腕がいいのか?竿が良いのか?

 2日前に、須崎埠頭に夕方5時頃に着いて、釣りを始めました。
あいにくの強風に白波が立ち、干潮にもかかわらず、波が防波堤に当たって、しぶきが飛んでくる始末。

チヌやスズキが少し波があったほうがいいといっても、いくらなんでも、コレでは、釣りにはなりません。

多少風が強いな〜、とは自宅を出るときには思っていましたが、これほどとは思ってもみませんでした。

いつものところでは釣りにならないので、風裏に向かうことにしました。

長浜の魚市場の対岸に当たる場所です。
ここの、入り口付近での荒津大橋の下で、先日、メイタが3枚釣れましたが、その日はそこすら風が強く
釣りになりそうにもなく、更に50メートルほど奥に向かいました。

バイクに乗った常連らしき方が来られ、昨日は60センチ弱のフッコや30センチほどのセイゴを釣ったそうです。
昨日は、満潮の時間にアタリが集中したそうですが、そのときは、なんと干潮の1時間前。

たいして期待するでもなく、ウキ釣りでセイゴ〜フッコを狙う仕掛けをして、青虫をつけて15メートルほど
投げました。
暫くして、アタリもないのでリールのドラッグをゆるめて、ほったらかしにしました。

退屈しのぎに、モエビをエサに際で落とし込みをすると、すぐに、アタリらしきものがあり、十分食わせてアワせると、ものすごいヒキではありませんか。

直感で、大型のチヌかスズキかと思いましたが、何とも、ヒキが違います。

ハリスは、1・5号で、ハリはヤマメバリの8号です。
走る方向とは反対に、竿を立てて竿のタメでサカナに対抗しました。

やり取りすること、5分ぐらいしてから、サカナが浮き上がってきました。
なんと、「エイ」です。
しかも、アカエイではなくてダイヤモンド型の形をした横幅が60センチ以上もあるやつです。
どうやら貝を食い荒らす「ナルトビエイ」のようです。

一気に、真剣さは失せましたが、大物が釣れたときの練習とばかり、暫くやり取りしましたが、ハリスが飛ばされることもなく、十分遊びました。
タモを組んで、すくってもどうにもならないので、エイが渾身の力で泳ぐ方向に竿を向けてモロにハリスにエイの力がかかるようにすると、すぐに、ハリスが飛びました。

ハリは失いましたが、やり取りは十分楽しめました。
タモを組めば、確実にすくえましたが、「ナルトビエイ」をすくっても、どうにもならないはずです。

話は変わりますが、5年ほど前に私は、博多の沖防の新波止の外向きでカラス貝をエサに、70センチオーバーのスズキを釣ったことがあります。

「カラス貝でスズキ?」などと、信じられないかもしれませんが、コレは事実です。
「はやと丸」の田淵船長が「年に一人ぐらいはそういう人がいる・・・。」なんて言ってましたが、僕がその年の「年に1人ぐらいのマヌケ?な釣り人」でした。

そのときは、ハリスが、1・75号でチヌバリの3号でしたし、何度も、エラ洗いをされましたが、どうにかタモですくえました。

ハリは、「地獄」と言われる、口元の脇にガッチリかかっていましたが、それにしても、よく、ハリスが切れなかったものです。

今回のエイもそのときと同じ竿です。

3キロほどのサカナが暴れても、ハリスが1・5号でも、竿のタメを利かせれば、サカナが取れることを今回再び確信しました。

それから、程なく数名の常連さんらしき方々が次々に来られて、皆さんは、セイゴ〜フッコを狙い始めました。

1投目から、55センチほどのフッコを釣り上げた方もいますが、僕を含めて残りの方には、アタリすらありません。

2〜3時間も辛抱強くそこで、粘る時間もなく、先日メイタが釣れた場所に引き戻りました。
相変わらず風が強く、際で落とし込みをしましたが、アタリもなく、ウキつりの仕掛けで10メートルほど先を青ムシをえさにして底ずらしして狙っていると、ケミをつけたウキが沈んでいきます。

暫くしてアワせると、小さくはないヒキ味です。

慎重に取り込むと、チヌと言っても、キビレの43センチ!

今日は、状況が悪かったのですが、何とか、チヌを1枚ゲット!

時間も9時に近づいていたので底でタイムアウトで納竿!

悪天候での、最悪ボウズ・・・だけは、避けることができました。

本当は、メバルが釣りたかったのですが!
posted by ジャズフィッシュ at 23:10 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

よくあるホラ話!

 釣りの話にホラはつきものかもしれないが、許されるホラ話と許しがたいホラ話とがある。

先日知人から、「須崎埠頭で、親戚が大きなメバルを7〜8匹釣っていました。」と聞いたものの、その話がほとんどウソにしか聞こえないのである。

毎日、釣り場に行くわけでもないし、本当かもしれないが、ここ4〜5年メバルを専ら狙っている私としては、ほとんど信じられない話である。

15センチのメバルですら、ほとんどいないのに、その知人が両手で示したサイズは25センチほどもあった。
博多湾内で、25センチのメバルが釣れるとしたら、金を払って船に乗って東浜の西部ガスのあるパイプがたくさんある箇所を夜に、ルアーで攻めるぐらいでしか聞いたことも、見たこともない。

失礼であるが、メバルはいれば釣るのに難しいわけではない。
夜釣りであれば、青虫でも、十分すぎるほど、釣れる。

ただし、そこに、メバルがいればの話である。

メバルがいなければ、釣りにはならない。
それだけのお魚だ。

私は、行く度びごとに、半夜釣りでメバルを狙う。

去年から、さっぱりである。

25センチのメバルが7〜8枚も釣れたなど、行きつけの埠頭なのに信じられない!

時折、こんな馬鹿な話をして、夢を持たせる輩もいるが、はっきり言ってありがた迷惑である。

こんな話を聞いて、じっとしていられないからである。
posted by ジャズフィッシュ at 23:50 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シーバス乱舞!

いよいよシーバスの季節となりました。

私は、以前この季節になると、シーバスを狙って須崎に足しげく通ったものです。

ところが、なぜか5年以上この釣りをしていませんでした。

なぜか?
何故だと思いますか?

イヤミや自慢に聞こえるかもしれませんが、シーバスが釣れ過ぎて、つまらなくなったからです。

「ウソだろ〜?」とか「ホントかよ〜?」などとお思いでしょうが、事実です。

この釣り方をする常連さんは私が知る限りでは、数名いますが、そのうちの開祖的存在の方は残念ながら、10年ほど前になくなりました。
Iさんという「書道の先生」でした。
彼の竿には、達筆な名前が彫ってありました。

その方と一緒に何度も何度も、シーバスを釣りました。

ウンザリするほど釣りました。

大きいもので80センチほど、30センチぐらいですと、30〜40匹は当たり前のように釣りました。

いつでも、いくらでも釣れるとなると、不思議とその釣りは、やらなくなるものです。

釣り方ですか?

今回は、あえて教えません!
あなたも、すぐにシーバスが飽きます。
釣れないくらいが、ちょうどいいのです。
釣れ過ぎても、面白くなくなりますし、迷惑になるだけです。

毎日毎日、シーバスを40匹も持って帰ると、妻からも、ご近所からも、白眼視されます。
コレは、私の経験上間違いないです。

posted by ジャズフィッシュ at 23:48 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

須崎埠頭でのアジ釣り

 昨日も、夕方から須崎埠頭に出かけました。

先日釣れた20センチのアジをたくさん釣るために、ジャンボを先日の倍買って、サビキの竿を2本出すことにしました。

期待とは、裏腹に待てど暮らせど、アタリはありません。

近くに、コウイカねらいの釣り人がいましたので、お互い暇つぶしに釣りのお話をしました。
時折、カゴにアミを詰めては、アタリを待ちますが、全くあたりません。

もう一人、近くでサビキ釣りの方がいましたが、1匹しか釣れないと言って、帰っていきました。

私も、暇で暇で仕方ないので、青虫をエサに落とし込みをはじめました。
これにすら、アタリがありません。

暫くして、5メートルほどの底でアタリがあり、釣れたのは、13センチほどのメバル。
すぐ近くで、今度は水面から3メートルぐらいでアタリ。釣れたのは、25センチのセイゴ。

だが、落とし込みも、もはやこれまで!
全然アタリがありません。

仕方なく、サビキカゴにエサを詰めて、ほったらかしていると、初めてのアタリ。
20センチほどのアジが釣れました。
アジ釣りなんて、爆釣が当たり前なのに、1匹を釣るのにこれほど大変なおもいをしたのは、初めてです。
それから、日没まで4匹追加して、計5匹のアジ。

さて、日が暮れると、いよいよ出番です。
ケミを目印にいつものポイントで、メバル、セイゴ、メイタを狙いましたが、さっぱりです。
クロソイの8センチほどのものが釣れましたが、さすがに、リリースです。

もう1箇所のポイントに移り、メバル、を狙いましたが、ここでもさっぱり!
でも、時たま、ガツン!とアタリがありますが、ハリがかりしません。

タナをあわせて、落とし込みの竿を置いていると、穂先が強烈に曲がりましたのであわせると、20センチほどのアジです。
すぐ近くに水銀灯があるので、よってきていたらしく、その後5匹釣れまして、9時に納竿。

20センチアジ・・・・・・・・・・・・・・・11匹
13センチのメバル・・・・・・・・・・・1匹
25センチのセイゴ・・・・・・・・・・・1匹

貧果ではありますが、帰宅するのに10分の場所なので、まあ、いいか〜という感じです。

posted by ジャズフィッシュ at 18:36 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

姪浜漁港でサプライズ!

 姪浜漁港に、メバルを狙いに行きました。

夕方7時頃に水銀灯が付くので、その頃からが、「真剣勝負」です。

いつもどおり、ハリスは1,5号、ハリは袖型8号、オモリは6B1個。
ハリが小さいでしょう?
小さなメバル対策です。

満ち込みを狙って際をねらうと、すぐにアタリ。
タケノコメバルの20センチぐらいのヤツです。

しばらくアタリがなく、中層を狙うとメバルではないアタリ。
釣り上げて、ビックリ!
タカバと言われるマハタの幼魚で、25センチほどありました。
しかも、たて続けに3匹ゲット!

すっかり、気をよくしてメバルを狙っていると、独特のアタリがあり、15センチほどのメバルが釣れました。
例年ですと、その付近で3〜4匹は釣れるのですが、今年は所々にしかいません。
ですから、1メートル刻みで探り釣りをしました。

結果は、
10センチ〜18センチのメバル・・・・・・・・・・・・11匹
20センチのタケノコメバル・・・・・・・・・・・・・・・・1匹
18センチのクロソイ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1匹
25センチのタカバ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・3匹

満足な釣果ではありませんが、遊べました。

それにしても、こんな場所でタカバがいるとは!

posted by ジャズフィッシュ at 23:06 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

糸島のマイポイントにて。

 糸島のN漁港に行きました。
ここは、毎年足しげく通っているところなので、おおよそ何月に何がどれだけつれるかは、見当が付きます。
従来であれば、ゴールデンウィークの前後くらいから、夜の上げ潮を狙うと、手のひら大のメバルが数釣れるので、毎年楽しみにしているところでもあります。

そこでは、暗くなるまで、チョイ投げをします。

今年も、しました。
キスの20センチほどのものが、5匹。
手のひらぐらいのマダイが2匹。
意外なことに25センチほどもあるへダイが3匹。

まあ、暗くなるまでの、前哨戦としては、可もなく不可もない状況です。

いよいよ暗くなり、メバルがいるポイントを探りますが、それらしいアタリはありません。
たまに、アタリがあってアラカブが釣れますが、例年より、型も小さいし、数も少ないようです。

肝心のメバルが、時折釣れるには釣れるのですが、大きくても、15センチほど、小さなものは10センチあるかないかです。
大物は、結局釣れません。

ここ数年来の、不漁です。
夜釣りでアタリがないとやりきれないので、9時をめどに納竿。

この日の釣果は、
20センチのキス・・・・・・・・・・・・・・・・・・・5匹
手のひら大のマダイ・・・・・・・・・・・・・・・・2匹
25センチのへダイ・・・・・・・・・・・・・・・・・3匹
15〜20センチのアラカブ・・・・・・・・・・・4匹
10〜15センチのメバル・・・・・・・・・・・・11匹
20センチのゴンズイ・・・・・・・・・・・・・・・・2匹

こんなところでした。

posted by ジャズフィッシュ at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

須崎埠頭で多彩な釣り

 福岡の中心地、天神から一キロほど北にあるのが須崎埠頭とか那の津埠頭とか呼ばれる場所である。
自宅から近いこともあって、四季を通じて私はここに通っている。

3〜4月のメバルはここ数年不調であるし、投げ釣りに至っては、サッパリである。

しかしながら、ここでボウズということもほとんどない。

その時々の釣りモノを狙えばいいだけのお話であるからだ。

先日、餌をいつもここで買うポイント築港店の情報でサビキ釣りをした。

数は上がらないが、20センチほどのアジが先端で釣れているとのコト。

ジャンボを少しと、青虫を50グラム買って、現地に行き、すぐに釣りを始めた。
30分ほどしてサビキにアタリすらないので、竿をほったらかしていると皮肉なことに、竿先に大きな
アタリ。あがってきたのは、20センチほどのアジ。
すぐにもう1匹同じサイズのアジがかかったが、暫くアタリなし。

退屈しのぎに、置き竿をして青虫をつけている竿にアタリがあり、慎重に遅くあわせて30センチほどのセイゴをゲット!
その後もすぐにアタリがあり、25センチほどのセイゴ。

そうしていると、サビキにもアタリがあり20センチほどのアジ。
でも、後が続かない。

そうしていると、またしても置き竿にアタリがあり25センチのセイゴ。

あたりはだんだん薄暗くなってきたので、アジを6’匹釣ったところでジャンボもなくなり、サビキの竿をしまってから、落とし込みの竿1本。
目印のケミホタルをつけて、いつもの場所の際を探る。

1ヒロから2ヒロの間で15センチほどのメバル3匹と25センチほどのセイゴが3匹釣れてアタリがなくなったので、須崎のほかのポイントに移動することにした。

どこにエサを落としても、アタリすらなく、いつもは狙わないところにえさを落とすと、竿先を絞り込むようなアタリ。
徹底的に遅くあわせると、いつになく暴れるその魚は「28センチぐらいのメイタ」であった。
同じポイントで同じ型のメイタを2尾追加してアタリもなく夜の9時を回ったので納竿。

帰宅後にクーラーの中身を確認すると、
20センチ前後のアジ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・6匹
15センチぐらいのメバル・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・3匹
25センチ〜30センチのセイゴ・・・・・・・・・・・・・・・7匹
30センチ弱のメイタ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・3匹

近場で、夕方5時過ぎからの釣果にしては、まずまずではなかったろうか?
posted by ジャズフィッシュ at 15:51 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

退屈の極み

 私は釣りが大好きなので、釣りをするし、このブログを書いているが、海釣りで最も面白くない釣りを
1つ選べといわれたら、間違いなく選ぶものがある。

それは、「コウイカ釣り」である。

何がつまらないといっても、
アタリらしきものがない・・・・・。
かかっていても引くわけでもない・・・・。
釣り上げると、やたらとスミを吐きまくり、クーラーの中がスミだらけになってしまう。

さらに、食べても、たいして美味しくもない。
スーパーで1杯250円ぐらいで売られている「尻やけ」を見ると、悲しくなる。

と、言うわけで、ここ数年コウイカ釣りをしていないし、する気にならない。

大変申し訳ないが、埠頭の先端で、コウイカを真剣に釣られている釣り人がいると、
「おバカ」に思えてしまう。

コウイカスッテの背中にきびなごを巻いてあとは、底から少し揚げてほったらかし。

先ほども書いたが、アタリがあるわけでもなく、定期的に竿を持ち上げてみるだけ。

頻繁にかかればそれでも面白いのかもしれないが、
竿を3本ほど出して、2時間くらい何もアタリすらないと、
「俺はこんなことやっていていいのだろうか?」なんて、気持ちになります。

ですから、早起きしてコウイカを釣りに行かれる方の気持ちがわかりません。

コウイカ釣りに誘われても、100%お断りしています。

自宅で、ビールでも飲んでDVDでも見ていたほうが気が晴れます。

コウイカ釣り師たちに!
退屈しすぎて、居眠りして、海の中に落ちないようにしてください!
posted by ジャズフィッシュ at 09:58 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水温上昇の影響か?

 今年は、早々とメイタが3匹も須崎埠頭で釣れました。

さらに、アジ子も20センチもあるようなものが数は少ないが、各埠頭の先端で釣れています。

恐るべし!

大体アジ子は10年前ぐらいは7月ごろに6〜7センチぐらいのものが釣れ始めるのが習わしだったのですが、昨今は違います。

メイタも本格的に埠頭に付き始めるのは、7月ごろぐらいでしたので、明らかにおかしなものになっています。

しかし、これからは、これが、普通になっていくのだと思います。

コウイカの墨跡も各埠頭の先端で見受けられます。
かなり釣れていると思われます。

セイゴ〜スズキは今年は、好調なようです。
すでに須崎埠頭でも、70〜80センチが何本も釣れているみたいですし、
私も、82センチのビックワンを青虫を餌に夜釣りであげました。

しかし、まだ防波堤の際には付いていないようです。

落とし込みをしても、アタリません。

今後に期待でしょう。
posted by ジャズフィッシュ at 09:39 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!