです。(笑)

普通は、通常は、常識的には、こんな日に釣りなんかしませんよね?

でも、バカは、風雨をもろともせず、釣りをしてしまうのです。

バカのバカたる所以です。

画像 317.jpg

風が強くて、竿が飛ばされそうでした。

午前中から来られていた釣り人たちは、雨と同時に一目散に帰ってしまいました。(まあ、普通ですね!)

普通でない私は、皆が帰った後から竿を出すことにしたのです。

竿先にスズをつけるのが投げ釣りの鉄則ですが、こんな強風ではスズなどつけたら鳴りっぱなしで、アタリが余計わからなくなります。

基本はカレイ狙いです。

竿先に全くアタリが出ずに、エサをチェックするのにリールを巻くと、セイゴが釣れています。
風で竿先が揺れているので、アタリなどわかりません。

画像 316.jpg

リールを巻くとセイゴがついているという調子で4匹ほどゲットしました。

だらりとなったエサを付け替えて新しいエサに付け替えると、ハリからはずしたアオムシを狙って、セキレイやカモメがすぐそばまでやってきます。

画像 318.jpg

このカモメは大胆不敵なヤツで、デジカメでシャッターを切っても逃げません。
それどころか、アオムシの入ったエサ箱に近づいています。

よほど、腹をすかしているのでしょうか?

投げ釣りでセイゴがかからなくなりましたので、得意の「アンポンタン釣り」をすることにしました。

この「アンポンタン釣り」は海がしけて風が強い日にはかなり効果がある釣り方なのですが、人がたくさんいるところで、真顔でしていると、必ずアンポンタンと思われがちな釣り方です。

ちなみに、「アンポンタン釣り」は私が勝手に命名しました。
釣り方も、アホみたいですので、マネはしないほうがいいかも。(笑)

 参考までに紹介します。

ジェット天秤が付いた投げ釣り仕掛けを防波堤スレスレに落として、
仕掛けの一番下のハリが海底スレスレになるぐらい糸を巻いておくだけです。

この釣りかたは、私は20年以上も前から良くやる釣りかたです。

防波堤の際にいるアイナメやカレイ、セイゴは勿論、チヌやメバルも食うことがあります。

条件的には今日のような海が荒れた日のほうが良いものです。

海が荒れると、防波堤にいるエサが落ちてくるのをセイゴやチヌは本能的に察知しますから、荒れている海でないと効果は薄れます。

案の定、際で4匹セイゴを追加しました。

6時になり、あたりも暗くなり始めたので、納竿。

本格的にセイゴを狙うならこれからですが、さすがにクソ寒い雨風の中、セイゴ釣りなどしたくはありません。

画像 320.jpg

いつもは大きなお皿に入れての撮影ですが、今日はラップを敷いてリビングの円卓のうえで撮影しました。

25センチから39センチのセイゴ8匹とハゼ3匹。
カレイはゼロ。

「アンポンタン釣り」はなかなかお手軽で、投げ釣りでアタリが遠のいたり、しけたときには使える釣りかたです。

恐らく、どんな本にも雑誌にも載っていないと思います。













posted by ジャズフィッシュ at 23:15 | Comment(0) | 福岡市近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冬の雨天はインドア・フィッシング!!

 自宅から自転車で5分位のところにあるルアーショップです!


画像 312.jpg

仕事が休みで、釣りに行かないときは、ここにたまに行きます。
たまにです。
ルアー専門店ですので、それほど頻繁には行きません。

ですが、さすがに品数は多いです。
ルアー専門店の面子にかけて、いろいろと置いています。

値段ははっきり、ブッチャケ、全く安くはありませんが、ルアーマンが喜びそうな商品を置いています。

ロッドやリールも高級品が多いです。

私は、それらに関しては全く興味はありません。

ですが、マニアックな方には実に良い店ではないでしょうか?

更に、インドアフィッシングでよく行く店はここ。

画像 314.jpg

中古釣具のタックル・ベリー!!

3号線をはさんで、ゆめタウン博多の反対側にあります。

ここは、感動するぐらいの店です。

たいていの釣具をたくさん持っている私ですらここに行くと、いろいろと欲しくなります。

小物などがありえない値段で売られています。

福岡市内の釣りファンや近郊の方も是非一度いかれてみるといいですよ!

ちなみに、私はここには3回ほどしか行っていません。

自宅からここに行くのは、道路の関係上厄介です。

タックルベリーの前で右折のウインカーを出して渡れるような交通量ではありませんから、反対車線に入るのが面倒な場所にあります。

それでも、何とかして行きたくなります。(笑)

更に、付け加えておきますが、タックルベリーの従業員と仲が良いとか、宣伝をすると、ご褒美をもらえると言うこともありません。

惜しむべくは、生きエサがない!!
釣り情報がほとんどゼロ!!

これを克服すれば、ポイントやフィッシング・ワールドに十分勝てます。

釣りはもはや情報力です。

釣具の良し悪しで釣果が決まることなどありえません。

釣具を売るだけでは、釣り具屋としてはもはや活路がありません。

情報を制する者が、販売も制します。
更に、顧客に好かれると思います。






posted by ジャズフィッシュ at 22:47 | Comment(0) | 福岡市近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

釣りバカは陸に上がった河童になる!

 天気が悪く釣りに行けないときは、時間を見はかって釣り具屋さんを覗きます。

欲しい物など特にありませんが、最新情報や釣具を見るだけでも楽しいものです。
専ら、「釣り場の情報」を仕入れに行きます。

たいていはその店の店長と仲良くなります。

こちらが情報提供すると、必ず情報提供してくれるものです。

今回は、こんな道具を買いました。

画像 310.jpg

左上にあるのが、オーナーバリの製品で「遠投段差ジグフック」

中央右側にあるのが、マルキューから売り出されている「鮭ー1」と書いて「ケーワン」と読む、35グラムのスプーンです。
「輝きが違う!飛距離が違う!」と、書かれています。

一番下のピラピラが付いたおかしなモノは、シマノから発売されている「炎月 投式」という妙なメタルジグです。

メタルジグにタイラバのピラピラが付いたモノで21グラムのモノです。

私が一体これで何を釣るつもりなのかを当てられる方は、釣り依存症の釣りバカを凌ぐ「釣り中毒の釣りキチ」です。

何でしょうか?

クイズではありませんが、釣りをする方でも、一般正解率は10%を切ると思います。

釣りに興味がない方ですと、一般正解率は0・1%未満だと思います。

答えは、3月から5月にかけて産卵のために接岸するヒラメを狙うための新兵器です。

今まで4回ほどワームでヒラメを釣りましたし、大きなものは42センチありましたが、狙って釣ったわけではありません。

なので、今回は3月〜5月にかけて、狙って、狙ってヒラメを釣るつもりです。

この時期は、エギングともバッティングしますし、メバル釣りのベストシーズンですし、モエビでフッコを釣るのにも良い時期です。

こんなときは、ダブルヘッターではなくトリプルでやらないと時間がありません???

もう暫くの我慢ですバイ!!

posted by ジャズフィッシュ at 01:11 | Comment(0) | 福岡市近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

箱崎埠頭のリベンジ戦〜その1

 前回大物を逃がしたので、「今日はやるぞ〜!」などと、思いつつ
ポイント築港店でアオムシ100グラムを購入。

箱崎埠頭には3時ごろ着きました。

画像 299.jpg

右側にいつもはいないはずの船が係留されていました。
少し、嫌な気分!

竿を5本出して、タモまで組んで、用意周到にしてアタリを待ちましたが、ウンともスンともアタリがありません。

竿を1本ずつあげてエサをチェック!

おバカな、なまこが付いていました。

画像 302.jpg

数年に一度ぐらいの割合で、なまこにハリが刺さって、あがってくることがあります。

嬉しくとも何ともありません。

サカナは釣れず、なまこなどかかっても嬉しいわけがありません。

暫くすると、待望のアタリ!!

30センチほどのセイゴが釣れました。

画像 303.jpg

アタリが小さく、スズをかすかに鳴らす程度です。
大きさも、30センチちょい。

まあ、これからだと思って仕掛けにエサを付けて、海に投入!

一番軟らかい竿がお辞儀しています。

あわせると、大きくはないのですが、何かが釣れています。

振り上げると、20センチ強のアイナメ!

画像 301.jpg

前回釣ったアイナメより幾分小さな20センチ強のアイナメです。

ですが、これで2回連続アイナメゲットです。

「博多湾湾奥のアイナメ絶滅説」は敗れ去りました。

その後薄暗くなり、一発大物を期待したのですが、先ほどと同じほどのサイズのセイゴ、やや大きめの40センチほどのセイゴを2匹追加して納竿!

風が強く、やってられません・・・でした。

それにしても、今日はカレイも釣れませんでしたし、前回もハゼが1匹も釣れませんでした。

今日はやたらと根掛かりばかりして、仕掛けをかなり失いました。

堤防の際から15メートルぐらいで必ず引っかかります。

クルマでも沈んでいるのではないかと思うほど、すぐに引っかかります。
投げるたびに仕掛けを変えると、かなりウンザリです。

6時半頃帰宅して、例によって記念撮影!

画像 305.jpg

カミサンがこれは●●さん、それは●●さんと、サカナを配る算段をしていました。

大物がゲットできなかったので、折を見てまたチャレンジします。

やはり気温が7度で、風が強いと寒さに震えますバイ!

これから、暖かい風呂に入って、ビールを飲みますバイ!

では、では!!






posted by ジャズフィッシュ at 20:36 | Comment(0) | 福岡市近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

逃げたサカナはでかいに決まっている!

 前回の続きです。

結論から言うと、投げ釣りの釣果はこんなものでした。

画像 298.jpg

たったこれだけですが、明らかにスズキを目の前まで寄せて、ばらしましたし、もう一匹は50センチほどのフッコもばれました。

勿論、タモなど用意するはずもありません。
クルマには積んでいますが、タモを組める距離に車が止められません。

で、あっけなくばらしてしまいました。

残念と言うより未熟と言うしかありません。

まさかアオムシをエサにスズキがくるとは思いませんでした。

次回は、勿論リベンジ戦をやります。

でないと、気がおさまりません。

ちょっと、工夫します。



posted by ジャズフィッシュ at 23:10 | Comment(0) | 福岡市近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

箱崎埠頭で何年振りかでカレイとアイナメをゲット!

 昨日は東京で雪がチラホラする中、博多の今日は良い天気でした。

気温は7度とサンゲツの工場の電工掲示にありました。

天気が良いので、いつもより少し早めに家を出て、ポイント築港店でアオムシを100グラム買って、箱崎埠頭に行くことにしました。

久々の投げ釣りです。

箱崎埠頭の以前私がよく投げ釣りをしたポイントで、竿を出すのは実に10年ぶりぐらいです。

よく通いました。

12月から3月頃は、箱崎埠頭か須崎埠頭でカレイの投げ釣りばかりしていました。

そのときは竿を10本ぐらい出していました。(顰蹙)

今回はおとなしく竿3本でやります。

画像 293.jpg

チョイ投げのポイントで、15センチほどのカレイが2枚釣れました。

博多湾の湾奥でカレイを釣ったのは久しぶりです。
型が小さいのですが、久しぶりなのでキープ!

画像 294.jpg


更に、嬉しいことに25センチほどのアイナメが釣れました。
竿先にアタリがあって、カレイだとばかり思って、暫く待ちました。

おかげで、ハリを2本ともくわえたアイナメが釣れました。

画像 295.jpg

「アイナメが食べたい!」と、かねてより言っていたカミサンが喜ぶと思います。

湾奥では、絶滅説まで流れているアイナメだけに、とってもハッピーな気分になりました。

箱崎埠頭で、投げ釣りでアイナメをゲットしたのは、15年ぶりぐらいです。

その後、ハプニングの連発!

つづく・・・・・。










タグ:箱崎埠頭
posted by ジャズフィッシュ at 20:33 | Comment(1) | 福岡市近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!